2017年04月01日

友よさらば!


今朝、寝ぼけ眼でテレビを見ていると、1本の電話が入る。
覚悟していた信ちゃんの訃報でした。

先週の日曜日、容態が思わしくないというので大阪まで見舞いに行き、
大学1回生の時からの友人眞ちゃんと3人で馬鹿話をして、
その後は仕事を終えて見舞いに来てくれたお嬢さんと3人で、
彼女が知らない学生時代の話に花を咲かせました。
体調に恵まれない社会人生活だった印象もあるのですが、
彼は彼らしく納得できる社会人生活だったと話してくれました。
顔色はともかく、思いのほか元気だったのですが…。
 
信ちゃんは、大学1回生のプロゼミからの友人です。
どのような経緯で仲良くなったのかは、遠い昔でおぼろげですが、
私はお寺の敷地にあるおんぼろ学生寮(ごめんなさい)、
彼は大学の寮に寄宿していたので、
遅くなると私の部屋に来て泊まっておりました。
かたや真面目一方、かたや不良学生、
その割には話が合い、一緒に居ることが多かったのです。
私の周りには個性的な友人が多かったのですが、
彼は目立たずおとなしいタイプ。
でも、話をすると一家言あります。

当時も生意気だった私は、
彼にきつい言葉を発したり、顎で使うようなこともあったと思います。
それでも、彼はニコニコ笑いながら、私を受け入れてくれました。
そして、私の悪行の数々も内心はともかく、知らん振りをしてくれました。
 
大学を卒業してからも、学生時代の友人では一番多く会っているし、
眞ちゃんの実家に泊まりに行ったり、
体調が思わしくないのに出張先の神戸まで会いに来てくれたり、
やんちゃな弟を見守ってくれました。
 
昨年6月2日(木)、親娘で東京に遊びに来るというので、一日添乗員!
いまどき珍しいほど仲が良い親娘だと思っていたら、
二人になった時にポツリと病状が悪化しており、覚悟していると言う。
それを契機に、大阪でお好み焼きパーティも、焼肉パーティも、
ミナミの散歩も、お嬢の仕事場の見学まで一緒に出来ましたよ。
ある意味、この1年間は、大学時代の4年間よりも濃密な時間を過ごせました。

もうじき、愛する奥様のもとに行けるのでしょうが、
夫婦仲良く、親子仲良く過ごしてくださいね。

そして、愛娘夫婦を見守って欲しいし、
ついでにお馬鹿な友人達も見守ってくださいねぇ。
45年間、癒しの友人で居てくれて、ありがとうございました。
posted by Tadashi Yano at 10:48| Comment(0) | 日記

2017年03月26日

被評価者研修第4班(最終戦)


【3月23日(木) 午後】

某社被評価者研修第4班は、15名(女性11名)。
職歴あり4名、1年以内の異動者1名、目標管理の初心者を自覚する者12名。
今回も3階層の等級のメンバーです。
各グループに男性が1名しか居ないので、
どこまで盛り上がってくれるか一抹の不安も…。

冒頭3つの質問ですが、
仕事で走っている”は12名、
仕事を任されてのびのび仕事をしている”は11名
までは順調でしたが、
仕事が充実している”メンバーが4名
というのは気になります。
心なしか私からのメッセージに対する傾聴姿勢も弱いような気がします(苦笑)。

■発想ゲーム:ガラスのコップの使いみち
 いつもの発想ゲームは、個人ワーク3分、情報交換4分で進めましたが、
 思いのほか盛り上がりました。
  IMG_20170323_151730.jpg

 しかも、自己目標の達成率が80.0%⇒73.8%⇒61.4%と来て100%!
 目標数値がいくつだったのか若干気になりますが、幸先良いスタートです(笑)。

■成長体験と成長要因 〜 互いの歴史と体験から学ぶ 〜
 互いの”働く意味”の仮説(特に働く目的)を共有化した後、
 仕事生活を振り返って印象に残っている出来事や経験を、10分ずつ語り合いました。
  IMG_20170323_162642.jpg

 お互いに顔と名前くらいは知っているので、
 冒頭の自己紹介の時も『今更自己紹介?!』という空気もあったのですが、
 性別や世代を超えた成功・失敗体験を共有化していく中親近感が増して行きます。
 新しい制度と運用を充実させる為には、上司とのコミュニケーションが重要です。

 最後に、定番のメッセージと”具体論と一般論を組み合わせて伝える”重要性を伝え、
 このセッションは終了して、徐々に本論?に入っていきます。

■人事評価の基本と実際
 人事評価の重要性と目的を、出来るだけコンパクトにまとめるが、
 いつもより反応がやや鈍いような気がするのです。
 でも、反応は良いが深まらないケースもあるので…(笑)。

 ◆業績に対する評価
 模擬の”自己申告書(目標設定)”の検討会は、
 今回も、個人&グループで30分ほど。
  IMG_20170323_173519.jpg
  IMG_20170323_174538.jpg

 検討してもらうテーマを絞っているので、比較的まとまり易いが
 それでも、3名か4名居ると視点も違うし、解釈も違います。
 ”違う”という前提で誤解や行き違いが生まれないように、
 期首でゴールをしっかりと確認し合い、日常的にコミュニケーションをとり、
 期末には自己評価も含め具体的な事実をベースに上司と部下で話し合い、
 納得性の高い”人事評価”を実現させて欲しい。
 ただ、今回は初心者を自覚するメンバーが多かったので、消化不良だったかなぁ。

 ◆行動・発揮能力に対する評価 
 最終コーナーは、講義は簡潔に終えて、理解促進テストで6事例に取り組みます。
 『この課題は、皆さんの上司向けに作成したものだが、皆さんも
  後輩に対して、将来の部下に対しても活かせるから、受身で終らせないように!
  更に、自分に対して厳しい判断をしてくださいね。

 と伝えた上で、作業に入ってもらいました。

 最後に、炎上を避けて、先に私から最適解と解説を行い、
 それからシートを配って参考にしてもらいます。
 異論はあるかもしれないが、いくつかのポイントは伝えた、つもりです(笑)。

自宅に戻る車内で確認した感想ラベル、
全体的には前向きに受け止めてくれたようですが、
不安な要素が書かれた内容がやや多かったような気もします。
彼らの不安も取り入れながら、
次回の評価者研修(上司向け)に活かしていきましょう。

一つの企業で、役員を除く全社員が共通の素材を使い、
評価者と被評価者の研修を担当したのは初めてです。
問題は、これからなので、またお節介を焼きながら前進のお手伝いをします。

感想集は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 13:32| Comment(0) | 日記

被評価者研修第3班

自宅です。
先日の被評価者研修第3班を振り返っておきます。

【3月22日(水) 午後】

某社被評価者研修第3班は、18名(女性10名)。
職歴あり4名、1年以内の異動者4名、目標管理の初心者を自覚する者8名。
3階層の等級のメンバーです。
いつもより1グループ多い性か、景色も違って見えるが、
傾聴姿勢もありまずまずのスタートです。

冒頭3つの質問ですが、
仕事で走っている”は12名、
仕事を任されてのびのび仕事をしている”は13名
仕事が充実している”メンバーが10名
まずまず恵まれたメンバーが半数以上の状態です。

■発想ゲーム:ガラスのコップの使いみち
 ”思い込みを排除する”と”相互学習”の重要性を知ってもらう為に、
 個人ワーク3分、情報交換4分で進めます。
 更に、この場で”目標設定する重要性”も知って欲しかった。
 ところが、自己目標の達成率が80.0%⇒73.8%⇒61.4%と下がっております。
 ”目標(ゴール)を設定して取り組むと、結果も出易い”に、
 説得力が乏しいので、『目標設定のレベルもあるからね』とお茶を濁す…(笑)。

■成長体験と成長要因 〜 互いの歴史と体験から学ぶ 〜
 ここでは、互いの仕事経験で印象に残っていることを共有化して、
 ”人が頑張れる(頑張れない)要因”や”成長要因”を整理します。

 その前に、”働く意味の重要性”に関する事例を紹介した上で、
 ”働く意味”の仮説(特に働く目的)を共有化します。
  IMG_20170322_154646.jpg

 短時間ではありますが、”目標設定”を充実させる上で、
 ”働く意味”を整理することに意味があります。
 働く意味は、人が仕事をする上で創意工夫をしたり、
 困難を乗り越えていく精神的支えとなるからです。

 互いの歴史や体験の一部共有化は、一人10分ほどでしたが、
 やはり、グループ内の親密度が増して行きます。
  IMG_20170322_162414.jpg

 いきなり自己開示を迫られて戸惑うメンバーも居たと思いますが、
 若手社員もベテラン社員も素直に自己開示をしてくれたし、
 グループ内の凝集性が高まり(その後のグループ討議もより円滑に)
 人が”頑張る(頑張れない)理由”や”成長体験(要因)”を共有化してくれたことで、
 今後の実務に活かしてくれると思います。
 また、第1班では伝えていないが、
 ”長い人生には、様々なステージがある”というテーマも
 働くママさんに限らず男女共通のテーマなので、付け加えました。

■人事評価の基本と実際
 人事評価の重要性と目的を、出来るだけコンパクトにまとめ、
 彼らの中で演習を通して実践的に学んでもらいます。

 ◆業績に対する評価
 模擬の”自己申告書(目標設定)”の検討会は、
 今回も、個人&グループで30分ほど。
  IMG_20170322_174343.jpg

 今回も、半数近くが目標設定の初心者なのですが、
 真剣に発言してくれたし、
 ベテランも自身の体験を踏まえてアドバイスをしてくれました。

 ◆行動・発揮能力に対する評価 
 最終コーナーは、講義は簡潔に終えて、理解促進テストで6事例に取り組みます。
 ”今後、上司から部下はどの様に見られていくのか…
 という観点で、我々が送る最適解というよりコメントシートも
 被評価者である部下に対するメッセージになります。

 個人ワークを中心に25分は確保したのですが、
 残り10分ほどで、早めに終った者同士、
 あるいはグループ内でグルグル回覧しながら共有化してくれました。

 私から最適解と解説を行いましたが、
 終了後、質問というか私に対するアドバイスをしてくれたメンバーもおり、
 翌日の第4班に活かせそうです(笑)。

 最後に、まとめのメッセージを送り、
 私の連絡先をもう一度確認して、4.5時間は終了です。

ホテルに向かう車内で確認した感想ラベルは、
かなりのメンバーが、私のメッセージをしっかり受け止めてくれていました。
もちろん、不安や厳しい指摘もありますが、
全てに応えようとすると時間が破綻してしまいます。
とはいえ、有終の美を飾れるように、再度見直しを図ります。

彼らの感想集は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 11:50| Comment(0) | 日記

2017年03月19日

被評価者研修第2班

自宅です。
先日の被評価者研修第2班を振り返っておきます。

【3月17日(金)】

第2班は、育児短時間勤務のメンバーが6名居たので、
午前中からの開始です。
前回は、4.5時間で最低限のメッセージを伝えたつもりですが、
やはり時間管理が難しかったので、第2班は特に意識して取り組みました。

事務局からの制度説明を40分ほどかけて終えて、一旦10分休憩。
某社被評価者研修第2班は、15名(女性9名)。
職歴あり3名、1年以内の異動者4名、目標管理の初心者を自覚する者7名。
第2班は、4階層の等級のメンバーなので、不安でもあり、楽しみでもあります。

冒頭3つの質問ですが、
仕事で走っている”は12名、
仕事を任されてのびのび仕事をしている”は10名
仕事が充実している”メンバーが6名
というのは、前回に比べるとまずまずの状態です。
今回は、人事評価というマネジメント系の固いテーマですが、
その過程でお客様と向き合う為には、上司や同僚と向き合おう(家族や友人とも)、
その為にも、自分と向き合い何が充足・不足しているかも少しだけ考えようと伝えます。
時間を気にしながら自己開示し、お子さんとの関係もキーワードに入れながら
話をしたのですが、思いのほか素直に耳を傾けてくれます。

実質4時間強なので、具体論を学ぶことにも限界があり、
何故人事評価や自己申告が大切なのか”という点を体験で実感してもらいます。

■発想ゲーム:ガラスのコップの使いみち
 ”思い込みを排除する”と”相互学習”の重要性を知ってもらう為に、
 個人ワーク3分、情報交換4分で進めます。
  IMG_20170317_114719.jpg

 ここまでちょうど1時間。昼食&休憩です。

 午後から、午前中の振り返りです。
 自分の目標数をクリアできたメンバーは11名(73.3%)。前回は80%。
 初めて目標設定をして自己申告するメンバーが半数居るので、
 ”目標(ゴール)を設定して取り組むと、結果も出易い”ことに、
 気づいてもらいたかったが、今回は思ったほど伸びなかった、
 というより時間が気になり省略…(苦笑)。

一旦休憩後、

■成長体験と成長要因 〜 互いの歴史と体験から学ぶ 〜
 冒頭に、人事評価の目的は
 ”社員一人ひとりが自分らしく働き、能力を高めて成果をあげて、
  お客様に満足していただき、会社を発展させるためにある

 点を確認した上で、互いの仕事経験で印象に残っていることを共有化して、
 ”人が頑張れる(頑張れない)要因”や”成長要因”を整理します。

 その前に、評価者研修同様に”働く意味”の仮説(特に働く目的)を共有化します。
 私はあまりウロウロしないようにしたのですが、
 冒頭に伝えた”視点を変える”手段として、働く意味の重要性を伝えました。
 働く意味を整理することで、自分の仕事の見方を変えたり、
 相手や周囲の見方を変えることにも繋がると、簡単な事例を通して伝えます。
 本当に、数分でしたが、その後の情報交換でも意識できたでしょうし、
 感想ラベルにもメッセージが伝わったことを実感できました。

 互いの歴史や体験の一部共有化は、一人10分ほどでしたが、
 やはり、グループ内の親密度が増して行きます。
  IMG_20170317_134416.jpg

 『互いの違いを認めた上で、互いを理解することで、
  共通の課題に取り組み易くなる。だから、これまで以上に話を聴いてあげよう。

 と伝えた上で、人ががんばれる要因や成長要因を整理します。最後に、
 『もっと自分らしく納得できる仕事をして、お客様に幸せになってもらう為に、
  この制度と運用をみんなで相談しながら活かしていきましょう。
』とまとめると、
 人事評価や初めて取り組む目標設定や自己評価への抵抗感も和らぎます。
 更に、今回は育児中のメンバーが多かったので、
 ”長い人生には、様々なステージがある”という事例を通して、
 ”今一番大切なことに集中して、一息ついたらまた仕事に集中しましょう。
 とメッセージを伝えております。
 このテーマは男女共通なので、今後も伝えます。

 ここまでで、15分貯金が出来たと思ったのですが、
 休憩時間10分が昼休みに吸収されているので、実質の貯金は5分ほど。
 それでも、無駄なフレーズや重複するフレーズは極力抑えたし、
 新たなメッセージも加えているので、まずまずです(笑)。

■人事評価の基本と実際
 まず、人事評価の重要性と目的を、私なりのポイントとキーワードで説明します。

 ◆業績に対する評価
 ここでも、テキストの項目を確認したり、彼らに黙読してもらいながら、
 私なりのキーワードを紹介しました。 
 その上で、模擬の”自己申告書”を揉んでもらいます。
 評価者研修と同じ事例ですが、話し合うポイントを絞って指定し、
 個人&グループで30分ほど。
  IMG_20170317_151511.jpg

 4グループのうち、一グループはじっくりと、他のグループは時間配分は半々でした。
 今回は、半数の初心者は大変でしょうが、
 ベテランにとっても初心者の新鮮な感覚が刺激的なのかもしれません。
 どのグループも真剣に取り組んでくれました。

 事務局からのコメントシートを配布して簡単に解説してもらった上で、
 私からも実践的なアドバイスをしたつもりです。
 基本的な話もするが、例えばこういうメッセージもあります。
 『半年間、自分が取り組んだことはしっかりアピールして欲しいが、
  努力と工夫が自分の等級に期待されているレベルかどうかは意識しましょう。

 『目標の連鎖も大切だが、行き過ぎるとやらされ感になってしまう。
  自分がワクワクするような目標設定も一つくらい考えて欲しいが、
  表現する時には職場やお客様にどういうメリットがあるかを訴求すること


  これらのメッセージは、彼らの上司にもしっかり伝えたつもりです。

 ◆行動・発揮能力に対する評価 
 最終の課題は、成果をあげるためのプロセス評価(人事考課)。
 講義は簡潔に終えて、理解促進テストで6事例に取り組みます。
 これも、評価者研修の事例と同様なのですが、
 ”今後、上司から部下はどの様に見られていくのか…
 という観点で、我々が送る最適解というよりコメントシートも
 被評価者である部下に対するメッセージになります。
 プロセス評価を中心に、一部目標に関する事例も入れて、
 個人ワークとグループ討議で30分とりたいところですが、
 今回は5分延ばして25分は確保できました。
 時間を気にしながら最適解と解説を行いましたが、
 文章にしているが、やはり自分の言葉でポイントを伝えたかったのです。

 最後に、
 『上司も大変でしょう?
 『みんな不慣れで不安もあるが、一人ひとりが主体的に取り組んでいけば大丈夫!
 とメッセージを送って、4.5時間は終了です。

帰りの車内で確認した感想ラベルは、
前回の感想もあったので極端に心配していないが、
やはり読むまでは怖いものです。
かなりのメンバーが、私のメッセージをしっかり受け止めてくれていました。
当然、具体的な作業に入ると疑問や新たな不安も出てくるでしょうが、
同僚や上司と話し合い、事務局と相談しながら進めていけばよいのです。
社員全員が受けてくれるメリットもあるの説得力も高まるですが、
各論の前に、彼らの意識や発想も随分変わってくれたと思います。
ただ、問題は実践なので、これからですが…。

今回で、かなりのベースが出来上がったのですが、
3回目4回目は、逆に情報も増えていくので、取捨選択が必要です。
大変ですが、楽しんで取り組みます。
彼らの感想集は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 15:16| Comment(0) | 日記

30才キャリア 第7班(最終戦)

自宅です。
20年間担当してきた某食品メーカー
キャリアプランニング30研修も今回の第7班で一区切り。
3日間を振り返ります。

【3月13日(月) 1日目】

第7班は32名(女性7名)。
職歴ありは3名、技術専門製造職が24名、既婚者14名でママが1名、
後輩等が居る者16名、今年の異動者1名、これまでに異動なしが16名です。

朝一番4つの質問では、
”走っている”は10名、
”任されている”は17名、
”視野を広げている”は3名、
”仕事が充実している”は17名。
充実しているメンバーの割合がいつもより高い性か、元気は良いです。
ただ、調子良過ぎて滑らないように注意していきます(笑)。

■”ガラスのコップの使いみち”で3分で15個以上を目指す挑戦者は1名居ましたが、
 有言実行とはいかず、他の2名が実績として15個以上発想してくれました。
 各自の目標達成率は46.9%でした。
 目標設定が高すぎたのか…(笑)。

■午後一番、”歴史と体験の共有化”。
  IMG_20170313_133007.jpg
 60分に設定したが、時間通りに終了。
 朝から比較的賑やかだったので目立たないが、
 徐々に親密度が高まっていきます。
 
■一旦休憩後、段階を踏みながら将来像を描いていきます。
 まずは、“働く意味(何をやりたいのか)”の整理です。
 働く目的の%の仮説では、
 ”お金”の割合が20%〜100%(3名)の幅があり、
 今回は80%が目立ち、次に50%が目立ちました。
 仮説を立ててから、個人ワーク25分で整理(文章化)します。
  IMG_20170313_150131.jpg

 その後、10分ほどで互いの働く意味を共有化します。
 この段階では、働く意味と言ってもまだモヤモヤしているのですが、
 残り2日間他の課題に取り組みながら、この働く原点に立ち返ることで
 徐々に明らかになっていきます。

■次に、”自分ならではの能力”を棚卸ししました。
 ”和菓子職人”の事例を紹介して刺激を与えてから個人ワークに入ります。
  IMG_20170313_160640.jpg
 ”ガラスのコップの使いみち”の要領で、
 仲間と相談しながら、時にはアイデアを盗みあいながら取り組んでおりました。
 
■最終コーナーは”わが社グループは必要ない!?”という模擬ディベートです。
 チーム編成をした後、1.作戦会議、2.ディベートモード、3.仲良しモード
 まずは、G内で必要派不要派に別れて作戦を練り、
  IMG_20170313_163311.jpg
   ディベートモード、仲良しモードで10分ずつ闘います。
  IMG_20170313_164852.jpg
 全体会合ではどちらの立場になるかわからないので、
 グループ内で、自社の存在意義・存在理由、強み弱みを
 多面的に考えた筈なのですが…。

 全体会合は、今回7グループあったのですが、最初からうまく分かれてくれました。
 必要派希望が4グループ、
 不要派希望の3グループ。
 幸先が良いと期待したのですが…。
 
 合同の作戦タイムは10分。
 不要派
  IMG_20170313_170901.jpg
  IMG_20170313_171035.jpg
 必要派です。
  IMG_20170313_170846.jpg
  IMG_20170313_171126.jpg

 いよいよ本番です。
 前回の反省から、口火だけは”必要派”に切ってもらい
 その後は形式無視にしたところ、賑やかではあるけれども、上手く噛み合わない。
  IMG_20170313_172610.jpg

 今回も、ディベートモードが微妙な空気になったので、20分前に止めました。
 さぁ、期待していた仲良しモードですが、
 自身の仕事や職場を通した自社の存在意義、強みや弱みを語ってくれるが、
 いつも以上に懐疑的もしくは期待をしていない発言が目立ちました。
 当たり障りのない感想ではなく、正直な感想を語ってくれたと思うので嬉しいが、
 残り2日間が多少不安になりました。

夕食後宿泊棟に戻り、確認した感想ラベル。覚悟していた以上に
 『興味が無く、集中出来ませんでした。
を始めとする懐疑的な感想がチラホラと…。
いつもは”寄り添う”姿勢が強いのですが、
この日は”気合を入れて真正面から立ち向かう”姿勢だったかな?
それでも、夜と朝を使って2時間以上かけてコメントをまとめると、
意外と落ち着きました。


【3月14日(火) 2日目】

30分くらい前に教室に入り、コメントを見直していると、
元気良く挨拶をして入室してくるメンバーが6,7割。
期待します(笑)。

■5分間のフリートークで眠気と緊張感を飛ばした後、感想ラベルの共有化。
 人数が1グループ多いので、余計に時間管理を気をつけたところ、
 ほぼ60分で収まりました。
 一旦休憩に入るのですが、教室の空気はメッセージが伝わったどうか微妙…。

■休憩後は、”プチ自慢大会”に入ります。
 前日個人ワークで作成した財産を目録を、他流試合で情報交換するのですが、
 その前にグループ内で予行演習します。25分間。
 今回は、グループ内で一人5分間ずつ発表するパターンがほとんどでした。

 いよいよ本番です。3名or4名ずつの9チーム。
 大半のチームは、教室内に場所を確保して面接大会。
  IMG_20170314_110043.jpg
  IMG_20170314_110218.jpg
 2チームはわが道を行くで、別の居場所を確保して、ゆったりと情報交換。
  IMG_20170314_110139.jpg
  IMG_20170314_113212.jpg

 前日、気になる反応だったメンバーに注目しているのですが、
 際立った変化は感じられない…。

 とはいえ、大半のチームは、初対面に近いメンバーと
 財産目録を増やし、深掘りさせるだけでなく、
 互いの仕事や職場の話を聞きながら、社内の視野を広げておりました。
  
 13:00に再開し、10分午前中のやり取りで増えたラベルを確認した後、
 ”能力開発のポイント”を共有化しました。

■自分の興味や関心がどこにあるか(ないか)を整理した後、
 個人ワーク30分で”将来像を描く”に取組み、
 互いの夢をより大きく、より具体化するように伝えて50分の情報交換。
  IMG_20170314_150516.jpg
 
 今回も50分に設定して様子を観察していると、
 20分経過したあたりから盛り上げって来たと思ったら、
 半数近くのグループが早めに終った様子…。
 なかなかイメージどおり、期待通りには進みませぇん(苦笑)。

■将来像を実現する為には一人で取り組むことには限界があり、
 ”人的財産”を整理して支援してもらうことも大切です。
 個人ワークは20分、情報交換は25分にセット。
 個人ワークも情報交換も淡々と進んでいくようですが、
 個々人の中では、様々な人々を思い出し、様々なことを考えてくれていたようです。
 感想ラベルでも、その変化が伝わってきます。
  
■最終コーナーは”仲間に映った自分”。
 2日間を振り返り、
 互いの”良かった点”と”改善点(長所を伸ばす為の)”をプレゼントします。
  IMG_20170314_171628.jpg

 今回は一番早いグループで約40分、一番時間をかけた2グループが65分でした。
 時間をかければ良いというものではないが、
 終了後のグループ内の雰囲気はとても和やかでした(笑)。
  IMG_20170314_180452.jpg

今回の事務局Tさんと事務所で1時間近く楽しく語らい、
宿泊棟の自室に戻って確認した感想ラベル。

初日の抵抗勢力の感想は随分前向きになってくれたが、
毎回2日目の感想ラベルは質量共にぐーんと伸びるが、今回は…。
まだ残り1日あるので、
初日と2日目の感想の違いを確認しながら、更に彼らと向き合います。


【3月15日(水) 3日目】

気合を入れて30分前に教室に入り、コメント最後の見直しをしていると…。
前夜、エネルギーが有り余ったメンバーが、消灯の門限を破り、騒いでいたらしい。
事務局から何度も注意喚起していた結果なので、
対象者には始末書を提出してもらうことになりました。
事務局からは私の研修の流れに配慮したいと言って頂いたが、
まずいことは早めに指摘して、反省して、次に活かすことが大切なので、
開始前に事務局様からお叱りを頂く。

■朝一番のフリートークに始まり、対象ではないメンバーが多数派なので、
 彼らの精神状態も考えながら進行する。初日に比べると随分元気になってくれました。
 初日の夜は聞こえなかったが、2日目の夜は廊下での笑い声も多かった。
 怪しい研修の疲れと二日酔いが無ければ良いが…(笑)。
 感想ラベルの共有化も、初日との違いを確認しながら50分でまとめる。

■最終日は、将来像を実現させる為に、”仕事系”の分析に取り組みます。
 私がリードしながら個人ワークで6分強、
 まずグループ内情報交換を25分ほどで行いました。
 とても恵まれている状態は0名、かなり恵まれている人が4名、
 平均以下は5名と、割合からするといつも以上に良好とは言いづらい。
 ただ、これも全体像を漠然と捉えているので、
 細部を検討し、他のメンバーと視点を違いを共有することで見方が変わることも…。

 職種別分科会は、エンジ系の2名、研究開発・その他が合同で5名、
 営業系が4名、充填系の11名が2チーム、液プロ・調合(殺菌)系8名に、
 成形・包装の2名が合流し、10名が2チームに分かれました。
 大半のチームが教室を陣取り、情報交換。
  IMG_20170315_111644.jpg
  IMG_20170315_111724.jpg

 分科会は、現在の職種に限定せず興味や関心のある分科会に参加を募るのですが、
 今回も人員構成の関係もあり、ほぼ現行のままでした。
 分析結果を中心にした情報交換ではありますが、
 同じ様な仕事をしていても人によって視点も感じ方も違います。
 更に、各自の現状や成功体験・失敗体験等を共有化しながら、
 60分ほど近く互いを勇気づけておりました。

■昼休みまでに新たな事態も発覚したので、60分休憩後集合し、
 状況説明と、朝一番に輪をかけて厳しいお叱りを頂いたが、
 私も同感です。
 同じことを言わないように気を遣いながら、私なりのメッセージを考えます。

 午前中の振り返りを10分ほどでまとめた後、
 模擬ディベート『後輩育成は必要ない!?』に取り組みます。
 前回は他グループとの他流試合も投げかけたが、
 今回は最初からグループ内で”最後の共同作業”に徹する。
 まずは、作戦タイム
  IMG_20170315_133326.jpg

 ディベート&仲良しモード。
  IMG_20170315_134057.jpg

 3日間様々なテーマに取り組んできたのですが、
 先輩の立場と後輩の立場の両面から自身の体験を振り返り、
 仲間とのやり取りで学んだことも踏まえて、楽しく議論してくれたと思います。
 
 最後に、”指導”と”育成”と”キャリア支援”の視点を紹介し、
 ”後輩の様子がおかしいと思ったら…”のアドバイスを送って
 このワークも終了です。

■最終コーナーは、『キャリア活動計画』の作成です。
 作成目的を伝えて、個人ワークを中心に45分。
 事務局提出のレポート作成に加え、
 今回は反省文作成が必要なメンバーも居たのですが、
 思いのほかこのワークに集中しているメンバーが多くて嬉しかったです。

最後に、私からメッセージを送り、グループ内でエール交換し、
感想ラベルを書いて終了です。
今回の事務局に撮影班をお願いして、集合写真で締めました。
  IMG_20170315_150818.jpg

帰路、休憩で立ち寄ったコンビニで確認した感想ラベル。
ホップ・ステップとは行かなかったので、どうなるかと不安でしたが、
思いのほか嬉しい内容が多く、パフェを食べながらウルウルしておりました。
ただ、こういう感想を書いてくれるのに、何故約束を守れなかったのか…。
有終の美を飾れました!』とは言い難いのですが、
思い出深い研修になったし、私らしいと言えばそうなのでしょう(笑)。

これまで20年間、3日間コースを担当させて頂き、私自身学ぶことが多かったです。
今後、別の階層で担当することがあるかもしれませんが、それも未知数。
まずは、20年間担当させて頂いたこの経験を活かし、
他のお客様や他の研修プログラムに反映させていくつもりです。
20年間は長いようで短かったです。
まことにありがとうございました。

感想ラベルは、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 13:39| Comment(0) | 日記

2017年03月08日

被評価者研修第1班

自宅です。
昨日の被評価者研修第1班を振り返っておきます。

【3月7日(火) 午後】

事務局からの制度説明を40分ほどかけて行ってから担当した
某社の被評価者研修第1班は、15名(女性7名)。
職歴あり5名、1年以内の異動者4名、目標管理の初心者を自覚する者6名。
第1班は、2階層の等級のメンバーです。

今回は、3つの質問に絞ったのですが、
仕事で走っているメンバーが10名、
仕事を任されてのびのび仕事をしているが10名
まではまずまずでしたが、
仕事が充実しているメンバーが2名というのは意外でした。
それぞれ質問の受け止め方も違うかもしれませんが、
少しでも視点を変えてもらうことも私の課題の一つです(笑)。

実質4時間強なので、具体論を学ぶことにも限界があり、
何故人事評価や自己申告が大切なのか”という点を体験で実感してもらいます。

■発想ゲーム:ガラスのコップの使いみち
 ”思い込みを排除する”と”相互学習”の重要性を知ってもらう為に、
 個人ワーク3分、情報交換4分で進めます。
 短時間でまとめたいので、いつものような無駄話は省略。
 自分の目標数をクリアできたメンバーは12名(80.0%)。
 今回から初めて目標設定をして自己申告するメンバーが居るので、
 ”目標(ゴール)を設定して取り組むと、結果も出易い
 ことに、気づいてもらいたかったのです。

一旦休憩後、

■成長体験と成長要因 〜 互いの歴史と体験から学ぶ 〜
 冒頭に、人事評価の目的は
 ”社員一人ひとりが自分らしく働き、能力を高めて成果をあげて、
  お客様に満足していただき、会社を発展させるためにある

 点を確認した上で、互いの仕事経験で印象に残っていることを共有化して、
 ”人が頑張れる(頑張れない)要因”や”成長要因”を整理します。

 その前に、評価者研修同様に”働く意味”の仮説(特に働く目的)を共有化します。
 私はあまりウロウロしないようにしたのですが、
 耳をダンボにしていると、それぞれ捉え方は違っているようです。
 4時間の研修ですが、少しでも元気になって欲しいと願っているので、
 冒頭に伝えた”視点を変える”手段として、働く意味の重要性を伝えました。
 一人10分ほどでしたが、互いの歴史や体験の一部を共有化することで、
 グループ内の親密度が増して行きます。
 『自分らしく仕事をして、能力を高めて成果をあげる為にも、
  実務について結果を出しながら学んでいきましょう。
  その為にも、この制度と運用を活かしていきましょう。

 上司も同じ体験をしてくれているので、
 職場で上司や仲間とコミュニケーションをとり実践しようと伝えて、本論に…。

 予定では、もう少しコンパクトにまとめるつもりでしたが、すでに半分以上経過。
 ここまでの流れがあるからこそ、この後の展開が楽になると信じているが、
 第2班以降はかなり大胆に圧縮しなければ…(苦笑)。

■人事評価の基本と実際
 前段の体験も振り返りながら、人事評価の重要性を整理しました。
 極力お勉強モードは避けたいので、テキストの項目を紹介しながら、
 私なりのポイントを伝えます。

 ◆業績に対する評価
 ここでも、テキストの項目を確認したり、彼らに黙読してもらいながら、
 私なりのキーワードを紹介します。 
 その上で、模擬の”自己申告書”を揉んでもらいました。
 評価者研修で使った事例を、もう少しテーマを絞り、争点を提示した上で、
 個人&グループで30分ほど。
 4グループありましたが、時間配分は半々くらいでしょうか。
 第1班は、すでに自己申告を体験しているメンバーが多数派だった性か、
 グループ討議もかなり盛り上がる。
  IMG_20170307_174925.jpg

 事務局からのコメントシートを配布して解説してもらった上で、
 私からもテーマを絞ってメッセージを送りました。
 基本的な話もするが、例えばこういうメッセージもあります。
  『目標の連鎖も大切だが、行き過ぎるとやらされ感になってしまう。
   自分がワクワクするような目標設定も一つくらい考えて欲しいが、
   表現する時には職場やお客様にどういうメリットがあるかを訴求すること


 ◆行動・発揮能力に対する評価 
 残り時間がかなり迫ってきたので内心焦りながら(笑)、
 成果をあげるためのプロセス評価(人事考課)も講義は簡潔に終えて、
 理解促進テストで6事例に取り組みます。
 基本的に、評価者研修の事例と同様なのですが、
 ”今後、上司から部下はどの様に見られていくのか…
 という観点で、我々が送る最適解というよりコメントシートも
 被評価者である部下に対するメッセージになります。
 プロセス評価を中心に、一部目標に関する事例も入れて、
 個人ワークとグループ討議で30分とりたかったのですが、
 残念ながら今回は20分強が限度でした。
  IMG_20170307_183423.jpg

 それでも、教室にサラサラサラと響く筆記用具の音は、
 彼らが真剣に取り組んでくれた証拠でしょう。
 最後に最適解と解説を行いましたが、
 感想ラベルにあのワークが面白かったというものもありました。

 最後に、
 『少しだけ評価のシミュレーションをやってみたが、皆も大変だったでしょう。
 上司も大変さを意識しながら、前向きに取り組もうとしてくれています。
 ただ、上司も全て皆の一挙手一投足を観ている訳ではないから、
 日常的なコミュニケーションを大切にしながら、情報発信しましょう!

 とメッセージを送って、4.5時間は終了です。

帰りの車内で確認した感想ラベルは、評価者研修以上に怖かったです。
1日8時間でも駆け足でしたが、
テーマを絞っているとはいえ4.5時間で伝えることは…。
いつも緒戦は上手くまとめようと思わず、伝えたいことを網羅するのですが
感想ラベルを読むと、私のメッセージをしっかり受け止めてくれている内容も。
もちろん、中には『ますます分からなくなった。自信がない。
という感想もあるのですが、彼は自分で身につけていけると信じております。
人事評価の重要性と方法論だけでなく、自分と向き合う、後輩と向き合うなど
キャリアのメッセージも受け止めてくれた内容も意外と多かったです。

ギリギリ合格点を頂けたかもしれないが、時間管理は課題です。
次回までにレッスンプランを見直して、来週からの第2戦以降に臨みます。

彼らの感想集は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 17:01| Comment(0) | 日記

2017年03月05日

30才キャリア 第6班

自宅です。
宿題も随分片付けたので、
某食品メーカーのキャリアプランニング30研修第6班を振り返ります。

【2月27日(月) 1日目】

第6班は30名(女性7名)。
職歴ありは1名、技術専門製造職が20名、既婚者15名でパパが11名、
後輩等が居る者24名、今年の異動者0名、これまでに異動なしが14名です。

朝一番4つの質問では、
”走っている”は16名、
”任されている”は20名、
”視野を広げている”は2名、
”仕事が充実している”は12名。
前回同様必ずしも良好とは言えない状態です。
ただ、私の解説というかメッセージが、前回ほど伝わっている実感が無いのです(笑)。

■3日間の研修を円滑に進めるために、
 オリエンテーションの発想ゲーム”ガラスのコップの使いみち”では、
 3分で15個以上を目指す挑戦者は居ませんでしたが、
 実績として結果を出したメンバーが女性3名
 各自の目標達成率は76.7%でした。
 おとなしいが決して引いている訳ではないので、気長に待ちます(笑)。

■午後一番、”歴史と体験の共有化”。
  IMG_20170227_132142.jpg
 60分に設定したが、Dグループから延長申請があり、5分だけ延長。
 こういう小さな動きや変化を大切にして、自身を動機づけます。
 グループ内はまだまだ固さが残っているものの、
 徐々に親密度が高まっているので、最終日が楽しみです(笑)。
 
■休憩後、約1日かけて、素材作りに励み、将来像を描いていきます。
 まずは、“働く意味(何をやりたいのか)”の整理です。
 働く目的の%の仮説では、
 ”お金”の割合が30%〜100%の幅があり、
 今回は70%が目立ちました。
 やや現実的なメンバーが多いのか…。

 働く意味を個人ワーク25分で文章化し、10分かけて情報交換です。
 まとめは、残り時間を気にしながら、当社の元受講生パパの事例を紹介して、
 ”ありがとうございました”の意味を伝えて、この課題は一応終了です。

■”働く意味”を充実させて自分らしく働く為には、
 自分の武器となる”自分ならではの能力”を磨くことが重要です。
 オリエンテーションは極力簡素化して、
 ”和菓子職人”の事例を紹介して刺激を与えてから個人ワークに入ります。
  IMG_20170227_160705.jpg
  IMG_20170227_160856.jpg
 短時間の個人ワークですが、”カンニング大歓迎”とアドバイスしたところ、
 皆さんどういう手順で進めるか、相談しながら取り組んでおりました。
 
■最終コーナーは”わが社グループは必要ない!?”という模擬ディベートです。
 チーム編成をした後、1.作戦会議、2.ディベートモード、3.仲良しモード
 まずは、G内で必要派不要派に別れて作戦を練り、
  IMG_20170227_164131.jpg
 ディベートモード、仲良しモードで10分ずつ闘います。
  IMG_20170227_165513.jpg
 全体会合ではどちらの立場になるかわからないので、
 グループ内で、自社の存在意義・存在理由、強み弱みを
 多面的に考えた筈なのですが…。

 全体会合は、当初必要派希望が5グループ、
 不要派希望の1グループも、最後に犠牲的精神で…。
 1対5では難しく、個人で回ってくれるメンバーも手をあげてくれないので、
 もう少し粘っていたら、2グループが不要派に回ってくれました。
 
 合同の作戦タイムは10分。
 不要派
  IMG_20170227_172022.jpg
 必要派です。
  IMG_20170227_172008.jpg

 いよいよ本番ですが、経緯からして”必要派”が優位と踏んでいたが、
 ”不要派”が思わぬ切り口から先制パンチ!
 必要派の中で2名が応戦するが、ある種孤立無援状態。
  IMG_20170227_173259.jpg
 今回も、微妙なクリンチ状態になり、私が約20分弱で止めました。
 通常は、仲良しモードに入ると、各自が自身の仕事や職場を通した
 自社の存在意義や存在理由、強みや弱みを語ってくれるが、
 今回は、『勉強になりました。』という当たり障りの無いコメントが目立つ。
 久々に、軽〜い渇を入れました(笑)。
 中には、前向きな意見もあったのですが、
 やや気まずいムードの中、一日目は終了です。

夕食後宿泊棟に戻り、確認した感想ラベル。
孤軍奮闘で怒っている感想もあるし、やはり当たり障りの無い感想もあるが、
意外に各自の本音の感想だったと思います。
2日目3日目で、彼らがどこまで自己開示してくれるか…。
彼らを信じて、粘り強く働きかけるつもりです。


【2月28日(火) 2日目】

2日目の流れは第5班と同様ですが、一抹の不安も…。

■5分間のフリートークで眠気と緊張感を飛ばした後、感想ラベルの共有化。
 60分間熱〜いメッセージを一気に送りました。
 彼らも、前日のことを振り返ってくれたのか、徐々に熱を帯びていきます。

■休憩後は、”プチ自慢大会”に入ります。
 他流試合のプチ自慢大会を想定して、まずはグループ内で予行演習した後、
 本番です。3名ずつの10チーム。
 季節的に外でノンビリ日向ぼっこしながらとはいかないので、
 2チームは居場所を確保して、ゆったりと情報交換。
  IMG_20170228_111006.jpg
  IMG_20170228_111107.jpg
 残りの8チームは、教室の中で面接大会。
  IMG_20170228_111206.jpg
 まるで就職相談会の面接ブースの様でした。
 さほど緊張感は無いものの、順番に面接を繰り広げておりました。
 時間の経過と共に、徐々にグループ内の親密度が増して行き、
 他流試合は新鮮だが、グループに戻るとホッとすることに気づいてくれたか…。
  
 13:00に再開し、10分午前中のやり取りで増えたラベルを確認した後、
 ”能力開発のポイント”を共有化しました。
 私のメッセージも、受け止めてくれている感触が増えてきます。

■自分の興味や関心がどこにあるか(ないか)を整理した後、
 個人ワーク30分で”将来像を描く”に取組み、
 互いの夢をより大きく、より具体化するように伝えて50分の情報交換。
  IMG_20170228_145757.jpg
  IMG_20170228_151136.jpg
  IMG_20170228_151209.jpg
 
 今回も5分だけ延長しましたが、
 『将来像は見えないからこそ、描く!』というメッセージに応え、
 仲間と情報交換していく過程で、新たなテーマが見えたり、
 描いた将来像に確信を得たり、一部には同士が増えた人も居たようです。

■2日目は、”将来像を実現する為の課題づくり”の”人的財産”に集中します。
 個人ワークは20分、情報交換は25分にセット。
 たった20分ほどですが、事前課題でも思い出している筈だし、
 『自分はいろいろな人に支えられていたんだ
 と実感してくれたメンバーも少なからず居たようです。
 その日の積み重ねだとは思いますが、私としてはこの情報交換辺りから
 『ようやく軌道に乗ったかな…』と思えました。
 
■最終コーナーは”仲間に映った自分”。
 今回も、オリエンテーション後教室の空気が一瞬冷えるのですが、
 早いグループで約50分、遅いグループで60分強かけて、
 互いの”良かった点”と”改善点(長所を伸ばす為の)”をプレゼントしておりました。
  IMG_20170228_171725.jpg

宿泊棟の自室に戻って確認した感想ラベル。
初日の反省を踏まえて2日目積極的に取り組んだことを仲間が認めてくれた
という内容も少なからずありました。
ただ、翌日、周囲からの賞賛も大切だが、
やはり自分で実感することが基本なのだと、
伝えるつもりです。
ここまで来れば一安心ですが、
この後彼らの初日と2日目の感想の変化に寄り添いつつ、
コメントを考えます。


【3月1日(水) 3日目】

■朝一番のフリートーク、初日に比べると随分元気になってくれました。
 初日の夜は聞こえなかったが、2日目の夜は廊下での笑い声も多かった。
 怪しい研修の疲れと二日酔いが無ければ良いが…(笑)。
 感想ラベルの共有化は、50分でまとめる。

■将来像を実現させるために、”仕事系”の分析に取り組みます。
 私がリードしながら個人ワークで6分強、
 まずグループ内情報交換を25分ほどで行いました。
 とても恵まれている状態は0名、かなり恵まれている人が5名、
 平均以下は5名といつも並ですが、良好とは言いづらい。

 職種別分科会は、エンジ・物流系の3名、管理企画事務等が合同で5名、
 営業系は女性が3名、成形・包装・検査の4名、充填系の7名が2チーム、
 液プロ・調合(殺菌)8名が2チームに分かれました。
 大半のチームは教室を陣取り、
  IMG_20170301_113839.jpg

 営業系の3名は個室を確保して情報交換。
  IMG_20170301_113911.jpg

 分科会は、現在の職種に限定せず興味や関心のある分科会に参加を募るのですが、
 今回も人員構成の関係もあり、ほぼ現行のままでした。
 一応分析結果を中心に情報交換とは言っています。
 同職種のチームでは、同じ様な仕事をしていても人によって視点も感じ方も違います。
 ただそれだけに拘らず、各自の現状や成功体験・失敗体験等を共有化しながら、
 50分ほど互いを勇気づけておりました。

■昼休みを55分に短縮して集合する。
 午前中の振り返りを10分ほどでまとめた後、
 模擬ディベート『後輩育成は必要ない!?』に取り組みます。
 初日のディベートのこともあったので、
 他グループとの他流試合はどうか?と声をかけたが、希望は1グループだけ。
 それでも、あるグループでは1名が4名を相手にして挑戦してくれました。
 まずは、作戦タイム
  IMG_20170301_132052.jpg

 最後の共同作業であるディベート&仲良しモード。
  IMG_20170301_133208.jpg

 3日間様々なテーマに取り組んできたのですが、自身の体験を振り返り、
 仲間とのやり取りで学んだことも踏まえて、楽しく議論してくれたと思います。
 
 最後に、”後輩の様子がおかしいと思ったら、まず何をしますか?
 という投げかけをして、このワークは終了です。
 初日から何度も『他人に変わってもらおうとする前に、まず自分が変わろう!
 と伝えていたのですが、どこまで受け止めてくれただろうか…。
 感想ラベルを読むと、これもずっしりと響いたメンバーが居たようで嬉しかったです。

■最終コーナーは、『キャリア活動計画』の作成です。
 作成目的を伝えて、個人ワークを中心に45分。
 事務局提出のレポート作成が残っているメンバーも多かったと思うのですが、
 今回も、思いのほかこのワークに集中しているメンバーが多くて嬉しかったです。

最後に、私からメッセージを送り、グループ内でエール交換し、
感想ラベルを書いて終了です。
今回の事務局に撮影班をお願いして、集合写真で締めました。
  IMG_20170301_150852.jpg

帰路、休憩で立ち寄ったコンビニで確認した感想ラベル。
嬉しい内容が多く、ウルウルしてしまいました。
残すところ、あと1会合。
有終の美を飾れるよう取り組みます。

感想ラベルは、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 14:49| Comment(0) | 日記

2017年02月26日

評価者研修第2班

自宅です。
日記とは、その日のうちに書くから日記なのでしょうが、
最近は、その日のうちに一日を振り返るのがしんどくなっております(苦笑)。
ということで、随分時間が経過しましたが、
火曜日からの被評価者研修に向けて、
先週の評価者研修を振り返っておきます。

【2月23日(木) 前泊】
夕方まで地元の役所等を駆け回り、
宿泊する八王子を通り越して西八王子まで足を延ばす。
八王子に宿泊する際時々お邪魔している洋食屋さんがいつの間にか移転しており、
WEBでなんとか見つけて、今回お邪魔しました。
初めてお邪魔した時食べた大きなエビフライは顕在です。
  IMG_20170223_185557.jpg

大将も女将さんもお元気そうでなによりですが、
失礼ながらこのお歳で移転して新装オープンされるとは凄い!
私も、見習って新しいことに挑戦しなければ!!

水曜日に第1班を終えているので多少は余裕もあるが、
昨夜も、緊張の性か少し寝不足気味でした(笑)。


【2月24日(金)】

某社の評価者研修第2班は、男性ばかりの13名。
職歴あり4名、評価者としては初心者を自覚する者2名。
朝一番、2つの質問は、
仕事で走っているメンバーが9名はともかく、
仕事が充実しているメンバーが9名も居るので、少し期待します(笑)。
3グループともに、日常的接点が多い組み合わせなのか和気あいあい…。

第1班の反省を踏まえて時間配分や指示の内容を少し変えたが、
大きな流れは変わりません。

■模擬ディベート”人事評価は必要ない!?”
 人事評価の重要性を共有化する課題ですが、
 今回も皆さん楽しみながらも真剣モードです。
 まずは、10分の作戦タイム。
  IMG_20170224_100412.jpg

 次は、10分刻みで”ディベートモード”と”仲良しモード”。
  IMG_20170224_101436.jpg

 この課題は、評価面談に向けて、部下の思いや考えを一旦受け止めた上で、
 次に相手の視点を変えてあげるトレーニングも兼ねているのですが、
 中には直属の部下と上司も居た筈なので、まさに実践のシミュレーションです(笑)。

■成長体験と成長要因 〜 互いの歴史と体験から学ぶ 〜
 今回も、まず”働く意味”の仮説(特に働く目的)を共有化した上で、
 人が頑張れる(頑張れない)理由や人が育つ要因を整理します。
  IMG_20170224_110704.jpg
  IMG_20170224_110716.jpg
  IMG_20170224_110727.jpg

 互いの歴史や体験の一部でも共有化することで、
 グループ内の親密度が増して行き、その後の共同作業がより円滑に進めます。
 そういうことも、理屈では分かっているが、
 自身と仲間の体験を共有化し、午後から共同の課題に取り組むことで実感できます。

■マネジメントの基本
 人事評価の前に、環境の激しい時代に期待されるマネジメントとは何か…
 という観点で、少し講義して、簡潔に互いの現状を共有化してもらいます。
 第1班では、若干時間不足だったので、少しでも時間を稼ごうと必死です(笑)。

■業績に対する評価
 ”目標による管理制度”の概論を簡潔に講義した後、
 3例の”自己申告書”をグループ内で揉んでもらいます。
 個人&グループで45分ほど。
  IMG_20170224_142847.jpg
  IMG_20170224_142857.jpg
  IMG_20170224_142908.jpg

 前回、従来の基準の視点を変えたことが不徹底だったので、そこを強調したが、
 今回のメンバーは、各自各様の切り口や判断もあるが、柔軟に対応してくれて、
 1班以上に楽しんでいる印象も残りました。
 お陰で、私も1度経験していることを差し引いても、余裕を持って臨めました。

■行動・発揮能力に対する評価 
 成果をあげるためのプロセス評価(人事考課)も講義は簡潔に終えて、
 理解促進テストで6事例に取り組みます。
 プロセス評価を中心に、一部目標に関する事例も入れて、
 個人ワークとグループ討議で30分。

 理解促進テストは、敢えて曖昧だったり、誤解を招く表現があったりするのですが、
 様々な視点や考え方があり、侃侃諤諤の議論が続くが、ある種の余裕も感じました。
 最後に最適解と解説を行ったのですが、一部に納得できないメンバーも居た様で、
 終了後にワザワザ質問に来てくれました。このことも嬉しかったです。

■面談の基本と実際
 最終コーナーは、”目標設定面談”の模擬演習。
 
 前回は時間が短かった性もあるのか、ややサラッとした印象があったので、
 ”上司役”は、『敢えて自身と部下の目標がずれている状況を作って…』、
 ”部下役”には、『頑固で生意気な部下を演じて!
 とメッセージを送りました。
 組み合わせと時間配分は各グループに任せましたが、
 3グループともに、照れを捨てて真剣モードで取り組んでくれました。
  IMG_20170224_172517.jpg

 最後に、『当事者意識を持って、部下と一緒に制度と運用を充実させましょう!
 とメッセージを送って、この日は終了です。

帰りの電車の車内で確認した感想ラベル、
研修中の雰囲気は良かったのですが、やはり読むまでは怖いのです。
でも実際に読み終えると、疲れがスーッと引いていくようでした。
もちろん、中には厳しいコメントもあるのですが、
マネジメントや評価だけでなく、自分と向き合う、部下と向き合うなど
キャリアのメッセージも受け止めてくれた内容も意外と多いのです。
いつものマネジメント研修とは少し違う内容で、
彼らなりの気づきを持ってくれたようなので嬉しかったです。

1班に比べると、終了後の疲れはそれ程でもないと思ったのですが、
やはり帰りの電車でいつの間にか眠っておりました(笑)。
疲れるのでしょうが、3月から始まる”被評価者研修”も楽しみです。

彼らの感想集は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 18:48| Comment(0) | 日記

2017年02月05日

30才キャリア 第5班

自宅です。
今年に入り面接は担当しましたが、研修はいきなり3日コース!
某食品メーカーのキャリアプランニング30研修第5班を振り返ります。

【2月1日(水) 1日目】

キャリアプランニング30研修第5班は28名(女性7名)。
職歴ありは3名、技術専門製造職が22名、既婚者12名でパパママが7名、
後輩等が居る者15名、今年の異動者1名、これまでに異動なしが15名です。

4つの質問では、
”走っている”は10名、
”任されている”は16名、
”視野を広げている”は3名、
”仕事が充実している”は11名。
必ずしも良好とは言えない状態ですが、
私が解説している時に傾聴姿勢があるようで、気持ちよく話せましたよ(笑)。

初日の流れは、下記です。
 ■オリエンテーション
 ■過去の振り返り
 ■働く意味の整理
 ■財産目録づくり
 ■企業グループの自己否定

■3日間の研修を円滑に進めるために、
 オリエンテーションで発想ゲーム”ガラスのコップの使いみち”を行います。
 発想を柔らかくする、独りでは限界があるので相互学習を活かすことを体験します。
 3分で15個以上を目指す挑戦者も、実績として結果を出す人も居ませんでしたが、
 仲良く取り組んでいるし、各自の目標達成率は64.3%でした。

■午後一番、”歴史と体験の共有化”に60分間取り組みました。
  IMG_20170201_134010.jpg
 個人的にはもっと時間をかけても良いと思うのですが、
 照れもあるのかいつも60分前後で終了します。
 それでも、互いの30年の人生を私生活も含めて共有化する中で、
 グループ内の親密度がグーンと高まっていきます(笑)。
 
 私は、彼らを枠にはめるつもりはさらさらないのですが、
  1.もっともっと元気になって欲しい
  2.これまで以上に自分を大切に(自分さえよければではなく)して欲しい
 というメッセージを前提に、”振り返りの振り返り”を行います。

■休憩後、徐々に将来像を描く為の素材作りに入ります。
 ”84才のおばあ”の事例を紹介した後、
 魅力的で具体的な将来像を描くためには”自分らしさの整理”が重要と訴えます。
  ◆働く意味(仕事観) :自分が何をやりたいか(WILL
  ◆自分ならではの能力 :自分に何が出来るのか(CAN) 
  ◆役割と使命     :自分が何をしなければならないのか(MUST

 まずは、“働く意味”の整理です。
 文章化に入る前に、働く目的の%の仮説を立てるのですが、
 ”お金”の割合が20%〜100%(複数)の幅があり、
 50%、70%(80%)の順で目立ちました。
 いつもとほぼ同じ様な傾向です。

 個人ワーク25分で文章化し、10分かけて情報交換です。
 当初立てた仮説も、頭で考え、文章に落とし、
 自分の言葉で発表し、仲間の発表を聞くことで
 微妙に変化する人も居るし、この段階では変わらなくても、3日間で変化する人も…。
 まとめは、当社の元受講生パパの事例を紹介して”家族の為に働くとは”を伝え、
 ”ありがとうございました”の意味を伝えて、この課題は一応終了です。

■”働く意味”の次は、”自分ならではの能力”です。
 簡単にオリエンテーションをした後、
 ”和菓子職人”の事例を紹介して刺激を与えてから個人ワークに入ります。
  IMG_20170201_160735.jpg
 個人ワークとは言え、”カンニング大歓迎”とアドバイスしたが、
 皆さん25分間黙々と課題に取り組み、時折相談をしております。
 この日は個人ワークまでで、翌日情報交換しながら更に深堀をしていきます。
 
■最終コーナーは”わが社グループは必要ない!?”という模擬ディベートです。
 チーム編成をした後、1.作戦会議、2.ディベートモード、3.仲良しモード
 まずは、G内で必要派不要派に別れて作戦を練り、
 ディベートモード、仲良しモードで10分ずつ闘います。
  IMG_20170201_165033.jpg
 グループ内で、自社の存在意義・存在理由、強み弱みを考えたのですが、
 全体会合ではどちらの立場になるかわからないので、その点も想定しています。

 全体会合は、不要派が1グループだけで、5グループは必要派…。
 どうしたものかと悩んでいたところ、2つのグループが不要派に回ってくれました。
 
 合同の作戦タイムは10分と思っていたが、5分延長。
 不要派
  IMG_20170201_171514.jpg
 必要派です。
  IMG_20170201_171542.jpg

 本番は、ディベートモードが、微妙なクリンチ状態になり、私が約20分で止めました。
  IMG_20170201_173238.jpg
 必要派の代表が口火を切ったが、
 不要派の代表が次から次へと反論をしていき、
 ”必要派”はたじたじとなり、空気が沈滞化…。
 いつもとは多少様子が違い、時には労使交渉のごとく労働条件にも話題が行く。

 このままでは収束するまでに時間がかかると思ったので、
 しばらく沈黙させた後”仲良しモード”に切り替えました。
 全員が、自分の仕事や職場を通した具体的な強みや弱み、存在意義等を
 15分以上語ってくれました。
 このやり取りを通して、社内の視野が広がり、会社に対する思いも徐々に高まります。
 そして、件の代表の本音トークでは、”必要論”を熱く語ってくれました(笑)。

夕食後宿泊棟に戻り、確認した感想ラベル。
もちろん、モヤモヤ状態もあるし、研修と将来に対する不安も見えるのですが、
最終コーナーの話題だけでなく、一日全体を振り返りながらまとめているし、
興味深い切り口も多いので、翌日からの展開が更に楽しみになりました。
ただ、一人だけ、少し(かなり?)気になる感想もあるのです。


【2月2日(木) 2日目】

少し早めに教室に入り、中庭を見渡すと…。
  IMG_20170202_083902.jpg

いつもの開催時期であれば、午前中日向ぼっこしながら情報交換できるのですが、
今日の景色は冬場のゴルフ場の様です。
室内でおとなしく進めましょう。

2日目の流れは、下記です。
 ■感想ラベルの共有化
 ■財産目録の共有化(他流試合でプチ自慢大会)
 ■興味や関心領域の確認
 ■将来像を描き、共有化
 ■将来像を実現するために、人系の分析
 ■人的財産を活かす(相互フィードバック)

■5分間のフリートークで眠気と緊張感を飛ばした後、感想ラベルの共有化。
 55分目標で開始したが、途中で10分間休憩を挟み、実質65分でまとめる。
 前日に続き傾聴姿勢を感じるし、感想の内容も興味深いので、
 事例も少しは抑えてメッセージを伝え切ったと思います(笑)。

■休憩後は、”プチ自慢大会”に入ります。
 本番のオリエンテーションをした後、グループ内で25分準備をします。
 全員で交換するグループも、2名と3名に分かれて予行演習するグループも…。
 私の指示通りではなく、彼らが目的を理解した上で自分達で工夫してくれます。

 本番は、3名もしくは4名の他流試合。
 面接場面を想定して、60分ほどのプチ自慢大会です。
  IMG_20170202_110616.jpg

 ここでも、基本的な流れは解説しますが、やり方は自主的に進めていきます。
 職場・職種・性別などどの様な組み合わせになるかは分からないのですが、
 強みや弱みを整理するだけではなく、
 互いの仕事の進め方や別の世界の話など知ることも出来て、
 また少〜し世界を広げることも可能になります。
  
 13:00に再開し、15分弱午前中のやり取りで増えたラベルを確認した後、
 ”能力開発のポイント”を共有化します。
 文章化もしているので項目を確認した上で、私の実体験も紹介しながら、
 重点テーマの2つは熱く語りました。

■自分の興味や関心がどこにあるか(ないか)を整理した後、
 ”将来像を描く”の個人ワークは30分。
  IMG_20170202_141335.jpg
 冒頭、私が紹介した他社のサンプルに群がっていましたが、
 その後はまた黙々と作業に取り組んでいました。
 過去を振り返り、自分らしさを整理しているので書きやすいかもしれないが、
 積み上げ式の限界もあるので、ガラスのコップの容量で、
 すぐに実現できることから壮大なテーマまで拡散思考でラベル化し、
 シートに展開します。

 個人ワークには限界もあるので、グループ内で情報交換して、
 互いの夢をより大きくしたり、より具体化します。
 また、他者の発表を聞くことで新たなアイデアが生まれるかもしれないし、
 志を同じくする同士が居て今後のジョイントの可能性も広がります。
  IMG_20170202_144921.jpg

 私は、メンバーから相談が無い限り、個別の内容には介入しないようにしております。
 それでも耳をダンボにして、彼らの表情やグループの笑い声を聞いていると、
 個人も色々工夫しているし、仲間とのやり取りで更に充実出来ているようです。

■互いの将来像を共有化した後は、”将来像を実現する為の課題づくり”に入ります。
 まず、『将来像を実現するには、種を撒く、仕掛けを打つことが大切!』と伝える。
 次に、”人的財産を活かす”というテーマに、拡散&収束思考で取り組みます。
 個人ワークは20分、情報交換は25分にセット。
 このワークでも、人に対する気づきが増えたメンバーが複数居たようです。
 この日の感想ラベルに、『周りに感謝の気持ちが強くなった。』というものが複数…。
 ますます怪しげな新興宗教の様に聞こえますが、ギクシャクした世の中で、
 相手を認めるとか、感謝する気持ちは忘れないで欲しいと願っております。
 
■最終コーナーは”仲間に映った自分”です。
 順番に、当事者が別室で2日間を振り返り自己評価をしている間、
 残ったメンバーで当事者に対する”良かった点”と”改善点(長所を伸ばす為の)”を
 協議してコメントをまとめます。
  IMG_20170202_171759.jpg

 他者評価は、プラス要素は楽だが、マイナス要素を指摘するのは大変です。
 それでも、3名あるいは4名の視点を持ち寄り、
 時には真剣に、時にはおふざけも入れながら
 賑やかに話し合ってくれます。
 ラベルをもらいお礼・感想・疑問点等を交換する時も、やはり賑やか。
 それでも、2日間で伝えたメッセージを受け止めてくれたのか、
 相手を気遣いながら取り組んだ様子が伺えました。

 早いグループで45分ほど、遅いグループで65分かけていました。
 このワーク終了後、感想ラベルを書いた後流れ解散になるのですが、
 終了後の教室には、毎回爽やかな風が流れております(笑)。

感想ラベルは、いつも通り初日に比べて文章量が増えているし、
具体的で熱い内容も増えてきています。
ただ、気になるメンバーの感想ラベルは、コピーペースト…。

当日の感想だけでは読みづらいので、初日からの感想との変化も確認しながら、
彼らの感想に寄り添っていきます。


【2月3日(金) 3日目】

2月3月に担当するのは初めてですが、寒いのでラジオ体操は室内で行います。
マイカーに宿泊荷物をしまってから、いつも眺めている景色を確認です。
  IMG_20170203_082349.jpg

20年近く通っていると、毎朝車椅子で散歩している老夫婦が突然来なくなったりとか、
定点観察から色々見えてくるものがあります。 

3日目の流れは、下記です。
 ■感想ラベルの共有化
 ■将来像を実現するために、仕事系の分析
 ■後輩育成の重要性と課題(先輩としての役割・使命)
 ■キャリア活動計画の作成

■朝一番のフリートーク、今日も変わらず元気そうですが、
 夏場と違い動きが鈍るのか、前夜皆で集まって飲み会をやった気配はなさそうです(笑)。
 感想ラベルの共有化は、前日の感想も一部紹介しながら繋いだが、
 なんとか50分ほどでまとまりました。
 今日も、素直な彼らに感謝です。

■将来像を実現させるために、”職場と仕事を見直す”を個人ワークで6分強、
 まずグループ内情報交換を25分ほどで行いました。
 とても恵まれている状態が1名、かなり恵まれている人が5名ですが、
 平均以下は7名といつも以上に多いのが意外でした。
 初日からの反応や表情を観察していると、のびのびと仕事をしているのかなぁ
 と思って居たのですが…。

 まずは、グループ内で情報交換を行い、本番の準備もしていきます。
 グループで、少し厳しい状況(と本人が認識している)メンバーの説明に対して、
 他のメンバーが視点を変えたり、自身の成功体験失敗体験等を伝えて勇気づけます。

 職種別分科会は、エンジ・物流・研究開発・管理企画事務が合同で5名、
 充填系の製造さんが6名、成形・包装・検査が5名、
 液プロ・調合(殺菌)8名が2チームに分かれて片方までが教室に残り、
  IMG_20170203_111239.jpg

 営業系の4名がロビーで
  IMG_20170203_111503.jpg

 液プロ・調合(殺菌)の4名は喫煙ルームだったので、撮影しておりません(笑)。
 
 分科会は、現在の職種に限定せず興味や関心のある分科会に参加を募るのですが、
 今回は現行のままでした。
 職種の混成チームでは、違った世界が見えるし、設問に対する捉え方も違います。
 同職種のチームでは、同じ様な仕事をしていても人によって視点も感じ方も違います。
 共通の素材はあるのですが、それだけにこだわらずに各自の苦労や工夫の現状を
 60分ほどですがゆっくり共有してくれたと思います。

 日頃、自職場は働きやすいとか働きにくいとか考えていますが、これも全体像。
 細分化して整理してみると、現状に甘えている自分や、
 うまくいかない原因や理由が見えてきます。 
 課題形成のアドバイスは、テキストにもまとめているが、
 口頭で熱〜いメッセージを伝えたつもりです。
 特に、数名の前向きだけど、迷ったり悩んだメンバーを想定して…(笑)。

■メンバーと話し合い、昼休みを10分間短縮して集合する。
 午前中の振り返りを10分ほどでまとめた後、研修最後の協同作業
 模擬ディベート『後輩育成は必要ない!?』に取り組みます。
 初日のディベートが、多少ワンサイドの様相も呈していたので、その反省も踏まえて
 違うことに挑戦しての失敗はOKだが、
 同じ事をやって失敗するのは勿体無いよと伝えてから、
 チーム編成をして、作戦タイムに入ります。
  IMG_20170203_130842.jpg

 写真の右上に見えますかねぇ、
 初日のツワモノは一人で仲間3名と闘う為に、孤独な作戦タイム。

 いよいよ、ディベートモードと仲良しモードです。
  IMG_20170203_131806.jpg
 3日間様々なテーマに取り組んできたのですが、自身の体験を振り返り、
 仲間とのやり取りで学んだことも踏まえて、楽しく議論してくれたと思います。

 ”後輩育成”の重要性と課題がメインテーマですが、
 サブテーマで、後輩の思いや考えと先輩の期待がずれた時の演習も兼ねています。
 後輩の意見を一旦は受け止めて、その上で視点を変える働きかけが出来るかどうか。
 
 最後に、”後輩の様子がおかしいと思ったら、まず何をしますか?
 という投げかけをして、このワークは終了です。
 感想ラベルを読むと、これもずっしりと響いたメンバーが居たようで嬉しかったです。

■最終コーナーは、『キャリア活動計画』の作成です。
 作成目的は2日目の朝も伝えているのでサラッと確認し、個人ワークを中心に45分。
 事務局提出のレポート作成が残っているメンバーも多かったと思うのですが、
 思いのほかこのワークに集中しているメンバーが多くて嬉しかったです。

最後に、私からメッセージを送り、グループ内でエール交換し、
感想ラベルを書いて終了です。
後任の事務局Iさんは、この研修の遠い昔の受講者。
引き続きもあったらしく、快く撮影班を務めて頂けました。
  IMG_20170203_150732.jpg

帰路、休憩で立ち寄ったコンビニで確認した感想ラベル。
嬉しい内容ばかりでウルウルしてしまいましたが、中でも1枚が…。
初日2日目の感想ラベルが当たり障りない内容で、
行動を観察しても”心ここにあらず”という印象でした。
それでも、徐々に表情が明るくなってくれたので、
『今更…』だったのか、私が合わなかったのでか、別の問題を抱えていたのか、
と色々想像して、多少はメッセージを送っていたのですが…(笑)。
最後に、具体的な内容は不明ですが、苦しい胸のうちを素直に綴り、
3日間の詫びとお礼をまとめてくれました。
ホッとした反面、もっと何かお手伝いが出来たのではないかと、反省しております。

感想ラベルは、そのメンバーの感想も含めて多少編集を加えた上で、
すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 12:49| Comment(0) | 日記

2017年01月07日

辛いお知らせ…

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
 
新春のご挨拶をさぼっていたら、連日で辛い連絡が届いてしまいました。
 
木曜日、年賀状が来ないので心配していたら、奥様からのお便りが届く。
慌てて電話をかけると、
私の人生の師匠であり、私たちのお仲人さんでもある福永先生が昨年倒れて、
現在はリハビリに取り組んでいるということでした。
一命はとりとめたが、後遺症が残る可能性もあり、
ご本人の了解が得られれば、一日も早くお見舞いに行きたいと思っております。
 
そのことだけでもかなりのダメージだったのですが、
昨夜、携帯に1本の電話が入って来ました。
私がキャリア研修講師として導いて頂いた貞さんの名前があるので、
デートの約束かなぁと電話に出ると、相手は奥様でした。
かねて大病と闘っておられたのは承知していましたが、
前夜容態が急変し亡くなられたとのこと。
貞さんとは比較的自宅も近いので、去年も数度お会いしており、
大切な書籍をお借りしていたので、『近々、連絡してお返しにあがりま〜す。
と賀状に書いていたことを、ご家族が見つけてくれたようです。
 
私が研修講師としてはひよこ以前の頃、
某大学が開発した”キャリアダイナミクス30”という研修プログラムの評判がよく、
講師をもっと養成しようという話になり、元人事で暇をしている私に声がかかりました。
どういう内容の研修で、どのようなインストラクションをすれば良いのか、
東北で開催されたオープンセミナーをオブザーブさせてもらった時の講師が貞さん。
右も左も分からない私でしたが、『矢野さんだったら、きっとリピートが来るよ!
と声をかけて頂いた貞さんの一言が、私の心の拠り所でもありました。
その後時々会ってお茶をしていたのですが、発病されてから会う機会が増えました。
体力的な問題もあり、一部の研修を引き継いでくれないかと言って頂いたのですが、
貞さんの域には到底及ばないし、諸般の事情もあり丁重にお断りしたのです。
 
いつも笑顔で知識も豊富だし、更に柔軟性が高い(頭が柔らかい)貞さんと話していると、
研修も型にはまらずもっと楽しみながら挑戦してみようと思えました。
残念なことに、私にはその裏づけも創造力も乏しいのですが…。
 
落ち込んでいる時に、大切な友人が言ってくれました。
師の遺志を引き継ぎ、後輩を育てる役にならないと!』と。
言うは易く行うは難しですが、
まずは私自身が楽しみながら、既成概念に囚われない研修にしていこうと思います。

貞さんの遺志を少しでも継げるように取り組みますので、
安らかにお眠りください。
これまで支えて頂き、ありがとうございました。
心から感謝しております。
 
それにしても、この年末年始は、
何が起きるか分からないから、早めの準備!』を例年以上に意識したのですが、
しばらくショック状態でもなんとか当面のお仕事には支障は無さそうです。
ただ、お通夜も告別式も、行くのが辛いです…。
posted by Tadashi Yano at 14:48| Comment(0) | 日記