2018年01月01日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

創業25年の昨年は、公私共にやや波乱万丈だったかもしれません。

仕事的には、
一生担当できればと願っていたキャリアの3日コースが一区切りつきました。
2泊3日の研修だったので、かなり納得できるプログラムだったのですが…。
このエキスを、1日コース、2日コース、あるいは半日コースにも活かします(笑)。

私生活では、松が明けぬ間に、
人生の師匠が前年秋に大病で倒れリハビリされている知らせが入り、
翌日キャリア研修の師匠の訃報が届きました。
私の人生に無くてはならないお二方と、これまで通りおつき合いが出来なくなるとは…。

そして、4月には、大学時代わが下宿によく泊まっていた信ちゃんが逝ってしまう。
亡くなる1週間前に、大阪まで会いに行けたことが救いですが…。

7月5日(水)の人間ドックで、腫瘍マーカーの数値が極端に高くなっており、
翌日慌てて再検査に行きました。
その段階では限りなく怪しいと言われたが、他の要因が悪さをしている可能性もあり
ということで、5ヵ月間で2度再検査して問題は無いであろうという診断が出ました。
念のために、半年に一度検査を続けるのですが…。
部位的にはすぐ命に関わることもないと思いながらも、
仕事が続けられるかどうかだとか…時折頭をかすめておりました。

新年早々から12月冒頭まで、落ち着かない日々が続いたのですが、
辛いことや不安になることもあれば、嬉しい出会いや再会もあるものです。

まず、キッちゃん
本人曰く、初めてリクルートスーツを着て会社訪問した最初の採用担当が私です。
その後も、時々連絡を取り合っていましたが、
1年半ぶりに再会すると、特に私生活で大変な状況に追い込まれていました。
自営しつつ、遠く離れた親御さんの介護をしながら、
大病に倒れた奥様の看病を24時間体制でしなければならない…。
個人情報なので詳細は書けないが、研修等では事例で話す許可も貰っております。
そういう厳しい状況の中、事業を法人化するという更なる挑戦をしております。
それでも、時々Lineでヘルプメッセージが届きます。当然ですが。

もう一人は、高校時代の友人ひろきさん
大学は違うが京都で生活していたので互いの下宿と寮を行き来していたが、
卒業後は音信不通になっていました。
それが、6月の同窓会3次会に乱入したことがキッカケで、文通が復活。
8月20日(日)新宿で約40年ぶりの再会です。
彼は披露宴に私を呼んだと主張するが、一切記憶に無い…(苦笑)。
ホテルの中華屋さんで昼食を取りながら、
40数年間の溝を埋めるのは大変だが、まず私から自己開示…と、
どうやら癌が再発したらしいという話と、
10数年間癌と闘った奥様が3月に亡くなったというカミングアウト!
私の話はほどほどに、まずは彼の社会人生活を振り返っておりました。
これ以上は書きませんが、辛い状況を真正面から受け止めて、
自分らしく新たなテーマを持って先に進んでいるのです。

何を言いたいか(書きたいか)、
彼らの話を聴いていると、自分が悩んでいることなんかチッポケに思えてきます。
私がふらふらしている時に、活を入れてくれる人が目の前に現れます(笑)。
上記の二人だけではなく、キャリア研修やキャリア面談の受講者から相談を受けると、
アドバイスもしながら彼らから勇気や元気を分けてもらうことも度々です。
人は、というより私はずっと様々な人々に支えられていることを実感しております。

振り返りが長くなりましたが、新年の抱負です。
65才になりますが、意識的に地域のお手伝いを実践していきます。
例えば、地元船橋市在住40年ですが、お役に立てた記憶はありません。
また、研修やキャリア面談で相談を受けることはよくあるのですが、
SkypeやLine等も生かして、対象者層を広げてみたいと思います。
相談も受けますが、キャリア開発の個人指導も私としては興味深いのです。

昨年までと同様、今年も落ち込み、諦めかけることもあると思うのですが、
幸いにもこれまではギリギリの所で踏ん張れたり、救いの手が入ります。
この幸運がいつまで続くのか、自分のやり方で粘ってみます(笑)。
今年もおつき合い頂ければ幸いです。
posted by Tadashi Yano at 09:36| Comment(0) | 日常・・・

2017年06月18日

40年目に突入

自宅に戻りました。

先ほどまで、佐倉市にあるリスランテ・カステッロさんにお邪魔しておりました。
   IMG_20170618_124953.jpg
   IMG_20170618_125007.jpg

本日で、披露宴をあげてから40年目に突入です(笑)。
結婚記念日は、婚姻届の提出日とか色々あるのでしょうが、
わが家では福岡の小さな会場で、
20名ほどで集まった結婚披露パーティが原点です。

あれから〜40年!!
様々なことがあり、雅代君には苦労も心配もかけましたが、
ようやくここまでたどり着きました。
来年は40周年記念なので、いつもの空手形を発行し、
これからも健康で仲良くしていこうと話しました。

あとは、ひたすら食べます・食べます・食べます。
   IMG_20170618_130140.jpg
   IMG_20170618_131000.jpg
   IMG_20170618_131738.jpg
   IMG_20170618_132627.jpg
   IMG_20170618_133641.jpg
私のメインのベジョータがラディッシュソースとマッチしてとても美味しかったが、
雅代君の子羊のローストも香ばしくて美味しかったぁ(笑)。

小休止
   IMG_20170618_134501.jpg

サプライズではないが、お店からのプレゼントと最後のデザートです。
   IMG_20170618_134744.jpg
   IMG_20170618_134819.jpg
   IMG_20170618_135529.jpg


今年も、素敵な時間を過ごせましたが、一点残念なことが…。
ここ数年通い続けている某市役所の傍に武家屋敷通りがあったのです。
今日も少し早めに自宅を出たのですが、思いがけぬ渋滞で時間不足。
車でさっと走っただけなので、次回はゆっくり散歩します。
posted by Tadashi Yano at 17:51| Comment(0) | 日常・・・

2017年06月13日

大切な繋がり(後編)


【6月9日(金)夜 西中洲の居酒屋】
西中洲にある居酒屋さん。
遠くは埼玉県、熊本県(2名)、小倉から集まってくれました。
某社のメンバー4名(KさんHさんUさんYさん)、
短大の学習会で出会いオフ会出席率が一番高いと思われるFさん
何故か鳥取の山奥で出会った大学院生Yさん、そして私です。
他愛のない会話が中心ですが、ちっぴり社会人の厳しさも内定者に伝え、
私とHさんの誕生日が1日違いということもあり、サプライズで盛り上がりました。 
   IMG_20170609_200000.jpg


【6月10日(土)午後 黒崎銀天街】
福岡から実家に戻り、94才の実母や兄弟家族と話をして、向かった先はJR黒崎駅。
小中高と一緒の幼馴染修ちゃんと久々のデートです。
彼はともかく、私は黒崎が久々なので、中学時代陸上競技会の帰りに寄って、
素うどんとカキ氷を食べていた店の跡地を探すが、無理でした。
ようやく見つけた商店街の2階にある喫茶店で、2時間近く居座っただろうか。
二人にしては結構真面目な話もしたが、少し飽きるとママさんを捕まえて、
商店街での経営の難しさやその筋の方の動向(幼馴染が幹部という噂も)をリサーチ。
うまいラーメン屋があるというのでついていくと休憩時間にあたってしまい、
火曜日に続き大好物のうどんを頬張る。
   IMG_20170610_161049.jpg


【6月10日(土)夜 香味屋】
この日の最後は、東京と福岡で一番多く会っている悪友澄夫ちゃんと合流。
彼の地元に近いお店で食事をしていたが、来客が増えて居辛くなり、
急遽中学・高校の同級生が営むレストランへ。
実はこの日は高校の同窓会の総会があり、有志が流れている情報は入っておりました。
澄夫ちゃんは常連だが、私は知らない顔の方が多いので最初は戸惑う。
それでも、同級生で母校の前校長だった柴田晴夫氏とも久々の再会。
彼と世間話をしていて、京都で同じ時期を過ごしたH君の消息も確認できる。
集合写真は撮れなかったが、たまたま傍に居た有志を晴夫君が撮ってくれる(笑)。
   IMG_20170610_194851.jpg

少し早めに退散したので釈放かと思ったら、
また澄夫ちゃんの地元に近いスナックに拉致される。
知らない世界に踏み込んだ感もあったが、隣のグループに居た左官さんと知り合い、
一人前になるまで20年だとインタビューもしながら、
田舎のスナックならではの雰囲気を満喫しました(笑)。


【6月11日(日)午前 福岡市内】
実家で少し早起きして福岡市内に戻り、向かった先は某施設。
私の人生の師匠であり、お仲人さんであり、
私の天職とも言えるこの世界に導いてくれたFさんのお見舞いです。
昨年秋、長嶋さん級の重篤な病に倒れリハビリ生活だと知ったのは、今年の正月。
すぐにでも飛んで行きたかったが、ご本人とご家族のことを考え我慢しておりました。
毎年、この時期にお邪魔して、ご自宅傍の川魚屋さんで鰻をご馳走になり、
近況報告をするのが嬉しい恒例行事だったのです。
今年はダメかと諦めながらもう一度と電話をしたところ、会って頂けることに…。
リハビリ中なのである程度覚悟はしていたが、
車椅子に座っている姿で会うと、二人ともウルウルしている。
会えて嬉しいが、当然1年前の姿とは違うのです。
負担をかけないよう早々に失礼するつもりでしたが、結局30分。
私が、近況報告と言うよりも、一緒に働いた2年ちょっとの話を、
奥様に聴いて頂く感じなのですが、部長も聞いていて笑っている。
リハビリのスタッフが言ってくれました。
転院してきてから、これだけ表情に変化があったのは初めてだねぇ。』と
実は、少し相談したいこともあったのですが、
自分でしっかり考えて、行動しなさい。』というメッセージだと思うようにします。
奥様の話では、倒れるまでに仕事も含めてほとんど全ての課題を整理していたとか。
やはり、この方の足元にも及びません。
少しずつ改善して欲しいので、『半年に一度、会いに来ますからね。
と言ってしまったので、契約不履行にならないよう頑張ります。
ハグをさせてもらい別れた直後、車椅子の上でうなだれる姿が切なかった。
僭越ながら、部長の部下であることを肝に銘じて、
少しでも近づける様に取り組むことを考えております。


他にも、ここには書けない近況報告もあったのですが、
やはり”人は人に支えられている”と実感しております。
私も、少しでも相手を支えられる存在を目指して、
まずは木金の某社葉山会場での研修を楽しみます。
posted by Tadashi Yano at 19:12| Comment(0) | 日常・・・

2017年04月19日

◎飛び出せ車イス

【2017年4月18日(火) 12:00〜13:00】

私たち夫婦は、PCの前でインターネットラジオに耳を傾けておりました。
札幌にあるコミュニティFMの三角山放送局

パーソナリティの博子さんから先週お便りを頂きました。
昨年末から病気だったという近況報告に加えて、
手書きで半年振りにラジオに復帰するというメモがあったのです。

彼女との出会いは30年位前、私が第一企画在職中でした。
ご主人とドライブ中に交通事故に巻き込まれ、ご主人は死亡、
彼女も車イス生活を余儀なくされました。
私は、保障に関する法廷の証人として札幌に出張して、彼女とご対面。
その後会ったとしても一度くらいですが、年賀状のやり取りを続けておりました。

車イス生活で二人のお子さんを抱えて大変だったと思うのですが、
年賀状では明るく前向きに生活されているのが、とても印象的でした。
この日も自宅のベッドの上から電話を使っての放送なので大変だったと思いますが、
選曲も懐かしいものが多く、何より彼女の明るい人柄が伝わってきます。
二人で『これを機に、第三火曜日を楽しみにして待とう。』と話し合っていたら、
少しずつ論調が変化していきます。
そして、最後にこの回をもってパーソナリティを退く、という宣言でした。
頂いたお便りでは、これからぼちぼち慣らしていくニュアンスだったし、
残念だなぁと思い、放送終了直後にFAXを送ったのです。

お疲れだろうし返信は期待していなかったのですが、
その日の夕方、自筆のA4で2頁にわたるFAXが届きました。
とても驚き、喜んで頂けたようですが、何より私が嬉しかったぁ。
文中に、潮時とか引き際というキーワードがあるのです。
6月で64歳になる私も、最近同様のことを時々考えるのですが、
彼女からのラブレターを読んでいるうちに、
少しだけ若く(たぶん?)、少しだけ元気なのだから、
もう来なくていいですよ』と最後のお客様に言われるまで、
自分らしく研修講師を続けようと、改めて思うことが出来ました(笑)。
 
とことん人が好き!』という共通点があることを信じ、
ぜひ美しい私に会いに来てください(大笑)。』が実現できるよう、
あくまでも私らしく、お金儲け、いやいや元気で前向きになれる研修に励みます(笑)。
posted by Tadashi Yano at 17:15| Comment(0) | 日常・・・

2017年04月01日

友よさらば!


今朝、寝ぼけ眼でテレビを見ていると、1本の電話が入る。
覚悟していた信ちゃんの訃報でした。

先週の日曜日、容態が思わしくないというので大阪まで見舞いに行き、
大学1回生の時からの友人眞ちゃんと3人で馬鹿話をして、
その後は仕事を終えて見舞いに来てくれたお嬢さんと3人で、
彼女が知らない学生時代の話に花を咲かせました。
体調に恵まれない社会人生活だった印象もあるのですが、
彼は彼らしく納得できる社会人生活だったと話してくれました。
顔色はともかく、思いのほか元気だったのですが…。
 
信ちゃんは、大学1回生のプロゼミからの友人です。
どのような経緯で仲良くなったのかは、遠い昔でおぼろげですが、
私はお寺の敷地にあるおんぼろ学生寮(ごめんなさい)、
彼は大学の寮に寄宿していたので、
遅くなると私の部屋に来て泊まっておりました。
かたや真面目一方、かたや不良学生、
その割には話が合い、一緒に居ることが多かったのです。
私の周りには個性的な友人が多かったのですが、
彼は目立たずおとなしいタイプ。
でも、話をすると一家言あります。

当時も生意気だった私は、
彼にきつい言葉を発したり、顎で使うようなこともあったと思います。
それでも、彼はニコニコ笑いながら、私を受け入れてくれました。
そして、私の悪行の数々も内心はともかく、知らん振りをしてくれました。
 
大学を卒業してからも、学生時代の友人では一番多く会っているし、
眞ちゃんの実家に泊まりに行ったり、
体調が思わしくないのに出張先の神戸まで会いに来てくれたり、
やんちゃな弟を見守ってくれました。
 
昨年6月2日(木)、親娘で東京に遊びに来るというので、一日添乗員!
いまどき珍しいほど仲が良い親娘だと思っていたら、
二人になった時にポツリと病状が悪化しており、覚悟していると言う。
それを契機に、大阪でお好み焼きパーティも、焼肉パーティも、
ミナミの散歩も、お嬢の仕事場の見学まで一緒に出来ましたよ。
ある意味、この1年間は、大学時代の4年間よりも濃密な時間を過ごせました。

もうじき、愛する奥様のもとに行けるのでしょうが、
夫婦仲良く、親子仲良く過ごしてくださいね。

そして、愛娘夫婦を見守って欲しいし、
ついでにお馬鹿な友人達も見守ってくださいねぇ。
45年間、癒しの友人で居てくれて、ありがとうございました。
posted by Tadashi Yano at 10:48| Comment(0) | 日常・・・

2017年01月07日

辛いお知らせ…

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。
 
新春のご挨拶をさぼっていたら、連日で辛い連絡が届いてしまいました。
 
木曜日、年賀状が来ないので心配していたら、奥様からのお便りが届く。
慌てて電話をかけると、
私の人生の師匠であり、私たちのお仲人さんでもある福永先生が昨年倒れて、
現在はリハビリに取り組んでいるということでした。
一命はとりとめたが、後遺症が残る可能性もあり、
ご本人の了解が得られれば、一日も早くお見舞いに行きたいと思っております。
 
そのことだけでもかなりのダメージだったのですが、
昨夜、携帯に1本の電話が入って来ました。
私がキャリア研修講師として導いて頂いた貞さんの名前があるので、
デートの約束かなぁと電話に出ると、相手は奥様でした。
かねて大病と闘っておられたのは承知していましたが、
前夜容態が急変し亡くなられたとのこと。
貞さんとは比較的自宅も近いので、去年も数度お会いしており、
大切な書籍をお借りしていたので、『近々、連絡してお返しにあがりま〜す。
と賀状に書いていたことを、ご家族が見つけてくれたようです。
 
私が研修講師としてはひよこ以前の頃、
キャリア系の研修プログラムを担当する講師をもっと養成しようという話になり、
元人事で暇をしている私に声がかかりました。
どういう内容の研修で、どのようなインストラクションをすれば良いのか、
オープンセミナーをオブザーブさせてもらった時の講師が貞さん。
右も左も分からない私でしたが、『矢野さんだったら、きっとリピートが来るよ!
と声をかけて頂いた貞さんの一言が、私の心の拠り所でもありました。
その後時々会ってお茶をしていたのですが、発病されてから会う機会が増えました。
体力的な問題もあり、一部の研修を引き継いでくれないかと言って頂いたのですが、
貞さんの域には到底及ばないし、諸般の事情もあり丁重にお断りしたのです。
 
いつも笑顔で知識も豊富だし、更に柔軟性が高い(頭が柔らかい)貞さんと話していると、
研修も型にはまらずもっと楽しみながら挑戦してみようと思えました。
残念なことに、私にはその裏づけも創造力も乏しいのですが…。
 
落ち込んでいる時に、大切な友人が言ってくれました。
師の遺志を引き継ぎ、後輩を育てる役にならないと!』と。
言うは易く行うは難しですが、
まずは私自身が楽しみながら、既成概念に囚われない研修にしていこうと思います。

貞さんの遺志を少しでも継げるように取り組みますので、
安らかにお眠りください。
これまで支えて頂き、ありがとうございました。
心から感謝しております。
 
それにしても、この年末年始は、
何が起きるか分からないから、早めの準備!』を例年以上に意識したのですが、
しばらくショック状態でもなんとか当面のお仕事には支障は無さそうです。
ただ、お通夜も告別式も、行くのが辛いです…。
posted by Tadashi Yano at 14:48| Comment(0) | 日常・・・

2016年01月05日

遅まきながら…

明けましておめでとうございます。
旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い致します。
15121718kanucha 012_edited-2.jpg
写真は、昨年末沖縄で撮影した海です。
かれこれ20年近く通っておりますが、これもいつまで続くか…(笑)。
  
今日は、午前中から銀行回りをして、徐々にビジネスモードを取り戻しております。
一年の計は元旦にあり”と言われますが、今年は少しばかり落ち込んでおりました。
頂いた年賀状には、親族や知人のお子さんの可愛い笑顔があって癒され、
新たに独立をしたり事務所を開設する後輩や元受講者から刺激をもらい、
FBでは分からない知人や友人の近況を知ることが出来ます。
 
そんな中、中学時代の恩師と同窓生からの賀状にショックな内容が…。
それは、幼なじみの恒夫君の訃報でした。
彼とは、小学校時代は低学年からずっとソフトボールに励み、
彼はエースピッチャー、私は一応4番でサード。
地域の大会でも、ここぞという時にナイスピッチングをする彼が頼もしかったぁ。
 
中学時代、彼は野球部、私は陸上部でしたが、生徒会や演劇活動で一緒でした。
共通の恩師である福山先生のお宅にお邪魔しては、夜遅くまで語り合ったものです。
  
高校も同じでしたが、私の実家が転居したこともあり、多少遠のくのですが、
彼は東京、私は京都の大学に進み、帰省時にはやはり先生のもとに集まる…。
  
社会人になってからも、東京で2,3度会う程度でしたが、
2013年11月3日、
熊西中学校の還暦同窓会で一緒になり、これも幼なじみの修君との相部屋。
旅館での一次会、二次会の後なので短時間だったと思いますが、私の質問に対して
素敵な上司や先輩に恵まれて、途中で会社を辞めたいと思ったことは無かったよ。
と語ってくれたことが印象に残っております。
翌日、私の発案で福山先生のお宅にお邪魔して、4人で写真に納まりました。
帰り際、東京か福岡で再会しようと約束して別れたのですが、
彼は翌年12月23日に亡くなったらしいです。
  
直接会う機会は少なかったのですが、時折思い出していた恒夫君
幼なじみであり、心のライバルでも会った彼の死はショックです。
それでも、ここで落ち込んでいても先に進めません。
人間、いつ何が起きるか分からないということを肝に銘じ、
その時その時を真剣に生きなければ、と改めて実感しております。 
これで最期だぁ。』と実感しながら亡くなるかどうかはわかりませんが、
私なりに今お手伝い出来ることを実践していこうと思います。
  
前提は、少しでも人様のお役に立てることを目指しますが、
石川県、福井県、和歌山県、高知県に足を踏み入れたことが無いので、
全て踏破することも大切にしていきます(笑)。
posted by Tadashi Yano at 15:40| Comment(0) | 日常・・・

2015年06月16日

再会DAY

自宅です。
昨日はとても充実した一日でしたので、個人情報に抵触しない範囲で振り返ります。

【6月15日(月)11:00〜 10数年ぶりのYさん】
 
有楽町の地下にある某コーヒーショップでデートしたのは、Yさん
  IMG_20150615_114313.jpg
受講生ではなくて、昔のお客様繋がりで出会ったようだが、はっきり覚えておりません。
それでも共通の友人と一緒に遊んだり、MCYBOWLには何度か参戦してくれました。
FB繋がりで、昨日10数年ぶりの再会です。
M&A絡みで名刺が変わっており、忙しくて大変そうですが、
世の為人の為に働く意識が強く、前よりも仕事満足度は高いというので良かった。
今回は、仕事の話よりもお子さんの教育というか将来についての話が中心でした。
気になっているお子さんのお話を伺うと、とても良い所があるのに、見落としている。
人(子ども)を育てるというのは、彼や彼女の可能性を広げる為に、
 場面やチャンスを与える、時に障害物をどけてあげる、究極は邪魔しないこと

と研修で話していることをアドバイスしたのですが、少し視点が変わったそうです(笑)。
お互いにご無沙汰している共通の友人とも久々に連絡が取れたので、
これからまた新たな関係が広がっていくことが楽しみです。
約1時間のデートでした。
 
 
【6月15日(月)13:00〜 数年ぶりの中華屋さん】
有楽町のビックカメラをウロウロした後、昼食をとる為に慶楽へ。
サラリーマン時代は時々通ったお店ですが、今回は数年ぶりの訪問です。
昔頼んだメニューも看板メニューも忘れてしまったので、蟹玉ごはんにしました。
  IMG_20150615_131233.jpg
食べた後に”スープチャーハン”を思い出したが、後の祭りでしたぁ(笑)。  

【6月15日(月)13:45〜 20数年ぶりのSさん】
昼食を終えて、目と鼻の先にある帝国ホテルのロビーに向かう。
15分近く早めに着いたと思っていたら、既に到着しておりました。
20数年前の面接会場で、部屋に入って来た瞬間『一緒に仕事をしたい!』と思わせた
数少ない応募者のSさん
  IMG_20150615_135054.jpg
広告会社出身とは言え、業界情報には疎いのですが、
彼のクリエーターとしての活躍ぶりは聞いております。
それでも、会った瞬間から内定者と採用担当者の二人に戻れました。
電博の選考結果とか、51才になった今入社3年目くらいまでの自分をどう思うかとか、
少し失礼な質問もしたのですが、彼は素直に答えてくれました。
当時のトンガリも残しつつ、50才過ぎた男の自信や余裕も醸し出しております。
広告で何かを訴えるということは、人間を知らないと出来ません。だから…
という言葉が印象に残っております。
私生活もとても幸せそうで、仕事一筋がむしゃらでもなさそうなので、安心しました(笑)。
1時間半ほどで別れたのですが、彼が内定者として企画運営にも力を貸してくれた
内定者合宿研修”の様子をしばし思い出しておりました。
 
 
【6月15日(月)16:00〜 1カ月ぶりの安井さん】
月に一度髪をカットしてもらっている、ヘアワークスGへ。
いつも元気で、1時間ほぼ喋りながらカットをする安井さんが、いつになくおとなしい。
今回は、雑誌を読むこともなく、ほとんど病状の説明を聴きながらの作業でした。
病状も大変だが、薬の副作用なのか味覚障害が気になります。
料理が好きで食道楽の彼が、悩んでいる姿が痛々しかったです。
それでも、カットはしっかりやってくれました。
  IMG_20150615_165435.jpg
来月は、元気になった報告を楽しみにしております。


【6月15日(月)17:40〜 数年ぶりのKさん】
銀座から表参道に移動して、お邪魔したのはKさんのオフィス。
彼も、FBで繋がっているので久々感はないが、どうやら直接会うのは数年ぶりらしい。
オフィスで、最近のお仕事の内容を、分かり易く説明して頂いた後、場所を変える。
  IMG_20150615_182626.jpg
希望を聞かれたので『イタ飯!』と答えたので、日程を変更してセットしてくれました。
イタリアの地ビール?1杯で致死量なのですが、彼との会話が楽しく、
料理も美味しかったが、一番は”短角牛のグリル”でしたぁ。
  IMG_20150615_193549.jpg
彼も元一企の仲間ですが、彼らの採用活動には携わっておらず、
採用で一次面接の面接官をやってもらってからの繋がりでしょうか。当時思いました。
優秀な人ほど『忙しいので、1コマか2コマだけ手伝わせて!』と協力してくれるのです。
この夜は、彼が自分のスタイルを貫いてきたことが、ここ数年認められていることとか、
経営者としての遣り甲斐と葛藤とか、人事と広告の共通点とか、
互いにボランティアで学生さんの就職活動の支援をしている話題とかよく喋りました(笑)。
  IMG_20150615_195054.jpg
まずは、共通のボランティアでご一緒出来そうだし、午後から会ったクリエーターや
大阪に居るクリエーターや、時々一緒にカラオケや食事をする仲間など
一緒に騒ぎたいメンバーが沢山居るので、これからも楽しみです。
  
1カ月ぶりから20数年ぶりまでの再会でしたが、
それぞれに刺激や安らぎや思い出を呼び起こす機会を頂けました。
こうやって会えるキッカケを作ってくれるのはSNSですが、
やはり直接会って互いの目を見ながら会話することが極上の喜びだと
改めて実感しました。
 
今日はおじいの月命日なので、今からお墓で会話をしてきます(笑)。
posted by Tadashi Yano at 11:07| Comment(2) | 日常・・・

2015年04月04日

可愛い画伯

自宅です。

先日、3月末誕生日の誰か宛に素敵なプレゼントが届きました。
3月は小学校の先生の異動など贈る相手が多く納期が遅れましたが、
将太画伯の作品はいつも私たちを癒してくれます(笑)。
  _20150331_170351.JPG
カラフルだし全員が笑顔。
部屋の壁に飾ってある過去の作品も、全員が笑っております。

今回は、先日双子ちゃんに会いに行ったことが印象的だったようで、
その時居たメンバーが全員揃っております。
ちゃっかり自分と健斗の間に双子ちゃんが入っており、
ママが映した写真を確認して、
一応スカート(本当はパンツ?)の色も替えております。
事前に「双子ってわかる?」と聞いたら分かったふりをしていたが、
二人それぞれの誕生日を聞いておりましたぁ…(苦笑)。
それでも、双子の可愛い女の子ちゃんとの出会いは新鮮だったのでしょう。

ママは、「いくつになっても、誰を書いても皆同じ顔だよ」と厳しいですが、
私達は彼の明るく優しい画風が大好きです。
しかも、最近学校でお勉強したという土星も新顔で登場。
ご本人は、絵を描くことよりも工作が好きらしいのですが、
こういうところにも彼の成長を感じます。

絵が届いた翌朝、将太に、じいパパもまーにゃんもとても嬉しかったし、
双子ちゃんのママもとても喜んでくれたよ!と伝えたら
電話の向こうで喜ぶ息遣いが伝わってきました。

健斗と二人でいると、利害関係もあるし、遠慮なく闘うが、
ここぞという時には守ったり手伝ってあげる優しいにいにいだし、
秀悟双子ちゃんを見つめる視線はとても優しい。
そうそう、にいにいが2,3日かけて絵を描いているので、
健斗も負けずに、こんな絵を描いてくれましたよ。
こういうところでも、影響を及ぼしております(笑)。
  _20150331_170558.JPG

将太健斗が優しさを失わず、色々なことに興味や関心を持てるよう、
これからもサポートしたいと思います。
まずは明日、大宮の鉄道博物館秀悟の一家と一緒に出かけま〜す(笑)。
posted by Tadashi Yano at 10:11| Comment(0) | 日常・・・

2015年02月12日

とことん突き抜ける

自宅に戻りました。

今日は、船橋商工会議所主催の講演会に行ってきました。
やってやれない事はない やらずに出来るわけがない!』というタイトルは、
私自身は日頃使わないキーワードだが、溶接工からたたき上げた社長さんなので、
経験に裏打ちされた”生き様”が参考になる予感がして申し込みました。
会場に入ってパンフレットを確認してみると、
工業部会主催なので場違いかと不安になる…(笑)。

講演は、超文科系の私でも理解できるとても分かり易く、大いに参考になりました。
講演者は、有限会社川本製作所 代表取締役の川本 勲さんです。
70歳ですが、社長というより未だに現役の溶接工さん。
モノ作りが好きで、溶接が好きで、溶接をやっていれば疲れません
という自己紹介から入ります。

著名なメーカーで溶接技術を磨き、高校時代の先輩との出会いを契機に転職。
そこで、”真空装置”を外注されて、一から十まで任されることに。
昼間は生活を守る為に溶接に励み、夜から朝までは”真空”と真正面から向き合う。
ダメだと思ってもやってみる
 (溶接は場数を踏むことが大切なので、難しい課題にこそ挑戦)
失敗作こそ財産』(失敗作はDBであり、そこを避ければ成功に近づく)
という金言も出てきます(笑)。

溶接を武器に、“真空”という世界(領域)に飛び込んだ訳ですが、
真空パックやフリーズドライ等の食品から始まり、
半導体や液晶パネルの製造装置、
物理の実験装置として取り組んだ加速器で、作った電子ビームで医療分野に活かし、
今では加速器で作った陽子線や重粒子線が癌の治療に大きく貢献しているそうです。
そうそう、血液検査にとって代わりつつある呼気検査にも”真空技術”が生きているとか。
更には、宇宙関連事業にも貢献できているのです。
このお話は、私には何となくしかわからないので、この記述も曖昧です(笑)。

 IMG_20150212_172914.jpg
レジュメは無く、ホワイトボード1枚の記述だけでしたが、
お話の中でノーベル賞受賞者のお名前もサラッと出てきます。

更には、お話の中で管理型のマネジメントに苦言を呈し、
挑戦することや失敗することを大切にする人材育成の必要性を熱く語ってくれました。
経営はもちろん利益を求めるが、理想だとか夢を持っていないと長続きしない
若者の志望職種に設計が多いが、
 穴一つも空けたことがないのに設計が出来ますか?

などのメッセージを通して、
繰り返しのチャレンジが出来ない若手社員や
失敗を許さない、何もするなと締めつける経営や管理の在り方が、
日本の物づくりを衰退させている要因ではないかと、危機感を訴えておられました。

私は、研修の中で次の様に伝えております。
短期的な目的や視点だけではやらされ感や受け身に陥りがち。
 目前の課題だけではなく、将来像や先を見据えた課題を設定して実践しよう

将来像を描いて実現する為には、自分が何を実現したいのか(長期的視点で)、
 つまり、何の為に、誰の為に、どの様に働くのが自分らしいのか整理する

職務を遂行する上で、最低限のレベルに達していなければ大至急底上げが必要。
 ただ、好きなこと得意なこと意義を感じられることは、多少辛くても頑張れるので、
 打ち込みつつ課題を大きくしながら苦手分野も徐々に克服していこう


甘いよ!』と言われる部分もあるでしょうが、川本社長の
溶接で”真空装置”を突き詰めるだけで、ここまで広がるのです
という言葉が、私にも勇気を与えてくれました。

私には”モノづくりの大好きな受講生”がたくさん居るのですが、
私なりに彼らに応援メッセージを送り続けたいと思います。
川本社長との出会いが、とても嬉しかったです。
posted by Tadashi Yano at 21:43| Comment(2) | 日常・・・

2015年01月17日

パパさん、ありがとうございました!

自宅です。
昨日から阪神淡路大震災のことを考えていたら、先ほど大阪から訃報が届きました。

大学に入学してすぐに仲良くなってもらった眞ちゃんの母上から、突然初めての便り…。
一瞬胸騒ぎがしました。手紙はパパさんが昨年末亡くなられた知らせです。

最後にお会いしたのは、2013年5月12日(日)。
同じく学生時代しょっちゅう二人で居候をしていた信ちゃんと二人でお邪魔しました。
当時も持病をお持ちだとは伺っていたが、まだまだお元気だったのに…。

ご夫妻には大学時代の4年間、本当にお世話になりました。
貧乏学生だった私(信ちゃんも?)は、食費が無くなると、
息子が居ようが居まいが関係なくお邪魔して、何日も居候を決め込んでおりました。
ママさんはサザエさんの様に明るく、やや上品な?大阪のおばちゃん。
パパさんは、無邪気なママさんを慈しむように眺めており、たまにポツリと冗談を…。
息子の友人が大挙して泊りに来ても、いつも穏やかに迎えてくれました。

パパさんとはたくさん話をした記憶はないのですが、印象に残っていることが一つ。
就職活動で某専門商社を受験すると話すと、
矢野君が内定したら、ゴルフセットを買う(こう)たらなあかんなぁ』と一言…。
結局内定は貰えませんでしたが、パパさんの優しさを覚えております。

去年は関西出張が無くなり、ついついご無沙汰してしまいました。
私は、研修で良く話します。
会いたいと思う人が居たら、会える時に会っておきましょう』と。
自分がいつも言っていることを、改めて噛みしめております…。

本当はもっと書きたいことがあるのですが、個人情報も含まれるので控えます。
ただ、ママさんからのお手紙を読んで、
最期までパパさんらしい自然体の生き方をされたんだな、と嬉しくなりました。
しっかりした息子が居るので安心していますが、
出来の悪い息子もどきもママさんと出来るだけ話せるようにしていきます。

心より、ご冥福をお祈りいたします。合掌。
posted by Tadashi Yano at 18:38| Comment(0) | 日常・・・

2015年01月02日

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!
旧年中はお世話になり、ありがとうございました。
本年もよろしくお願い致します。
  14122024okinawa 005.JPG
写真は、年末沖縄で撮影した海です。
12月とは思えないほど暖かい日で、海も綺麗でした。

一年の計は元旦にあり”と言われるので、少し事務処理を行い、
今日もテレビやビデオを観るのも飽きたので、一年間を定量的に振り返っておりました。
昨年は、1日コース〜3日コースを54本担当し、
受講者は男性1077名、女性363名、合計1440名でした。
年令は20才〜58才までの幅があり、1会合あたりの人数も4名〜54名です。

私は、マネジメント研修も含めて全て”キャリア”をベースに置いているのですが、
キャリアデザイン研修と言っても、日数・時間数・全体人数・グループ数・
グループ当たりの人数・性別・年齢構成・職種と変数がたくさんあるので、
毎回新鮮で楽しめます(笑)。

ただ、以前はもう少し緩〜い流れでも良かったのですが、
最近は徐々に事務局様からのニーズも厳しくなっている様な…。
時間的な制約や厳しいニーズを受けとめた上で、
そのメッセージを私なりに翻訳しながらゴニョゴニョ伝え、
メンバーにワイワイガヤガヤ楽しみながら取り組んでもらい、
最終的には元気に前進してもらう為には、当然苦労もあります。
ただ、その経験の積み重ねが自分の力となり、
当初は無理だと思える条件下でもなんとか対応出来る様になっております。
やはり”無駄な経験は無い”ということでしょう(笑)。

お陰様で、15年〜20年担当させて頂いているお客様も数社あり、
ほぼ継続の内諾を頂いておりますので、
更に継続・発展出来る様、まずは私自身が楽しみながら取り組みたいと思います。
また、新しい場所で、新しいお客様と難しいテーマに取り組めるよう精進致します。

最後に、仕事も大切ですが、人との出会いで人生を充実させたいと願っております。
今年も、様々な地域でオフ会を続けていきますので、
お時間のある方は声をかけてください。
posted by Tadashi Yano at 17:03| Comment(0) | 日常・・・

2014年09月23日

20年ぶりの再会

自宅で、今日はのんびりしております。

昨夜は、第一企画時代の同僚と、20年ぶりの再会を果たしてきました。
FBを通じてやりとりをしていたのですが、直接会いたくなって…。

新宿駅で降りた時には、まだ30分余裕があったので、新宿御苑周辺をぶらぶら歩く。
  IMG_20140922_163110.jpg
  IMG_20140922_163800.jpg
御苑は閉鎖中ですが、他人事ながら気になるのは道を一本隔てたオープンカフェ。
お洒落な雰囲気ですが、あの騒動以来お客様が遠のいているのでは?と心配です。

地下鉄の駅で待っていると、Iさんの登場です。
FBでやり取りをしているので、20年ぶりという感覚もないし、お顔もチェック済み。
挨拶もそこそこに、駅のすぐ傍にある割烹”いまゐ”に入る。

常連のIさん曰く『落ち着けるお店』でしたが、まさにその通り。
お客様も、最初は私達以外にはワンゲストでしたが、19時を過ぎるとほぼ満席。
それでも、客筋が”おとな”なので安心です。
私の下手な写真ではお店に申し訳ないが、証拠写真を残しておきます。
  IMG_20140922_171459.jpg
  IMG_20140922_173001.jpg
  IMG_20140922_173629.jpg
  IMG_20140922_174153.jpg

美味しい和食を堪能しながら、昔話に花を咲かせます。
彼が入社した時、条件面の説明をしたのが私だったらしいのですが…。
私と彼の前職の役職が同じということで意気投合したらしいです(笑)。

改めて自己紹介をし、同じ時代に京都で学生としてすれ違っていたかもしれないし、
二人とも子どもが居ないなど共通点も見えてきます。
私は仕事柄、どうしても彼のパーソナルヒストリーが気になるのですが、
意外とミーハーな動機で”広告”を目指したことも聞けたし、
独立を目指して企業人時代から着々と準備していたという話も聞けたし、
バブルな時代もあったが今は仕事が難しいという話も聞けました。
大いに共感できます。
共通の気になる友人も数名いるので、一緒に会うことにもなりました。

この辺で、箸休めではないが、恒例の記念撮影。
女将にシャッターを押してもらい、4回目にOKが出たのがこちらの写真です(笑)。
  IMG_20140922_175257.jpg

女将がとても素敵な女性で、大将は東京で修業した板前さんですが、
京懐石がベースですか?』と聞いたし、京都からのお客様も多いらしい。
料理の腕もさることながら、飾らない人柄がひきつけるのでしょう。
すぐ傍が御苑なので、ニュースが流れた時には土壇場キャンセルもあったようですが、
もうすでに満席ですからぁ…(笑)。

その後も、美味しい食事が続きます。
お品書きはうろ覚えなので危険。写真だけにしておきますが、
太刀魚も、さんまも美味しかったし、エビのすり身が乗ったシイタケも抜群!
締めのサンマ飯も、おこげが混ざっており、食べすぎましたぁ(笑)。
  IMG_20140922_180705.jpg
  IMG_20140922_183455.jpg
  IMG_20140922_184316.jpg
  IMG_20140922_185013.jpg

20年以上前に少し話しただけ?ですが、FBを通じて再会し、二人で会食をしている。
人の縁や関係というのは、興味深いです。
17:00に集合して、19:30に解散。
健全なオヤジオフ会でしたぁ。
次は、うまくいけば、10月に鎌倉で…(笑)。
posted by Tadashi Yano at 17:28| Comment(0) | 日常・・・

2014年08月10日

国際交流…(笑)

昨日は、京成成田駅傍のドトールさんでデートしておりました。

お相手は、マレーシアから旅行に来ている劉さん
FBのお友達ですが、プロフィールの写真が息子さんとお孫さんだったので、
つい最近まで私はてっきり男性だと思っておりましたぁ。
今回友人を訪ねて日本に来るというので、『会いましょう!』と気軽に答えたが、
女性だとは思っていませんでしたぁ(笑)。
予定では、先日も上野でデートした橘田さんと一緒に、
上野で昼食をとり、谷根千あたりを散策できればと考えていたのですが、
あいにくの台風上陸で急きょ出張先に一日早く入ることになり、あえなく断念。
とは言え、今回を逃すと、残りの滞在中に会えるかどうか…。
少しだけでも会いましょう、と約束をして京成成田で会うことに。
そこまで打ち合わせするだけでも、朝からグーグルの翻訳機能と首っ引き。
もう少し、真面目に英語を学んでおけば良かったと後悔するが、後の祭りです。

英語はまるでダメだし、お相手は女性だし、
1時間の約束だが30分以上は沈黙を覚悟…。
台風さえなければ、通訳もお願いしていた橘田さんと一緒だったのに…
と思いながら改札を抜けると、救世主の登場です(笑)。
彼女のお友達のコニーさんと娘のエミリーさん
  IMG_20140809_120231.jpg

コニーは、日本に長く滞在しているので私も安心して話せます。
ただ、大人の女性二人の会話が聞き取れないので確認すると、広東語。
公用語は北京語で、マレーシア語も英語も使うということで、5か国語は話せるらしい。
一番話した相手はコニーだったと思うが、時々エミリーがフォローしてくれるし、
チャーミングでかなり賢いお嬢さんです。
日本語で話していると、劉さんも同じタイミングで笑うので確認すると、
ゆっくりした日本語であればかなり理解出来るとのこと。
私の話は理解できるが、彼女が英語で話すと、なかなかついていけませ〜ん(笑)。

それでも、シンガポールの良さ、マレーシアとシンガポールの違い、
マレーシアの家族関係等少しだけ世界が広がりました。
現地の方がマリーナベイサンズはお勧めだと言うので、機会を作っていきましょう。

新幹線の時間を考えると、一緒に居る時間は1時間ほど。
通りかかった店員さんにお願いして、記念撮影です。
  IMG_20140809_122836.jpg

何のおもてなしでも出来ず申し訳なかったが、いかんせんお天気には勝てません。
彼女達も東京の別の友人に会いに行くと言うので、京成電車の本八幡までご一緒する。
4人で座って隣は彼女だが、
困るとエミリーコニーが助け船をだしてくれて会話も成立。
そろそろお別れかなぁと思っていたら、彼女がママの通訳を介して質問してくれました。
“感想ラベル”とは何ですか?
確かに、私のFBで3本の指に入るキーワードでしょう。
どうやら、彼女は私の投稿で、日本語をお勉強してくれているらしいのです。
概略を説明して、もう少し詳しく!というタイミングで、本八幡駅に到着〜…。

今回、橘田さんを紹介したかったし、もっと話をし聴かせて欲しかったが時間不足。
それでも、たまたまFBを通じて知り合い、そのお友達と4人で同じ電車に乗っている
という妙な出会いも楽しかったです。

次にお会い出来るのはいつになるかわかりませんが、
これからも気長に文通させて頂きます。
文通している間に、Googleの翻訳機能が無くてもやり取りできるようになりたいなぁ。
とても楽しい一時でした。
ありがとうございました。
posted by Tadashi Yano at 09:56| Comment(0) | 日常・・・

2014年07月31日

友との再会(2題)

【7月29日(火) 於:やさい家めい 上野店

仕事を終えて急ぎ向かった先は上野。
少し遅れるつもりが、先に到着したようでこんな出迎えが。
  IMG_20140729_180029.jpg
今夜のお相手は、第一企画時代からの友人である橘田智雄さん。
FBで繋がっているのでつい先日も会った気でいたが、実は一年半近くも前らしい。

冒頭は、一企時代の話から。
そもそも彼が就活中に会社訪問して、最初にロビーで面談したのが私。
ひよこちゃんの様に私が刷り込まれているらしいです(笑)。
でも、当時の新人さんも今や50云歳。
オヤジ二人で、何故かノンアルコールで、
私の大好きな?野菜料理を頂きました。
  IMG_20140729_182654.jpg
  IMG_20140729_184554.jpg

素面のおやじ二人なのでかっこ悪いが、お姉さんにお願いして写真撮影。
  IMG_20140729_184715.jpg

最初は一企話と1年数か月分の深〜い近況報告をしていたが、
私ばかり根掘り葉掘り聞いてはまずいので研修の話を始めると止まらない〜。
二日間でかなり話しているはずですが、研修の話はいくらでも出来ます。
結局、生姜エール2杯で2時間半盛り上がりましたよ。

次回は、うまく行けば、近々再会できると思います。


【7月30日(水) 於:あつた蓬莱軒

東京から名古屋経由で向かう途中、無性に”ひつまぶし”を食べたくなる。
一人では行けないので誰かに声をかけようかぁ、
 あっ一人居るが忙しいだろうから、ダメ元で声をかけてみよう
』(心の声)
99%諦めてホットラインで連絡すると、『今日だけは空いています!』だって。
優しいパートナーは、16年前の某社元受講生のちあき兄さんです。
二人だけでは勿体ないので、FBにも声をかけたが、流石に当日の午後の招集では…。

でも、何とか二人でオフ会成立。
JR金山駅で待ち合わせをして、会場へ。
残念ながら本店は定休日なので、隣の神宮店を目指す。
  IMG_20140730_185708.jpg

事前情報では、すでに40分待ちということでしたが、結局ジャスト60分。
これは大変だと思っていたら、その後はイライラする間もなく料理が出てきます。
  IMG_20140730_200911.jpg
  うまき
  IMG_20140730_201336.jpg
  うざく
  IMG_20140730_201556.jpg
  肝焼き
  IMG_20140730_201800.jpg
  ひつまぶし

この間、どういう話をしたのか覚えておりません。
出てくる端から撮影し、食べる、食べる、食べる。
 IMG_20140730_201813.jpgIMG_20140730_201831.jpg

結局、1時間待ったが、25分で全て平らげましたよ。
今夜も、もちろんノンアルコール(笑)。
  DSC_1820.jpg

無理やり誘ったと恐縮していたら、ちあき兄さんも本気で食べたいと思っていた、と言う。
彼の気遣いだとは思うが、ありがたいです。
ありがたいついでに、ボーナスをもらった直後ということで、
ご馳走にまでなってしまいました。
このご恩は、8月末地元で再会できた時にお返しします(笑)。
posted by Tadashi Yano at 22:55| Comment(0) | 日常・・・

2014年05月01日

今日は、メーデー

自宅作業中です。
本日はメーデーですが、零細企業の社長も労働者。
あくせく働いております。

前回投稿したのは、1月26日…。
別に入院していた訳でも旅行していた訳でもないのですが、
旧知の友人と会ったり、来季に向けての準備をしながら、
仕事が無い生活”を味わっておりました。
日々忙しいと何かを書きたいと思うこともあるのですが、
余裕があり過ぎるといつでも書けると思い、ついつい筆不精に…。
3か月以上ノーワークノーギャラですから資金繰りも大変なので、
モチベーションを維持するのも大変です(苦笑)。

5月より冬眠状態から脱却して本格稼働なので、
これまでを振り返っておりました。
間が良いのか悪いのか、ウインドウズXPから7に替えたところ、
ホームページのソフトが使えなくなり、目下更新中。
内容はさほど変わらないが、
表現を変えながら過去のデータを見直していると、かなりの力仕事です。
ただ、この数日(週?)間何度も失敗してやり直しながら、
結構肉体的にも精神的にもまだまだやれることを実感!
何よりも、出来なかったことを百科事典の様なマニュアル本を頼りに取り組み、
上手くいった時の達成感が何とも言えません。
ただ、数分経つと、先ほどの作業手順を忘れているのはご愛嬌…(笑)。

同じことの繰り返しは嫌なので、何か加工はできないかと思い眺めていると、
気づきも多いものです。
稼働日数が多い年ほど収入が多い”。

当り前のことですが、改めて思い知らされたので、
6月から始まる来期では、チャネルも広げ、積極的に動きま〜す(笑)。

GW明けの同日に打ち合わせが2件あるので、準備もしなければ。
無理やりゴールを設定して、GWはこれまでサボった分しっかり頑張ります!!
posted by Tadashi Yano at 23:17| Comment(0) | 日常・・・

2013年09月07日

楽しい夏休み

自宅です。
明日の午後から前泊移動ですが、一応水曜日から夏休みでした。

【9月4日(水)〜5日(木) 勝浦】
久々に勝浦の”和可奈”さんで美味しい寿司を食べたい、
ついでに温泉に入って泊まりたいということになり、マイカーを走らせる。
先日車検から戻ってきたばかりですが、エアコンを修理したので涼しい、
エンジンオイルも交換したので走りが滑らか…。
ただ、生憎の空模様で、1,2分でどしゃ降りとピーカンを繰り返す微妙な天気でした。

いつものように”道の駅 あずの里いちはら”で休憩。
  20130904katsuura 001.jpg
真夏ではなく秋に向かう風情を感じる空を眺めていると、
ソフトクリームが食べたくなりいつものパン屋さんに入ったが、結局イチゴ氷にする。
  20130904132128.jpg  

道の駅を梯子して、大多喜の街並みを楽しみながらホテルに向かう。
本命は寿司屋でしたが、生憎の休日。確か、前回もそうだったような…。
早めにホテルに入り、温泉に浸かった後夕食はステーキ御膳。
鴨川の某旅館が経営しているらしく、茶わん蒸しもサザエが入って美味しかったが、
肝心のステーキは値段相応…。
  20130904190313.jpg

夕食後一息ついてから、温泉に浸かり早めに就寝。

翌朝は、まだ天気も穏やかで、盛り沢山な朝食を頂きもう一度温泉に浸かる。
  2013090405katsuura 005.jpg

昼食まで時間を潰そうと、大雨の中近くの別荘地の下見?に行ったり、
鴨川方面までドライブしてからお目当ての和可奈さんへ。
ガソリン代と高速代とホテル代を考えると随分高いお寿司ですが、満足度は高い。

ホタテ陶板焼きは別注文だが、お寿司も美味いし、味噌汁もエビ味噌が効いている。
  2013090405katsuura 013.jpg
最後に出てくる焼きアナゴがついつちお代わりしたくなる…(笑)。
  2013090405katsuura 015.jpg

その後も、道の駅を梯子しつつ天気を気にしながら早めに家路につきました。


【9月6日(金) 自宅】
確か、銀行回りをしたり、昼寝をしたり、少し仕事もしたかなぁ…。
あまり覚えていないダラダラした一日(笑)。


【9月7日(土) 自宅】
午前中は、おばあが眼医者に行くので送り迎えをしつつ、宿題を片づける。
12:30頃待望の秀悟君(8か月)が到着〜。
近場にある馴染の寿司屋さん(また寿司です)に予約しているので、急ぐ。
いつもはママと二人で過ごしているらしいが、人見知りも無く、
彼のおじいちゃんに似ている私に抱かれても泣きません。
  20130906shuugo 003.jpg
残念ながらお寿司は食べられませんが、金魚が動くので興味津々でした。時計も…。

おとなしくしてくれたが、早々に自宅に戻ります。
親子3人で撮影することは珍しいということです。
  20130906shuugo 004.jpg

床を匍匐前進しながら楽しむのですが、連写で撮ると時々ガン飛ばしています。
  20130906shuugo 008.jpg

15時過ぎにはギャングの兄弟が登場。
将太は最初からかいがいしく面倒を見るが、健斗は最初おっかなびっくり…。
それでも、にいにいと同じ様に動きます(笑)。
  20130906shuugo 017.jpg
  20130906shuugo 018.jpg
  IMAG1355.jpg
  20130906shuugo 019.jpg

そうこうしているうちに、徐々に秀悟が教祖様になり、二人のにいにいの頭をなぜなぜ…。
  20130906shuugo 023.jpg

気持ちよくなったのか、にいにい二人で修悟に歌を聞かせてあげます。
  20130906shuugo 032.jpg

折角だからと集合写真も撮りました。
  20130906shuugo 038.jpg

パパ同士が同じ業界に居るし、ママ同士も同年齢なので、これからも仲良くして欲しい。
ギャングどもは先に帰り、小一時間昼寝した後、主役は帰っていきました。
次に3人が出会った時、また違った反応をするであろうことが楽しみです。

明日からまた日常に戻ります。
posted by Tadashi Yano at 22:33| Comment(0) | 日常・・・

2013年06月23日

将太君の異文化交流〜

日曜日の午前中は、まだゆったりしております(笑)。

昨日は楽しいイヴェントでした。

【6月22日(土)】

20年以上前にサンフランシスコのキャリアフォーラムで出会い、
今年の3月FBでお友達になり、奥様の帰省を機に先週再会した友人の
バーニー・デモス一家と、佐倉でカラオケ大会でした。

折角の機会なので、将太君も誘うと訳も分からずついてくると言う…(笑)。
彼を拾ってカラオケ会場までは1時間と踏んでいたが、渋滞が激しくマックも混んでおり、
更に一緒に食べるお菓子を買うとか、うん〇をしたいと言うのでなかなか進みません…。
そんなこんなで30分余裕で到着のつもりが30分遅刻でしたぁ。

これからは、私の拙い文章ではなく、写真で綴っていきましょう。

  20130622sakura 001.jpg
 30分遅れて14時に到着。
 初対面の段階では、将太君お姉ちゃん達もやや緊張状態。

  20130622sakura 002blog.jpg
 お姉ちゃん達から簡単な英語で名前や歳を聞かれて、
 日本語で答えると英語を要求され、一応単語で答えておりましたぁ(笑)。

  20130622sakura 010.jpg
 1曲目は確か、”アンパンマンマーチ”だったと思うが、ほとんどフリーズ状態。
 傍で優しく一緒に歌ってくれるのは長女クリスティ(Kristi)さんです。

  20130622sakura 014.jpg
 デモス家の女系家族…。

  20130622sakura 015.jpg
 元気で明るくちょっぴりお茶目な次女リサ(Lisa)さん。

  20130622sakura 021.jpg
 将太君、ホストよろしく買ってきたお菓子をお姉ちゃん達に配っているが、
 自分でつかんだものだし、甘い物ばかりなので…。
 それでも優しいお姉ちゃん達Thank you!と言って食べてくれました。

  20130622sakura 036.jpg
 少〜し慣れてきたが、まだまだ緊張は続いております(笑)。

  20130622sakura 045.jpg
 マイクを握っているのは、四女のマリー(Marie)さん。
 写真には映っていないが、将太と歳が一番近いので面倒を見てくれました。

  20130622sakura 053.jpg
 マリーさんと一緒に歌うのは、三女のミシェル(Michelle)さん。
 とてもシャイな女性ですが、笑顔がとても素敵でしたよ。

  20130622sakura 055.jpg
 結果的には、これが集合写真になってしまいました。
 パパは曲選びで忙しい…。

  20130622sakura 057.jpg
 四姉妹、ではなかった、三姉妹と千秋ママです。

  20130622sakura 059.jpg
 左から、ミシェルマリークリスティ

  20130622sakura 060.jpg
 左から、リサミシェルマリー
 ミシェルはいつもマリーの傍に居るか、抱いてあげています。

  20130622sakura 064.jpg
 これは、”アンパンマンマーチ”のリターンマッチだったと思うが、
 他にも自分で好きな曲を選んでおりました。
 写真では表現できないが、実は右足でリズムをとっております。

  20130622sakura 068.jpg
 千秋ママが歌う小坂明子さんの”あなた”は可愛かったなぁ。
 ご夫婦もとても良い感じ…(笑)。

  20130622sakura 071.jpg
 徐々に慣れてきた将太君は、ねえねえ達のスマホで遊び始めました。

  20130622sakura 072.jpg
 左から、次女長女三女

  20130622sakura 076.jpg
 オヤジ二人で歌うのは、ビリーバンバンの”白いブランコ”です。

  20130622sakura 077.jpg
 とうとうタブレットを借りて、ゲームまでやっている…(笑)。

  20130622sakura 081.jpg
 締めは、パパの”契り”でした。
 流石に十八番だけに、難しい曲を切々と歌ってくれました。
 本当にアメリカ人なのかなぁ?(笑)


私達が遅刻した為に、一緒に過ごす時間は2時間ほどでしたが、
とても楽しかったし、将太君にとっても刺激的なひと時だったでしょう。
帰りの車内で『楽しかった。お姉さん達は、あまり外国人とは思わなかった。
と空威張りしておりましたが、自宅に到着30分前辺りから爆睡状態。
自宅に戻っても、目はうつろでたぶん即眠ったことでしょう。
彼なりに、頑張ったのでしょうか?

思いもかけず、デモス一家と再会して、2度も会う機会を持てて感謝しております。
わが家がコロラドに行く可能性よりも、彼らが日本に来てくれる方が確率が高い。
来年か数年後かはわかりませんが、再会を楽しみにしております。
残り1週間の日本滞在も健康に留意して、楽しんでくださいねぇ。
posted by Tadashi Yano at 12:30| Comment(2) | 日常・・・

2013年06月15日

Career Forum

自宅です。

1週間自宅勤務のはずでしたが、昼間はほとんど自分と家族の病院通い、
夜は大切な友人の甲野さんと、彼の友人でご同業の女性陣とカラオケ大会も…。
そんな慌ただしい毎日の中で、懐かしい再会がありました。
ご本人の紹介の前に、少しだけ前置きを…。

1991年、私が人生の師匠から独立を誘って頂いたが、1年間勉強をしなければならず
その間無収入になるので断ったが、諦めきれずにウジウジしている時期がありました。
その時期に、Career Forum という日本人の留学生と海外の学生をリクルートする
イヴェントがあり、私が出張することになりました。
時は湾岸戦争の頃で、決死の覚悟でサンフランシスコに向かったものです。

イヴェントは2日間だったと思うのですが、内外の学生100名以上と面接する中で、
様々な刺激を頂きました。
中でも特に『一緒に仕事をしたい!』と思えるメンバー10数名を、
サンフランシスコヒルトンのスイートルームに招待し夜遅くまで騒ぎました。
夢や希望を持って前進する学生さん達は目がキラキラ輝いており、
独立したいが踏み出せずにウジウジしていた私は、彼らに触発されたのです(笑)。
その後、もう1件仕事があったのでロスにも寄り、帰りの機内で考えました。
失敗するかなぁ。でも、失敗したら、またやり直せば良い。よし、辞めるぞ!』と決意し、
帰国後出張報告書とほぼ同時に退職願いを提出し、半年後退社することになりました。
あの出張と彼らの存在が無ければ、今の充実感は味わえていないかもしれません。
別の道も開けていたかもしれないが、私にとっては大きなターニングポイントでした。


今年の3月18日、書類の整理をしていて、1通の手紙(1995年)が出てきました。
主人公は、バーニー・デモス氏。
彼も是非『一緒に仕事したい!』と思った人物でしたが、
学校の関係だったと思うが夜の懇親会は不参加。
内定は出したが、別の会社を選ばれて一度ご破算。
しばらくして再挑戦の依頼を受けたが、時すでに遅く入社ならず…。
それでも、何故かその後一緒に食事をして、彼のアパートにも行っているのです。
懐かしくなり、フルネームのスペルも分かったので、FBの友達申請をしたところ、
いつもはあまり見ないFBをその日のうちに開いてくれたらしく、友情が復活!

6月に日本に戻る(奥様の実家は、わが家の近く)と聞いていたので、
再会を約束していたところ見事に実現です(笑)。
JR船橋駅で会った瞬間に、もう昔に戻っておりました。
なにせ、日本語が流暢だから、全然ストレスがありませ〜ん。
その後、買い物をしていたママとお嬢さん4名も合流し、某中華屋さんへ。
昔話に花を咲かせ、オバマ政権について語り、アメリカの住宅事情、
日本では有名な某スポーツ選手をホームステイさせているとか…話は尽きません。
4週間の休暇を取って海外旅行するのも、日本人からすると羨ましい。
事前に、中華料理は好きだと確認していたが、お嬢さん達も完食してくれましたよ。
  20130613funabashi 001.jpg

  20130613funabashi 006.jpg

彼は、確かUFOキャッチャーの名手だったと思うが、カラオケも大好きな様です。
まだまだ話は尽きないので、来週の土曜日は彼らの地元に乱入してカラオケ大会。
4名のお嬢さんとも、もう少し仲良くなりたいので、将太を連れていきます。
さて、彼がお姉ちゃん達の中で、どの様に振る舞うのかも楽しみです。
posted by Tadashi Yano at 19:11| Comment(0) | 日常・・・

2013年06月10日

みすこう みすこう

週のはじめは、自宅です。

週末は、思わぬサプライズがいくつかあり、とても充実しておりました。

【6月8日(土)】

眼科で緑内障の定期検診を受けて安定していることを確認した後、新宿へ。
小浜島に定住している歌手 つちだきくお さんのコンサートです。
10数年前、小浜島はいむるぶしのロビーコンサートをMLの友人Hさんから教えてもらい、
別のホテルに泊まっていたが冷やかし気分で訪れました。
ところが、彼の爽やかな歌声と曲が好きになり、更に軽妙洒脱な語り口に魅かれ、
以来東京コンサートには出張でない限り通っております。

今年は、”おばあ合唱団”が居なくて残念でしたが、彼の定番の歌を満喫できました。
彼の話と唄に”みすこう みすこう”というフレーズが出てきます。
ゆっくり ゆっくり”という意味らしいのですが、
会場は泡盛の甘〜い香りも漂って、ゆったりと時が流れておりました。


2.5時間楽しいひと時を過ごし、自宅に戻り余韻に浸っていると、ギャングが登場。
健斗は、玄関に入るなり、『じいパパは?』『じいパパ、おめでとう!』と大声です。
事前に教わったセリフを忘れないうちに、しゃべりたかったのでしょうか…。
しばらくすると、真打登場。
将太が、『じいパパ、誕生日おめでとう』と言って、小さな封筒を渡してくれます。
  20130607shoutagahaku 002.jpg
  20130607shoutagahaku 003.jpg

幼稚園もあるし英語教室等もあるので彼も忙しいのですが、
ママの話によると自分で封筒もシールも選び、文章も自分で考えて、足掛け3日です。
とても嬉しかったので素直にお礼を言うと、彼もニッコリ笑っておりました。
将太健斗は、私達の最も近くに居る子ども達です。
みすこう みすこう”で彼らの成長を見守りたいと思います。


【6月9日(日)】

この日は、2家族による昼食会。
別の名目だと思っていたが、浦安ブライトン京懐石蛍に到着してみると、主役は私…。
6人が揃うのは久々なので、美味しい懐石料理を頂きながら、話に花を咲かす。
ただ、今回は全員が酒量を抑えているので、食事もあっという間に終了です(笑)。 
  20130608shinurayasu 015.jpg
麻威子さんから頂いたプレゼントが興味深い。
  20130608shinurayasu 018.jpg
私の前に鎮座しているのは、EVOLUTION BOOKENDS というもので、
還暦を迎えても、まだまだ進化しなさい。』という意味合いだそうです。頑張ります!
その後、田中家にお邪魔して、ひーちゃんにご挨拶して、ケーキで二次会をする。


自宅に戻り夕食を終えて、『もうそろそろじゃなかったかなぁ』と考えていると、
FBにメッセージが入る。
私が独立する契機となったアメリカ出張で知り合った、Bernie.Dさんからで、
妻の実家に里帰りしているので、会いましょう。』という嬉しい内容。
今週の木曜日、約20年ぶりの再会を果たします。

ということで、とても充実した週末でございました。
皆様に感謝です。
今週は、自宅勤務週間なのですが、ほとんど毎日外出の予定が…。
でも、気分は”みすこう みすこう”で参ります(笑)。
posted by Tadashi Yano at 09:24| Comment(0) | 日常・・・