2018年11月22日

宮城県北部〜岩手県南部

【11月17日(土) 岩手県〜宮城県】
 
昼過ぎに新幹線でJR石巻駅に降り立つと、
迎えに来てくれていたのは、研修のリピーターでもある神楽名人
   DSC_0018.jpg
宮城県某市の震災復興に派遣されているので、陣中見舞いの積もりです(笑)。

昼過ぎなので、車を30分走らせて彼のアパート近くにあるお店に。
東京で修業されたご主人と地元出身の奥様でやっているが、
料理が美味しくて安くてボリュームたっぷり!!
   DSC_0020.jpg 
派遣されて間もない名人の憩いの場所らしいが、うなづけます。
名人には東北は味つけが濃いらしいが、こちらは大丈夫らしいです(笑)。

美味しい魚に満足した後は、今回のメインテーマである気仙沼の見学へ。
まず驚いたのは、地元の高校の校舎でした。
   DSC_0021.jpg
鉄骨鉄筋が飴細工の様にグニャグニャになっており、
まだ残っている建屋も教室内が空っぽでした。
自然の威力は凄まじいです。
  
また、名人が指差す先には集落があったらしいが、今は廃墟です。
   DSC_0022.jpg
動画も撮ったが重過ぎてアップできないのですが、
写真の正面に見える白壁の高さまで一帯が防潮堤で囲われるそうです。

この木の右手には、奇跡的とも言える神社と家が残っておりました。
   DSC_0026.jpg

その後も、時間ギリギリまで市内の海岸部を走りました。
   DSC_0027-PANO.jpg
この小さな入江も、左手に見える民家まで津波が登ってきたそうで、
今後はここにも防潮堤が建設されるらしい。
   DSC_0031.jpg

綺麗な海が、これからは益々高い防潮堤で遮られてしまいます。
景観の問題だけでなく、漁業への影響や自然破壊も気になるが、
第一優先は人間の安全性ということですかねぇ。
住民にも様々な意見が出ており、高い防潮堤にも賛否両論が…。


この夜は、二人で石巻まで車で戻り、高速バスで仙台に行きました。
二人とも仙台は不案内なので、仙台出身で仙台勤務もあった橘ちゃんに教えを乞う。
地下鉄を避けて歩きで迷いながら向かった先は、おしかさん。
派遣された経緯については車内で充分話し合ったので、
夜は研修で出会った頃から現在までを振り返る。
   DSC_0034.jpg
   DSC_0037.jpg
   DSC_0038.jpg
料理も美味しかったが、また少しだけ名人との距離が縮まった様に思います。


【11月18日(日) 宮城県〜岩手県】 
 
前夜は神楽名人と熱く楽しい一時を過ごしたが、
下戸の私はおつき合いが難しいし、
名人は受験勉強もしているので、3時間弱で解散でした。

この日は、一人で宮城県北部と岩手県の南部を走ることにしました。
たまたまですが、レンタカーの営業所がホテルから徒歩1分の場所にありラッキー。
お土産に”萩の月“を頼まれたが、朝の8時には駅では買えないと思い込み、
ナビで本店を探して行ったが、ナビ通りに走るとお店が出てこない。
ナビに頼ってはいけないと、自分の頭で考えたら1本外の大通りの筈。
3順目にして見つかりました。
   DSC_0040.jpg
聞いてみると、駅ナカでも8時前からでも買えたらしいが、
客の一人ひとりにお茶を出してくれるのには驚きました。満足です。

ナビだけを頼りに市内を抜けてまずは松島を目指します。
松島は予想より観光客が少なかった様ですし、
石巻も国道と海の間に広大な土地が広がっているが、震災後のことかどうかは不明…。

ここがどこだったかもすでに忘れてしまったが、海岸から随分内陸まで工事中。
   DSC_0044-PANO.jpg
南三陸町あたりだったか…。

陸前高田は、5年前最初に訪ねた被災地だったので特に印象深かったのです。
今回はまず全体を俯瞰しようとしたが、景色が違って見えます。
   DSC_0048-PANO.jpg
上記写真の左手のコンクリート建造物の裏手にあるのが奇蹟の一本松です。
一本松と建物は残っていたが、これも防潮堤がすぐ傍に立っていた。
   DSC_0054(1).jpg
   DSC_0056.jpg

前回は、瓦礫はむろん、お花が手向けられている場所も多かったが、
今はきれいに取っ払って宅地等にするのか。
まだまだ復興は遠いという印象です。
   DSC_0052.jpg

前回の面影を探そうと何度か周回していると、多分前回もあった建物がありました。
   DSC_0059.jpg
でも、道路の位置関係が変わったのか、私の記憶が間違っているのか…。

前回はひたすら海沿いを走った積もりだが、
今回は無料の三陸道に惑わされて、ルートを間違えたのか。
それでも時折見える人家の無い入江は、
海がとても綺麗だし、無粋なコンクリートもありません。
   DSC_0060.jpg
   DSC_0061.jpg

初日からそうだったのですが、国道を走っていると、
過去の津波浸水地区のはじまり(ここまで)”という看板が立っているのですが、
とんでもなく高い場所まで浸水しており、その看板が行けども行けども出てくるのです。
今回2度目の私でも(だから?)徐々に気が滅入ってくるのですが、
地元の皆さんはどの様な思いでこの看板と向き合っているのでしょうか。
 
釜石に着いた段階で、宮古経由は苦労した様な記憶が蘇り、
念のために?!遠野経由で戻りました。
遠野は、小説の題材にもなっているようなので一度行ってみたかったが、
素朴な田舎町だなぁと思っていると、
   DSC_0063.jpg

駅周辺は独特の雰囲気がありました。
   DSC_0064.jpg
   DSC_0065.jpg
   DSC_0066(1).jpg

他にも雰囲気のある一画があったが車で駆け抜けたので、
次回はゆっくり歩いてみたいと思います。
 
約5年振りに再訪しましたが、あと2年半?で復興出来るとは思えないし、
堅固にはなっても人が気持ち良く暮らすにはどうなのかなぁと思ってしまいます。
補助金を出せばそれで終わり、現場のことは現場任せで、
連携が悪く誰も責任を取らない状況も、考えられます。

今回は、レンタカーで走り抜けただけで、何も出来ていませんが、
これからも時々お邪魔して復興の進度を見守りたいと思います。
前回も思ったのですが、自然豊かな岩手県は大好きですし、
自然と人間が共存できる土地に戻って欲しいと願ってやみません。
 
posted by Tadashi Yano at 18:00| Comment(0) | 日記

2018年11月06日

高山から金沢へ

先週は、高山と金沢まで足を延ばしてみました。
手抜きブログで、記録用の写真を掲載します(苦笑)。

【10月31日(木) 飛騨高山】
  
電車で岐阜から富山に抜けたことはあるので、この日は別ルートで探検する。
   DSC_0054.jpg
   DSC_0061.jpg
   DSC_0063.jpg

たどり着いたJR高山駅は、随分様変わりしておりました。
   DSC_0064.jpg
   DSC_0066.jpg

ホテルのチェックインには時間があるので、荷物を預けて市内見物をする。
   DSC_0068.jpg
   DSC_0069.jpg
   DSC_0070.jpg
   DSC_0071.jpg
   DSC_0073.jpg
   DSC_0077.jpg

もう少し見物したかったが、突然雨が降ってきて、傘も無いのでホテルに戻る。
こちらのホテルの温泉、湯音が適度でじっくりと浸かれるのです。最高!

【10月31日(木) 夕食】
夕食もハンバーグかパスタにしようと思ってやってきたお店ですが…、
飛騨牛の誘惑に負けてしまいました。
 
こちらのお肉、私はイチボにしたが、焼き加減も絶妙で美味しかったです。
   DSC_0079.jpg
   DSC_0080.jpg
   DSC_0082.jpg
 
私の席の対面はyouの中年ご夫婦、
左隣は先ほどまでyouのカップルが居たと思ったら今度も…、
右隣はフランス人の6人家族でおチビが超可愛いがやんちゃ。
お姉ちゃんやお兄ちゃん達は夏休みの宿題でもないのだろうが、
一生懸命チケット等をスクラップして文章を書いています。
思わぬところで、海外旅行気分を味わいました。

【おまけ】
こちらのお店をFBに投稿したところ、
昨日お店のスタッフ?からコメントを頂き、”お友達”になりました。
FBは面白いです(笑)。
 

【11月1日(金) 金沢1日目】

朝早起きして高速バスで一路金沢へ。
写真は、白川郷のバスセンターです。
   DSC_0096.jpg
   DSC_0098.jpg

【おまけ】
バスの中でチェックしていると、2泊させて頂いたスタッフさんからFBのコメントが。
ホテルのアカウントでコメントが着たのでお礼を返すと、
今度は個人のアカウントでメッセージを頂く。
これも初めての経験でした(笑)。

バスは10時過ぎに金沢駅東口に到着し、一旦ホテルに荷物を預けると、
前職の先輩であるTさん(この後おとうさん)が奥様と一緒に待っていてくれました。
早速奥様の運転でひがし茶屋街まで送って頂き、彼女とは一旦お別れです。
おじい二人で茶屋街を歩くが、
途中で何人の外国人や小学生やお嬢さんに声をかけたか…(笑)
   DSC_0112.jpg)。
   DSC_0101.jpg
   DSC_0103.jpg
   DSC_0104.jpg

それでも、人徳なのか、迫力に負けたのか、
結構な人数の方々が話に乗り、被写体になってくれます。
その後もメインの通りだけではなく、路地をウロウロしながら
   DSC_0108.jpg
   DSC_0110.jpg
   DSC_0112.jpg

たどり着いたのが、奥様が予めネットで調べてくれていたこちらのお店
   DSC_0114.jpg
   DSC_0113.jpg

大通りから茶屋街に入ってすぐ左手にあるのですが、
誰かさんはお店のすぐ傍で店に電話しておりました(笑)。
入ってみると、1階にも2階にも素敵な工芸品やアクセサリーが陳列されているが、
建物全体に落ち着きがあり、素敵なスタッフさんとの会話も弾み、
心地よいひと時でした。スタッフさんの名言。
金沢は狭いところなので、山でも海でも深めることを大切にしてくださいね。

お昼前に茶屋街を出て、暑い中を兼六園&金沢城まで歩きました。
これが結構歩くのですが、途中で老舗の和菓子屋さんで羊羹を買う。

実は、金沢も石川県も初上陸なのですが、
おとうさんの案内で兼六園の絶好の撮影スポットを案内してもらうと歩きます(笑)。
   DSC_0115.jpg
   DSC_0116.jpg
   DSC_0119.jpg
   DSC_0120.jpg
   DSC_0124.jpg
   DSC_0126.jpg
   DSC_0127.jpg
   DSC_0128.jpg
   DSC_0131.jpg
   DSC_0134.jpg
   DSC_0135.jpg
   DSC_0137.jpg

一旦休憩してから、向かった先はすぐお隣にある金沢城です。
   DSC_0139.jpg
   DSC_0140.jpg
   DSC_0141.jpg
   DSC_0142.jpg
   DSC_0143.jpg
   DSC_0145.jpg
   DSC_0146.jpg
   DSC_0147.jpg
   DSC_0148.jpg
   DSC_0149.jpg
   DSC_0150.jpg

締めは、若い頃イタリアに居たおとうさんが、イタリアの女性達を捕まえてパチリ!!
   DSC_0153.jpg

ここで、夜改めて会食する約束をして、一旦解散です。

少々気合を入れて歩き過ぎたので、バスで駅に戻り、駅前東口をパチリ。
   DSC_0155.jpg

チェックインして、水戸黄門の古いバージョンを見ているうちに眠ってしまったようです。
おとうさんから電話が入ったが、彼も眠りこけて奥様に起こされたばかりと言う。

   DSC_0156.jpg
有名な場所で待ち合わせてして向かった先は、駅ナカにあるおでん屋さん。
美味しいおでんを頂きながら、
   DSC_0159.jpg
   DSC_0160.jpg
お二人の歴史や趣味の世界を伺い、
大病と闘ってきたお二人の絆を感じておりました。
   DSC_0161.jpg
   45415081_576413196147579_1087058417345888256_n.jpg

【11月2日(土) 金沢2日目】

寝不足と疲れが溜まってきたようなので、朝はチェックアウトギリギリまで眠るつもりが、
そこそこ早く目覚める。
前日はかなり歩いた(つもり)ので、この日は一日乗車券(500円)を使って、
   DSC_0162.jpg
午前中は、3つのコースを何度か周回する(苦笑)。

お昼前早めに駅に戻り、軽い食事をとろうと思ったが、入った店はセルフらしい。
スタッフが横を通り過ぎるが、無言でやり過ごす。
セルフの案内も分かりづらいし、空腹だし、ムッとする。

最後は金沢21世紀美術館と決めていたが、
その前に午前中に気づいた武家屋敷跡に行くことにする。
最初に来た周回バスに乗り、初めて最前席に座ってみる。
ひがし茶屋街に近い停留所で、旅行客が『このバスは○○に行きますか?
行くけど、遠回りですよ』『では、どれに乗れば良いですか?
他の乗客の対応もあるのだろうが、無視をする姿勢が投げやり。
空腹が頂点に達しているので、『金沢には、おもてなしの心は無いのかぁ?!
と心の中で叫ぶ。最近、怒りっぽくなったと指摘されているのでガマンする。
 
香林坊でバスを降りて、東急ホテルの裏を降りていくが、目印が見つかりづらい。
そこでまたイラッとするが、『これも金沢の美学?
のんびり探すのも旅の楽しみ!』と思い直して歩くことにしました。

武家屋敷跡の入口の角っこに見つけたお店
能登豚のハンバーグに惹かれて入りました。
正解でしたよ。
   DSC_0164.jpg
   DSC_0165.jpg
ハンバーグも美味しかったが、スタッフさんと話しているうちに、
括ってはいけない。人それぞれ…。」と思い直しました。

しばしノンビリさせて頂き、武家屋敷街へ。
   DSC_0166.jpg
   DSC_0168.jpg
   DSC_0169.jpg
   DSC_0170.jpg
   DSC_0171.jpg

21世紀美術館まではバスに乗るほどでもないので、
見つけた路地をブラブラ歩きながら目的地へ。
   DSC_0172.jpg
   DSC_0173.jpg

土曜日の性か、祝日の性か、毎日なのか分かりませんが、
チケット売場の混雑も『これも芸術作品?!』と、うがって見るほど長蛇の列。
それでも、荷物検査など万全を期しているようです。
残念ながら、内部は撮影禁止なので、定番のあの風景を。
   DSC_0176.jpg
今回の展示物は、私の感性には合わなかったし、
スタッフさんも『余計な質問はしないで!』オーラが出ている。
内部よりも、外の景色を撮影しながら、駅に向かいました。
   DSC_0177.jpg
   DSC_0180.jpg

金沢駅西口から小松空港に向かう高速バスの車窓。
睡魔と闘いながらもずーっと長めていたい景色でしたよ。
DSC_0187.jpg
私の力不足が残念というか、悔しいです(苦笑)。
posted by Tadashi Yano at 19:04| Comment(0) | 日記