2017年07月15日

キャリア形成研修(主事・主任級)第1班

四日市のホテルです。
昨夜は、四日市在住の姉を見舞い、一家で夕食をとりました。
病気の影響で極端に視力が低下しているが、
去年よりも生き生きとしているように感じ、少しだけホッとしております。
不安な彼女を支えてくれる、義兄と姪親子に感謝感謝です。

昨日の研修を振り返っておきましょう。

【7月14日(金) 主事・主任級 第1班】
  
某組織キャリア形成研修(主事・主任級)第1班は、34名(女性13名)。
職歴あり7名、技術専門職15名、本年度の異動者8名、異動歴なし5名です。

今年から1日コースになり、2階層にわたるごちゃ混ぜ研修。
手あげの研修なので集客も心配したが、追加の日程も頂いております。
同質性の研修はマネジメントし易いが、
ごちゃ混ぜ研修はうまく行くとエネルギーが爆発するのでスリリングで楽しい。

こちらの組織は、元々おとなしいというか控え目なメンバーが多いのですが、
やはり朝一番は静かにスタートしました。
”仕事が充実している”と思っているメンバーは約62%です。

研修の流れは、任せて頂けたので、一番シンプルな内容に絞りました。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 15個以上発想することを目指したメンバーが5名居て、少し嬉しくなる。
 実績を出したメンバーも10名でした。
 幸先良いスタートですが、拡散的思考と収束的思考を一日駆使していきます。

■将来像を描き実現する上で、
 過去の歴史や経験からヒントを見つけ活かしていきます。
 最近試行錯誤しているのですが、今回も”互いの歴史と体験の共有化”に入る前に、
 ”働く意味”の重要性を伝えて、働く目的の仮説を立てました。
 個人ワーク1分、情報交換2分だけのワークだったのですが、
 その後一つ事例を紹介して目的と手段の関係性を伝えることで、
 『なんとなく仕事している状態は勿体無い!』という意識を喚起します。
 1日コースなので、早め早めに格になるポイントは伝えておきたいと思うのですが、
 一度にまとめて取り組んだ方がしっくり来るのか、まだ迷っております。

 午前中に3名、午後から2名を想定して、時間通りに情報交換をスタート。
 トップバッターは恥ずかしいし、仲間も照れがあるのかなかなか弾みませんが、
 回を重ねるごとに集中度が増していきます。
   IMG_20170714_113331.jpg
   IMG_20170714_113352.jpg
 終了後、テーマを絞って振り返りのメッセージを送ったのですが、
 朝一番よりも、じっくりと受け止めてくれるように感じました。

■”将来像を描く”では、
 事例を58才の公務員にするか、84才の女性にするか迷ったのですが、
 一人の人間として人生全体を考えて欲しいと願い、おばあの事例に決定!

■”働く意味”では、
 午前中に立てた仮説を、仲間と過去の振り返りをすることで新たな視点を取り入れ、
 価値ワードを使って文章化することで、更に納得感を高めます。
 最後にもらった感想ラベルでは、次の様なものがありました。
 『■私は、これまで仕事は家族の為にお金を得る為にやっていると考えていました。
  ■しかし、仕事の意味を考える課題を通して、新しい知識や技術を身につけたり、
   様々な体験をすることが出来る場として、仕事というものを捉えているということを
   改めて発見することができ、とても良い機会でした。


■次は、”能力の棚卸し”です。
 手順めいたものはテキストにあるので、
 いつもの様に”和菓子職人”の事例で刺激を与えた後は、
 個人ワーク25分(拡散15分強、収束10分弱)で財産目録のラベルを作成します。
   IMG_20170714_145808.jpg
   IMG_20170714_145837.jpg
 個人ワークとは言え、”カンニング大歓迎!””談合もOK!!”とけしかけるが、
 事前課題を眺めたり、テキストを読み込んだり、かなりの時間孤独と闘っておりました。

 メンバーは比較的文章化に慣れているので、作業は早い方です。
 ただ朝から緩〜い運営なので、少し緊張感を持ってもらおうと思い、
 情報交換(プチ自慢大会)は面接形式にしてみました。
 残り時間を逆算すると、ギリギリ35分ほどですが、思いのほか盛り上がりましたよ。
   IMG_20170714_152055.jpg
   IMG_20170714_152123.jpg
 まとめでは、”新参者のメリット”を問いかけ、汎用能力を高めていく為に、
 仕事だけではなく、私生活のテーマにも意識的に取り組むよう伝えております。

■最終コーナーの”将来像を描く”では、余裕を持って30分かけました。
 冒頭に、”究極のジェネラリスト”の事例を紹介して、”方向性”も大切にするように、
 ”働くママさんのお悩み”を紹介して、”人生には様々なステージがある”ことも伝え、
 将来像を描くことが目的化しないようにした上で個人作業に入ります。
   IMG_20170714_163615.jpg
   IMG_20170714_163636.jpg

 30分も微妙な時間配分なのですが、早々にまとめたメンバーは、
 有志でささやかな情報交換をしておりました。

 最後に、”自分と向き合う意味”を中心に、
 3つのメッセージを送り、時間的には余裕を持って終了です。
 
名古屋駅に向かう電車の車内で確認した感想ラベル、
1日コースとは思えないほど、熱くかったり、長〜い感想が多かったです。
もちろん、全員が満足してくれたとは言えませんが、
次回以降、また主査級の研修でもほぼ同様の流れなので、基本形は出来ました。
いくつかメッセージを返してあげたい内容もあったのですが、
今回は残念ながら出来ません。
ただ、彼らのメッセージや不安を、
今後の研修の中で意識しながら進めたいと思っております。

感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 09:35| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: