2018年09月02日

ドジョウが三匹目!!

【8月28日(火) 1日目】

キャリア開発研修40第3班は、31名(女性11名)。
職歴あり5名(16.1%)、技術専門職11名(35.5%)、本年度異動者6名(19.4%)。
今回も”研修を楽しみにして来た”メンバーは居ません。

第3班からキャリア研修というよりCDPの初心者の職域集団が加わる為、
多少の混乱も覚悟しておりました。
リピーターは『またかぁ』と思い、
ビギナーは『キャリアって何?どうすれば良いの?』と不安なのでしょう。
とは言え、私に出来ることは、メンバー同士が仲良くなり、
忌憚なく情報交換出来る環境・場作りに励むことです。
一抹の不安はあるものの、自然体で臨んだつもりです(笑)。

それでも、研修の開始前から雰囲気は和やかで、
ガラスのコップの使いみち”も楽しそうに取り組んでおります。
   DSC_0443.jpg

午後からの”過去の歴史や経験の共有化”は、50分予定で5分オーバー。
   DSC_0446.jpg
5分延長は想定内ですが、グループ内の凝集性はより高まりました。
   
将来像を描いて実現するためには、”自分と向き合う”必要性があります。
まずは、”働く意味”を整理し、
次は、自分ならではの能力を整理しました。
冒頭、”事務職員の存在意義””汎用能力(OS)””和菓子職人”等々
様々な事例や視点提供をして刺激を与えた後、
まずは個人ワークで財産目録のラベルつくりに25分。
   DSC_0448.jpg
個人ワークには限界もあるので、基本的には
カンニング大歓迎””談合もOK”と伝えているが、
意外と個人で黙々と取組んでおります(笑)。
   
情報交換は、最近マイブームの面接形式自慢大会です。
   DSC_0450.jpg
   DSC_0451.jpg

今回も比較的時間管理が上手く行ったので、30分以上確保できたのですが、
早いグループは20分(一人5分)、遅いグループは35分か36分で終了。
第1班・2班に較べると、ややアッサリ系だったようにも思うのですが、
それでも標準以上に充実していました。

ホテルに戻り、確認した感想ラベル。
全体的に前向きですが、中には本音の感想もチラホラと。
1班と2班以上に二日目の感想が化けることも期待して、
コメントをどの様にまとめるか楽しみになる初日でした。


【8月29日(水) 2日目】
 
朝一番の挨拶、前日同様さほど元気は無い。
5分ほどのフリートークで緊張感と眠気を飛ばします。

31名の感想ラベルを読みあげ、一人に一つ以上コメントを返しました。
1班が65分、2班が60分でしたが、どちらも1グループ少なかったのです。
冒頭にかなり熱く語り、事例等も紹介したので、
途中、一瞬引いたかな?と思ったのですが、なんとか持ち直しやり抜きました。
結局70分。
伝えたいメッセージの95%は伝えたのですが、伝えきれなかった5%も、
メンバーの感想ラベルでは彼らの言葉で受け留めてくれていた様です。

一旦休憩後、”環境の変化”を30分ほど共有化し、
午前中の最後は”将来像”を個人ワークで描きます。
今回は、いつも以上に、いきなりサンプルに群がる人数が多かった(笑)。
   DSC_0456.jpg
   
午後からは、情報交換。
私の役割は、彼らのハードルを時にあげて、時に下げて楽にさせてあげること。
まず私生活の小さな夢を実現することで、
次に仕事の将来像に繋がる事例を紹介しました。
全員がたった2日で魅力的で具体的な将来像を描くことは難しいが、
グループ内でワイワイガヤしながら、将来像をより大きく・具体的にしていきます。
自分の夢や理想を他者に話すことでも、自身の確信は深まって行きます。
   DSC_0460.jpg
   DSC_0461.jpg

深く考えずに設定時間45分と言ってしまったが、前回までは35分でした。
更に、予定終了時間に、まだ二人が未発表のグループも…。
なんとか休憩15分で逃げましたが、後半にも響くのです。
終了後メンバーに謝り、”時間管理の重要性”を説く。
まさに、反面教師です(苦笑)。  

次に、描いた将来像をどの様にして実現させるか、現状分析して課題を設定します。
まずは、仕事系(職場や仕事)の現状分析。個人ワーク6分、情報交換20分に短縮。
極端に恵まれている人が数名居るが、逆にかなり恵まれていない人も数名でした。
改めて、恵まれた環境に気づく人も居れば、職場の問題点に気づく人も居ます。

25分間の人的財産の情報交換もとても良い雰囲気でした。
   DSC_0462.jpg
初日の朝一番、多少ギクシャクしていましたが、
二日間自己開示し合ったことによって、関係性も随分変わったようです。   

いい感じで入った最終コーナーは、相互フィードバックです。
   DSC_0463.jpg
   DSC_0464.jpg
前日のプチ自慢大会では一番早く帰って行ったグループが、
この日は最後まで粘っている。
彼らの中に化学反応がおきたか?!と勝手に解釈しております(笑)。
   
今回は、相互フィードバック終了までに多少の時間差はあったのですが、
早めに終ったグループは、歓談したり、感想ラベルをまとめております。
   DSC_0465.jpg
あるメンバーの感想ラベルにこういうものもありました。
 『■2日間の研修を終えて、
   最後の皆からもらうラベルがこの研修の集大成なんだと感じました。

そういう見方も、出来るかもしれません(笑)。   

私からは、相互フィードバックの経験を、
今後のマネジメント・リーダシップ・育児にも活かせる様にとメッセージを贈って、
メンバーは感想ラベルを記入して終了です。

終了後、あるメンバーが静岡オフ会の参加表明をしてくれました。
当日、ネイティブの中国語会話を聞けるかもしれないので楽しみです。

自宅に戻るこだまの車内で確認した感想ラベル、
かつてないほど文章量が多く、各自の言葉で決意表明をしてくれております。
いつもは車内でエクセルに打ち込むのですが、今回は量の多さに諦めました。

柳の下にドジョウが三匹居てくれた様です。
残り二班も翌週以降連続で担当するのですが、
四匹目も五匹目も会える様な予感がしております。
楽しみながら真剣に取り組みます(笑)。

彼らの感想は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 14:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: