2017年07月22日

40代のキャリアデザインセミナー(3)

墓参りから自宅に戻りました。
もう1本のセミナーを振り返っておきます。

【7月20日(木) 第3班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第3班は、33名(女性7名)。
職歴あり0名、技術専門製造職23名、本年度の異動者5名、異動歴なし3名です。
人数的には、1班と2班の中間ですが、同じ会社?かと思うほどおとなしく、
仕事が充実していない”と思っている人の割合も7割を超えています。
私の自己紹介も、4Qの解説も、ほとんど無反応なので怖いですが、
5班のメンバーが聴いているよオーラを出してくれていると思えたので、
じっくり取り組むメンバーにそっと寄り添う覚悟をする(笑)。
と思っていると、
グループ内の自己紹介で2分の延長申請が出たので、密かに期待する。

セミナーの流れは、これまでとほぼ同じつもりでスタートしました。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 15個以上発想することを目標にしたメンバーは5名居たので喜んだが、
 実績を出したのは別のメンバーが1名でした。

■自社を否定する模擬ディベートでは、全体的にほどほどに盛り上がってくれました。
 まずは、必要派と不要派に分けれて10分間作戦を練ります。
   IMG_20170720_110354.jpg
   IMG_20170720_110423.jpg
   IMG_20170720_110818.jpg
 16チームもあるので個別の話は聞けませんが、
 たぶん互いの仕事や職場を通した肯定派否定派の論理構築をしているのでしょう。
 中には、事前課題でまとめた内容をしっかり交換し合っております(笑)。

 10分の作戦タイムを終えて元の席に戻り、ディベートモード〜仲良しモード。
   IMG_20170720_111502.jpg
   IMG_20170720_111521.jpg
  
 ディベートモードとはいえ、結構笑顔や笑い声の中で進めているが、それもありです。
 要は、”会社”について、同年代だが会社も職場も職種も違うメンバーが意見交換する
 ことに意味があります。
 更に、会社の将来や、後継者育成にまで思いを馳せて欲しいのですが…。
 ほどほどに盛り上がってくれたが、まだ燃え方が足りません(笑)。

■午前中は、働く目的の仮説を個人ワーク1分、情報交換2分で終了です。
 午後からも継続して考えるのですが、要するに!
 『なんとなく仕事している状態は勿体無い!
 というメッセージが伝わったかどうかが問題です。
 
 互いの歴史や体験の共有化は、やはり50分しかとれません。
 それでも、皆さん大人の対応をしてくれたようで、
 中にはもう少し話したいメンバーも居た様ですが、時間通りに終了できました。
   IMG_20170720_132608.jpg
   IMG_20170720_132617.jpg
 過去の全ての研修を振り返っても、この場面で99%凝集性が高まるのですが、
 その話をしても、微妙に反応が弱い。まだまだかもしれません(笑)。

■この辺まで来て、一つ気づきます。
 途中、少し時間延長もあった筈だが、いつの間にか時間が余っている!
 振り返ってみると、過去の振り返りのまとめの後、
 事後課題の解説を忘れておりました。
 途中で挟むのも妙なので、最後の最後で解説した場合の反応を検証することに…。

■”将来像を描く”では、
 いつもの流れで”働く意味”を整理した後、”能力の棚卸し”に入ります。

 ”財産目録づくり”は、
 前日の反省を踏まえて、まずは個人ワーク休憩込みの30分です。
   IMG_20170720_152230.jpg
   IMG_20170720_152240.jpg
 一応目安としては、拡散思考でラベル作成に15分、収束思考でラベル貼り10分、
 余裕があれば更にラベルを増やすも良いし、疲れたら自分のペースで休憩をとります。
 結果的には、この配分の方が皆さん動き易かった様です。
 試行錯誤。失敗から学ぶ。

 ”プチ自慢大会”もギリギリ25分確保出来ました。
   IMG_20170720_154622.jpg
   IMG_20170720_154649.jpg
   IMG_20170720_155221.jpg
 朝からいくつかの課題に取り組み、徐々にテンションは上がってきたのですが、
 私はこのワークが大きなターニングポイントだったと思います。
 これまで以上に、発表者の話に耳を傾け、質問し、視点を変えてラベルを増やす、
 あるいは内容を深掘りして高い位置にラベルを貼りかえるなど、
 とても充実した関わり方が出来ていたと思います。
 いつも、『うちのグループは、良いメンバーに恵まれて最高でしたよ!
 と言う声が聞こえてくるのですが、どの班もそう思っていると思います。
 私との関係ではなく、
 メンバー同士でよい関係が構築できれば、得るものも大きいのです。

■最終コーナーは、”将来像を描く”ですが、
 一つ忘れ物があったので、20分の個人ワークが中心で、
 任意で早めにまとまった者同士の共有化です。
 『私生活の夢を実現する為には、皆と共同で稼げるようになる、時間も有効活用しなければ…。
  仕事生活と私生活の積極的なバランスも大切にしましょう
”』
 と訴えたのですが、彼らはどこまで真意をくみ取ってくれたでしょうか。
 短い時間ではありましたが、
 いつも以上に個別に情報交換してくれたようで、嬉しかったです。

 最後に、”事後課題の目的”と”人系と仕事系の分析”の説明をして、
 ”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
自宅に戻る新幹線の車内で確認した感想ラベル、
今回は数名『少し辛かった』メンバーも居た様ですが、
それでも気持ちが切り替わったら改めて見直したいと書いてくれました。
また、職種転換や異動があり、あるいは異動を控えて不安だったが、
気持ちを切り替えて前進したいと書いてくれた感想もあり、ホッとしました。
次は8月末と少し先は長いので、それまでに他社で試行錯誤してきます(笑)。
 
感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 18:51| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: