2017年10月28日

昇任試験事前研修(第1班)

嵐の前の静けさか、のんびりした土曜日です。
来週は鳥取県倉吉市で研修予定ですが、
台風の影響が気になります。

火曜日からの研修を順番に振り返りましょう。

【10月24日(火) 第1班】

地元船橋市に近い某市役所で昇任試験事前研修(第1班)を担当しました。
   IMG_20171024_083141.jpg

メンバーは、27名(女性15名)で、平均年齢は約50才。
職歴ありは5名、技術専門職は7名です。
本年度の異動経験者は4名です。
今年から有資格者全員が受験することになり、2班に分かれる。
昇任に関心が無いメンバーも居ると思うので、覚悟の上のスタートです(笑)。

4つの質問に対する回答は、
仕事で走っている”は12名、
仕事を任されている”は14名、
視野を広げている”は2名、
仕事が充実している”は8名。
今回も”視野を広げている”の割合が低いのが気になるし、
仕事が充実している”割合も去年より下がっており、気になるところです。

研修を楽しみに来てくれた”メンバーは居ませんでしたが、
主体性とは?”に答えてくれたメンバーが一人居ました。
少し嬉しくなります。

■”思い込みの排除”と”相互学習”を意識してもらう為に、
 ”部下育成は必要ない!?”という模擬ディベートに取り組みました。
 まずは、10分間の作戦タイム。
   IMG_20171024_103729.jpg
   IMG_20171024_103810.jpg

 ”ディベートモード”も”仲良しモード”もかなり真剣でした。
   IMG_20171024_105040.jpg
   IMG_20171024_105115.jpg
 ディベートモードは笑いが絶えませんでしたが、楽しく学べればベストです。
 仲良しモードでは、自身の体験や職場の状況等も含めて情報交換していました。
 私は欲張りなので、自身の期待と部下の考えや思いがずれた時に、
 ”まず相手を受け止めて、次に視点を変えてあげる”トレーニングにもなると
 アドバイスしております。

■模擬ディベートで、部下育成に対する”問題意識”や”疑問””不安”を共有した後、
 互いの歴史や体験を共有していく中で”人が育つ要因”を整理します。
 
 情報交換に入る前に、働く目的の%を1分かけて仮説を立てて、
 グループ内で2分間だけ共有しました。
 キャリア研修ではもちろんマネジメント研修でも、
 ”何の為に働くのか””誰の為に働くのか””どの様に働くのか”という働く原点を
 確認することで、創意工夫し、困難を乗り越えられると伝えております。
 『一番勿体無いのは、なんとなく働くこと!』と檄を飛ばし、2つの事例を紹介して、
 働く意味を整理することは、担当業務や相手(周囲)の見方を変えることにも繋がる!
 と伝えたのですが、マネジメントの基本以上にメンバーに響いていると思います。
 また、部下やスタッフに対して『ありがとう』を大切にしようと伝えました。

 昼休みを挟み60分かけて、互いの歴史や体験を共有化しました。
   IMG_20171024_113955.jpg
   IMG_20171024_130656.jpg
 いつものことながら、この課題が終了した段階で、グループ内の凝集性は高まります。
 だからこそ日常業務でも、”話を聴いてあげる”ことを大切にして、
 互いに価値観も能力も性格等も違うという前提で、
 職場やチームの共通の課題に取り組む意味をまず伝えました。

 まとめは”成長体験と成長要因”と”意味のない経験は無い
 という2つの項目に絞って行いました。
 前者は”部下や後輩(お子さん)”との関連を意識づける様にしております。
 後者の”辛いことから目をそむけずに過去と仲良くしながら、将来に活かしていく”は、
 自身の体験を部下指導や育成に活かして欲しいという願いから必ず伝えております。

■残り2時間強がマネジメント系ですが、前段で意識が少し高まっているし、
 グループ内の関係も温まっているので、進行は楽なのです(笑)。

 マネジメントに関しては、まず全体像を説明し、
 個人で5分間現状をチェックリストで分析し、
 グループ内で互いの現況や何かメッセージが伝わってくるか来ないか話し合います。
 マネジメントの基本編は多少実践できているが、展開編になると…。
 私はこの研修を通して、昇任することは”目的”ではなく、
 立場や役割を活かして、部下を巻き込み自己実現を図る”手段”であることを力説し、
 ”一国一城の主”として、”仕事構想”や”職場構想”を描くことの意味を伝えております。

 ただ、この場で更に掘り下げると危険なので、マネジメント系に戻します。
 テキストのそれぞれのテーマの主旨を先に説明して、
 任意で決めたテーマをまず個人で20分整理分析した後、
 グループ内で各自の分析結果や感想や気づきを25分かけて共有化してもらいました。
   IMG_20171024_151819.jpg
 互いの実体験を共有することで、より具体的なヒントを得ることが出来ます。
 彼ら自身、そして大切な部下にも自律して欲しいので、
 私がくどくど解説するよりも、自分たちの体験談を共有しながら学んで欲しいのです。
 締めは、『部下や後輩の様子がおかしい時に、まず何をするか?
 という問題提起をしたのですが、真摯に受け止めてくれる声も多かったです(笑)。

 最後に、某社のキャリア研修時にもらった感想ラベルを紹介しました。
 『職場の上司として家長として、自分自身に夢が無かったら、夢を語れなかったら、
  大切な部下や家族はついて来てくれませんよね。
  2日間自分と向き合って気がつきました。


 ”理想の副主幹像”を描いて実践していくためには、
  1.自分が何を実現したいのか(長期的な視点で) ≒ 働く意味(仕事観)
  2.自分に何が出来るのか ≒ 能力や専門性
  3.組織の一員として自分が何をしなければならいのか ≒ 役割や使命
 を整理することが重要であることを再確認しております。

 今回の研修は、マネジメント系のテーマですが、一連の流れの中で
 ”働く意味”の仮説を立てて、
 能力に関しても”強みを伸ばす”ことの重要性に触れることが出来ました。

 最後は、”自分と向き合う意味”を再度確認して、時間内に終了です。
  
気になっていたので、庁舎の駐車場で確認した感想ラベル、
マネジメント系”というより”キャリア系”の内容が中心でした。
研修中も、思いのほか楽しみながら集中してくれていたと思うのですが、
それでも今回は”昇任消極派”も居たと思うので、気になっておりました。
全体を通して、”元気になって欲しい””自分(関係者も含めて)を大切にして欲しい
というメッセージは伝わった様です。

彼らの感想は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 13:22| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: