2017年12月03日

キャリアデザイン研修(主査級)第3班

自宅です。
昨日お邪魔していた尾鷲の様子は別途まとめるとして、
先日の研修を振り返っておきましょう。

【12月1日(金) 主査級 第3班】
  
キャリア形成研修(主査級)第3班は、30名(女性3名)。
職歴あり10名、技術専門職15名、本年度の異動者13名、異動歴なし2名、
後輩が居る者8名です。

案内されて教室に入ると、おじちゃん率が随分高いので、
盛り上がりに欠けるだろうと覚悟する(笑)。
朝一番4つの質問に対する回答状況は、
走っている”は20名、
任されている”は15名、
視野を広げている”は6名、
仕事が充実している”は12名
と、まずまずの状態だし、
私の自己紹介も、
4つの質問に対する解説もいつも以上に集中して聴いてくれました。

■今回も、『後輩が元気が無い時にどうするか?』と問いかけたのですが、
 直接面倒を見ている後輩が少ない性か、反応は期待したほどではなかったです。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 15個以上を目指したメンバーが男女1名ずつでしたが、
 残念ながら有言実行とは行きませんでした。

■”互いの歴史と体験の共有化”は、今回も50分に設定。
 午前中に3名、
   IMG_20171201_113554.jpg
 出足は照れもあるので、さほど盛り上がりません。
 それでも、昼休憩を少し短縮して取り組むグループもありました。

昼休み
 控え室で、お弁当を頂き、美味しい珈琲をご馳走になっていると、ノックが…。
 時々現研修所長に顔を出して頂けるのですが、この日は前所長もご一緒です。
 前所長が同じ施設に異動されていたらしく、わざわざご挨拶に来てくださいました。
 お二人とも一家言お持ちなので、お一人でも緊張するが、この日はダブルキャスト!!
 それでも、前年小瀬の鵜飼にご一緒させて頂いているので、
 当時の話をしたり、コース変更の話をしたり、楽しいひと時でした。
 現場から離れても、こうやって気にかけて頂けることが有難いです。

 午後からの2名では徐々に思い出すことも増えて話が長くなり、
   IMG_20171201_131156.jpg
   IMG_20171201_131226.jpg
 5分強ですが、延長しました。
 彼らの年令や仕事経験の年数から言っても、物足りないのは承知の上です。

■前回の第2班は時間管理に失敗したので一瞬迷ったが、
 ”将来像を描く”の導入部分に、58才軍団の事例を紹介しました。

■”働く意味”では、
 まず、働く目的を%で表現して情報交換するのですが、
 お金の割合が高いメンバーが多かったり、
 ほぼ全員が30〜40%と低めのメンバーが多かったりと、
 グループ間の違いが見られます。終了後の感想ラベルには
 『働く目的の大半がお金であることが多数であることに驚いた。
 という記述もありました。
 お金を稼ぐことは大前提ではあるが、お金を稼いで何を実現するのか、
 どの様な手段で稼ぐかも考えるように伝えてはいるのですが…。

 個人ワークは、20分強ですが、黙々と取り組んでおります。
   IMG_20171201_140747.jpg
 その後、10分ほどグループ内で、互いに違う前提で共有化します。
 改めて、自身の”働く原点(何の為に、誰の為に、どの様に働くか)”を確認できたので、
 モチベーションが上がったメンバーも少なからず居た様です。

■”キャリアの志向性”は、今回もコンパクトに収めました。
 簡潔に解説した後、グループ内で5分前後共有化し、相互分析するのですが、
 今回は”興味や関心が強い領域”の面積がやや狭かったようにも思います。
 もちろん満遍なくではなく、どこか一箇所突出していれば良いのですが…。

■”能力の棚卸し”は、後行程を配慮して、
 財産目録作成の個人ワークを20分(拡散10分強、収束10分弱)に短縮しました。
 毎回、情報交換でもラベルは増えているので、後段に時間をかけます。
   IMG_20171201_153414.jpg

 今回も、”給食調理員さん”の事例を紹介して、ここで自信を無くさない様、
 というより自信を持ってもらえるように配慮しております。

 事務局様と時々情報交換するのですが、今回は時間管理が出来ているので、
 情報交換(プチ自慢大会)は、面接形式で30分にセットしました。
   IMG_20171201_160127.jpg
   IMG_20171201_160203.jpg
   IMG_20171201_160612.jpg

 7グループあるので、時間の長短はありますが、真剣かつ楽しんでくれます。
 ガラスのコップ効果で、個人ワークでもラベルは多いのですが、
 この自慢大会で仲間に根掘り葉掘り聴かれ、聴くことで、更に増えていきます。

 第3班よりも、多少時間的余裕もあったので、
 能力開発のポイントも丁寧に解説できました。

■最終コーナーの”将来像を描く”、
 前回は個人ワーク5分でしたが、今回は10分強とれました。
 事前課題があるとは言え、これまで数十年走ってきたことを、
 一日で整理して将来像や理想を描くことには無理もあります。
 むしろ、将来像を考え描く下準備は出来たので、
 今後自分のペースで再構築してもらいたいと願っております。
 とは言え、彼らがどの様な表情で取り組んでいるのか、 
 恐々観察してみると、ここでもかなり集中しており、
 内容までは分かりませんが、ラベルの枚数は思いのほか多かったです。

■この段階で16:55。一日が分刻みで流れております。
 今後時間をかけて将来像を描き実現するためのアドバイスと、
 それ以前に現状仕事で悩んでいる人のためのアドバイス、
 実はこの二つはある意味共通なのですが、人系と仕事系のお土産を紹介し、   
 ”自分と向き合う意味”を伝えて、
 5分遅れで私の担当はなんとか終了できました。

事務局様が気を遣ってくれて、タクシーを早めに予約して頂いたのですが、
ロビーで記念撮影。つかの間のクリスマス気分です。
   IMG_20171201_171812.jpg

私なりに、前回の反省も踏まえて時間管理を改善し、
前回では伝えていないメッセージも増やし、
5分早く終了できたので、ホッとしました。

名古屋駅に向かう快速電車の車内で確認した感想ラベル、
前回があまりにも好評価だったので(私の中では)、
そこまでは無理だとしても…と淡い期待も抱いていたのですが…。
今回も、ほとんど前向きな感想ばかりだったのですが、
文章にサラット系が目立つのです。
感想ラベル記入のオリエン時に、
最後は疲れているだろうから、簡単で良いよ!
といつも以上に声を大きくしたので、その影響か…。

それでも、研修としては本年最後の外仕事を、
無事に終了することが出来ました。
感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 15:01| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: