2017年08月26日

監督職層昇格研修

大阪のホテルです。
午前中は、学生人材バンク繋がりの若者と面談、
昼食は大学時代の悪友と旧交を温めておりました。
若者が迷いながら前進しようとする姿勢が参考になるし、
友人がまだまだ頑張る姿が刺激になります。
つくづく人に支えられているなぁと実感!。
先ほどまで、淀屋橋のゑびす屋さんで、
昨年までお世話になっていた某社の事務局様と10ヶ月振りの再会でした。
体調は万全ではないが、相変わらず熱〜いハートをお持ちなので、嬉しかったです。
   21077338_848978185227282_5438220740881027447_n.jpg


さて、昨日までの尾道における研修を振り返っておきます。
   IMG_20170823_141308.jpg

【8月24日(木) 1日目】

某社監督職層昇格研修のメンバーは16名(女性5名)。
今回も、生産系、研究開発系、営業系と揃いましたが、
生産系と研究開発系が多数派なので、どの様に絡んでくれるか一抹の不安も…。
職歴ありは5名、一年以内の異動者2名、異動が無いのは3名です。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は8名、
”任されている”は13名、
”視野を広げている”は5名、
”仕事が充実している”は10名。
手あげの状態としてはまずまず良好だし、傾聴姿勢もあるので期待するが、
良い気分になり過ぎて私の自己紹介が長くなったことが反省点です(苦笑)。

毎年冒頭にメンバーに伝えているのですが、
監督職層”に昇格することが目的ではなく、
昇格した暁にどの様な監督職になりたいのかを考え描く研修にしたいと思います。

■”研修を楽しみにして来てくれた”メンバーは、
 さすがに朝一番では手をあげてくれることなかったのですが、
 その後の展開で複数のメンバーが楽しみにして来てくれた様です。
 リピーター様も含めて…(笑)。

■”主体性とは”の質問に対して、
 今年も1名発表してくれたメンバーが居たので、先生は気分よく進行できます。

■”理想の職場リーダーとは”に個人で3分、グループで10分かけて取り組みました。
 結果、個人戦はグループでの最高が17個〜28個とレベルが高く、
 グループでも38個〜54個と、その後に期待できる柔軟性でした。

■自身が目指す監督職の理想像をイメージした後は、
 ”部下育成は必要ない!?”の模擬ディベートで30分盛り上がります。
 まずは、チーム編成をして、二部屋に分かれて作戦タイム。
   IMG_20170824_111251.jpg
   IMG_20170824_111327.jpg

 続いて、元に戻りディベートモード、仲良しモードと論戦を繰り広げますが、
 最初は戸惑いながらも、始まってみると真剣モードで議論をしていました。
   IMG_20170824_112409.jpg
   IMG_20170824_112424.jpg

 『部下・後輩育成』の重要性と課題を考えることがメインテーマですが、
 サブテーマとして、自身の期待と部下や後輩の思いや考えがずれた時、
 一度相手を受け留めた上で視点を変えてあげるトレーニングも想定したのですが、
 皆さんどこまで受け留めてくれたのか…。

■今回は班が4つなので、2日目の時間管理が大変です。
 2日目の午後から取り組む課題に割ける時間が限られてくるので、
 午前中の最後に”働く意味”の仮説を立てて、
 ”組織の一員として何となく働くのではなく、働く意味を意識しながら仕事する
 重要性を喚起し、2つの事例を紹介しております。

■贅沢とも思える(高価という意味ではなく)昼食を頂いた後は、
 互いの”成長体験と成長要因”を40分かけて共有しました。
   IMG_20170824_131213.jpg
   IMG_20170824_131234.jpg

 一人10分前後でしたが、職種も違うし、経験年数や年齢も微妙に違いますし、
 互いの実体験をもとにしているので、皆さん興味津々です。
 5分だけ延長しましたが、終了後の班内の親密度がかなりあがっております。

 午前中のディベートの内容も踏まえて”成長体験と成長要因”と、
 ”意味の無い経験は無い!”というテーマに絞り整理をして終了です。

■休憩後は、マネジメントに関する理解促進テストです。
 オリエンテーションを行い、
 個人ワークからグループ討議の所要時間を見積もってもらいました。
 50分〜60分(複数)の差がありましたが、60分で設定して時間通りにまとめる。
 個人ワークと
   IMG_20170824_143035.jpg

 グループ討議です。
   IMG_20170824_145932.jpg

 邪魔をしないように耳をダンボにしていると、思惑通り個々人の見解がバラバラで、
 4択で4人とも違う見解になる設問もあったようです。
 中には昨年の受講者が熱くリードする場面もありましたが、
 各グループの担当を決めて、結論とその理由を発表してもらうと、
 最適解とはなかなか合致しません(笑)。
 件のグループがところどころで私の思惑通りの見解を発表するのですが、
 最後には違った見解だったので妙にホッとしました。

 最適解発表後にモヤモヤしている様子もあるので、
 四択の結論よりも、何を捉えて、何を重視したか、
 場面に応じた自分なりの基準を持って行動することが大切だと伝えております。
 
■休憩で頭を冷やした後、マネジメント(リーダーシップ)の基本を整理しました。
 昨年とは違い、先に”最適解”を提示してショックを与え、
 その上でマネジメントの基本や、前提となるキーワードを紹介しているので、
 どちらの方が良かったか、要検討です。

 ”お勉強モード”はお互いに疲れるので、ワークや分析を入れて、
 互いの現状を把握しながら、ポイントを整理しました。
 ここまでで、初日のプログラム終了です。

ホテルに戻り確認した感想ラベル。
理解促進テストの結果に愕然とする内容が多いものの、
少しずつ上司とまではいかなくても先輩の意識が芽生えつつあり、
自分自身と向き合う”という内容も複数ありました。


【8月24日(木) 同窓会】

今年も、事務局長であり第1期生のKさんが音頭をとってくれて、
複数の1期生を含む3名が集まってくれました。
   IMG_20170824_203408.jpg
   
4名なので特に自己紹介はしないが、自然と近況報告も出来ております。
今回のお店は料理がとても美味しくて幸せでした。
どれも美味しかったのですが、特に気に入った
タコの煮つけと穴子丼の写真をあげておきます(笑)。
   IMG_20170824_184104.jpg
   IMG_20170824_203657.jpg

今回の受講者の顔と名前は一致しており、研修の流れも知っているので、
時々研修の内容も話題にのぼります。
とは言え、1期生はすでに忘れている部分も多いのでフォローアップが必要とか…。
とても楽しい時間でしたし、皆さんから勇気と元気も分けてもらえたのですが、
いつもは楽勝なのに生小1杯が邪魔をして、帰ってからの残業が大変でしたぁ(苦笑)。


【8月24日(金) 2日目】

■8:55に全員集合できたので、少しでも早めに開始する。
 感想ラベルの共有化は、
 いつもは午後から話す内容や”能力開発のポイント”まで踏み込んだので、
 60分近くかかりました。
 それでも、メンバーは集中して話を聴き、ミニ討議も弾んでくれました。

■休憩後は、”会社を変える! 自分達も変わる!!”という課題に 取り組みます。
 捉える理想の会社(職場)像は違うし、課題も違うので、
 グループワークはまとまり難いがその過程で社内の視野も広げて欲しいし、
 午後からの昇格試験のミニ論文にも繋がります。
 今回も見積ってみると、三班が90分で一班だけ70分です。
 90分で12:05終了予定にしたが、進むほどに熱を帯びてきて、大半が残業です。
   
 四つの班が、構想を練る時間、作業時間等は微妙に違っておりますが、
 誰の力も借りず、自分達だけで考えてまとめることに意味があったと思います。
 ワークに入る前に、”共同で課題に取り組むポイント”の中で、
 重点テーマを各自設定してもらったが、果たしてどこまで実践できたでしょうか?
   IMG_20170825_111854.jpg
   IMG_20170825_111928.jpg
   IMG_20170825_120624.jpg
  
 発表会は、各グループ13分で発表&質疑応答、
 発表を終えて安心した班のメンバーから2,3分で感想?を発表してもらいました。
   IMG_20170825_130430.jpg
   IMG_20170825_131924.jpg
   IMG_20170825_133429.jpg
   IMG_20170825_135018.jpg
   
 個別のラベルはかなり共通の内容もあるが、まとめ方や表現方法も違うので、
 聴いている方も真剣です。
 まとめとプレゼンの巧拙ではなく、まとめた内容を更に充実させることが重要です。
 もっと大切なことは、考えたことを各職場に戻って実践してくれることです。

■残り時間を考えて、”自分と向き合う意味”や”組織を自己否定する”意味等
 大切なメッセージは朝一番で伝えているので、30分ほどの自習時間にしました。

 最後にもう一度、昇格は手段であり、自分の職場や仕事をどの様にしていきたいのか、
 中長期の視点が大切であることを再確認して、研修も終了です。

 帰りの車中で確認した感想ラベルは、
 今年も、昇格云々の前に、いかに自分らしく仕事をしていくかという、
 嬉しい内容が多く嬉しかったです。
 中には、『対人関係改善のヒントをもう少し知りたかった』という内容もありましたが、
 切実に悩んでいるのであれば、もう少しフォローしてあげたかったです。
 今年も、今後を大いに期待できるメンバーが多かったです。

彼らの感想は、9月第1週にはMCYHPにアップします。
posted by Tadashi Yano at 22:52| Comment(0) | 日記

2017年08月24日

キャリア開発研修40第2班

1年ぶりの尾道です。
今日の尾道は、とにかく暑くて、尾道ラーメンを食べに20分歩き、
20分ほど待つ間でも汗だくになりました。
   IMG_20170823_140650.jpg


昨日までのキャリア開発40研修第2班の様子を振り返ります。

【8月21日(月) 1日目】

キャリア開発研修40第2班は23名(女性10名)。
職歴ありは10名、技術専門職が14名、本年度異動者9名、異動無しが2名です。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は19名、
”任されている”は6名、
”視野を広げている”は6名、
”仕事が充実している”は15名。
今回は働くママさんの比率が高いのか、走っているのは当然だろうし、
窮屈でもあるだろうが、全体的に仕事の充実度が高いのが…(笑)。

第1班が思いのほか明るく盛り上がり過ぎたので、
第2班に一抹の不安もあるが、朝一番の雰囲気はまだ微妙です。

研修を楽しみにして来てくれた”メンバーが、同じグループに3名居て驚きましたが、
主体性とは”の質問に答えてくれたメンバーは居ませんでした。
ガラスのコップ”では、
目標を15個以上に設定して達成できたメンバーが1名、
15個以上アイデアを出したメンバーが3名(1名は有言実行)居ました。
期待したり、がっかりしたり、しばらく翻弄されそうです。

大きな流れは第1班同様なのですが、

■午後は12:50に集合して、ガラスのコップの使いみちの解説をし、
 ”働く目的”の仮説作りをする。

■”歴史と体験の共有化”は、前回の反省を踏まえて50分にしたが、
 それでも足りず延長10分+休憩10分で収めてもらいました。
 1班同様、休憩時間もほとんどのグループが席を離れませんでしたよ。
   IMG_20170821_135416.jpg
   IMG_20170821_140404.jpg

■”84才のおばあ”の事例を紹介して、将来像の重要性に触れた後、
 ”働く意味”を整理します。
 個人ワーク20分、情報交換10分ですが、ある程度のベースは出来ていきます。

■初日の最終コーナーは、”財産目録づくり”。
 和菓子職人の事例を紹介して刺激を与えた後は、
 ”カンニング大歓迎”で個人ワーク25分。
   IMG_20170821_155500.jpg
   IMG_20170821_155517.jpg

 ”プチ自慢大会”という名の情報交換までくると、
 彼らは自主的に進めてくれます。
   IMG_20170821_162732.jpg
   IMG_20170821_164304.jpg

 今回も、一番遅いグループは60分近くかけて、
 ラベルを増やし内容を深掘りしておりました。

ホテルに戻り、確認した感想ラベル。
いつもより女性の割合が高いので不安もあったが、
当初は嫌々来たが、研修の経過と共に興味深くなってきたという内容も…。
ひとまずホッとします(笑)。

【8月21日(月) 会食】
感想ラベルを確認し、ひとまず安心した後は元受講者との会食でした。
一昨年の受講者でオフ会にも来てくれているのですが、二人で会うのは初めてでした。
互いの過去の経歴や失敗談、現状の問題と課題まで、比較的真面目な話をした、
つもりです(笑)。
   IMG_20170821_183930.jpg


【8月22日(火) 2日目】

■感想ラベルの共有化は、50分を目指したが、なんとか58分で終了〜。
 途中で若干眠たいぞオーラも出たような気もするが、プチ討議を挟みながら、
 伝えたかったメッセージはほぼ送ったと思います。
 今回は、手話通訳さん数名にお手伝いをして頂いたのですが、大変だったと思います。
 それでも、通訳さんにも癖があるかもしれないので、
 ご本人も大変なんだろうなぁと想像しておりました。

■休憩後は、”環境分析”の共有化に入ります。
 時間は35分ですが、前日1日過ごして随分仲良くなっているし、
 私なりにおまじないをかけているので、自主的に進めてくれます。

■”将来像を描く”個人ワークは午前中に30分確保しました。
 今回も、いきなりサンプルに群がるのではなく、ある程度自分で考えた上で、
 サンプルを参考にする姿勢が強かったようです。

■午後一番、将来像の共有化は50分にセットしましたが、5分追加。
   IMG_20170822_131058.jpg
   IMG_20170822_131119.jpg
 邪魔しない程度にグルグル回っていると、独自の構造で展開しているメンバーが2名。
 一人は、将来像のラベルが40枚近くあり、拡散思考を楽しんでくれた様です。

■将来像を実現する為の課題づくりは、
 まず”職場と職務を見直す”から入ります。
   IMG_20170822_144841.jpg
 仕事環境が”かなり恵まれている”メンバーが4名、
 ”あまり恵まれていない”メンバーは2名で、
 第1班に比べても平均点が高かったです。
 初日の”仕事が充実している”割合が65%も頷けます。

■”人的財産を活かす”は、第1班同様に
 個人ワーク20分、情報交換20分でセットしたのですが、4名グループから延長申請。
   IMG_20170822_153605.jpg
   IMG_20170822_154355.jpg
 各個人によって、その個人が集まったグループが5つあるので、進捗状況も違います。
 残りのグループも、無理やり調整している部分もあるので、
 これ幸いと討議を続けております。

■最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
 前回よりも5分遅れでの開始なので、進行を早める為におまじないをかけたのですが…
 今回は不発で、皆さんじっくり取り組んでくれました(笑)。
   IMG_20170822_161934.jpg

 最後に、貰ったラベルの内容に一喜一憂せず、この経験を次に活かすように伝えて、
 約10分遅れで終了です。
 
 終了後、最近では珍しく数名と名刺交換が出来たし、
 挨拶に来てくれるメンバーも多かった。
 また、拡散思考で将来像を描いたメンバーが、
 わざわざ撮影用に持ってきてくれました。
   IMG_20170822_171228.jpg

自宅に戻る新幹線の車内で確認した感想ラベル。
今回も、前回に負けず劣らず嬉しい内容が多くて嬉しかったです。
自宅に戻って感想をエクセルに落としましたが、2時間近くかかりました。
1班2班と順調に来たので、一抹の不安はあるものの、
3班以降も更に充実できるように取り組みます。

彼らの感想は、来週中にはMCYHPにアップする予定です。
posted by Tadashi Yano at 00:42| Comment(0) | 日記

2017年08月05日

キャリア形成研修(主査級)第1班

自宅です。
今年は、1泊の出張が多いので、肉体的にも精神的にも楽です。
と負け惜しみ…(笑)。
先日、雪をかぶっていない富士山を撮影しました。
   IMG_20170803_180914.jpg
   IMG_20170803_181035.jpg  

さて、昨日の研修を振り返っておきましょう。

【8月4日(金) 主査級 第1班】
  
某組織キャリア形成研修(主査級)第1班は、37名(女性10名)。
職歴あり9名、技術専門職18名、本年度の異動者11名、異動歴なし1名です。

先月の主任・主事級は、冒頭はともかく早い時期から乗ってくれたが、
今回は平均年齢で10才位年上か?、空気の重さがしばらく続きました。
朝一番4つの質問に対する回答状況も、まずまずの状況で、
”仕事が充実している”と思っているメンバーも68%なのに…。

基本的な研修の流れは、主任・主事級と同様ですが、
一つだけ簡単なワークを加えております。
研修の開始前に事務局様から、
一つの課題に時間をかける為に、課題を一つ減らしても大丈夫ですよ
と言って頂く。多分、前回の事務局向けのアンケートを踏まえての話なのでしょう。
ただ、この研修は一日でこれだけはやっておきたいと思える課題を絞っている。
しかも、今回のメンバーは、人生経験も仕事経験も豊富なので、耐えてくれると…。


■”ガラスのコップの使いみち”では、
 15個以上を目指したメンバーが1名で、実績を出したメンバーが3名でした。
 主事・主任級は、5名⇒10名だったので、
 少〜し頭が固くなっているか、チャレンジ精神が弱くなっているのか…。

■今回も”互いの歴史と体験の共有化”に入る前に、
 ”働く意味”の重要性を伝えて、働く目的の仮説を立てました。
 特に技術・専門職のメンバーを想定して、将来像はある程度描いているだろうが、
 働く意味を整理するとまた見方が変わる可能性があると動機づけます。

 情報交換は、午前中に3名、午後から2名を想定して、
 50分に設定して、4分だけ(時間との闘いなので)延長しました。
   IMG_20170804_113944.jpg
   IMG_20170804_114011.jpg

 毎度のことですが、この辺りからグループ内の凝集性が高まり、
 私の話も少しだけ集中して聴いてくれるようになります。

■”将来像を描く”では、
 主任・主事級とは事例を変えようかと迷ったが、彼らにこそ活かして欲しいと思い、
 おばあの事例をより丁寧に紹介しました。

■”働く意味”では、
 個人ワーク20分、情報交換10分で、仮の整理をします。
 これまで働く意味など考えたことが無かったメンバーもまだまだ居る様だし、
 以前は意識していたが走っているうちに見失っているメンバーも居た様なので、
 良い機会になったと思います。

■主査級では、”キャリアの志向性”という課題も入れております。
 自分がどの様な場面で活躍することに、興味や関心が強いのか弱いのか、
 質問に答えながら5,6分で傾向を分析します。
 元々日頃から気づいていることも多いのでしょうが、
 改めて質問に答えながら集計してみると、驚きの結果が出ることもあります。
 これも、自分を知る一つの要素です。

■”能力の棚卸し”も、定番の流れで、”和菓子職人”の事例を紹介し、
 個人ワーク25分(拡散15分強、収束10分弱)で財産目録のラベルを作成します。
   IMG_20170804_150931.jpg
 黙々と取り組むメンバーが多いのですが、迷ったり自信が無さそうなメンバーは、
 隣同士で相談したり、アイデアが煮詰まったら隣近所を覗いておりました。
 それで充分OKなのです。

 情報交換(プチ自慢大会)は、前回同様面接形式にしてみました。
 アナウンスした直後、一瞬教室の空気が冷えるのですが、
 始めてみると意外と楽しそうに取り組んでくれます。
   IMG_20170804_153652.jpg
   IMG_20170804_154737.jpg

 一人あたり6,7分と短いのですが、面接を受けるメンバーは緊張感を持って売り込み、
 面接官は、愛情を持って相手の財産目録を増やし、内容を充実させます。
 このメンバーであれば60分位あげたいのですが、
 少し自信を取り戻したメンバーも居たようなので、成果は少しだけ上がっています。

■一つの課題に少しだけでも時間を割き、課題が一つ増えたので、
 ”将来像を描く”は、30分とるのが精一杯でした。
 冒頭、”究極のジェネラリスト”と”○○系の事務屋のプロ”の事例を紹介して、
 ”方向性”も大切にするように伝えるだけで、
 他にも伝えたい事例やメッセージがあるのですが、カットです。
 それでも、事前課題から始まり、一日駆け足で自分と向き合ってきたのですが、
 最後に将来像を描くことで、点であった各課題が線や面に近づきます。
   
 ●自分の人生だから、悩み楽しみながら実現させることの意味を実感してもらう、
 ●これが全てではなく、一つの流れ・方法論として理解した上で
  今後は自分のペースで納得できる方法で将来像を描き実践して欲しい
 というメッセージと、”自分と向き合う意味”を紹介して、
 メッセージを送り終わった瞬間に、終業のベルが鳴りました。
 
名古屋駅に向かう電車の車内で確認した感想ラベル、
午前中の空気から考えると驚くほど前向きになってくれた感想が多かったです。
主事・主任級では、前向きではあるがアッサリした感想も多いのですが、
今回のメンバーは1日悩みながら、ひっかかりながら、過去を振り返り、
将来を考えたことで、様々な感想を持ってくれた様です。
階層別で2日コースを担当できれば、もう少し丁寧なフィードバックも出来るのですが、
全体の一部にしか伝わりません。
公募制にすることで受講者の間口が広がり、彼らが職場で元気に働いてくれれば…
と思いながら、この状況を楽しみたいと思います。

感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 11:37| Comment(0) | 日記