2018年08月27日

柳の下にドジョウが二匹!!

【8月21日(火) 1日目】

キャリア開発研修40第2班は、25名(女性11名)。
職歴あり10名(40.0%)、技術専門職13名(52.0%)、本年度異動者8名(32.0%)。
女性と職歴ありの割合が第1班以上に高いので未知数だが、
前回3名も居た”研修を楽しみにして来た”メンバーが、今回は皆無。
第1班がかなり盛り上がったので、
過去の経験からも”柳の下にどじょうは二匹居ない!?”と覚悟して臨みました(笑)。

自己紹介も和やかだし、”ガラスのコップの使いみち”も楽しそうに取り組んでおります。
   DSC_0334.jpg
少しホッとします(笑)。

午後からの”過去の歴史や経験の共有化”も予定通り50分で終了。
   DSC_0336.jpg
   DSC_0337.jpg
4人組が大半だった性もありますが、時間管理もしっかりしております。
   
将来像を描いて実現する上で大切な視点(Will,Can,Must)のうち、
Will:自分が何を実現したいか(長期的視点)を、
働く意味”で整理しました。
個人ワーク25分弱、情報交換10分ほどですが、
   DSC_0339.jpg
このテーマは、まずは2日間を通してメンバーが意識し考えて欲しいし、
日常業務でも意識して充実させて欲しいと願っております。

次は、CAN:自分に何が出来るか、の領域です。
冒頭、様々な事例や視点提供をして刺激を与えた後、
まずは個人ワークで財産目録のラベルつくりに25分。
   DSC_0340.jpg
全体を通して、自由行動で任せているのですが、
あるグループはラベルを4色に色分けして、統一した仕様で進めておりました。
こういう動きも、珍しいです(笑)。

情報交換は、最近マイブームの面接形式自慢大会です。
   DSC_0341.jpg
   DSC_0343.jpg
   DSC_0344.jpg

各課題で延長がほぼ無かったので、30分以上確保できたのですが、
早いグループでも35分、遅いグループで50分かけておりました。
毎回、初日は流れ解散なので、終ったグループから帰っていきます。

今回は、手話通訳さんが、午前中2名、午後からは3名体制で支えてくれました。
私も合間を見ては、彼女達に根掘り葉掘り質問するのですが、
集中力が持続するのはせいぜい15分らしいです。
今回の様に、情報交換が多い研修ではどの様な話が飛び出すのか分からないので、
余計に大変だそうです。それでも、
耳の不自由な方と手話で話していると、気づきも多く楽しいんですよ〜
と語ってくれました。
ご本人も、元々明るい方なのでしょうが、
通訳さんに支えられて終始笑顔で課題に取り組んでくれましたよ。

ホテルに戻り、確認した感想ラベル。
感想は、もちろんモヤモヤ状態もあるのですが、
夜から朝にかけて、コメントをまとめることが楽しみな内容でした。


【8月21日(火) 夕食】

朝ホテルから会場に向かう道中、いつもとルートを変えて小さな路地に入ってみると、
一度試してみようかと思わせる知らないお店が並んでる…。
研修終了後、もう一度確認に行ってみました。
   DSC_0348.jpg
   DSC_0349.jpg

静岡には10年以上通っているが、少しだけルートを変えてみることで、
まだまだ知らない世界が広がっていきます。

夕食は、前夜から決めていたさわやかさんへ。
   DSC_0351.jpg
19時過ぎに行ったので、結局4,50分待ちましたが、読書も出来ます。
23時までやっているらしいがそれもまずいので、回数を減らして待つことにします。
   

【8月22日(水) 2日目】
  
   DSC_0352.jpg
この日は、夕方尾道に移動ですが、台風の影響が気になります。
それでも、静岡の朝はそこそこお天気。

前夜コメントをまとめて、早起きして見直した感想ラベルのコメント、
前回は65分だったが、今回は50分くらいで終る予定(つもり)でした。
ところが、話をしていると集中して聴いてくれる空気を感じ、
ついつい+αが重なり結局60分。
それでも、後半で伝えることも早出し出来たので大丈夫でしょう。
   
一旦休憩後に取り組んだのは”環境変化の共有化”です。
Must:使命や役割(やらされ感や受身ではない)の整理です。
35分間、各自固有のフィルターを通した環境変化を共有化できました。
   DSC_0353.jpg

研修のメインイベントである”将来像”は、
午前中に個人ワークを終らせます。
   
   
午後からは、情報交換。
グループ内でワイワイガヤしながら、将来像をより大きく・具体的にしていきました。
   DSC_0356.jpg
   DSC_0357.jpg

全員がたった2日で魅力的で具体的な将来像を描くことは難しいが、
将来像≒現行業務と置き換えてみると、働く意味を充実できているか、
強みや持ち味を発揮できているか、と見直すことで業務の景色も変わってきます。

次に、描いた将来像をどの様にして実現させるか、現状分析して課題を設定します。
まずは、仕事系(職場や仕事)の現状分析。個人ワーク6分、情報交換25分。
   DSC_0358.jpg
今回は、極端に恵まれている人が数名居て、やや恵まれていない人が数名でした。
ただ、情報交換後の私が解説している時に、
今回初めて、疲れなのか、メンバーの集中力が途切れた瞬間を感じました(苦笑)。
   
今回も、人に興味や関心が強い割合がかなり高かった様に思います。
人的財産の情報交換は25分間でしたが、教室の空気がとても和やかでしたよ。
   DSC_0361.jpg
   DSC_0362.jpg
私が撮影した写真では伝わらないのが残念です。
   
最終コーナーは、”究極の人的財産の活用”であり、
2日間の総まとめとも言える相互フィードバックです。
当事者が2日間を振り返り自己評価している間に、
残ったメンバーで協議して、プラス発想のアドバイスをまとめプレゼントします。
   DSC_0364.jpg
良い雰囲気を残したまま、最終コーナーも、
全グループがほぼ同じタイミングでプレゼント交換に入ってくれました。
   DSC_0366.jpg

私からはいつものメッセージを贈って、
メンバーは感想ラベルを記入して終了です。

尾道に向かう新幹線の車内で確認した感想ラベルは、
初日と2日目の感想が随分変わっているものもありました。
何より、勇気を出して発言して良かったと書いてくれたメンバーや、
通訳さんに支えられて仲間との情報交換で方向性が定まったメンバーなど…。
彼らの存在が、私を後押ししてくれます。

柳の下にドジョウが二匹居てくれた様です。
次週も来るのですが、三匹目にも会える様楽しみながら取り組みます。
彼らの感想は、MCYHPに掲載しております。
posted by Tadashi Yano at 10:37| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: