2017年07月22日

40代のキャリアデザインセミナー(2)

自宅です。
今週のセミナーを振り返っておきます。

【7月19日(水) 第2班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第2班は、41名(女性11名)。
職歴あり1名、技術専門製造職31名、本年度の異動者3名、異動歴なし2名です。

先週は19名と少なかったが、いつもの状態に戻りました(笑)。
大きな事業所ですが、顔見知りや同期が多いのか、そして女性の割合が高いので、
始まる前から賑やかです。
私の自己紹介と4つの質問の解説も集中してくれるようで、合いの手まで入ります。
人事部講話をして頂いた責任者が退室される時に交わした言葉。
今日は大丈夫そうですね。』『ですね(笑)
それでも、”仕事が充実していない”と思っている(勘違いしている?)人が
65%居るので要注意です。

セミナーの流れは、時間配分は違うものの流れはほぼ第1班同様です。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 笑って欲しい場面で、ゲラゲラ笑ってくれるので救われます。
 15個以上発想することを目標にしたメンバーは居ませんでしたが、
 実績を出したメンバーが1名でした。

■自社を否定する模擬ディベートですが、
 必要派と不要派に分けれて作戦を練るのですが、
 柱を挟んで微妙に乗りが違います。
   IMG_20170719_110404.jpg
   IMG_20170719_110424.jpg

 10分の作戦タイムを終えて元の席に戻り、ディベートモード〜仲良しモード。
   IMG_20170719_111731.jpg
   IMG_20170719_111843.jpg
 グループ企業なので、会社も職場も職種も違うメンバーが集まっています。
 話が噛み合わない部分もありますが、仲良しモードでは各自の現場感覚を通した
 自社(G)の存在意義、強みや弱みを共有してくれました。
 自身の能力開発だけではなく、職場や会社としての将来を考えて、
 技術や経験やノウハウの継承等にも取り組むように訴えております。

■午前中の10分ほどですが、働く目的の仮説を立てました。
 ”働く意味の重要性”を紹介し、個人ワーク1分、情報交換2分だけですが、
 事例を紹介して目的と手段の関係性を伝えることで、
 『なんとなく仕事している状態は勿体無い!』というメッセージを送ります。
 約30年間走ってきたが、
 働く目的や手段など考えたことが無いメンバーが意外と多いのです。
 
 午後一番は、互いの歴史や体験を共有します。
 5人組が1グループあるので50分ですが、もっと時間をかけてあげたい…。
   IMG_20170719_130047.jpg
   IMG_20170719_130058.jpg
 トップバッターは、自分も恥ずかしいし周囲も照れがあるのであまり弾みませんが、
 2人目3人目となるにつれて徐々に熱を帯びて行き、
 終了後にはグループの凝集性がグーンと高まります。

■”将来像を描く”では、
 元気で前向きなおばあの事例を紹介してメンバーを勇気づけ、
 午前中に立てた仮説をもとに、もう少し深掘りをしました。
 ”消防士さん”の事例を紹介して、
 『整理(文章化)も大切だが、日々の仕事生活で実感したり、充実させよう!
 と檄を飛ばして、まずは個人ワークで20分強文章化します。
 個人ワークの後は、情報交換10分でしたが、今回もかなり集中してくれましたし、
 感想ラベルにも様々な気づきや思いを表現してくれました。

■次は、”能力の棚卸し”です。
 ”財産目録づくり”は、”和菓子職人”の事例で刺激を与えた後は、
 私生活で蓄えた財産も含めて、拡散思考で財産目録のラベルを作成します。
   IMG_20170719_151428.jpg
   IMG_20170719_151437.jpg

 第1班は休憩を取りそこなったので、個人ワーク20分、休憩10分と設定したが、
 この時間配分は失敗でした。微妙ですが、休憩込みの30分にすれば良かった。
 今回も、この段階から助け合って取り組んで構わないと伝えたのですが、
 メンバーは黙々と取り組んでおりました。

 ”プチ自慢大会”という名の情報交換は25分にしました。
   IMG_20170719_155719.jpg
   IMG_20170719_155730.jpg
   IMG_20170719_154819.jpg
 一人あたり、たかが5分、されど5分。
 事務系や生産系のメンバーから、『話が難しくてついていけなかった
 という声もあったのですが、
 分からないなりに、発表者に興味と関心を持って話を聴き、
 質問したり、ラベルを高い方に張り替えたり、助け合っておりました。
 能力開発のポイントも、テーマを絞って伝えましたが、
 『相手のマイナス要素に焦点を当てると切りが無いが、
  プラスの要素に焦点を当てると少し気持ちが明るくなりませんか?

 というメッセージに頷いてくれるメンバーも、少なからず居た様です。

■最終コーナーは、”将来像を描く”です。
 前回同様、”私生活の充実”も含めた4方向の説明をした後は、
 拡散思考で将来像や理想をラベル化し、シートに貼って展開していきます。
 25分でしたが、昨年までは10分強という場面もあったので、少しは前進です。
 事前課題で過去を振り返り、一日のセミナーで現在地を確認する過程で、
 ぼんやりとでも今後取り組みたいテーマが見えてきたかもしれません。
 自分のことだけでなく、大切な部下や後輩や子どもへの継承も想定しながら…。
 後は、事後課題を通して、徐々に収束してもらえればと願っております。

 最後に、”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
ホテルに戻って確認した感想ラベル、
41名は全体像しか見えていないので、どの様な感想が出てくるのかドキドキです(笑)。

事前課題があるとは言え、一日で取り組む課題が多くメンバーは大変だったでしょうが、
過去を振り返り、現在地を確認し、将来像を描く(見えないから描く)作業に、
思いのほか新鮮さを感じてくれたメンバーが多かったようです。
もちろん、全員が満足してくれた訳ではないし、
翌日追加のメッセージを送ることも出来ないのですが、
彼らの感想も頭に置きながら次回以降に臨みます。
 
感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 14:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: