2016年09月25日

主査級4年目第2班

【9月1日(木) 1日目】
  
主査級4年目研修第2班は、42名(女性20名)。
職歴あり7名、技術専門職16名、本年度異動18名、異動なし0名です。

朝一番挨拶は元気良いが、私の自己紹介に対する反応は微妙でした。

4つの質問ですが、
”走っている”は20名、
”任されている”は22名、
”視野を広げている”は7名、
”仕事が充実している”は14名。
視野が狭いこともそうですが、充実度が33%は良好な状態とは言えません。

研修を楽しみに来てくれたメンバーはいませんでしたが、
4つの質問の解説あたりから、徐々に傾聴姿勢が出て来ましたよ。

大まかな流れは、1班と同様です。

■”ガラスのコップの使いみち”では、15個以上に1名が挑戦し、
 結果として15個を超えたメンバーが1名居ました。但し、別人です。
 個人の目標を達成できたメンバーは約90%でしたが、目標設定が甘いような…。
 それでも、アイデアを共有化する場面は、どのグループも楽しそうでした。

■”歴史と体験の共有化”は、昼休みを挟んで75分でセット。
 午前中に2名、
  IMG_20160901_113543.jpg
 午後から3名が発表する予定で進め、5分延長です。
  IMG_20160901_133023.jpg
 個別の内容は聞き取れませんが、徐々に集中度が増して行き、
 終了間じかにはグループ内の親密度がぐーんと増していきました。
 
■”働く意味”は、目的でお金の割合が20%〜95%の幅があり、
 80%が目立ち、全体的には平均はやや高めでした。
 個人ワーク25分弱、情報交換10分。
  IMG_20160901_150702.jpg

 まとめは、某社のパパの事例と、”ありがとうの意味”に触れて終了。

■次に”志向性”の分析に入り、
 どの様な場面で活躍することに、興味や関心が強いのか弱いのか、整理してから、
 財産や能力を棚卸して、拡散思考で財産をラベル化します。
 冒頭、”事務屋さんの存在理由”と”汎用能力”について問題提起をした上で、
 能力=仕事系と決めつけずに多面的にアプローチします。
 個人ワークは25分、仲間と協議して良いと伝えたところ、
 最初はあちらこちらでザワザワしていたが、そのうち黙々と…。
  IMG_20160901_160506.jpg
  IMG_20160901_160514.jpg

 ”プチ自慢大会”という情報交換は、40分を目安に自主運営。
  IMG_20160901_163300.jpg
  
 早いグループは16:56、遅いグループは17:20まで取り組んでいました。
  IMG_20160901_170627.jpg
 この日は、大切なイヴェントがあったのですが、彼らをじっと待ち、
 終了後に『今から、小瀬の鵜飼に行くんだよ』と話すと、
 多くのメンバーが絶対行くべきだと薦めてくれるので、更に期待が高まります(笑)。

鵜飼とカラオケを無事に終えてホテルに戻り、確認した感想ラベル。
今回は、切り口がいつもと違い、というより素直なトスが少ない…。
睡魔と闘いながら、久々に悪戦苦闘しました(笑)。


【9月2日(金) 2日目】 

■冒頭5分間だけフリートークして、緊張感と眠気を飛ばします。
 今回も、3名×9Gで27名分の感想を読みあげ、コメントする。
 50分を目標にしたが、実際には56分。この6分がどう影響するか…。

■休憩後、まず”私は○○○○○である”という発想ゲームに5分間取り組み、
 頭を柔らかくしながら、自分と向き合ってもらいます。
 次に”後輩育成は必要ない!?”という模擬ディベートでまた弾けます。
 まずは、10分間の作戦タイムです。
  IMG_20160902_103747.jpg
  IMG_20160902_103811.jpg

 その後、グループに戻り、ディベートモードと仲良しモードで熱い議論をします。
  IMG_20160902_104946.jpg

 自分らしく将来像を描いて実現させることが、独りよがりにならない為にも、
 組織の一員としての共通課題として、このテーマに取り組んでおります。
 後輩の指導・育成にとどまらず、キャリア支援も今後意識して欲しいと願っております。

■午前中は、”84才のおばあちゃん”の事例を紹介した後、
 個人ワークで魅力的かつ具体的な将来像を描いて終了です。
 個人ワークとはいえ、今回はワイワイガヤガヤやっているグループが目立ちましたよ。

■午後からグループ内で共有化して、互いの将来像をより大きく、具体化していきます。
  IMG_20160902_130727.jpg
 情報交換は45分でセットしたが、ドンピシャで終了です。
 彼らの邪魔をしたくないので、あまり近づかないようにしているのですが、
 耳をダンボにしていると、自身の心情を吐露するメンバーの話を
 一生懸命受け止めようとしている場面が見られ、嬉しかったです。

 ”保育士のママ”の事例を紹介して、
 ”積極的な意味での仕事生活と私生活のバランス”の重要性を伝えてから、
 次の課題の意味を伝えてから、10分間休憩です。

■魅力的で具体的な将来像を実現するために、仕事系と人系の分析に入ります。
 仕事系の環境分析は、私がリードした後個人ワーク6分、情報交換25分です。
 発表者は、自身の仕事や職場のことを具体的に伝えるように、
 聞き手は発表者の視点を変えたり、自身の体験を踏まえてアドバイスするように
 と伝えているのですが、かなり集中してくれました。
 メンバーの職場環境の状態は、1班とほぼ同様でした。

 次に人的財産の分析をして、将来像実現に向けて依頼する支援内容を整理します。
 人的財産は個人ワーク25分(休憩含む)、情報交換は25分で延長2分でした。
 私からは、一つのメッセージと三宅先生を紹介して終了です。

■最終コーナーは、”仲間に映った自分”という相互フィードバック。
 まずは、当事者に対するメッセージカードを協議して作成します。
  IMG_20160902_162505.jpg
  IMG_20160902_162513.jpg
  IMG_20160902_164148.jpg

 全員のメッセージカードを作成し終えたら、渡してお礼・感想・疑問点等の確認。
  IMG_20160902_165306.jpg
 16時から開始して、遅いグループで17:02に終了。
 毎回、オリエンテーション直後は、教室の空気が凍るのですが、
 終了後は爽やかな風が流れます。
 今回の経験を、個人的な感想で終わらせないで、
 今後後輩や部下やお子さんの育成に活かすことが重要であると伝えて終了です。

 終了後も、いつも以上に名残惜しいような空気が漂っておりました(笑)。
  IMG_20160902_171412.jpg

名駅に向かう電車で確認した感想ラベル、
今回も、全員とは言えませんが、元気なったり前向きになってくれた内容が多く、
嬉しかったです。
文章量が多いので、エクセルに落とすのが大変ですが…。

感想集は、すでにMCYHPにアップしております。


【名古屋オフ会】
  
終了後は、御用達世界の山ちゃんで名古屋オフ会。
直近では8月の受講者から、18年前の受講者まで、
9名様と2.5時間ワイワイ騒いでおりました。
中には、数年ぶり(10年近い?)のメンバーも居たのですが、
このメンバーで居るとあっという間に昔に戻っている。
私自身も、彼らの存在に勇気づけられ、癒されております(笑)。
  IMG_20160902_193401.jpg
  IMG_20160902_193424.jpg
  IMG_20160902_210240.jpg
posted by Tadashi Yano at 11:59| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: