2016年10月15日

40代のキャリアデザインセミナー(7)

【10月13日(木) 第7班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第7班は、26名(女性8名)。
前回の反省を踏まえ、かつ前日の気づきも活かし、リセットして臨んだのですが…。
職歴あり0名、技術専門職17名、本年度の異動者4名、異動歴なし4名です。

4つの質問ですが、
”走っている”は15名、
”任されている”は14名、
”視野を広げている”は2名、
”仕事が充実している”は2名。
朝一番の挨拶は元気がないし、
手上げの状態はかなり厳しく、特に充実しているが2名となると…。
人数が少ないことを差し引いても、会場の空気が重く感じました。
かなり不安な船出です(笑)。

それでも、4つの質問の解説に対する傾聴姿勢は普通だし、
自己紹介で声を出した辺りから、徐々に元気が出てきたように思います。

研修の流れは、第6班とほぼ同様ですが,試行錯誤で少しずつ変更しております。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 3分間の個人ワーク、5分間の情報交換と進んだが、反応はまずまずでした。

■自社を自己否定するディベートの前に、
 will,can,mustの関係を説明します。
 自分らしく将来像を描いて実現させる為には、この3つの視点が大切であり、
 まず、組織の一員としての使命や役割:mustを整理します。
 作戦タイムは、いつもの様にそこそこ盛り上がるが、
 1グループだけ戸惑いがあるのか作戦タイムに入れません…(笑)。
  IMG_20161013_105043.jpg
  IMG_20161013_105111.jpg
   
 10分の作戦タイムを終えて元に戻り、まずはディベートモード。
  IMG_20161013_110253.jpg
  IMG_20161013_110304.jpg
 あくまでも模擬ディベートなので、形式無視の内容重視ですが、
 口火を切ったチームのペースで話題が終始しがちだし、
 どうしても発言者が偏るのは覚悟の上。
 ディベートは対立の関係の筈ですが、何故かクスクス笑い声が聞こえてきます。

 それでも、仲良しモードでは各自の仕事や職場を通した、
 自社の存在理由や強み弱みを発表してくれましたよ。

 まとめは、この課題を初めて導入した企業や、今年で21年間担当している企業の
 事例を紹介し、”自身のキャリア”だけでなく”会社の将来”を考えて、
 自分に何が出来るかを考えるキッカケにしようと訴えております。
 また、”部下や後輩(家族)のキャリア支援”を
 より強く意識してもらえる様メッセージを送っております。

■午前中最後の”互いの歴史と体験の共有化”は、
 昼休み50分を挟んで60分の自主運営にしました。
 前段を早送りして、11:40から開始できるようにしたので、
 最低でも1名は発表できます。
  IMG_20161013_114308.jpg
  IMG_20161013_114317.jpg

 12:50から午後の部の開始ですが、少し早めに集まるグループもあります。
 トップバッターは戸惑いもあるし、周囲も照れがあるのですが、
 2人目3人目となっていくと徐々に様々なことを思い出し、話が長くなります。
  IMG_20161013_131431.jpg
  IMG_20161013_130227.jpg

 時間通りに情報交換が終わり、いつも通りグループ内の凝集性が高まるのですが、
 私のまとめの傾聴姿勢は、やはり反応が掴みづらい…(笑)。

■”58才軍団”の事例を紹介して、
 目前の課題だけにこだわらず、先を見据えたテーマに取り組む意味を伝えた後、
 ”自分らしさ”を整理します。”働く意味:will”の働く目的では、
 お金が20%〜100%(複数)の幅があり、今回も80%と4、50%が目立ちます。
 個人ワークは25分、その後10分情報交換。
 個人ワークの間メンバーは黙々と取り組むのですが、
 前回とは空気感が違うように思いました。個人ワークは集中できるようです。

■最後は”能力の棚卸し:can”です。
 ”財産目録づくり”は、手順を解説し、
 ”和菓子職人”の事例を紹介してオーバー目にアピールする様指示をして、
 個人ワークに入ります。
  IMG_20161013_152338.jpg
  IMG_20161013_152350.jpg
 拡散思考(ラベル作成)と収束思考(ラベル貼り)を合わせて25分ですが
 ”カンニング大歓迎”で仲間と相談しながら進めるように指示をするが、
 やはり黙々と個人ワークをしております。

 個人ワーク後は、”プチ自慢大会”という名の情報交換です。
 ”給食調理員さん”の事例を紹介して、少し視点を変えた上で交換に入ります。
  IMG_20161013_155124.jpg
  IMG_20161013_155152.jpg
  IMG_20161013_155220.jpg

 同じ企業グループですが、異業種交流でもあります。
 資格役職も職種も違うので、時には話についていけなくなることもあるのでしょうが、
 所々で相手の財産目録を増やそうと熱く語る場面が増えてきて嬉しかったです。

 まとめは、
  @個人だけでなく、職場や組織としての棚卸しも考える
  Aラベルが少ないのは『こんなものは当然!』と思い込んでいる可能性があるので、
   自部署に限定しないで自身の能力や財産を活かす場面を増やすことを考える
  B強みや好きなことにとことん打ち込みながら、弱みを徐々に改善する
  Cどこに出しても通用する、汎用能力を伸ばしていく
 と伝えましたが、
 ここでも、部下や後輩あるいは子どもへの接し方のポイント等も少し増やしました。

■”将来像を描く”は、20分弱でしたが、皆さん黙々と取り組んでおります。
 45年間走ってきたことを、
 事前課題と一日の研修で整理して将来像まで描くのは大変だと思います。
 具体的な将来像まで描けなくても、
  ◆今の仕事が好きだと実感する
  ◆自身の仕事を通して、顧客や社会に貢献する思いを確認する
  ◆まだまだ難問山積だが、ここで出会ったメンバーと一緒に前進したい
 と思ってもらえれば、それも半歩か一歩前進だと伝えております。
 ここで立てた仮説を、事後課題を活かしながら更に具体化して
 実現に近づけて欲しいと願っております。

 描いた将来像を実現させる為に、モヤモヤしている将来像を明確にする為に
 ”人を巻き込む””仕事と職場を見直す”課題の付録の存在を紹介し、
 事後課題の作成目的と手順を簡潔に伝えました。

 最後に、84歳の前向きなおばあさんの事例を紹介し、
 ”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
ホテルに戻って確認した感想ラベル、
気になる感想も一部あったのですが、概ね前向きに受けとめてくれたようです。
決して冷めていた訳ではなく、内省家が多かったのでしょうか。

メンバーの反応も大切なのですが、
今回は頂いた時間内に自分で納得できる流れで進行できたことに意味がありました。
翌日、もう一度同じ流れで進めて確信が得られれば良いのですが…(笑)。
 
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 18:41| Comment(0) | 日記

主任主事研修

自宅です。
昨日までのキャリア系研修1日コースを、順を追って振り返ります。

【10月12日(水) 1日コース】

主任主事研修は、28名(女性16名)です。
年齢は、確認できていないがたぶん平均年齢50才以上…。
職歴あり3名、技術専門職12名、本年度異動者は5名。

会場が本庁内なので9時開始だったが、全員が早めに揃い8:50開始。
開始前から明るい雰囲気で、朝一番の挨拶も例年通り元気です(笑)。

4つの質問ですが、
”走っている”は15名、
”任されている”は16名、
”視野を広げている”は7名、
”仕事が充実している”は12名。
必ずしも良好とは言えないが、
私の自己紹介や4つの質問の解説に対する反応は良いので期待できます。

研修を楽しみにしてきた”は1名居たが、
主体性とは?』に答えてくれる人は居ませんでした。
”ガラスのコップ”の目標達成率は60.7%ですが、
結果として15個以上アイデアを出したメンバーも居ませんでした。

ここまでの雰囲気がいつも以上に和やかだと思ったら、
10名が保育士さんと児童指導員さんでした。

全体の流れは、昨年と同様です。

■”ガラスのコップの使いみち”に関する解説を終えた後、5分ほど自分と向き合います。
 ”私は○○○○○である”を、拡散思考で思いつくまま書き出します。

■しばし、自身と向き合った後は、皆でワイワイガヤガヤ取り組みます。
 題して、”後継者育成は必要ない!?”という模擬ディベート。
 将来像を描き実現していく為の3つの視点、
  Will:自分が何をしたいのか(長期的な視点で)…仕事観
  Can :自分に何が出来るのか         …能力や専門性
  Must:自分が何をしなければならないのか   …使命や役割
 のうち、Mustから入ります。
 グループ内で、後継者育成の”必要派”と”不要派”に別れ、
 相手チームと離れて作戦会議。
  IMG_20161012_110339.jpg

 本番は、まず10分間の”ディベートモード”ですが、
 楽しそうに進めています。
  IMG_20161012_111401.jpg
 今回は、行政職(事務屋さん)VS専門職が目立ちます。
 ちなみに、7グループ全てが2名VS2名。

 ディベートモードでかなりガシガシやった性か、
仲良しモード”では各自の具体的な体験から重要性や不安・不満が出てきた様です。
  IMG_20161012_112744.jpg

■ディベートで議論することも大切だが、頭で処理しがちなので、
 互いの歴史と体験を共有化していく中で、人が成長していく要因を整理します。
 11:40から昼休み1時間を挟み、50分間でセット。
 事前課題が無いので、最初は戸惑いもあったと思うが、
 まずは午前中に1名が発表して、少し早めに昼休みに入ります。

【昼休み】
 昼食は、数年前に連れて行ってもらった魚の美味しい店にお邪魔して、
 大好きな鯖の味噌煮を注文したが、今年は青魚がどちらにお邪魔しても今ひとつ…。
 それでも、早めに教室に戻ると、保育士さんの有志が食事しながら話しており、
 『最近は、子どもの世話より保護者のフォローが大変で、
  カウンセリングも勉強しなければ…。もっと子ども達と接していたい。

 という切実な声を聞けて良かったです。

■午後からの情報交換も、かなり盛り上がりました。
  IMG_20161012_131258.jpg
  IMG_20161012_131310.jpg

 メインテーマは”人が育つ(独立する)要因”ですが、
 それぞれに人生があり、人が頑張れる要因や、育つ要因も違うし、
 苦労話や成功談を共有しながらグループ内の親密度が増していきます。
 彼らには、職場でも後輩や同僚の話を親身に聴いてあげて欲しいと願っております。
 振り返りのポイントや、後輩・後継者育成のポイントをアドバイスしたのですが、
 ”後輩(お子さん)の様子がおかしい時どうするか”という問題提起をしたところ、
 このテーマが響いたメンバーが複数居たようです(笑)。

■”将来像を描く意味”について、他社の事例を紹介しながら熱く語り、
 Willである”働く意味”を整理します。
 働く目的では、お金の割合が10%〜100%の幅があり、
 40%、50%と80%が目立ちます。

 個人ワーク25分弱、情報交換10分の後、
 ”誰の為に働くのか”という事例を2つ紹介し、
 ”ありがとうございましたの意味”について触れております。

■休憩をとらずに、Canの”財産目録づくり”に入ります。
 ”汎用能力”に触れた後、”和菓子職人さん”の事例を紹介して刺激を与え、
 ”カンニング大歓迎”の個人ワーク30分(休憩含む)取り組みました。
  IMG_20161012_153013.jpg
 ここでも、事前課題をやってないハンデを乗り越えて、
 メンバー同士で無邪気に騒ぎ相談しながら、課題に取り組んでいました。

 情報交換の前に、”給食調理員さん”の事例を紹介して、
 ”働く意味”と”能力”と”将来像”の関係も伝えます。
 また、”将来像を描く”ことだけを目的化しないで、日々の生活を振り返ってみると
 自分らしく前進するヒントがあることも伝えました。
 情報交換(プチ自慢大会)も25分ほどでしたが、仲間のプラス面を探して、
 質問やアドバイスを送ります。少しずつ互いのラベルを増やしておりました。
  IMG_20161012_160454.jpg

 最後に”強みを伸ばす”、”汎用能力を大切にする”、
 ”個人だけでなく、チームや職場の能力も考える”よう
 メッセージを送って、最終コーナーに突入です。

■最終コーナーは、1日を振り返り、仕事を始めてからを振り返り、
 ”将来像を描く”課題に取り組みます。
 駆け足で課題に取り組み、いきなり将来像を描けと言われて困ったと思いますが、
 個人ワークのみで20分弱かけました。
 ワークの前に、”84才のおばあの夢”を紹介して、
 将来像を描いて実現するには、年齢も早い遅いも無いことを伝え、
 更に長い人生の中で残りの仕事生活をどの様に位置づけて充実させるのか、
 等のメッセージを送ったのですが、黙々と取り組んでくれました。

■最後に、”仕事と私生活のバランスを取りながら頑張るママさん”を紹介し、
 ”自分と向き合う意味”を再確認して、時間内で終了です。

沼津に向かう新幹線の車内で確認した感想ラベルは、嬉しい内容が多かったです。
更に、直前の他社の研修で若干迷ったこともあったのですが、
この一日のメンバーの反応や表情を見ていると、
難しいテーマだからこそ、楽しみながら取り組んで欲しい
もっともっと元気になって欲しい、自分のことを大切にして欲しい
という願いを再確認できたので、もう少し肩の力を抜いた方が良いのかな
と気づけたことが収穫でした(笑)。

感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 15:43| Comment(0) | 日記

2016年10月09日

キャリア開発研修40第4班

【10月6日(木) 1日目】

キャリア開発研修40第4班は30名(女性7名)。
職歴ありは9名、技術専門職が19名、本年度異動者12名、異動なしは0名です。
本シリーズの最終戦ですが、有終の美を飾れるか…。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は19名、
”任されている”は11名、
”視野を広げている”は2名、
”仕事が充実している”は13名。
状態としては可も無く不可も無くという状態ですが、
研修を楽しみにして来た”メンバーが居ないのは当然として、
解説時の傾聴姿勢が弱いので、前日がよぎってしまいます(笑)。

研修の大まかな流れは、第1班と同様です。

■”ガラスのコップ”では、目標を達成できたのが66.7%、
 結果として15個以上アイデアを出したのは男女1名ずつでした。

■午後一番、積み残した拡散的思考と収束的思考の解説をしてから、
 ”先を見据えたテーマに取り組む”意味について解説し、
 ”歴史と体験の共有化”に入ります。
  IMG_20161006_133354.jpg

 6グループ全てが5人体制なので、無理とは思いながら60分にセットしたが、
 結局10分延長して10分間休憩でなんとか収まりました。
 いつもの様に、この情報交換を終えた頃からグループ内の凝集性が高まります。

■休憩前の課題について解説していると、少し傾聴姿勢が増した様でホッとする。
 ”58才軍団”の事例を紹介して将来像の重要性に触れた後、
 ”働く意味”を整理します。
 働く目的で、お金が0%〜100%の幅があり、20%と50%が目立ちました。
 個人ワークは25分弱で、その後10分で情報交換。
 まとめは、この場では”パパと息子の事例”と”誰の為に働くのか?”に絞りました。

■”財産目録づくり”に入る前に、
 時間を気にしながら”汎用能力についてのみ問題提起をしております。
 個人ワークは、”カンニング大歓迎”方式で30分(休憩込み)。
  IMG_20161006_161237.jpg
  IMG_20161006_161410.jpg

 ”プチ自慢大会”という名の情報交換は、最低25分は確保して
 流れ解散にしたのですが、一番遅いグループは17:15頃に帰って行きました。
  IMG_20161006_163438.jpg
  IMG_20161006_163500.jpg

 傾聴姿勢は弱いが、グループワークは元気なので心配はしていなかったのですが、
 最後まで楽しそうに情報交換している姿を見るとホッとします(笑)。

 研修終了後、たまたま残っていた明るく頑張るママさんを捕まえて、
 30分近く話し込んでいました。
 ママさんは、強くて優しいと改めて実感しました。
 
ホテルに戻り、確認した感想ラベル。
嬉しい内容も多いが、いつもとは違う内容もあり、波乱の翌日を予感する…(笑)。


【10月7日(金) 2日目】

■朝一番、5分間のフリートークで、緊張感と眠気を飛ばしてもらいます。

■感想ラベルの共有化は、50分を目標にして、ほぼ目標どおりに終了〜。
 この時間が長過ぎるというフィードバックもあり、
 30名を超える場合には人数を絞っているが、今回はジャスト30名。
 事例を極力抑えて短時間で一般化する方法でやったつもりだが…、
 後半の早い時間帯から白け鳥が何羽も飛んでいました。
 これも久々だし、今週は呪われた1週間かとまで考えてしまいます。
 それでも、一生懸命聴いてくれるメンバーが居るので、
 その人達の為にと気持ちを切り替えて最後まで続けました(笑)。

■10分間の休憩後、”環境分析”の共有化に入ります。
 時間は35分でしたが、事前課題の活かしながら集中してくれました。
 メンバー同士で盛り上がってくれるのが一番なので、この光景が嬉しいのです。
 と、再度原点を確認します。

■”将来像を描く”は、簡潔にオリエンテーションを行い、
 民間バージョンだがサンプルを紹介して、30分の個人ワークに入りました。
 サンプルを見る人も見ない人も居るが、
 昼休みに入っても筆記用具を握って悩む人も複数居たようです(笑)。

■午後一番、”某県庁の事務職員さん”の事例を紹介し、
 50分の情報交換に入りました。
  IMG_20161007_131124.jpg
  IMG_20161007_131202.jpg

 互いの将来像を、より大きく、より具体的にする情報交換ですが、
 他者の将来像を聞きながら、自身の夢が膨らむ可能性も広がります。
 なんとか延長5分に留めてくれたので、
 ”将来像を実現させる”課題へのブリッジをかけて、一旦休憩です。
  
■将来像を実現する為の課題づくりは、”職場と職務を見直す”から入ります。
 個人ワーク6分に、情報交換は25分にセットしました。
 今回は、仕事環境が”かなり恵まれている”2名、
 ”あまり恵まれていない”メンバーは7名でした。
 ”まずまず恵まれている”メンバーが大半なのですが、
 今年は、全体的として環境的に状況が厳しくなっているのかもしれません。
 私流の無責任なアドバイスを伝えます。その心は下記にあります。
 ”自分の過去も相手も変えることは難しいが、自分の行動は変えられる

■”人的財産を活かす”は、
 休憩込み25分で人脈マップを作成して支援内容を具体化し、
 テーマを絞って20分間で情報交換を行いました。
  @する人と自身の関係性や出会った契機、
  A今後の交際内容や支援内容です。
 5人5様の人的財産が居て、つき合い方もあるので集中して聞けるのでしょう。
 特に、今回は感想ラベルでも人や周囲に関する記述が多かったので尚更です。

■最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
 当事者がロビーで2日間を振り返り自己評価をしている間、
 残ったメンバーで仲間に対する期待と信頼と愛情を込めたメッセージをまとめます。
  IMG_20161007_161603.jpg
  IMG_20161007_164149.jpg
  
 全員分をまとめ終えたら各自に配り、お礼・感想・疑問点等を共有します。
  IMG_20161007_165207.jpg

 コメントのまとめも、プレゼントの交換も、思いのほか楽しそうでしたよ。
 メッセージは耳に痛い内容も心地よい内容もあるのでしょうが、
 2日間一緒に過ごした仲間からのものなので、素直に受け止めることも出来ます。
 最後に、この経験を活かして、今後の後輩や部下やお子さんをリードして行く時に、
 相手のことを知らないと先に進まないことを大切にして欲しいと伝えて終了です。

【10月7日(金)夜 静岡オフ会】

オフ会会場のホテルに到着して、確認した感想ラベル。
厳しい内容も覚悟していましたが、さほどでも無かったです。
むしろ嬉しい内容が多かったのですが、
感想ラベルには書かれていない本音もあることは忘れずに、次回に活かします。
嬉しい感想集は、すでにMCYHPにアップしております。

それにしても、今週の3日間は若干ハードだったので、20分ほど休憩です。
  IMG_20161007_174830.jpg

18:30からは、8年前から去年までの受講者に集まってもらい、
恒例の静岡オフ会でした。
毎年どころか年に数回会っている人もいるし、数年ぶりの人も…。
他にも、7名ほど欠席届をもらいましたが、総勢13名で盛り上がりました。
  IMG_20161007_211901.jpg

特に何をする訳ではないが、自己紹介or近況報告を聞いていると、
各自の個性がにじみ出るし、公私にわたる活動内容も千差万別で興味深い。
約3時間の会食を終えて、来年の再会を願いながら、会場を後にしました。
posted by Tadashi Yano at 15:31| Comment(0) | 日記

40代のキャリアデザインセミナー(6)

3連休の中日ですが、外は大雨だし、のんびり仕事をしております。
先週の研修を振り返り、今週に備えます。

【10月5日(水) 第6班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第6班は、34名(女性5名)。
前回は50名の大所帯でしたがかなり盛りあがったので、今回もと期待したが…。
ちなみに、年齢層が前回までよりも3,4歳下がります。

職歴あり2名、技術専門職18名、異動歴なし5名、
本年度の異動者は1名でした。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は22名、
”任されている”は22名、
”視野を広げている”は11名、
”仕事が充実している”は18名。
朝一番の挨拶も元気だったし、
手上げの状態もまずまず良好な方だと思います。
自己紹介は予定通り11分で終わったが、
あるグループで5名中3名居て延長申請もあったが、やんわりお断りする(笑)。

研修の大きな流れは、年齢層は違うが、第5班と同様です。

■頭を柔らかくする最初の協同作業で取り組んだ”ガラスのコップの使いみち”ですが、
 3分間の個人ワーク、5分間の情報交換と進んだが、解説の反応がやや鈍い…。
 目標達成率は61.8%、15個以上が1名居ました。

■自社を自己否定するディベートの前に、
 will,can,mustの関係を説明します。
 自分らしく将来像を描いて実現させる為には、この3つの視点が大切であり、
 まず、組織の一員としての使命や役割を整理します。
 毎回この模擬ディベートは無邪気に盛り上がってくれるのですが、
 今回はやや微妙でしたぁ。
 作戦タイムは、いつもであれば形から入って盛り上がるのですが、
 今回は若干覚めた空気も…。離席率も低い(笑)。
  IMG_20161005_105926.jpg
  IMG_20161005_110205.jpg
   
 それでも、元に戻り、ディベートモードと仲良しモードでは徐々に熱を帯びてくる。
 職種を極力ばらしてメンバー構成をしているので、
 正気なところディベートモードでは、最初に出たテーマが優先されますが、
 仲良しモードでは各自の仕事や職場を通した、
 自社の存在理由や強み弱みを発表してくれます。
  IMG_20161005_110908.jpg

 今回は、”自身のキャリア”だけでなく”部下や後輩(家族)のキャリア支援”を
 より強く意識してもらうつもりで、
 ”部下の話を一旦受け止めた上で視点を変えてあげるトレーニング
 も伝えたが、意識してくれたメンバーが居たかどうかは確認取れていません。

■午前中最後の”互いの歴史と体験の共有化”は、
 オリエンを終えて昼休み50分を挟んで65分の自主運営にました。
 午前中で早退するメンバーが居るグループは残りましたが、
 大半は早めにお昼休憩をとり、午後からじっくり取り組みます。
  IMG_20161005_131124.jpg

 ほぼ時間通りに情報交換が終わり、いつも通りグループ内の凝集性が高まり、
 私のまとめも、一番集中して聴いてくれました(笑)。

■休憩後、少し早めですが事後課題の作成目的を伝えます。
 1日で将来像まで描くが、描いた将来像をどの様にして実現させていくか、
 ”人を巻き込む””仕事と職場を見直す”課題の付録の存在を紹介し、
 事後課題を作成しながら、本気で将来像を実現させてもらいたいと伝えます。
 課題の進捗と共に、気づいた点をメモ代わりに使って欲しいとの願いを込めて…。

■将来像を描く意味について、”58才軍団”の事例を紹介した後、
 ”自分らしさ”を整理します。
 ”働く意味”の働く目的では、
 お金が20%〜100%の幅があり、今回は7,80%と4、50%が目立ちます。
 個人ワークは25分、その後10分情報交換。
 感想ラベルを読むと、40代でも日々走りながら仕事をしており、
 ”働く意味(目的と手段)”を意識していないメンバーが意外と多いのです。
 今更?という見方もあるが、
 要は自分らしく働く原点に気づけば、いつからでも前進できるのです(笑)。

■must(使命・役割)、will(働く意味)と来たので,最後はcan(能力)です。
 ”財産目録づくり”は、少し簡略化した手順を解説し、
 ”和菓子職人”の事例を紹介して、個人ワークに入ります。
 拡散思考と収束思考を合わせて25分の目安で進めるが、今回は休憩5分を含める。
 個人ワークではあるが、短時間でもあるので、
 ”カンニング大歓迎”で仲間と相談しながら進めるように指示をしております。
  IMG_20161005_154143.jpg

 個人ワーク後は、”プチ自慢大会”という名の情報交換25分に入ります。
  IMG_20161005_161430.jpg
  IMG_20161005_161518.jpg

 同じ企業グループですが、異業種交流でもあります。
 互いの財産目録を増やして、一部深堀りすることがメインですが、
 自身の知らない世界(仕事や職場)を知る良い機会でもあります。、

 まとめは、
  @個人だけでなく、職場や組織としての棚卸しも考える
  Aラベルが少ないのは『こんなものは当然!』と思い込んでいる可能性があるので、
   自部署に限定しないで自身の能力や財産を活かす場面を増やすことを考える
  B強みや好きなことにとことん打ち込みながら、弱みを徐々に改善する
  Cどこに出しても通用する、汎用能力を伸ばしていく
 と伝えましたが、
 ここでも、部下や後輩をリードしていく上でのポイント等も少し増やしました。

■”将来像を描く”は、20分でしたが、皆さん黙々と取り組んでおります。
 45年間走ってきたことを、
 事前課題と一日の研修で整理して将来像まで描くのは大変ですが、
 ここで立てた仮説を、事後課題を活かしながら更に具体化して
 実現に近づけて欲しいと願っております。

 最後に、84歳の前向きなおばあさんの事例を紹介し、
 ”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
静岡に向かう新幹線の車内で確認した感想ラベル、
嬉しい感想が多数あった一方、厳しい反応もいつもより多かったです。
内容は、マイクの性か声が聞き取りづらいというものがメインでしたが、
早口だという指摘と、『一日コースと言い過ぎ』というもの。
私としては、決してネガティブな表現をしたつもりは無いが、耳障りだったか。
早口にも関連するのですが、久々にいつもとは反応が微妙に違ったので、
いささか焦ってしまったようですね。
大いに反省して、次週からは意識して取り組みます(笑)。
厳しいフィードバックは、耳に痛いのですが、とても大切な声です。
その時に、プラスの評価も忘れなければ、前向きに改善できるものです。
 
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 11:54| Comment(0) | 日記

2016年10月02日

30才キャリア 第4班

自宅です。
先週取り組んだキャリアプランニング30研修第4班を振り返ります。

【9月28日(水) 1日目】

キャリアプランニング30研修第4班は27名(女性4名)。
今回も、おとなしいという前評判でしたが…(笑)。
職歴ありは4名、技術専門製造職が16名、既婚者13名でパパ9名、
後輩等が居る者20名、今年の異動者3名、これまでに異動なしが12名です。

研修を楽しみにしてきた』メンバーも、
主体性とは”の問いに答えてくれたメンバーも居ませんでした(笑)。

4つの質問では、
”走っている”は12名、
”任されている”は12名、
”視野を広げている”は3名、
”仕事が充実している”は13名。
あくまでも朝一番の状態ですが、必ずしも良好とは言えない状態です。
それでも、特に賑やかなBグループがいるので、楽しく進行できそうな予感がありました。

3日間の大まかな流れは、第1班とほぼ同様です。
http://mcy.sblo.jp/article/175749759.html

■発想ゲーム”ガラスのコップの使いみち”では、
 3分で15個以上を目指す挑戦者は1名で、各自の目標達成率は55.6%。
 実績として15個以上発想したメンバーが別の人でしたが1名居ました。
 頭を柔らかくした後、”私は○○○である”に5分間だけですが、黙々と取り組みます。

この日、朝からムードメーカーになってくれている二人を記念撮影。
  IMG_20160928_124511.jpg
じゃれあい方を見ていると旧知の間柄のようでしたが、この日が初対面!
そんな二人も、3日間でそれぞれ揺れ動きます(笑)。

■午後一番、”歴史と体験の共有化”に60分間取り組みました。
  IMG_20160928_131316.jpg
  IMG_20160928_131333.jpg

 今回は、とにかく声の大きいメンバーが居るので、話の内容も漏れてくるのですが、
 仕事経験は10年前後なので生い立ちからの人生や私生活の話題も多い。
 それでも現在の原点や今使っている能力や財産を蓄積している内容も…。 
 いつも以上に盛り上がっているようなので、その後の展開も安心して、
 振り返りのまとめとメッセージを送り、一旦休憩です。

■休憩後、将来像の重要性を”58才軍団”の事例で解説して、
 ”自分らしさの整理”に取り組みます。
 “働く意味”では、目的の%を共有化したのですが、
 ”お金”の割合が0%〜100%の幅があり、
 80%もあるが、40%、50%がかなり目立ちました。
 今回も、グループ間で傾向が大きく違っていました。

 ”消防士さん”の事例を紹介した後、個人ワーク25分、情報交換10分です。
 個人ワークを進めていると、珍しくメンバーから質問がありました。
 これも嬉しいことだし、私のテンションも徐々に上がっていきます。
 まとめは、当社の元受講生パパの事例を紹介して”家族の為に働くとは”を伝え、
 ”ありがとうございました”の意味を伝えて、この課題は一応終了です。

■”働く意味”(何をやりたいのか)の次は、
 ”自分ならではの能力”(何が出来るのか)に取り組みます。
 ”和菓子職人”の事例を紹介して刺激を与えてから個人ワークに入ります。
  IMG_20160928_160801.jpg
 個人ワークとは言え、”カンニング大歓迎”とアドバイスしたが、
 皆さん25分間黙々と課題に取り組み、時折相談をしております。
 この日は個人ワークまでで、翌日情報交換しながら更に深堀をしていきます。
 
■初日の最終コーナーは”わが社グループは必要ない!?”という模擬ディベートです。
 チーム編成をした後、1.作戦会議、2.ディベートモード、3.仲良しモード
 まずは、G内で必要派不要派に別れて作戦を練り、
  IMG_20160928_164234.jpg
 ディベートモード、仲良しモードで10分ずつ闘います。
  IMG_20160928_165310.jpg
  IMG_20160928_165333.jpg

 今回も、一グループですが、1人で残りの3人を相手に孤軍奮闘しておりました。
 グループ内で、自社の存在意義・存在理由、強み弱みを考えたのですが、
 全体会合ではどちらの立場になるかわからないので、その点も想定しています。

 全体会合は、必要派不要派にバランス良く別れる想定でしたが、
 不要派が1グループだけで、5グループは絶対必要派…。
 どうしたものかと悩んでいたところ、件のBグループ不要派に回ってくれました。
 
 合同の作戦タイムは10分、
  IMG_20160928_171858.jpg
 各グループでの論点を確認しながら進めているが、
 必要派は4グループと多いので、逆にハンデになったかもしれません。

 そして、いよいよ本番です。ディベートモードは、約20分かけました。
 不要派の代表が口火を切り、
 必要派の代表が窓口になり反論をしているが、応援が少ない…。
  IMG_20160928_173147.jpg
  IMG_20160928_173209.jpg

 ”ディベートモード”は噛み合わない場面もありましたが、
 ”仲良しモード”では、自分の仕事や職場を通した
 具体的な強みや弱み、存在意義等を15分以上かけて全員が語ってくれました。
 このやり取りを通して、社内の視野が広がり、会社に対する思いも徐々に高まります。
 この課題は、”仲良しモード”が重要なのです。

夕食後宿泊棟に戻り、確認した感想ラベル。
もちろん、モヤモヤ状態もあるし、研修と将来に対する不安も見えるのですが、
全体的には前に向かおうとする姿勢があるので、
翌日からの展開が更に楽しみになりました。


【9月29日(木) 2日目】

■5分間のフリートークで眠気と二日酔いを飛ばした後、感想ラベルの共有化。
 55分目標で開始したが、飽きたモードも出てきたので時間通りに一旦終了〜。
 今回は、感想ラベルの共有化で”聴いているぞ!オーラ”はあまり感じません(笑)。

■休憩後は、積み残した”長い人生にはステージがある”というメッセージを送り、
 ”プチ自慢大会”に入ります。
 グループ内で30分共有化した後、
  IMG_20160929_103608.jpg

 他のグループのメンバーと3名一組で60分かけて共有化します。
  IMG_20160929_111559.jpg
  IMG_20160929_111635.jpg
  IMG_20160929_111736.jpg
  IMG_20160929_113643.jpg
 
 グループ内の情報交換も貴重ですが、
 違った組み合わせで違う職場・職種のメンバーと検討することで、
 財産目録を増やし深めるだけではなく、仕事の進め方や別の世界の話など
 また少〜し世界を広げることも可能になります。

昼休み、あるメンバーから相談依頼があり、
将来に関する前向きな不安について25分ほどですが話をすることが出来ました(笑)。
  
■13:00に再開し、15分間だけ午前中のやり取りで増えたラベルを確認する。
 ”能力開発のポイント”は、全体像を伝えながら、
 重点テーマの2つは熱く語りました。

■自分の興味や関心がどこにあるか(ないか)を整理した後、
 ”将来像を描く”の個人ワークは30分。
 今回も、いつも以上に紹介したサンプルに群がっていましたが、
 そのごはまた黙々と作業に取り組んでいました。
 事前課題で過去を振り返り、2日間(1.5日間)で自分と向き合うことで、
 何となくこれからやりたいこと、なりたい自分をラベル化し、シートに貼っていきます。

 情報交換は、50分に設定し、10分の休憩でなんとか収まりました。
  IMG_20160929_152033.jpg
  IMG_20160929_152245.jpg

 ”自分のことはさておき、他人のことなら何でも言える”精神で、
 仲間の夢をより大きくし具体化していくのですが、
 皆さん楽しそうに夢を語り、仲間の質問やアドバイスに応えていました。

■互いの将来像を共有化した後は、”将来像を実現する為の課題づくり”に入ります。
 まず、『将来像を実現するには、種を撒く、仕掛けを打つことが大切!』と伝える。
 次に、”人的財産を活かす”というテーマに、拡散&収束思考で取り組みます。
 個人ワークは20分、情報交換は25分にセット。
 このワークでも、人に対する気づきが増えたメンバーが複数居たようです。

■最終コーナーは”仲間に映った自分”です。
 仲間に対するコメントをまとめる時も、
  IMG_20160929_172937.jpg
  IMG_20160929_174711.jpg

 ラベルをもらいお礼・感想・疑問点等を交換する時も、やはり賑やか。
 それでも、2日間で伝えたメッセージを受け止めてくれたのか、
 相手を気遣いながら取り組んだ様子が伺えました。

 早いグループで45分くらいで終了したのですが、
 今回のリーダーが居る4名のEグループが18:10になっても終わりません。
 食堂のおばちゃんに迷惑をかけてはいけないと、
 夕食を食べながら反省会を続けておりました(笑)。

感想ラベルは、いつも通りまず情報量が増えているし、
熱い内容も増えてきています。
ただ、当日の感想だけでは読みづらいので、初日からの感想との変化も確認しながら、
彼らの感想に寄り添ったつもりです。


【9月30日(金) 3日目】

ラジオ体操で外に出ましたが、気持ちよい朝でした。
  IMG_20160930_085025.jpg

■朝一番のフリートーク、今日も変わらず元気が良さそうです(笑)。
 感想ラベルの共有化は、52分かかったが、
 後半に予定していた内容も含まれるので充分だと思います。

■将来像を実現させるために、”職場と仕事を見直す”を個人ワークで6分強、
 まずグループ内情報交換を25分ほどで行いました。
 第4班は、とても恵まれている状態が3名、平均以下は4名と少なく、
 まずまず恵まれているメンバーが大半でした。
 ただ、個人の中で、◎と×の項目が混在しているメンバーがいつもより多かったです。
 あるグループでは、初日からややネガティブな発言が多かったメンバーに対して、
 他のメンバーが視点を変えたり、自身の体験談等を伝える姿が印象的でした。

 職種別分科会は、エンジの2名は二人だけでじっくりと、
 充填系の製造さんが9名居たが、2チームに分かれて、
 製造のメンバー2名が営業系と物流系の分科会に合流して、
 別世界の仕事の現状を学んでおりました。
 中には、他の職種の話を聞くことによって、今の仕事が良いと感じた人も居たようです。
  IMG_20160930_111614.jpg
  IMG_20160930_111708.jpg
  IMG_20160930_111820.jpg
  IMG_20160930_111941.jpg
  IMG_20160930_112021.jpg
  IMG_20160930_113407.jpg 

 日頃、自職場は働きやすいとか働きにくいとか考えていますが、これも全体像。
 細分化して整理してみると、現状に甘えている自分や、
 うまくいかない原因や理由が見えてきます。 
 課題形成のアドバイスは、テキストにもまとめているが、
 この研修では必ず口頭でメッセージを伝えるようにしております。

■午後一番、午前中の振り返りを10分ほどでまとめた後、
 模擬ディベート『後輩育成は必要ない!?』に取り組みます。
 前回取り組んで面白かったので、グループ対抗のディベートを提案したところ、
 意見が分かれたので、二グループはG内の分科会、四グループは対抗戦にしました。
 まずは、作戦タイム。
  IMG_20160930_131818.jpg

 この研修最後の協同作業は、ディベートモードと仲良しモード。
  IMG_20160930_133113.jpg
  IMG_20160930_133113.jpg

 ”後輩育成”の重要性と課題がメインテーマですが、
 サブテーマで、後輩の思いや考えと先輩の期待がずれた時の演習も兼ねています。
 後輩の意見を一旦は受け止めて、その上で視点を変える働きかけが出来るかどうか。
 短時間なので欲張りなテーマだったと思いますが、
 出来栄えはともかく皆さん最後まで楽しんでくれた様で良かったです。

■最終コーナーは、『キャリア活動計画』の作成です。
 作成目的は2日目の朝伝えているのでサラッと確認し、個人ワークを中心に40分。
 『最後まで、自分の為にこのシートを活かしましょう。』と伝えると、
 まずこのワークに集中した後、事務局提出のレポート作成に励んでくれました。

最後に、私からメッセージを送り、グループ内でエール交換し、
感想ラベルを書いて終了です。
最近では恒例の集合写真ですが、
今回で5年間支えて頂けた事務局のKさんが転勤です。
リーダーに写真班をお願いして、もう1枚集合写真を撮りました。
  IMG_20160930_152250.jpg

もう1枚の写真は、記念にKさんだけに贈りました。

感想ラベルは、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 14:33| Comment(0) | 日記

2016年09月27日

久々の大阪

自宅です。
10日ほどオフという名の自宅作業でした。
出張が続くと、デスクワークが溜まってしまいます。

明日からまた走り出しますが、なんとか整理がつきました。
なので、先々週の大阪訪問を写真で振り返っておきます(笑)。

【9月16日(金) 夜:鶴一】

尾道から大阪に移動して、一旦ホテルにチェックインしてから向かった先は、
鶴橋ではそこそこ有名と言われる焼肉屋さんです。
  IMG_20160916_184954.jpg

焼肉も大好物ですが、
  IMG_20160916_191504.jpg
  IMG_20160916_191737.jpg
  IMG_20160916_195022.jpg

この夜は企業人時代、採用に携わった新人さん2名との再会。
  IMG_20160916_191226.jpg

更に、45年前の同級生親子と最近よく遊んでもらう相手や久々に会う人など…。
二つのテーブルに分かれているし、時間制限もあったのですが、
メンバーの半分近くが初対面にも関わらず楽しい時間を過ごせましたよ。
  IMG_20160916_200317.jpg


【9月17日(土) 午前中:千房】

前夜も集まってくれた大学時代の同級生Sさんと難波でデート。
舶来時計 製造直売”の看板を探しながら、迷った挙句入ったのが千房さん。
こちらは全国チェーンなので、時折別の場所で利用させてもらっているが、
店によってバラつきがあるので、正直期待はしていませんでした。
でも、流石本店に近いと違う? 美味しかったです。
  IMG_20160917_121446.jpg
  IMG_20160917_122357.jpg

何より、病み上がりのSさんが喜んでくれたので良かったです。
          IMG_20160917_122135.jpg


【9月17日(土) 午前:丸福珈琲店】

ミナミを歩きながら見つけた珈琲店は、鳥取にもあったが最近閉店したお店。
近所のスーパーでも、時々こちらの珈琲を買うことがあります。
  IMG_20160917_124101.jpg
  IMG_20160917_124411.jpg
  IMG_20160917_124810.jpg

レトロな雰囲気のお店で、レトロなオヤジ二人で1時間ほど昔話をしておりました。
  IMG_20160917_125700.jpg


【9月17日(土) 午後:中之島図書館】

ある目的があり、二人で向かった図書館です。
残念ながら目的は達成できなかったが、日頃あまり縁のない図書館だし、
建造物を眺めているだけでも歴史を感じることが出来ます。
また今度、ゆっくり訪ねてみるつもりです。
          IMG_20160917_140628.jpg
  IMG_20160917_134534.jpg IMG_20160917_140319.jpg


【9月17日(土) 午後〜夕方:大阪空港周辺】

Sさんと別れて向かった先は、御堂筋線の沿線にある甥の自宅。
大阪に転勤滞在中ですが、なかなか会えるチャンスが無かったのです。
甥の息子のSちゃんとも初対面でしたが、人見知りせず抱かれてくれます(笑)。
          IMG_20160917_151032.jpg
 
近場の公園に散歩に出たが、帰りにJrは眠ってしまう。
          IMG_20160917_155413.jpg

甥も父親なんだぁ、と実感してしまいましたぁ(笑)。
もっとも、戻ってから次兄に写真を送ったら、
抱っこしている写真を見ると立派なジジイに見えて笑いました。』と言われましたが…。

Jrが眠ったのを確認して、車で空港まで送ってもらい、
定番の蓬莱で夕食を取り、家路に着きました。
  IMG_20160917_175721.jpg
  IMG_20160917_180149.jpg

最近、関西方面の出張が少なくて残念ですが、次はまた1年後かなぁ。
楽しみにしております。
posted by Tadashi Yano at 17:19| Comment(0) | 日記

監督職層昇格研修

【9月15日(木) 1日目】

某社監督職層昇格研修のメンバーは11名(女性3名)。
昨年に続き2桁の人数なので、どの様な展開になるか楽しみです。
今回も、生産系、研究開発系、営業系(営業事務含む)、管理系と揃いました。
職歴ありは4名、一年以内の異動者1名、異動が無いのは3名です。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は6名、
”任されている”は9名、
”視野を広げている”は6名、
”仕事が充実している”8名。
手あげの状態としては、昨年を更に越えるほど良好でした。
グループ討議が多いので、互いに競った琢磨してどこまで前進できるか楽しみです。

冒頭にメンバーに伝えたのですが、”監督職層”に昇格することが目的ではなく、
昇格した暁にどの様な監督職になりたいのかを考え描く研修にしたいと思います。

■”主体性とは”の質問に対して、
 今年も1名発表してくれたメンバーが居たので、先生は気分よく進行できます。

■”理想の職場リーダーとは”に個人で3分、グループで10分かけて取り組みました。
 結果、個人戦はグループでの最高が17個と8個でしたが、
 グループでは40個と26個と、共同で頑張ってくれました。

■自身が目指す監督職の理想像をイメージした後は、
 ”部下育成は必要ない!?”の模擬ディベートで30分盛り上がります。
 まずは、二部屋に分かれて作戦タイム。
  IMG_20160915_111604.jpg
  IMG_20160915_111543.jpg

 続いて、元に戻りディベートモード、仲良しモードと論戦を繰り広げますが、
 真剣モードで議論をしていました。今回の様な布陣は初めてです。
  IMG_20160915_112713.jpg

 『監督職だから、部下・後輩育成もあたり前』ではなく、重要性と課題を考えて欲しいし、
 今後のマネジメントで、相手の視点を変えるトレーニングも考えたが、
 流石にそこまで求めるのは欲張りだったかもしれません。
 ただ、少なくとも、皆で議論することに徐々に慣れてくれたと思います。

■今回は、6名と5名グループなので、時間管理が大変です。
 昼食休憩は50分にして、少し早めに入り、12:50に全員集合。
 互いの”成長体験と成長要因”を65分かけて共有しました。
  IMG_20160915_132609.jpg
  IMG_20160915_132617.jpg

 一人10分前後でしたが、楽しそうに交換していました。
 互いの実体験をもとにしているので、皆さん興味津々です。
 顔見知りのメンバーも多いのですが、知らない側面が見えてくるし、
 初対面のメンバーとも急速に親近感が増していきます。

 午前中のディベートの内容も踏まえて”成長体験と成長要因”を整理して終了です。

■休憩後は、マネジメントに関する理解促進テストです。
 オリエンテーションを行い、
 個人ワークからグループ討議の所要時間を見積もってもらいました。
 50分と60分。昨年は30分〜36分と見積もって36分追加だったのです。

 まず、グループ内で個々人の見解を確認するが、ほとんど合いません。
 目のつけどころは良いが、様々な意見が出て右往左往しております。
 私は知らない振りして耳をダンボにしているが、最適解を伝えた時の混乱振りが…。

 ”最適解”の提示の前に、前提となるキーワードを紹介します。
 2グループの担当を決めて、結論とその理由を発表してもらうが、
 最適解とはなかなか合致しません(笑)。
 ここでは、四択の結論よりも、何を捉えて、何を重視したか、
 場面に応じた自分なりの基準を持って行動することが大切だと伝えております。

■休憩で頭を冷やした後、マネジメント(リーダーシップ)の基本を整理しました。
 ”お勉強モード”はお互いに疲れるので、ワークや分析を入れて、
 互いの現状を把握しながら、ポイントを整理します。
 中でも、”部下や後輩の様子がおかしいと思ったら、まず自身の行動を振り返る
 というテーマが、メンバーにとって印象的だった様です(笑)。
 簡単なことの様でなかなか難しいが、少しずつ理想の上司に近づいて欲しい。

ホテルに戻り、瀬戸内の景色をしばし眺めてから確認した感想ラベル。
例年は多い理解促進テストに関する質問はほとんど無く、
昇格以前に、日常業務を振り返り課題を見つけてくれた内容が多いのです。

  IMG_20160915_180632.jpg
  IMG_20160915_180715.jpg
  IMG_20160915_180832.jpg


【9月15日(木) 同窓会】

今年は、事務局長であり第1期生のKさんが音頭をとってくれて、
1期生(12年前)から7年前、3年前の5名が集まってくれました。
  IMG_20160915_190842.jpg

一応自己紹介&近況報告をしていくが、話し好きが多いので、
人の話に割って入りなかなか先に進めません(笑)。
今回の受講者のことも知っているようだし、研修の流れも知っているので、
時々研修の内容も話題にのぼります。
とても楽しい時間でしたし、勇気と元気も分けてもらえたので、
帰ってからの残業もはかどることでしょう(笑)。


【9月16日(金) 2日目】

朝の天気は良かったです。
  IMG_20160916_075558.jpg

■8:50には全員集合できたので、早めに開始する。
 感想ラベルの共有化は45分だったが、”能力開発のポイント”のみならず、
 環境分析のガイダンスを行い、学習スタイルの情報提供も出来たので良かったです。

■休憩後は、”会社を変える! 自分達も変わる!!”にチームで取り組みます。
 捉える理想の会社(職場)像は違うし、課題も違うので、
 グループワークはまとまり難いがその過程で社内の視野も広げて欲しいし、
 午後からの昇格試験のミニ論文にも繋がります。
 今回も見積ってみると、90分と50分。間をとって70分に設定したが、
 50分時点で再検討する約束で開始する。結果10分延長で、80分かけました。
  IMG_20160916_101336.jpg
  IMG_20160916_111159.jpg
  IMG_20160916_111206.jpg

 2グループだけですが、構想を練る時間、作業時間等微妙に違っております。
 時々、スパイが隣を覗きながら、それでも自分達だけで考えてまとめておりました。
 グループで話し合って考えた内容も大切ですが、
 グループワークの過程で学んだ”共同で課題に取り組む”ポイントも活かして欲しい。
  
 発表会は、各グループ15分で臨みましたが、合計で5分延長でまとまりました。
  IMG_20160916_113234.jpg
  IMG_20160916_115534.jpg

 プレゼンの巧拙ではなく、互いにまとめた内容を更に充実させることが目的です。
 皆でまとめた内容を参考にするのは構わないが、
 テストの小論文に丸写しすると減点だと伝えておりますが、さてどうなるか…。

■午後一番、問題解決の基本を復習し、
 ”理想の監督職像”に近づくために、
 ”何を実現したいのか:働く意味”と
 ”何が出来るのか:能力・技術・専門性”に取り組みます。

 とはいえ、このあたりでメンバーはそろそろテストが気になる時間帯なので、
 上記のワークも含めて自主運営にしました。
 
■最後に、”自分と向き合う意味”を伝えて、研修も終了です。
 帰りの車中で確認した感想ラベルは、
 昇格云々の前に、いかに自分らしく仕事をしていくかという、
 嬉しい内容が多く嬉しかったです。
 選考結果云々ではなく、今年も大いに期待できるメンバーだと思います。

彼らの感想は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 16:03| Comment(0) | 日記

キャリア開発研修40第3班

【9月12日(月) 1日目】

前回の第2班は夏真っ盛りでしたが、今回は蝉の声も聞こえてきません。
それでも、子ども達の声に癒されます。
  IMG_20160912_101334.jpg
さて、戦闘モードに切り替えねば!(笑)

キャリア開発研修40第3班は27名(女性7名)。
職歴ありは8名、技術専門職が15名、本年度異動者5名、異動なしは1名です。
ここのところ、1日コースと大人数の研修も多かったので、
2日コースでこれ位の人数はホッとします。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は19名、
”任されている”は11名、
”視野を広げている”は3名、
”仕事が充実している”は14名。
視野を広げていないのは少し気になるが、全体的には無理なく進められそうです。

第3班は、人事部講話後の休憩時間が随分賑やかでした。
同期なのか、昔の同僚かは不明ですが、少し期待をします。
研修を楽しみにして来てくれた”メンバーは居なかったが、
朝の挨拶から元気が良かったので、期待の船出です(笑)。

研修の大まかな流れは、第1班と同様です。

■”主体性とは”の質問に答えてくれたメンバーも1名居て救われました。
 彼とは、その後も色々話す場面がありました。
 ”ガラスのコップ”では、目標を達成できたのが84.6%で、
 15個以上アイデアを出したのは2名でしたが、
 有言実行したメンバーが居ませんでした。

■昼休みを5分早めにずらした午後一番、”先を見据えたテーマに取り組む”意味について解説した後、
 ”歴史と体験の共有化”に入ります。
  IMG_20160912_132541.jpg
  IMG_20160912_135824.jpg
 5人体制と4人体制が半々でしたが60分にセットして、
 ほぼ時間通りに終了したので、10分間休憩です。
 今回も、過去に辛い経験をしたメンバーが居たようなので、
 『意味のない経験はない』というメッセージを送ったが、
 正面から受け留めてもらえれば良いのですが…。

■”58才軍団”の事例を紹介し、将来像の重要性に触れた後、
 ”働く意味”を整理します。
 働く目的でお金の為が、25%〜100%の幅があり、50%と60%が中心でした。
 個人ワークは25分弱で、その後10分で情報交換。
 まとめは、この場では”パパと息子の事例”と”誰の為に働くのか?”に絞り、
 感想ラベルに期待します。

■”財産目録づくり”の個人ワークは、”カンニング大歓迎”方式で30分(休憩込み)。
  IMG_20160912_155807.jpg

 ”プチ自慢大会”という名の情報交換は、最低25分は確保して
 流れ解散にしたのですが、一番遅いグループは17:10頃に帰って行きました。
  IMG_20160912_163225.jpg
 朝一番から比較的元気だったので、特に心配はしなかったのですが、
 最後まで楽しそうに情報交換している姿を見るとホッとします(笑)。

 今回は、冒頭の自己紹介で、『先週は、キャリア面談を2日やったよ〜』と
 つぶやいた性か、昼休みにある男性メンバーから相談をもらいました。
 こういうことも、私のモチベーションを上げていく一つの要因です。

ホテルに戻り、確認した感想ラベル。
働く意味に関する内容が多かったですが、
前向きで興味深い視点を持った感想が多かったです。


【9月13日(火) 2日目】

朝一番、ホテルでじっとしているのも勿体無いので、少し早めに会場に向かう。
30分以上前に会場の玄関に到着したが、同じタイミングでメンバーとぶつかる。
その流れで会場で話していたが、『朝早く来れば、先生と話せるかなぁと思って…
とつぶやいてくれたので、ここでもテンションがあがります(笑)。

■朝一番、5分間のフリートークで、緊張感と眠気を飛ばしてもらいます。

■感想ラベルの共有化は、50分を目標にしたが、結局10分オーバー。
 それでも、かなり伝えたかったメッセージを凝縮出来たので、まずまず満足です。

■10分間の休憩後、”環境分析”の共有化に入ります。
 時間は35分でしたが、今回も事前課題をしっかりやってくれているので、
 進めやすいのでしょうが、逆にもう少し時間をあげたかったと思います。

■”将来像を描く”は、簡潔にオリエンテーションを行い、
 民間バージョンだがサンプルを紹介して、30分の個人ワークに入りました。
 今回も、皆さん昼休みギリギリまで集中していましたよ。

■午後一番、”84才のおばあ”に加えて”某県庁の事務職員さん”の事例を紹介し、
 45分の情報交換に入りました。
  IMG_20160913_131451.jpg
  IMG_20160913_131818.jpg
 互いの将来像を、より大きく、より具体的にする情報交換ですが、
 単純に他人の夢を聞くのは興味深いものです。
 それでも延長5分に留めてくれたので、
 まとめのメッセージを送り、次の課題に入ります。
  
■将来像を実現する為の課題づくりは、”職場と職務を見直す”から入ります。
 個人ワーク6分に、情報交換は20分にセットしました。
 今回は、仕事環境が”かなり恵まれている”0名、
 ”あまり恵まれていない”メンバーは5名でした。
 ”まずまず恵まれている”メンバーが大半なのですが、
 第1班、第2班と徐々に環境的には状況が厳しくなっています。

■”人的財産を活かす”は、
 個人ワーク20分で人脈マップを作成して支援内容を具体化し、
 テーマを一つに絞って20分間で情報交換を行いました。
 事前課題から始まり、2日間通して様々な課題に取り組む中、
 お世話になった方や会いたい人が浮かび上がってくるものです。
 午前中に描いた将来像を、一人で実現させることはなかなか難しいが、
 ここで整理した人的財産を活かすことで、状況が変わる可能性が高くなります。 

■最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
 当事者がロビーで2日間を振り返り自己評価をしている間、
 残ったメンバーで仲間に対する期待と信頼と愛情を込めたメッセージをまとめます。
  IMG_20160913_161328.jpg
  IMG_20160913_162426.jpg

 全員分をまとめ終えたら各自に配り、お礼・感想・疑問点等を共有します。
 メッセージは耳に痛い内容も心地よい内容もあるのでしょうが、
 2日間一緒に過ごした仲間からのものなので、素直に受け止めることも出来ます。
 最後に、この経験を活かして、今後の後輩や部下やお子さんをリードして行く時に、
 相手のことを知らないと先に進まないことを大切にして欲しいと伝えて終了です。

帰りの新幹線で確認した感想ラベル、嬉しい内容が多かったです。
今日も昼休みに、あるメンバーと30分近く話し合ったのですが、
なにかしらのヒントをあげることが出来たようです。
嬉しい感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 11:47| Comment(0) | 日記

2016年09月26日

40代のキャリアデザインセミナー(5)

【9月9日(金) 第5班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第5班は、50名(女性8名)。
当初60名だったので不安でしたが、10名減ると楽に思ってしまう…(笑)。
職歴あり3名、技術専門職24名、異動歴なし3名、
本年度の異動者は9名でした。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は32名、
”任されている”は25名、
”視野を広げている”は26名、
”仕事が充実している”は17名。
手上げの状態は、同じ会場の前々回とほぼ同様で、微妙にやや芳しくない。
傾聴姿勢は、普通なので50名でも順調な船出でした。
自己紹介予定通り11分で終わったが、一部に制御不能のグループ有(笑)。
ここをいじりながら進めることにする。

研修の流れは、第1班と同様です。
■頭を柔らかくする為に取り組んだ”ガラスのコップの使いみち”ですが、
 5分間の情報交換を思いのほか無邪気に楽しんでくれました。
 目標達成率は40%(前回の同会場は46.2%)で、15個以上が3名居ました。

■自社を自己否定する模擬ディベートは、今回も盛り上がりました。
 まず、必要派と不要派に分かれて作戦タイム10分ですが、かなり本気モード(笑)。
  IMG_20160909_105631.jpg
  IMG_20160909_105657.jpg
   
 その後元に戻り、ディベートモードと仲良しモード各10分で議論を深めます。
 今回は、サブテーマの
 ”部下の話を一旦受け止めた上で視点を変えてあげるトレーニング
 も伝えたのですが、始まってしまうとかなり熱く闘っておりました。
  IMG_20160909_110946.jpg

 自社グループの存在理由や強み弱みについて、
 各自の仕事や職場を通した視点や情報を共有化出来ました。

■午前中最後の”互いの歴史と体験の共有化”は、
 オリエンを終えて昼休み50分を挟んで65分の自主運営にしたのですが、
 9グループ中2グループがそのまま残って情報交換に入っておりました。
  IMG_20160909_132709.jpg
  IMG_20160909_132740.jpg

 今回は、話好きな人というよりグループがあったので心配しましたが、
 なんとか3分延長で収めてくれました。
 それでも、私のまとめに入るまでが大変でしたが…(笑)。

■将来像を描く意味について、”58才軍団”の事例を紹介した後、
 ”自分らしさ”を整理します。
 ”働く意味”の働く目的では、
 お金が20%〜95%の幅があり、今回は50%が目立ちます。
 個人ワークは25分、その後10分情報交換。
 まとめは、いつものポイントに加え、就活中の家族が居る可能性もあるので、
 就活生にとっての働く意味の重要性をおまけしました。
 職場だけでなく、家庭でも少し活かして頂けそうです。

■能力の棚卸しの前に、will,can,mustの関係を説明し、
 将来像を現行業務に置き換えると、この3つの観点から現行業務の充実している点、
 逆に充実できていない点が見えてきて、今後の課題づくりに繋がると伝えております。

 ”財産目録づくり”は、”汎用能力”の問題提起は省略して、
 テキストの解説と”和菓子職人”の事例を紹介して、個人ワークに入ります。
 拡散思考と収束思考を合わせて25分の目安で進めるが、
 今回はイライラしているメンバーも居たかもしれないが、
 ザワザワ感に紛れておりましたぁ(笑)。
  IMG_20160909_155538.jpg IMG_20160909_155505.jpg 

 個人ワークを終えた後、”プチ自慢大会”という名の情報交換に入ります。
  IMG_20160909_161559.jpg
  IMG_20160909_161959.jpg

 同じ企業グループですが、異業種交流です。
 互いの財産目録を増やして、一部深堀りすることがメインですが、
 自身の知らない世界(仕事や職場)を知る良い機会でもあり、
 30分弱の時間配分が申し訳ないほどでした。
 まとめは、
  @個人だけでなく、職場としての棚卸しも考える
  Aラベルが少ないのは『こんなものは当然!』と思い込んでいる可能性があるので、
   自部署に限定しないで自身の能力や財産を活かす場面を増やすことを考える
  B強みや好きなことにとことん打ち込みながら、弱みを徐々に改善する
  Cどこに出しても通用する、汎用能力を伸ばしていく
 と少し増やしました。

■”将来像を描く”は、15分強でしたが、皆さん黙々と取り組んでおります。
 たかが15分、されど15分、それまでの積み重ねがあるので、
 思ったより様々な可能性を広げてくれておりました。
 最後に、84歳の前向きなおばあさんの事例を紹介し、
 描いた将来像をどの様に実現させるか、仕事系と人系の視点提供をし、
 ”自分と向き合う意味”を解説して、無事に終了です。
 
 自宅に戻る快速電車の車内で確認した感想ラベル、
 50名分ですが、批判的な感想は本当に少なく、前向きに受け止めて頂けた様です。
 この年齢層は、今回で終了の筈ですが、なんとか有終の美を飾れたようです。
 下期からは、45才セミナーが始まるので、
 この経験を活かして、更に充実できるように取り組みます。

 感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 18:52| Comment(0) | 日記

キャリア面談

【9月7日(水)〜9月8日(木)】

この両日は、某組織でキャリア面談を担当しました。
研修終了後にメンバーから相談を受けるのは日常茶飯事ですが、
今回のように人事さんが募集して、何名が来てくれるのか不安でした(笑)。

それでも、実際には応募が多く、当初1日の予定でしたが1日追加。
毎日6名、2日間で12名のメンバーと面談を行いました。

職位も経験年数も性別も違いますし、
相談も重〜い内容からやや軽めの内容まで様々…。
詳しい内容は当然書けませんが、一人平均51分話を聴きました。
私に出来ることは、まず話を聴いて受け止めて、視点を変えてあげたり、
解決のヒントを与えることです。
朝、部屋に入って来た時は固い表情だったメンバーが、
帰りには少し笑顔で帰っていくとホッとします。
研修中も、メンバーの話を聞くようにしているつもりですが、
一人ひとりと向き合って現場の、時に生々しい話を聴く機会はそうそうありません。
個人のお悩み相談だけにとどまらず、組織的に取り組む課題が無いか
慎重に検討して提案していくつもりです。

2日間で12名と面談するのは、決して楽ではないのですが、
中には元受講生が数名居て、中には
先生に癒されに来ましたぁ。』と言って入ってきたメンバーには、
私が逆に癒される場面もありましたよ(笑)。

写真は、雨の中車を走らせて連れて行って頂いたお蕎麦屋さんの天ざると、
  IMG_20160908_122739.jpg
本年最後、会場から見えた景色です。
  IMG_20160908_145442.jpg
posted by Tadashi Yano at 17:46| Comment(0) | 日記