2018年08月30日

2018監督職層昇格研修

もう先週になりますが、尾道における研修を振り返っておきます。

【8月23日(木) 1日目】

某社監督職層昇格研修のメンバーは7名(女性1名)。
今回も、生産系、研究開発系、営業系、事務系と揃いましたが、7名と微妙…。
8名でも6名でも対応し易いのですが、何故か7名です。
それでも、事務局様がうまく振り分けてくれたので、ベストな4vs3に。
ちなみに、職歴ありは4名、一年以内の異動者2名、異動が無いのは2名です。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は4名、
”任されている”は3名、
”視野を広げている”は4名、
”仕事が充実している”は4名。
手あげの状態としては可も無く不可も無くですが、
始まる前から教室の空気は和やかでした。

毎年冒頭にメンバーに伝えているのですが、
監督職層”に昇格することが目的ではなく、
昇格した暁にどの様な監督職になりたいのかを考え描く研修にしたいと思います。

■”研修を楽しみにして来てくれた”メンバーは、
 研修の性質からしても期待できず、やはり居ませんでした。

■自己紹介は、一応二班に分かれているが全員の前で行う。
   DSC_0375.jpg
 今年はリピーターが3名居たが、彼らも悪びれずに笑顔でカミングアウト。
 ちょっとしたことですが、教室の雰囲気が更に和んでいきます。 

■”主体性とは”の質問に対して、
 今年も1名回答してくれたメンバーが居たので、先生は気分よく進行できました。

■”理想の職場リーダーとは”に個人で3分、グループで10分かけて取り組みました。
 結果、個人戦はグループでの最高が18個と25個とレベルが高く、
 グループでも47個と55個で、その後に期待できる柔軟性でした。

■自身が目指す監督職の理想像をイメージした後は、
 ”部下育成は必要ない!?”という模擬ディベートで30分盛り上がります。
 まずは、チーム編成をして、二部屋に分かれて作戦タイム。
 どちらも、必要派が第一希望だったので、泣く泣くじゃんけんで引き離す(笑)。
   DSC_0376.jpg
   DSC_0377.jpg
 続いて、元に戻りディベートモード、仲良しモードと論戦を繰り広げますが、
 最初は戸惑いながらも、始まってみると真剣モードで議論をしていました。
   DSC_0378.jpg
 『部下・後輩育成』の重要性と課題を考えることがメインテーマです。
 今回は、部下や後輩の立場からと言うよりも、
 費用対効果というキーワードが主流を占めておりましたよ。

■午後一番、時間を有効活用するために”働く意味”の仮説を立てました。
 ”組織の一員としてなんとなく働くのではなく、働く意味を意識しながら仕事する
 重要性を喚起し、直後のワークに繋ぎます。

■互いの”成長体験と成長要因”を60分かけて共有しました。
 一人8分強でしたが、全員で車座になって話を聴く。
   DSC_0379.jpg
 職種も違うし、経験年数や年齢も微妙に違うし、
 互いの実体験をもとにしているので、皆さん興味津々です。
 終了後メンバー全員の親密度がかなりあがっておりましたよ。

 ディベートの内容も踏まえて”成長体験と成長要因”と、
 ”意味の無い経験は無い!”というテーマに絞り整理をして終了です。

■一旦休憩後は、マネジメントに関する理解促進テストです。
 オリエンテーションを行い、
 個人ワークからグループ討議の所要時間を見積もってもらいました。
 1班が35分、2班が20分で不安になったのですが、
 一応35分に設定して、最終的には45分でなんとかまとめてくれました。
 ひょっとしたら、3名のリピーターさんが貢献してくれたかもしれません(笑)。
   DSC_0381.jpg
   
 理解促進テストは、わざと迷うように設計しているので、
 個々人の見解がバラバラだし、統一見解を導き出すのも大変です。
 それでも、安易な妥協は少なかったようで、最後まで真剣に議論しておりました。
 ただ、両班ともに『消去法で行こう!』と聞こえてきたので、イエローカードを出す。
 各グループの担当を決めて、結論とその理由を発表してもらうと、
 最適解とはなかなか合致しません(笑)。
 ところどころで私の思惑通りの見解を発表するので不安になるが、
 最後には違った見解だったので妙にホッとしました。
 
■休憩で頭を冷やした後、マネジメント(リーダーシップ)の基本を整理しました。
 まず、”最適解”のベースとなる、
 マネジメントの基本や、前提となるキーワードを紹介しました。
 当然全ては無理ですが、ある程度理解をしてもらい、
 自分の基準をしっかり持って臨むことが大切であると伝え、初日は終了です。

ホテルに戻り確認した感想ラベル。
翌日昇格試験があるので、マイナスの感想は書きづらいとは思うが、
それでもグループワークで様々な意見交換できたことを喜んでくれていました。
リピーターさんの感想もとても前向きなので、翌日が益々楽しみになりました。


【8月24日(金) 2日目】

■8:50に全員集合できたので、少しでも早めに開始する。
 とは言え、まずは緊張感と眠気を取るために5分間フリートークです。
 感想ラベルの共有化は7名分でしたが、ラベルを読みあげ二つずつコメントを返し、
 前日伝えきれなかったメッセージを追加すると80分。
 それでも、彼らは最後まで集中して、聴いて、ミニ討議も楽しんでくれました。

■休憩後は、”会社を変える! 自分達も変わる!!”という課題に取り組みます。
 捉える理想の会社(職場)像は違うし、理想に近づける課題も違うので、
 グループワークはまとまり難いが、その過程で社内の視野も広げて欲しいし、
 午後からの昇格試験のミニ論文にも繋がります。
 今回も見積ってみると、たまたま両班ともに90分。即決です。
 ますは、構想を練り、徐々に作業に入る時間。
   DSC_0396.jpg
   DSC_0397.jpg
   DSC_0398.jpg
 追い込みと発表会のリハーサルに向ける時間。
   DSC_0399.jpg
   DSC_0400.jpg

 今回は二班でもあり、作業時間等も足並みが揃っていました。
 時間をかければもっと充実できるのでしょうが、今回は、
 誰の力も借りず、自分達だけで考えてまとめることに意味があったと思います。
 ワークに入る前に、”共同で課題に取り組むポイント”の中で、
 重点テーマを各自設定してもらったが、果たしてどこまで実践できたでしょうか?
   
【昼休み】
 毎年美味しいお弁当を頂くのですが、この日は部長が気を遣ってくれて、
 二人の事務局様と三人で食事です。
 若手研修のアドバイスをしながら差し入れのイチジクを食べていたら、
 9年前の受講者Wさんが昨日に続き登場です。
 短時間ですが、近況報告や業界事情を聞かせてもらいました。
 彼とは以前一緒に飲んだのですが、今回は業務都合でご一緒できませんでした。
 でも、かつての受講者にも支えられていることが嬉しくなります。
 
 午後からの発表会は、各グループ15分で発表&ディベートモードで質疑応答、
 その後仲良しモードで聞き手全員で褒め称える(笑)。
   DSC_0402.jpg
   DSC_0403.jpg
      
 個別のラベルはかなり共通の内容もあるが、まとめ方や表現方法も違うので、
 聴いている方も真剣です。
 まとめとプレゼンの巧拙ではなく、まとめた内容を更に充実させることが重要です。
 もっと大切なことは、考えたことを各職場に戻って実践してくれることです。

■2日間で取組んだ課題のポイントをもう一度確認した上で、
 今回は2班だった性か時間的余裕もあったので、
 気になる課題に取り組むも良し、直後の試験準備も良し、
 ということで50分ほどの自習時間にしました。

 最後にもう一度、昇格は手段であり、自分の職場や仕事をどの様にしていきたいのか、
 中長期の視点が大切であることを再確認して、昇格研修は終了です。

 帰りの車中で確認した感想ラベルは、
 今年も、昇格云々の前にいかに自分らしく仕事をしていくか、
 自分だけでなく周囲にも気配り目配りしていきたいなど、
 嬉しい内容が多かったです。
 今年も、今後を大いに期待できるメンバーが多かったです。

 と、ブログをまとめていたら、彼らの答案用紙が届きました。
 夕食後から採点です(笑)。

彼らの感想は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 18:32| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: