2017年12月30日

昇任面接

自宅です。
午前中に年末大掃除の担当分を終らせて、午後からは事務整理。
本年最後の外仕事を振り返っておきます。

【12月25日(月) 面接1日目】

某市役所の副主幹昇任試験:面接の1日目は、対象者25名。

全員が事前研修の受講者ですが、人数も多いので会ってみないと分かりません。
事前資料を充分読み込み、文章審査による仮説を持って臨むが、
やはり直接会って話を聴くと印象(評価)が変わる人も居ます。
文章表現が得意な人、口頭表現が得意な人、写真のイメージと違う人も…。
研修、論文審査、面接、日々の評価等多面的に判断するのでしょうが、
面接場面で彼らが少しでも納得感を高めてくれれば嬉しいし、
消極的なメンバーには勇気づける場面も…。

昼休みに400円にしては上等な弁当を食べて、しばし一息つく。
何気なく目にとまった被面接者の席。
   IMG_20171225_122017.jpg
私は久しく面接を受けていないが、彼らの心中やいかに…。
どこまで自分が確信を持てる質問が出来たか、判断出来たか…。
そこだけを考えると夜も眠れなくなるので、
面接を通して、現場を知り、彼らから学ぶことも目的に加えます。

昼休みは1時間とれましたが、結局9時〜17時半まで缶詰めでした。
疲れてはいるが、心地良さも残ります。
 
 
【12月26日(火) 面接2日目】

前日より少し早めに集合です。
4名の面接官で、初日の打ち合わせ事項を再確認しました。
我々はじっくり聴きたいので構わないが、
メンバーは仕事の合間をぬって来てくれるので迷惑をかけないように、
基本一人一問+返しの追加質問で進めると…。

ところが、冒頭は短めだが徐々に元に戻っていきます(笑)。
事前情報では2日目は昇任に消極的なメンバーが多く、
面接資料もアッサリ系が多かったので油断していたのですが、
話し出すと興味深い経験や独特の世界を持っているので、
更に質問が増えていきます。

私の役割は緊張を解いたり鎧を外すことだと思っているので、妙な質問もします。
彼らの学業や就業の動機や原点を聞き出していくと目の輝きが違って来たりします。
中でも栄養士・保健士・司書・学芸員等のメンバーは、
専門職と公務員としての意識のバランスが個々人で随分違うし、事務職もあわせて
領域の奥深さや興味や関心の広さや新規テーマのアイデアまで出てきたので、
昇任はさておき現在の立場でも自分らしく働くことで貢献する可能性が広がる等
アドバイスにまで発展しました。
自信を少し無くしているメンバーを励ましていると、涙ぐむ場面も…。
企業人時代から、見所のある応募者には叱ったりアドバイスする変な採用担当でした。
今回は、急遽任意から強制に変わった事情もあり、
特に被面接者の満足度を重視したのですが…。

結局、我々の昼休みは30分に短縮したが、終ったのは17時半でした。

面接の目的も、昇任選考だけではなく、現場の実態や彼らのニーズ把握まで広げると、
昇任や面接に腰が引け気味のメンバーの敷居が少しでも低くなるのではないかと、
終了後面接官4名で話しました。
それ位に、話すことで聴くことで、様々な気づきが得られました。
部外者である私に自由にさせてくださった他の面接官にも感謝です。

今回の経験を活かし次年度担当できれば更に工夫していきますが、
彼らの反応も忘れない様にします。
posted by Tadashi Yano at 14:40| Comment(0) | 日記

2017年12月06日

尾鷲紀行

自宅で朝からデスクワークです。
今日は、何故だか身体の節々が痛い…。

【12月2日(土) 三重県尾鷲市】

前日の研修と、中部オフ会の興奮も覚めやらぬ中、
(ワイドビュー)南紀1号は一路尾鷲へ。

県の研修で、津には10年以上通っていたのですが、
今夏松阪を久々に訪問してから、それより南は初上陸です(笑)。
学生人材バンク主催のセミナーを二人で担当したご縁で、伊東将志さんを訪ねて…。

背中をつけると眠ってしまいそうなので、前傾姿勢で窓にへばりついていたのですが、
沿線には茶畑が広がり、何より時折現れる川の水が綺麗なこと。

尾鷲駅まで迎えに来てくれた伊東さんの車で、市内見学です。
まずは、中心街を少しドライブして、月に一度の朝市の会場へ。
   IMG_20171202_110121.jpg
想像以上に賑わっており、どちらのお店も、魚介類が新鮮で安いのです。
有名人の伊東さんは、あちらこちらで声をかけられ、声をかけ…。
最後にご紹介頂いた方のお仕事と、その後の車内での会話をヒントに、
ひょっとしたら私の仕事の領域が広がるかもしれません。
全ては、私の努力と工夫次第ですが…(笑)。

ついで、町のシンボルでもあった火力発電所を見学しながら、
三重県立熊野古道センター
   IMG_20171202_111345.jpg

に隣接する伊東さんの本拠地夢古道おわせに到着です。
実は、”道の駅”に近いものをイメージしていたのですが、
ロケーションからしても違うし、古民家を移築した落ち着ける空間です。
地元のおばあおじいの話は無かった様な)が作ってくれた米や野菜を、
これも近所のおばあを中心にお惣菜を作り、バイキング形式で振舞います。
勤務時間も、自宅で待っているおじい優先で設定しているとかで、地元優先です(笑)。
熱く語ってくれる総支配人の話がどこまで正確に表現出来ているか…。
   IMG_20171202_112738.jpg
   IMG_20171202_111918.jpg
   IMG_20171202_112000.jpg
   IMG_20171202_112350.jpg

施設の全体像を見せて頂いた後は、
伊東さんが取り組む地域起こしの現場を案内して頂きました。
点在する小さな集落をまず活性化させ、連携を深めて市全体を変革する作戦か…。
複数案内して頂いたのですが、中途半端は止めて、九鬼町に絞ります。
まず、九鬼の海というか入江が美しく、水が綺麗で熱帯魚や雲丹が手に取れる位です。
   IMG_20171202_120430.jpg
   IMG_20171202_120743.jpg
   IMG_20171202_120801.jpg

海を眺めているだけでも癒されるのですが、
地域おこし協力隊を受け入れ復活させた喫茶店へ。
網干場(あばば)というお店です。
外見は昔懐かしい喫茶店ですが、
店内は落ち着いた音楽が流れ、窓からの景色が素敵。
たまたまいらしたご夫婦の睦まじい後姿も似合います(笑)。
   IMG_20171202_121415.jpg
おばあ達が調理して、おじい達がサービスする刺身定食も、新鮮で美味でした。
この日は、わらさ、つばす、まぐろ、あかぜ、でした。
   IMG_20171202_121854.jpg

質量ともに満足できるランチを頂いた後は、
漁師の学校”がある別の集落を案内して頂き、
一旦本拠地に戻ります。
たまたま鳥取から来ていた、伊東さんとの関係も深い羽田さんを紹介して頂く。
彼は、伊東さんと繋いでくれた玄洋さんとも、お知り合いです。
こうして、人と人が繋がっていきます(笑)。

いつの間にか3名になり、連れていってもらったのが、銚子川(魚飛渓:うおとびけい)
道中は道が狭くて怖いが、着いてみると景色も空気も水も綺麗です(笑)。
   IMG_20171202_141850.jpg
   IMG_20171202_142135.jpg
   IMG_20171202_142156.jpg
   IMG_20171202_142212.jpg
   IMG_20171202_142413.jpg

お二人は別の予定があるので、もう一度本拠地に戻り、私は夢古道の湯へ。
海洋深層水を使っており、
酸性湯は少しピリピリするが、アルカリ性湯は落ち着きます。
違いがあることに気づかづ、先にアルカリ性湯から入ったが、
風呂上りには凝っていた肩や首が楽になりました(笑)。
   IMG_20171202_112104.jpg
   IMG_20171202_112624.jpg
FBにこのことを投稿すると、大阪在住の友人からレスがあり、
3時間かけて種まき権兵衛の里に行った帰りにいつも立ち寄るそうです。
ここでも、また繋がりましたねぇ(笑)。

少し早めに辞去して、伊東さんお勧めの喫茶店まで送って頂く。
約30分ほど借り切り状態でしたが、”純喫茶 磯”はとても落ち着くお店でしたよ〜。
   IMG_20171202_163359.jpg
   IMG_20171202_163422.jpg

ゆったりとお茶した後は、喫茶店の前にあった居酒屋さんで、
大盛りの刺身と煮魚の定食を頂く。
刺身は昼も食べていたので、煮魚の味つけが好みでしたし、
初めて頂いたマンボウの刺身が印象的でした。
   IMG_20171202_171813.jpg

伊東さんとは、これまでに1.5回しか会っていないし、
話した時間は通算1時間にも満たなかったが、
勝手に親近感を感じて、厚かましくも訪問してしまいました。
それでも、彼の話ばかりではなく、活動拠点や足跡を確認していく過程で、
気づきや学びを得られたし、今後に向けてのヒントも頂きました。
心から感謝していますし、改めてお邪魔したいと願っております。
posted by Tadashi Yano at 18:25| Comment(0) | 日記

2017年12月03日

中部オフ会

【12月1日(金) 19:00〜】

研修を終えて名古屋のホテルにチェックインしてから向かった先は、
世界の山ちゃん笹島店”。
中部地区の元受講者を中心に、中には休暇をとって福岡からの遠征組も居て、
20年近いつき合いの人から数年前の受講者までの9名が集結しました。

   IMG_20171201_204115.jpg
   IMG_20171201_190953.jpg
   IMG_20171201_191817.jpg
   IMG_20171201_193023.jpg
   IMG_20171201_193637.jpg
   IMG_20171201_193644.jpg
   IMG_20171201_194316.jpg
   IMG_20171201_200128.jpg
   IMG_20171201_201418.jpg
   IMG_20171201_204133.jpg
 
2.5時間、手羽先を中心に、食べて、飲んで、話して、笑って…、
彼らにも支えられていることを実感できるひと時でした(笑)。
posted by Tadashi Yano at 15:02| Comment(0) | 日記

キャリアデザイン研修(主査級)第3班

自宅です。
昨日お邪魔していた尾鷲の様子は別途まとめるとして、
先日の研修を振り返っておきましょう。

【12月1日(金) 主査級 第3班】
  
キャリア形成研修(主査級)第3班は、30名(女性3名)。
職歴あり10名、技術専門職15名、本年度の異動者13名、異動歴なし2名、
後輩が居る者8名です。

案内されて教室に入ると、おじちゃん率が随分高いので、
盛り上がりに欠けるだろうと覚悟する(笑)。
朝一番4つの質問に対する回答状況は、
走っている”は20名、
任されている”は15名、
視野を広げている”は6名、
仕事が充実している”は12名
と、まずまずの状態だし、
私の自己紹介も、
4つの質問に対する解説もいつも以上に集中して聴いてくれました。

■今回も、『後輩が元気が無い時にどうするか?』と問いかけたのですが、
 直接面倒を見ている後輩が少ない性か、反応は期待したほどではなかったです。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 15個以上を目指したメンバーが男女1名ずつでしたが、
 残念ながら有言実行とは行きませんでした。

■”互いの歴史と体験の共有化”は、今回も50分に設定。
 午前中に3名、
   IMG_20171201_113554.jpg
 出足は照れもあるので、さほど盛り上がりません。
 それでも、昼休憩を少し短縮して取り組むグループもありました。

昼休み
 控え室で、お弁当を頂き、美味しい珈琲をご馳走になっていると、ノックが…。
 時々現研修所長に顔を出して頂けるのですが、この日は前所長もご一緒です。
 前所長が同じ施設に異動されていたらしく、わざわざご挨拶に来てくださいました。
 お二人とも一家言お持ちなので、お一人でも緊張するが、この日はダブルキャスト!!
 それでも、前年小瀬の鵜飼にご一緒させて頂いているので、
 当時の話をしたり、コース変更の話をしたり、楽しいひと時でした。
 現場から離れても、こうやって気にかけて頂けることが有難いです。

 午後からの2名では徐々に思い出すことも増えて話が長くなり、
   IMG_20171201_131156.jpg
   IMG_20171201_131226.jpg
 5分強ですが、延長しました。
 彼らの年令や仕事経験の年数から言っても、物足りないのは承知の上です。

■前回の第2班は時間管理に失敗したので一瞬迷ったが、
 ”将来像を描く”の導入部分に、58才軍団の事例を紹介しました。

■”働く意味”では、
 まず、働く目的を%で表現して情報交換するのですが、
 お金の割合が高いメンバーが多かったり、
 ほぼ全員が30〜40%と低めのメンバーが多かったりと、
 グループ間の違いが見られます。終了後の感想ラベルには
 『働く目的の大半がお金であることが多数であることに驚いた。
 という記述もありました。
 お金を稼ぐことは大前提ではあるが、お金を稼いで何を実現するのか、
 どの様な手段で稼ぐかも考えるように伝えてはいるのですが…。

 個人ワークは、20分強ですが、黙々と取り組んでおります。
   IMG_20171201_140747.jpg
 その後、10分ほどグループ内で、互いに違う前提で共有化します。
 改めて、自身の”働く原点(何の為に、誰の為に、どの様に働くか)”を確認できたので、
 モチベーションが上がったメンバーも少なからず居た様です。

■”キャリアの志向性”は、今回もコンパクトに収めました。
 簡潔に解説した後、グループ内で5分前後共有化し、相互分析するのですが、
 今回は”興味や関心が強い領域”の面積がやや狭かったようにも思います。
 もちろん満遍なくではなく、どこか一箇所突出していれば良いのですが…。

■”能力の棚卸し”は、後行程を配慮して、
 財産目録作成の個人ワークを20分(拡散10分強、収束10分弱)に短縮しました。
 毎回、情報交換でもラベルは増えているので、後段に時間をかけます。
   IMG_20171201_153414.jpg

 今回も、”給食調理員さん”の事例を紹介して、ここで自信を無くさない様、
 というより自信を持ってもらえるように配慮しております。

 事務局様と時々情報交換するのですが、今回は時間管理が出来ているので、
 情報交換(プチ自慢大会)は、面接形式で30分にセットしました。
   IMG_20171201_160127.jpg
   IMG_20171201_160203.jpg
   IMG_20171201_160612.jpg

 7グループあるので、時間の長短はありますが、真剣かつ楽しんでくれます。
 ガラスのコップ効果で、個人ワークでもラベルは多いのですが、
 この自慢大会で仲間に根掘り葉掘り聴かれ、聴くことで、更に増えていきます。

 第3班よりも、多少時間的余裕もあったので、
 能力開発のポイントも丁寧に解説できました。

■最終コーナーの”将来像を描く”、
 前回は個人ワーク5分でしたが、今回は10分強とれました。
 事前課題があるとは言え、これまで数十年走ってきたことを、
 一日で整理して将来像や理想を描くことには無理もあります。
 むしろ、将来像を考え描く下準備は出来たので、
 今後自分のペースで再構築してもらいたいと願っております。
 とは言え、彼らがどの様な表情で取り組んでいるのか、 
 恐々観察してみると、ここでもかなり集中しており、
 内容までは分かりませんが、ラベルの枚数は思いのほか多かったです。

■この段階で16:55。一日が分刻みで流れております。
 今後時間をかけて将来像を描き実現するためのアドバイスと、
 それ以前に現状仕事で悩んでいる人のためのアドバイス、
 実はこの二つはある意味共通なのですが、人系と仕事系のお土産を紹介し、   
 ”自分と向き合う意味”を伝えて、
 5分遅れで私の担当はなんとか終了できました。

事務局様が気を遣ってくれて、タクシーを早めに予約して頂いたのですが、
ロビーで記念撮影。つかの間のクリスマス気分です。
   IMG_20171201_171812.jpg

私なりに、前回の反省も踏まえて時間管理を改善し、
前回では伝えていないメッセージも増やし、
5分早く終了できたので、ホッとしました。

名古屋駅に向かう快速電車の車内で確認した感想ラベル、
前回があまりにも好評価だったので(私の中では)、
そこまでは無理だとしても…と淡い期待も抱いていたのですが…。
今回も、ほとんど前向きな感想ばかりだったのですが、
文章にサラット系が目立つのです。
感想ラベル記入のオリエン時に、
最後は疲れているだろうから、簡単で良いよ!
といつも以上に声を大きくしたので、その影響か…。

それでも、研修としては本年最後の外仕事を、
無事に終了することが出来ました。
感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 15:01| Comment(0) | 日記