2016年10月24日

6年目研修第1班

自宅ですが、夕方から豊橋に移動です。
先週の6年目研修第1班の2日間をまとめておきます。

【10月20日(木) 1日目】

朝、ホテルの自室から眺めた景色です。
  IMG_20161020_062514.jpg

6年目職員研修第1班は、14名(女性4名)。
職歴ありは5名、技術専門職が3名、本年度異動者は5名、異動なしは3名、
直の後輩が居る者4名で、既婚者5名です。

開始前から、とても明るい雰囲気でしたが、
朝一番4つの質問も
”走っている”は12名、
”任されている”は7名、
”視野を広げている”は7名、
”仕事が充実している”は7名。
とまずまずの状態で、期待が持てます(笑)。

研修を楽しみにしてきた”メンバーが5名、、
主体性とは?”の問いに答えてくれたメンバー1名、
ガラスのコップの使いみち”では目標達成率85.7%(12名)、
結果として15個以上アイデアを出したメンバーが1名居ました。

自己紹介or近況報告を聞いていると、この年代で国や海外に派遣された(される予定)
のメンバーも居て、様々な情報交換や視点提供が出来るかと更に期待が膨らみます。

■”歴史と体験の共有化”は、当初60分にセットしたが、
 途中で確認するともう少し時間がかかりそうなので、昼休みを挟んで75分に再設定。
  IMG_20161020_110421.jpg
  IMG_20161020_110449.jpg
 3グループしかないので、話の内容も比較的聞こえてくるのですが、
 それぞれの歴史や体験が興味深い。
 職場も職種も年齢も違うのですが、公私に渡る経歴を共有化していく中で、
 共感をし、刺激を受け、元々同期が中心ですが更に親密度も深まります。

 昼食後、残る一人が発表して一区切りです。
 情報交換のまとめを、ポイントを絞って整理して、そのまま次の課題に入ります。

■”将来像を描く”意味について、”58才軍団”の事例を紹介した後、
 ”働く意味”の整理に入ります。
 働く目的の%で、お金の割合は20%〜100%の幅があり、
 ボリュームゾーンは50%で次に80%が少し目立ちました。
 消防士さんが1名居ましたが、いつもの様に”消防士”さんの事例も紹介する。
 一旦休憩を取り、グループ内で情報交換するのですが、
 今回は少人数なので午前中に”4つのステップ”を伝えているので、説明も楽です。

■初日の最終コーナーは、”財産目録づくり”の個人ワークと”プチ自慢大会”。
 冒頭、”事務職の存在理由”と”汎用能力”について問題提起してから各論に入ります。
 まず、拡散思考15分でラベルを作成し、収束思考10分でラベルを貼ります。
 個人ワークとは言え、情報交換しつつお互いを高め合いながら25分間集中します。
  IMG_20161020_150621.jpg
  IMG_20161020_150901.jpg

 自慢大会は、作成した財産目録をグループ内で10分ほど共有化してから、
 ”他流試合”にしました。
 役所の研修では、意向を確認すると拒絶されることが多いので、黙ってやります(笑)。
 今回のメンバーは、乗りが良くて助かります。
  IMG_20161020_153519.jpg
  IMG_20161020_153702.jpg
  IMG_20161020_154145.jpg
  
 財産目録を増やし、一部深堀することがメインテーマですが、
 職場・職種・個人が違えばアプローチも違うし、
 更には様々な職場や職種での頑張りや苦労があることを認識できます。
 自主運営なので最後は流れ解散になりましたが、休憩を含めて55分かけて、
 各チーム共に集中してくれました。

ホテルに戻り、自室ではなく、クラブフロアーで感想ラベルを確認すると、
前向きで素直な感想ばかりです。
初日の動き方を見ていると、明るく前向きだが、自信家も多いと思っているので…(笑)。
ただ、若干モヤモヤしているメンバーも居るようなので、
夜も朝も気合を入れて、感想ラベル(メンバー)と向きあいます。


【10月21日(金) 2日目】

6時前に起床して感想ラベルを読み返すと、
新たなコメントも浮かんでくるが、
14名分の割にはコメントが多くてくどいので、削除に入ります。

2日目朝一番、メンバーは元気そうです。

■5分間のフリートークは省略して、いきなり感想ラベルの共有化です。
 途中”能力開発のポイント”コーナーも設定したので、結局60分かかりました。
 ただ、途中で1名が業務の都合で席を外したので、
 教室の空気も考えて10分間休憩で逃げる。
 休憩後1名分共有化して終了です。

■”将来像を描く”は、”84才のおばあ”の事例を紹介し、
 民間バージョンですがサンプルを紹介して30分個人ワークに取り組みます。

 ”より大きく””より具体的”な将来像に近づける様にオリエンテーションをしてから、
 60分の情報交換です。
  IMG_20161021_110506.jpg
  IMG_20161021_110533.jpg
  IMG_20161021_110518.jpg

 耳をダンボにしていると深い話もしているので、10分ほど延長しました。
 発表者は各論に入る前に将来像を描くにあたり力の入れどころを説明し、
 聞き役も発表者に対して将来像だけではない、前日の話題等も入れながら、
 多面的に質問しアドバイスをしておりました。

昼 食
前日同様、事務局のIさんにおつき合い頂き、昼食へ。
この日は、最近見つけたという”五月寿し”さん。
小さなお店ですが、おとなしい大将とお茶目な女将の組み合わせが絶妙です。
  IMG_20161021_123747.jpg
いつもの様に、半世紀近くの商売の苦労話を始め、根掘り葉掘り聞かせてもらいました。
辞めようとおもったことは何度もあったが、これしかないし、一から出直すのもね…。
という大将の言葉が、飽きっぽい私には新鮮でした。

■午後からは、”将来像を実現する為の課題づくり”に取り組みます。
 13:10過ぎに全員が揃ったので、”某市役所のママさん”の事例を紹介して、
 ”今が大切だが、今だけしか見ていないと徐々に軌道がぶれているいく危険性も…
 ”積極的な意味での仕事生活と私生活のバランスが大切
 というメッセージを伝えます。

 午前中の情報交換を振り返り、”将来像を描く”までは行かなくても、
 ”今の仕事が好きだと実感する””市民の役に立ちたいという思いを新たにする
 ”問題もあるが、この仲間とだったら協力して乗り越えられる
 と思えたら、それだけでも半歩か一歩前進です。

仕事系のテーマは、私が冒頭リードしているので、個人ワークは5,6分です。
 分析結果は、”かなり恵まれている”は2名、
 大半は”まずまず恵まれている”のですが、
 ”やや恵まれていない”が4名でした。
 ただ、2日間の行動からすると、もっと恵まれていると思っていたので、
 何が問題なのか、何故そう思うのか話し合ってもらおうと考えて、
 いつもは25分ほどですが、今回は40分かけて共有化しました。
 そこそこ恵まれている人はともかく、恵まれていないと捉えているメンバーには、
 視点を変えたり、自身の体験を伝えて、少しでも前向きに課題解決に取り組めるよう
 働きかけをしてもらいました。事実、なかなか深い議論が出来ていました。

 まとめも、コーチングの基礎や知識の活かし方等も含めて熱く語り、
 一旦休憩ですが、この直前に鳥取県中部地震の影響で、会場もかなり揺れました。
 2日前には倉吉に居たので他人事とは思えません。ご無事を祈ります。

 午前中まで描いて共有化した将来像も、自分だけで実現するのは難しい。
 ところが、走っていると周りに様々な人的財産が居てくれることに気づいていません。
 人系のテーマに関しては、個人ワーク20分で整理して、
 20分間ですが仲間と情報交換しました。
 楽しそうに情報交換しており、最後に私からは
  ・”人に興味や関心を持つ
  ・”会いたいと思ったら、すぐ手を打つ
 事例とメッセージを送りました。

■最終コーナー”仲間に映った自分”は時間内で50分確保。
  IMG_20161021_154902.jpg
  IMG_20161021_154923.jpg
  IMG_20161021_154944.jpg

 今回も、コメント作りは早めに終えて、ラベルをプレゼントした後に
 お礼・感想・疑問点の確認に時間を割くグループがあれば、
 コメント作りにじっくり時間をかけるグループがあるなど、
 3グループともに自分達で話し合い方針を決めて取り組んでくれました。

 仲間から貰ったラベルは、耳に心地よい内容も痛い内容もあると思うのですが、
 2日間過ごしたメンバーからの指摘なので思いのほか素直に受け止められます。
 この経験を、今後自身が後輩やスタッフ、将来の部下やお子さんをリードしていく時に
 活かして欲しいと熱いメッセージを送って研修は終了です。

自宅に戻るこだまの車内で確認した感想ラベル。
全員がスッキリとは言えませんが、
多くのメンバーが、悩みや不安を抱えながらも、前に向かってくれたと思います。
すでに、FBのお友達も増えました(笑)。
彼らの感想は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 12:09| Comment(0) | 日記

2016年10月23日

40代前半のキャリアデザイン研修

【10月18日(火) 1日目】

数年ぶりに、昔留めて頂いていた水明荘に泊まったのですが、
朝の東郷湖の景色が素晴らしい。
  IMG_20161018_064930.jpg
  IMG_20161018_064940.jpg
  IMG_20161018_064950.jpg

さて、某市役所40代前半のキャリアデザイン研修は、32名(女性17名)。
39才〜44才が中心で、職歴ありが10名、技術専門職が8名。
本年度異動者10名、過去に異動が無い人は居ませんでした。
直属の部下や後輩が居るメンバーが7名です。
女性が過半数である性か、開始前から会場内は賑やかです(笑)。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は23名、
”任されている”は16名、
”視野を広げている”は10名、
”仕事が充実している”は12名。
前半の3項目は前回の研修より良好でしたが、
充実している”は残念ながら半数以下でした。
それでも、私の解説を聴いてくれる姿勢が強いので、期待が高まります。

研修を楽しみにしてきた』メンバーは居ませんでしたが、
主体性とは?』に応えてくれたメンバーが1名居て救われる。
もっとも、8年前に別の研修で出会いそれ以降仲良くしてもらっている人ですが…。

”ガラスのコップの使いみち”では、
 目標を達成できたメンバーが59.4%(19名)、
 15個以上アイデアを出したメンバーは1名で、目標30個で実績19個でした。
 頭を柔らかくした後に、”私は○○○○○である”で5分間自身と向き合います。

■オリエンテーションを終えて、“歴史と体験の共有化”に入るのですが
 6人の班が2つあるので、思い切って90分かけました。午前中は約60分。
  IMG_20161018_112731.jpg
  IMG_20161018_114953.jpg

昼 食
 昼食は、前回同様事務局様にご案内頂き、ワンコインランチのお店に。
 話しこんで写真を撮り忘れましたが、道楽かと思うほど味もボリュームも満点です。
 また、お店を出るとすぐ脇がこういう景色です(笑)。
  IMG_20161018_124820.jpg

 午後からも自主的に情報交換を開始してくれましたが、
 中には午前中が2名で午後の30分で3名消化というグループも…。
 絶対に無理だと思ったが、後半のメンバーが努力して巻いてくれました。
  IMG_20161018_154151.jpg

 全員と顔見知りではなかったと思いますが、
 互いの歴史や体験を共有化し、人が頑張れる(頑張れない)要因や
 どの様な経験を通じて成長・自律・独立していくのか、体験的に学ぶことが出来ます。
 この情報交換を終えた後の、グループ内の親密度がグーンと高まっていきました。
 最後に、少しテーマを絞ってまとめのメッセージを送りましたが、
 集中して聴いてくれたと思います。

 直後の休憩時間、私から向かって両サイドに盛り上げ役の両横綱が居るのですが、
 濃いキャラが濃いキャラにアドバイスしているので、微笑ましかったです(笑)。

■”将来像を描く意味”について、他社事例を紹介した後、
 ”働く意味(自分が何を実現したいのか)”を整理します。
 まず、働く目的の仮説を立てるのですが、
 お金の為に働く割合は、10%〜97%の幅があり、
 ボリュームゾーンは80%でした。
 前回は他の役所と比較してもお金の割合が低かったですが、今回は民間並みです。
 その後個人ワーク25分弱、グループ内で10分間情報交換ですが、
 整理(文章化)してもう一度見直すと、先ほどの割合が微妙に変わったりします。
 変えることが主題ではないが、感覚的に捉えることと文章化の違いもあります。
 
 最後に、能力に関する問題提起(事務屋の存在意義、汎用能力)をして、
 次の課題の予告をして、一旦休憩です。

■初日の最終コーナーは、能力や財産の棚卸しです。
 ”財産目録づくり”は、”和菓子職人さん”の事例を紹介して刺激を与えた後、
 ”カンニング大歓迎”の個人ワークに25分間取り組みます。
 拡散思考15分で財産目録をラベル化し、
 収束思考10分でラベルをシートに貼って分類します。
 普通は、冒頭ワイガヤですが、しばらくすると黙々と個人作業に入ります。
 でも、今回だけは25分間、誰かしらが声を出し、笑っておりました。
  IMG_20161018_154151.jpg
  IMG_20161018_154217.jpg

 まず、”給食調理員さん”の事例を紹介して、能力を難しく考え過ぎないように、
 日々の仕事を振り返ると、自分なりの努力や工夫が見えるからと伝えます。
 情報交換は、他流試合にせず、50分間で自主運営に任せました。
 最近では、能力の情報交換にこれだけ時間をかけることは珍しいのですが、
 互いのラベルを増やし、一部深堀をし、ラベルの位置を(高めに)貼り替えます。
 ほぼ同年代ですが、職場や職種の違い、個人差で仕事の進め方も違ってきます。
 ここでもワイワイガヤガヤ賑やかに楽しんでくれたと思います。
  IMG_20161018_160730.jpg
  IMG_20161018_160809.jpg
  IMG_20161018_162854.jpg


【10月18日(火) 倉吉オフ会 】

今回は、ホテルが遠いので、常宿で一旦小休止。
大好物の、辛口ジンジャーエールを楽しみながら、感想ラベルの確認です。
    IMG_20161018_171752.jpg

感想は、来る前は嫌だったが、来てみると楽しんでくれたようなのでホッとしました。
中には手ごわい感想もあるので、オフ会終了後ホテルに戻って闘います(笑)。

元&今回の受講生Mさんが仕事で抜け出せないので、
一人オフ会の会場に向かいます。
向かった先は倉吉駅傍の居酒屋”つなみ”さん。
鳥取に来始めて以来の友人から事務局様まで、
2才?から70才手前までの老若男女が12名が集まりました。
  IMG_20161018_190515.jpg

学生人材バンクの玄洋さんは、
可愛くて優秀な秘書さん2名を鳥取から引き連れての登場です(笑)。
  IMG_20161018_182947.jpg

話し込んでまたも料理の撮影を忘れてしまいましたが、
地元の前向きなおじ様方と市職員との会話(バトル?)も刺激的でした。
  IMG_20161018_202340.jpg
  IMG_20161018_202719.jpg

この様な関係を、少しずつ広げてもらえればと願っております。


【10月19日(水) 2日目】

前日オフ会から戻り感想ラベルのコメントをまとめたが、この日も早起きして見直す。
この日の東郷湖の景色が、微妙に違います。
  IMG_20161019_060750.jpg

朝一番、この日も開始前から元気です!!
まずは、5分間のフリートークで、眠気と緊張感を飛ばします。

■感想ラベルの共有化は、断腸の思いで24名分に絞りました。
 それでも、懐疑派をなだめ、迷い派を元気づけ、
 能力開発のポイントをテキストに戻り解説していると、結局65分かかりました。
 彼らの感想に寄り添ったつもりですが、彼らも集中して聴いてくれたと思います。

■魅力的で具体的な将来像を描く為の要素は、最低3つあります。
  1.自分が何を実現したいのか(長期的視点で) ⇒ 働く意味
  2.自分に何が出来るのか           ⇒ 能力や専門性(財産)
  3.自分が何をしなければならないのか     ⇒ 役割や使命

 1.と2.まではなんとか終えたので、3.に入ります。
 民間であれば、”会社の自己否定”に取り組むが、役所は環境の変化の共有化です。
 各自のフィルターを通した変化を、40分弱かけて共有化しました。
 環境の変化に適応していく為に、組織の存在意義・理由を考えて、組織的に対応する。
 そのことがやらされ感や受け身にならない様に、主体的な課題を設定する。
 本研修を契機に、こういう視点を持ちながら仕事をして欲しいと願っております。

■午前中の最後は、個人ワーク30分で将来像を描きました。
 まず、”84才の元気なおばあちゃん”の事例を紹介し、
 将来像を描いて実現することに、早いも遅いも年齢も関係ないことを伝えた上で、
 簡単な手順を説明し、民間バージョンですがサンプルも提示します。

昼 食
昨日に続き、白壁土蔵群の一角にあるオヤジさん独りで切り盛りするお店。
前日の鯖の塩焼き定食と言うより御膳もすごかったが、
最初にカレーが出てきたので食べていると
  IMG_20161019_121736.jpg
後からこんなものまでついてくる…(笑)。
  IMG_20161019_122106.jpg
この日のランチもボリュームたっぷりで、ワンコインでしたぁ(笑)。
こちらのお父さんの経歴が興味深いが、個人情報なので内緒です。

 12:50開始だったので慌てて戻り、午後からは午前中描いた将来像の共有化です。
 情報交換は50分で何とか収めてくれました。
  IMG_20161019_131929.jpg
  IMG_20161019_132023.jpg

 仕事に私生活に幅広い観点から将来像を描き、
 仲間に発表して確信を深め、更に質疑応答&アドバイスで夢を大きく具体化します。
 個別に見ると、将来像を描いていない(描けない?)メンバーも居たようですが、
 魅力的で具体的な将来像は難しくても、事前課題から2日間の研修を通して、
 今の仕事が好きだ、この仕事を通して市民に貢献したい、この仲間とだったら頑張れる
 と思えたとすれば、それだけでも半歩か一歩前進だと思っております。

 まとめは、”仕事と私生活の積極的なバランスを取るママさん”の事例を紹介し、
 私生活の夢や将来像を実現しようと思ったら仕事もやり方を替える筈
 という話をして、”将来像を実現させる”課題に入ります。
 
■次に将来像を実現させるために、仕事系人系の現状分析をして課題を設定します。
 仕事系の分析では、環境的に恵まれているメンバーも2割近く居たのですが、
 厳しい環境と認識しているメンバーもそれ以上に居たので、
 コーチング等にも触れながら、いつも以上に声を大にして熱く語りました(笑)。

 人系の分析は、個人ワーク30分(休憩含む)、
 情報交換はテーマを絞って25分でしたが、
 最後まで電池が切れることなく、集中してくれたと思います。
 まとめは、
   ・今まで以上に人に興味や関心を持って欲しい
   ・会いたい人が居たり、やりたいことがあれば、まず出来ることから行動を起こす
 というメッセージを送り、最終コーナーに入ります。

■最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
 2日間過ごした仲間から、”良かった点”と”改善点(強みを活かす)”を指摘されると、
 嬉しかったり悔しかったりするだろうが、意外に素直に受け止めることが出来ます。
  IMG_20161019_161653.jpg
  IMG_20161019_161632.jpg

 最後に、2日間過ごした仲間からのフィードバックだから素直に受け止められたことを、
 今後の部下や後輩(お子さん)の育成にも活かして欲しいと伝えて、2日間終了です。

倉吉駅から豊橋市に向かう電車で確認した感想ラベル、嬉しい内容が多かったです。
全員がスッキリしてくれたとは言えませんが、
気になっていたメンバーが、自身の心情を素直にまとめてくれたり、
ほんの少しの変化ですが、感じました。
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 17:47| Comment(0) | 日記

昇任試験事前研修

土日は、のんびり自宅作業中です。
先週は鳥取県倉吉市で研修していたのですが、
火曜日の夜地元の友人達と騒いでいたので、地震の一報に驚きました。
まずは1週間、予断を許さないと思いますがご無事を祈っております。

月曜日からの研修を順番に振り返ります。

【10月17日(月)】

地元船橋市のお隣のお隣の某市役所で昇任試験事前研修を担当しました。
マイカーでお邪魔するのですが、到着時は生憎の雨模様…。
  IMG_20161017_080725.jpg

今年のメンバーは、28名(女性10名)で、平均年齢は46.9才。
職歴ありは6名、技術専門職は9名です。
過去の受講者は研修免除なのですが、任意のリピーターが6名。
確かに、見たような顔がチラホラと…(笑)。
今年は受験資格をとってすぐのメンバーが7割弱居ます。

4つの質問に対する回答は、
仕事で走っている”は22名、
仕事を任されている”は15名、
視野を広げている”は7名、
仕事が充実している”は11名。
視野を広げている”の割合が低いのが気になるが、
その他の項目は割合からしても昨年以上です。

朝一番の挨拶はそこそこ元気でした。
研修を楽しみに来てくれた”メンバーは居ませんでしたが、
感想ラベルを読むと実は楽しみに来てくれたメンバーが複数居ました。
4つの質問の解説に対して、傾聴姿勢があるし、メモを取る人も居たが、
主体性とは?”に答えてくれたメンバーは居ませんでした。
自己紹介全て4名体制なので8分にセットして、時間通りに終了です。

■”思い込みの排除”と”相互学習”を意識してもらう為に、
 ”部下育成は必要ない!?”という模擬ディベートに取り組みました。
 この演習も、作戦タイムから盛り上がります。
  IMG_20161017_102724.jpg
  IMG_20161017_102749.jpg
 会場の隅に集まりひそひそ話で作戦を練るのですが、
 乗りの良さは今年も同様です。

 ”ディベートモード”も”仲良しモード”もかなり真剣でした。
  IMG_20161017_103831.jpg
  IMG_20161017_103844.jpg
 随分笑い声の多いディベートモードですが、仲良しモードでは、
 自身の体験や職場の状況等も説明しながら真面目に話しています。
 少し欲張りかもしれないが、自身の期待と部下の考えや思いがずれた時に、
 ”まず相手を受け止めて、次に視点を変えてあげる”トレーニングにもなると
 アドバイスしております。

■模擬ディベートで、部下育成に対する”問題意識”や”疑問””不安”を共有した後、
 互いの歴史や体験を共有していく中で”人が育つ要因”を整理します。
 
 この研修を通して、昇任することは”目的”ではなく、
 立場や役割を活かして、部下を巻き込み自己実現を図る”手段”であることを力説し、
 ”一国一城の主”として、”仕事構想”や”職場構想”を描くことの意味を伝えました。
 更に、”理想像”を描くためには、
  1.自分が何を実現したいのか(長期的な視点で) ≒ 仕事観
  2.自分に何が出来るのか ≒ 能力や専門性
  3.組織の一員として自分が何をしなければならいのか ≒ 役割や使命
 を整理することが重要であり、それは仲間の体験に興味と関心を持って聴くことでも
 ヒントは貰えると伝えております。

 情報交換に入る前に、働く目的の%を1分かけて仮説を立てたのですが、
 今回は、グループの中で数分間の共有化に留めました。
 働く意味の重要性を”誰の為に働くのか”という観点で事例を紹介した上で、
 部下やスタッフに対して『ありがとう』を大切にしようと伝えました。

 ここで、残り時間が50分あったので、情報交換は午前中に済ますことが出来ました。
 毎回ですが、互いの歴史や体験を共有化することで、親密度が増していくし、
 自身だけではなく、部下や後輩をリードしていく上でのヒントももらえた筈です。
  IMG_20161017_111701.jpg
  IMG_20161017_111737.jpg

 午後一番の振り返りは、2つの項目に絞って行いましたが、
 いつも以上に”部下や後輩(お子さん)”との関連を意識づける様にしております。
 ”辛いことから目をそむけずに過去と仲良くしながら、将来に活かしていく意味”は、
 自身の体験を部下指導や育成に活かして欲しいという願いから必ず伝えております。

■残り時間は2時間弱ですが、昨年よりは少し余裕があります(笑)。
 マネジメントに関しては、全体像を説明し、個人で5分間チェックリストに取組み、
 その後4名でチェックした結果について、あるいはメッセージが伝わってくるか
 話し合ってもらいます。
 短時間なので、”部下育成”を中心に、体系づけて情報提供しております。
 それぞれのテーマの主旨を先に説明して、課題をまず個人で整理分析した後、
 グループ内で各自の分析結果や感想や気づきを共有化してもらいます。
 互いの実体験を共有することで、より具体的なヒントを得ることが出来ます。
 理解するだけでなく現状分析をする流れを大切にしたのですが、
 時々コーチング等部下との接し方のヒントも伝えました。
 日頃無意識に実践している行動も、裏づけがあると自信を持って先に進めるし、
 だからこそ知識も大切だと伝えることで、より自分事として受け止めてくれた様です。
 締めは、『部下や後輩の様子がおかしい時に、まず何をするか?
 という問題提起をしております(笑)。

 今回の研修は、マネジメント系のテーマですが、一連の流れの中で
 ”働く意味”の仮説を立てて、
 能力に関しても”強みを伸ばす”ことの重要性に触れることが出来ました。

 去年の流れはあまり意識せず、キャリアの要素は抑えたつもりですが、
 根底には”キャリア”の要素が脈々と流れています。
 私が担当する以上、それしかありません(笑)。

 最後は、”自分と向き合う意味”を再度確認して、時間内に終了です。

 例年は歴史民俗博物館に寄って帰るのですが、
 今回は夕方から倉吉に移動なので、残念ながら直帰です。
  
一旦自宅に戻って倉吉への移動中に確認した感想ラベルですが、今回も
マネジメント系”というより”キャリア系”の内容が中心でした。
11月に若手のキャリアデザイン研修も担当しているので、今回のメンバーには
キャリアサポーター”になって欲しいという願いもあるので、確信犯。
全体を通して、”元気になって欲しい””自分(関係者も含めて)を大切になって欲しい
というメッセージは伝わった様です。

彼らの感想は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 10:29| Comment(0) | 日記

2016年10月16日

40代のキャリアデザインセミナー(8)

【10月14日(金) 第8班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第8班は、34名(女性8名)。
前日は、自分としてはスムーズな流れを作れたと思っているが、
果たしてこの日も通用するか…。

職歴あり0名、技術専門職23名、本年度の異動者2名、異動歴なし4名です。

4つの質問ですが、
”走っている”は20名、
”任されている”は17名、
”視野を広げている”は5名、
”仕事が充実している”は13名。
研修開始前から賑やかだし、朝一番の挨拶が良い。
手上げの状態も良好とまでは言えないが、まずまずの状態で、
何より私の解説を聴いてくれる姿勢がいつも以上。
11分の自己紹介の様子を観察しているだけで、
ほぼ上手く行くだろうと判断しました(笑)。

研修の流れは、第7班とほぼ同様ですが,少しずつ変更しております。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 個人ワークと情報交換を無邪気に楽しんでくれた様です。
 更に、この課題に取り組む意味を種明かしするのですが、
 ここでクスッと笑って欲しいと思う所で、右側の3グループがゲラゲラと笑う。
 但し、左側の4グループはそうでもありません(笑)。

■将来像を描き実現する為の切り口である
 will,can,mustの関係を説明してから、
 自社を否定する模擬ディベートに入ります。
 予想通り、チーム編成から盛り上がり、作戦タイムもお約束通り形から入ります。
  IMG_20161014_105002.jpg
  IMG_20161014_105104.jpg
   
 10分の作戦タイムを終えて元に戻り、ディベートモード〜仲良しモード。
  IMG_20161014_110306.jpg
  IMG_20161014_110318.jpg

 笑いの多いディベートモードでしたが、かなり辛辣な意見も出ていたし、
 ”ディベートモードの仲良しモード”もあちらこちらで見られました。
 とはいえ仲良しモードでは各自の仕事や職場を通した自社の存在理由や強み弱み、
 そしてそれぞれの立場で各自が努力と工夫していることも交換できました。
 大上段に構えなくても、こういう情報交換をしていく中で、
 意識が少し高まるメンバーも居てくれた様です(笑)。

■ここまではいつもと同じ時間配分で流れていき、
 ”互いの歴史と体験の共有化”は、11:40から開始できました。
 最低でも1名は発表できたと思います。
  IMG_20161014_114519.jpg
  IMG_20161014_114536.jpg

 12:50から午後の部の開始ですが、早めに集まるグループもありました。
 午前中である程度見通しがついている筈ですが、
 いざ話し始めると仲間の発表を聞きながら様々なことを思い出していき、
 後半になればなるほど時間が延びていく傾向もあります。
 朝から賑やかな3グループは、ほぼ時間通りに終わったのですが、
  IMG_20161014_133600.jpg
 反応が薄かった4グループは全て残業していました。
  IMG_20161014_133552.jpg

 食いつきどころが違います(笑)。
 今回は話好きなメンバーが多いので覚悟していたが、
 予定時間にまだ1.5名残っているグループもあり、相談して休憩15分で逃げる。
 休憩が無いグループもあったのですが、いつも通りグループ内の凝集性が高まり、
 私のまとめも集中して聴いてくれたと思います(笑)。

■”自分らしさ”を整理して、”将来像”を描きます。
 ”働く意味:will”の働く目的では、
 お金が10%〜100%の幅があり、今回も前回同様80%と4、50%が目立ちます。
 働く意味は、メンバーにとって意外と新鮮な様で、皆さん集中してくれます。

■最後は”能力の棚卸し:can”です。
 ”財産目録づくり”は、
 ”和菓子職人”の事例を紹介して、個人ワークに入ります。
 拡散思考(ラベル作成)と収束思考(ラベル貼り)を合わせて25分ですが
 ”カンニング大歓迎”で仲間と相談しながら進めるように指示をしたが、
 今回はいつも以上に相談しながら取り組んでくれました。
  IMG_20161014_152447.jpg
  IMG_20161014_152456.jpg

 庶務系のメンバーから技術や専門性が高い中で辛かったという感想もあったので、
 『組織や職場は、様々な資格・役職・職種の人が支え合い助け合い成り立っている
 というメッセージを送って、”プチ自慢大会”に入りました。
  IMG_20161014_155632.jpg
  IMG_20161014_155710.jpg

 具体的なことは書けませんが、資格役職も職種も乗り越えて、
 発表者の話を集中して聴きながら、視点を変えてラベルを増やし、
 発言内容やラベルに関する質問をしながら、発表者の確信を深め、
 自信を持ってもらえるような働きかけもしてくれていました。
 今回は、元気で声も大きいので、いつも以上に話の内容が聞こえてくるのです(笑)。
 まとめは、
  @個人だけでなく、職場や組織としての棚卸しも考える
  Aラベルが少ないのは『こんなものは当然!』と思い込んでいる可能性があるので、
   自部署に限定しないで自身の能力や財産を活かす場面を増やすことを考える
  B強みや好きなことにとことん打ち込みながら、弱みを徐々に改善する
  Cどこに出しても通用する、汎用能力を伸ばしていく
 と伝えましたが、
 ここでも、部下や後輩あるいは子どもへの接し方のポイント等も加えております。

■”将来像を描く”では、”夢に向かう84才のおばあさん”の事例を紹介して、
 彼らを勇気づけてから個人ワークに入ります。
 45年間走ってきたことを、
 セミナーを受けて、20分弱の個人ワークで将来像を描くのは大変ですが、
 しっかり描いてくれる人も意外と多いのです。
 具体的な将来像まで描けなくても、
  ◆今の仕事が好きだと実感する
  ◆自身の仕事を通して、顧客や社会に貢献する思いを確認する
  ◆まだまだ難問山積だが、ここで出会ったメンバーと一緒に前進したい
 と思ってもらえれば、それも半歩か一歩前進だと伝えております。
 事前課題〜セミナー〜事後課題を通して、
 もう一度ゆっくり過去を振り返り、現在地を確認し、将来像を描き実現してもらえるよう
 更に具体化して実践して欲しいと伝えております。

 描いた将来像を実現させる為に、モヤモヤしている将来像を明確にする為に
 ”人を巻き込む””仕事と職場を見直す”課題の付録の存在を紹介し、
 事後課題の作成目的と手順を簡潔に伝えました。

 最後に、”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
自宅に戻るこだまの車内で確認した感想ラベルは、前向きな内容がほとんどでした。
その時はややアッサリ系かなと思っていたのですが、
自宅で1枚1枚をエクセルに落としてみると、更に熱いメッセージが伝わってきます。
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 11:43| Comment(0) | 日記

2016年10月15日

40代のキャリアデザインセミナー(7)

【10月13日(木) 第7班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第7班は、26名(女性8名)。
前回の反省を踏まえ、かつ前日の気づきも活かし、リセットして臨んだのですが…。
職歴あり0名、技術専門職17名、本年度の異動者4名、異動歴なし4名です。

4つの質問ですが、
”走っている”は15名、
”任されている”は14名、
”視野を広げている”は2名、
”仕事が充実している”は2名。
朝一番の挨拶は元気がないし、
手上げの状態はかなり厳しく、特に充実しているが2名となると…。
人数が少ないことを差し引いても、会場の空気が重く感じました。
かなり不安な船出です(笑)。

それでも、4つの質問の解説に対する傾聴姿勢は普通だし、
自己紹介で声を出した辺りから、徐々に元気が出てきたように思います。

研修の流れは、第6班とほぼ同様ですが,試行錯誤で少しずつ変更しております。

■”ガラスのコップの使いみち”では、
 3分間の個人ワーク、5分間の情報交換と進んだが、反応はまずまずでした。

■自社を自己否定するディベートの前に、
 will,can,mustの関係を説明します。
 自分らしく将来像を描いて実現させる為には、この3つの視点が大切であり、
 まず、組織の一員としての使命や役割:mustを整理します。
 作戦タイムは、いつもの様にそこそこ盛り上がるが、
 1グループだけ戸惑いがあるのか作戦タイムに入れません…(笑)。
  IMG_20161013_105043.jpg
  IMG_20161013_105111.jpg
   
 10分の作戦タイムを終えて元に戻り、まずはディベートモード。
  IMG_20161013_110253.jpg
  IMG_20161013_110304.jpg
 あくまでも模擬ディベートなので、形式無視の内容重視ですが、
 口火を切ったチームのペースで話題が終始しがちだし、
 どうしても発言者が偏るのは覚悟の上。
 ディベートは対立の関係の筈ですが、何故かクスクス笑い声が聞こえてきます。

 それでも、仲良しモードでは各自の仕事や職場を通した、
 自社の存在理由や強み弱みを発表してくれましたよ。

 まとめは、この課題を初めて導入した企業や、今年で21年間担当している企業の
 事例を紹介し、”自身のキャリア”だけでなく”会社の将来”を考えて、
 自分に何が出来るかを考えるキッカケにしようと訴えております。
 また、”部下や後輩(家族)のキャリア支援”を
 より強く意識してもらえる様メッセージを送っております。

■午前中最後の”互いの歴史と体験の共有化”は、
 昼休み50分を挟んで60分の自主運営にしました。
 前段を早送りして、11:40から開始できるようにしたので、
 最低でも1名は発表できます。
  IMG_20161013_114308.jpg
  IMG_20161013_114317.jpg

 12:50から午後の部の開始ですが、少し早めに集まるグループもあります。
 トップバッターは戸惑いもあるし、周囲も照れがあるのですが、
 2人目3人目となっていくと徐々に様々なことを思い出し、話が長くなります。
  IMG_20161013_131431.jpg
  IMG_20161013_130227.jpg

 時間通りに情報交換が終わり、いつも通りグループ内の凝集性が高まるのですが、
 私のまとめの傾聴姿勢は、やはり反応が掴みづらい…(笑)。

■”58才軍団”の事例を紹介して、
 目前の課題だけにこだわらず、先を見据えたテーマに取り組む意味を伝えた後、
 ”自分らしさ”を整理します。”働く意味:will”の働く目的では、
 お金が20%〜100%(複数)の幅があり、今回も80%と4、50%が目立ちます。
 個人ワークは25分、その後10分情報交換。
 個人ワークの間メンバーは黙々と取り組むのですが、
 前回とは空気感が違うように思いました。個人ワークは集中できるようです。

■最後は”能力の棚卸し:can”です。
 ”財産目録づくり”は、手順を解説し、
 ”和菓子職人”の事例を紹介してオーバー目にアピールする様指示をして、
 個人ワークに入ります。
  IMG_20161013_152338.jpg
  IMG_20161013_152350.jpg
 拡散思考(ラベル作成)と収束思考(ラベル貼り)を合わせて25分ですが
 ”カンニング大歓迎”で仲間と相談しながら進めるように指示をするが、
 やはり黙々と個人ワークをしております。

 個人ワーク後は、”プチ自慢大会”という名の情報交換です。
 ”給食調理員さん”の事例を紹介して、少し視点を変えた上で交換に入ります。
  IMG_20161013_155124.jpg
  IMG_20161013_155152.jpg
  IMG_20161013_155220.jpg

 同じ企業グループですが、異業種交流でもあります。
 資格役職も職種も違うので、時には話についていけなくなることもあるのでしょうが、
 所々で相手の財産目録を増やそうと熱く語る場面が増えてきて嬉しかったです。

 まとめは、
  @個人だけでなく、職場や組織としての棚卸しも考える
  Aラベルが少ないのは『こんなものは当然!』と思い込んでいる可能性があるので、
   自部署に限定しないで自身の能力や財産を活かす場面を増やすことを考える
  B強みや好きなことにとことん打ち込みながら、弱みを徐々に改善する
  Cどこに出しても通用する、汎用能力を伸ばしていく
 と伝えましたが、
 ここでも、部下や後輩あるいは子どもへの接し方のポイント等も少し増やしました。

■”将来像を描く”は、20分弱でしたが、皆さん黙々と取り組んでおります。
 45年間走ってきたことを、
 事前課題と一日の研修で整理して将来像まで描くのは大変だと思います。
 具体的な将来像まで描けなくても、
  ◆今の仕事が好きだと実感する
  ◆自身の仕事を通して、顧客や社会に貢献する思いを確認する
  ◆まだまだ難問山積だが、ここで出会ったメンバーと一緒に前進したい
 と思ってもらえれば、それも半歩か一歩前進だと伝えております。
 ここで立てた仮説を、事後課題を活かしながら更に具体化して
 実現に近づけて欲しいと願っております。

 描いた将来像を実現させる為に、モヤモヤしている将来像を明確にする為に
 ”人を巻き込む””仕事と職場を見直す”課題の付録の存在を紹介し、
 事後課題の作成目的と手順を簡潔に伝えました。

 最後に、84歳の前向きなおばあさんの事例を紹介し、
 ”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
ホテルに戻って確認した感想ラベル、
気になる感想も一部あったのですが、概ね前向きに受けとめてくれたようです。
決して冷めていた訳ではなく、内省家が多かったのでしょうか。

メンバーの反応も大切なのですが、
今回は頂いた時間内に自分で納得できる流れで進行できたことに意味がありました。
翌日、もう一度同じ流れで進めて確信が得られれば良いのですが…(笑)。
 
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 18:41| Comment(0) | 日記

主任主事研修2016

自宅です。
昨日までのキャリア系研修1日コースを、順を追って振り返ります。

【10月12日(水) 1日コース】

主任主事研修は、28名(女性16名)です。
年齢は、確認できていないがたぶん平均年齢50才以上…。
職歴あり3名、技術専門職12名、本年度異動者は5名。

会場が本庁内なので9時開始だったが、全員が早めに揃い8:50開始。
開始前から明るい雰囲気で、朝一番の挨拶も例年通り元気です(笑)。

4つの質問ですが、
”走っている”は15名、
”任されている”は16名、
”視野を広げている”は7名、
”仕事が充実している”は12名。
必ずしも良好とは言えないが、
私の自己紹介や4つの質問の解説に対する反応は良いので期待できます。

研修を楽しみにしてきた”は1名居たが、
主体性とは?』に答えてくれる人は居ませんでした。
”ガラスのコップ”の目標達成率は60.7%ですが、
結果として15個以上アイデアを出したメンバーも居ませんでした。

ここまでの雰囲気がいつも以上に和やかだと思ったら、
10名が保育士さんと児童指導員さんでした。

全体の流れは、昨年と同様です。

■”ガラスのコップの使いみち”に関する解説を終えた後、5分ほど自分と向き合います。
 ”私は○○○○○である”を、拡散思考で思いつくまま書き出します。

■しばし、自身と向き合った後は、皆でワイワイガヤガヤ取り組みます。
 題して、”後継者育成は必要ない!?”という模擬ディベート。
 将来像を描き実現していく為の3つの視点、
  Will:自分が何をしたいのか(長期的な視点で)…仕事観
  Can :自分に何が出来るのか         …能力や専門性
  Must:自分が何をしなければならないのか   …使命や役割
 のうち、Mustから入ります。
 グループ内で、後継者育成の”必要派”と”不要派”に別れ、
 相手チームと離れて作戦会議。
  IMG_20161012_110339.jpg

 本番は、まず10分間の”ディベートモード”ですが、
 楽しそうに進めています。
  IMG_20161012_111401.jpg
 今回は、行政職(事務屋さん)VS専門職が目立ちます。
 ちなみに、7グループ全てが2名VS2名。

 ディベートモードでかなりガシガシやった性か、
仲良しモード”では各自の具体的な体験から重要性や不安・不満が出てきた様です。
  IMG_20161012_112744.jpg

■ディベートで議論することも大切だが、頭で処理しがちなので、
 互いの歴史と体験を共有化していく中で、人が成長していく要因を整理します。
 11:40から昼休み1時間を挟み、50分間でセット。
 事前課題が無いので、最初は戸惑いもあったと思うが、
 まずは午前中に1名が発表して、少し早めに昼休みに入ります。

【昼休み】
 昼食は、数年前に連れて行ってもらった魚の美味しい店にお邪魔して、
 大好きな鯖の味噌煮を注文したが、今年は青魚がどちらにお邪魔しても今ひとつ…。
 それでも、早めに教室に戻ると、保育士さんの有志が食事しながら話しており、
 『最近は、子どもの世話より保護者のフォローが大変で、
  カウンセリングも勉強しなければ…。もっと子ども達と接していたい。

 という切実な声を聞けて良かったです。

■午後からの情報交換も、かなり盛り上がりました。
  IMG_20161012_131258.jpg
  IMG_20161012_131310.jpg

 メインテーマは”人が育つ(独立する)要因”ですが、
 それぞれに人生があり、人が頑張れる要因や、育つ要因も違うし、
 苦労話や成功談を共有しながらグループ内の親密度が増していきます。
 彼らには、職場でも後輩や同僚の話を親身に聴いてあげて欲しいと願っております。
 振り返りのポイントや、後輩・後継者育成のポイントをアドバイスしたのですが、
 ”後輩(お子さん)の様子がおかしい時どうするか”という問題提起をしたところ、
 このテーマが響いたメンバーが複数居たようです(笑)。

■”将来像を描く意味”について、他社の事例を紹介しながら熱く語り、
 Willである”働く意味”を整理します。
 働く目的では、お金の割合が10%〜100%の幅があり、
 40%、50%と80%が目立ちます。

 個人ワーク25分弱、情報交換10分の後、
 ”誰の為に働くのか”という事例を2つ紹介し、
 ”ありがとうございましたの意味”について触れております。

■休憩をとらずに、Canの”財産目録づくり”に入ります。
 ”汎用能力”に触れた後、”和菓子職人さん”の事例を紹介して刺激を与え、
 ”カンニング大歓迎”の個人ワーク30分(休憩含む)取り組みました。
  IMG_20161012_153013.jpg
 ここでも、事前課題をやってないハンデを乗り越えて、
 メンバー同士で無邪気に騒ぎ相談しながら、課題に取り組んでいました。

 情報交換の前に、”給食調理員さん”の事例を紹介して、
 ”働く意味”と”能力”と”将来像”の関係も伝えます。
 また、”将来像を描く”ことだけを目的化しないで、日々の生活を振り返ってみると
 自分らしく前進するヒントがあることも伝えました。
 情報交換(プチ自慢大会)も25分ほどでしたが、仲間のプラス面を探して、
 質問やアドバイスを送ります。少しずつ互いのラベルを増やしておりました。
  IMG_20161012_160454.jpg

 最後に”強みを伸ばす”、”汎用能力を大切にする”、
 ”個人だけでなく、チームや職場の能力も考える”よう
 メッセージを送って、最終コーナーに突入です。

■最終コーナーは、1日を振り返り、仕事を始めてからを振り返り、
 ”将来像を描く”課題に取り組みます。
 駆け足で課題に取り組み、いきなり将来像を描けと言われて困ったと思いますが、
 個人ワークのみで20分弱かけました。
 ワークの前に、”84才のおばあの夢”を紹介して、
 将来像を描いて実現するには、年齢も早い遅いも無いことを伝え、
 更に長い人生の中で残りの仕事生活をどの様に位置づけて充実させるのか、
 等のメッセージを送ったのですが、黙々と取り組んでくれました。

■最後に、”仕事と私生活のバランスを取りながら頑張るママさん”を紹介し、
 ”自分と向き合う意味”を再確認して、時間内で終了です。

沼津に向かう新幹線の車内で確認した感想ラベルは、嬉しい内容が多かったです。
更に、直前の他社の研修で若干迷ったこともあったのですが、
この一日のメンバーの反応や表情を見ていると、
難しいテーマだからこそ、楽しみながら取り組んで欲しい
もっともっと元気になって欲しい、自分のことを大切にして欲しい
という願いを再確認できたので、もう少し肩の力を抜いた方が良いのかな
と気づけたことが収穫でした(笑)。

感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 15:43| Comment(0) | 日記

2016年10月09日

キャリア開発研修40第4班

【10月6日(木) 1日目】

キャリア開発研修40第4班は30名(女性7名)。
職歴ありは9名、技術専門職が19名、本年度異動者12名、異動なしは0名です。
本シリーズの最終戦ですが、有終の美を飾れるか…。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は19名、
”任されている”は11名、
”視野を広げている”は2名、
”仕事が充実している”は13名。
状態としては可も無く不可も無くという状態ですが、
研修を楽しみにして来た”メンバーが居ないのは当然として、
解説時の傾聴姿勢が弱いので、前日がよぎってしまいます(笑)。

研修の大まかな流れは、第1班と同様です。

■”ガラスのコップ”では、目標を達成できたのが66.7%、
 結果として15個以上アイデアを出したのは男女1名ずつでした。

■午後一番、積み残した拡散的思考と収束的思考の解説をしてから、
 ”先を見据えたテーマに取り組む”意味について解説し、
 ”歴史と体験の共有化”に入ります。
  IMG_20161006_133354.jpg

 6グループ全てが5人体制なので、無理とは思いながら60分にセットしたが、
 結局10分延長して10分間休憩でなんとか収まりました。
 いつもの様に、この情報交換を終えた頃からグループ内の凝集性が高まります。

■休憩前の課題について解説していると、少し傾聴姿勢が増した様でホッとする。
 ”58才軍団”の事例を紹介して将来像の重要性に触れた後、
 ”働く意味”を整理します。
 働く目的で、お金が0%〜100%の幅があり、20%と50%が目立ちました。
 個人ワークは25分弱で、その後10分で情報交換。
 まとめは、この場では”パパと息子の事例”と”誰の為に働くのか?”に絞りました。

■”財産目録づくり”に入る前に、
 時間を気にしながら”汎用能力についてのみ問題提起をしております。
 個人ワークは、”カンニング大歓迎”方式で30分(休憩込み)。
  IMG_20161006_161237.jpg
  IMG_20161006_161410.jpg

 ”プチ自慢大会”という名の情報交換は、最低25分は確保して
 流れ解散にしたのですが、一番遅いグループは17:15頃に帰って行きました。
  IMG_20161006_163438.jpg
  IMG_20161006_163500.jpg

 傾聴姿勢は弱いが、グループワークは元気なので心配はしていなかったのですが、
 最後まで楽しそうに情報交換している姿を見るとホッとします(笑)。

 研修終了後、たまたま残っていた明るく頑張るママさんを捕まえて、
 30分近く話し込んでいました。
 ママさんは、強くて優しいと改めて実感しました。
 
ホテルに戻り、確認した感想ラベル。
嬉しい内容も多いが、いつもとは違う内容もあり、波乱の翌日を予感する…(笑)。


【10月7日(金) 2日目】

■朝一番、5分間のフリートークで、緊張感と眠気を飛ばしてもらいます。

■感想ラベルの共有化は、50分を目標にして、ほぼ目標どおりに終了〜。
 この時間が長過ぎるというフィードバックもあり、
 30名を超える場合には人数を絞っているが、今回はジャスト30名。
 事例を極力抑えて短時間で一般化する方法でやったつもりだが…、
 後半の早い時間帯から白け鳥が何羽も飛んでいました。
 これも久々だし、今週は呪われた1週間かとまで考えてしまいます。
 それでも、一生懸命聴いてくれるメンバーが居るので、
 その人達の為にと気持ちを切り替えて最後まで続けました(笑)。

■10分間の休憩後、”環境分析”の共有化に入ります。
 時間は35分でしたが、事前課題の活かしながら集中してくれました。
 メンバー同士で盛り上がってくれるのが一番なので、この光景が嬉しいのです。
 と、再度原点を確認します。

■”将来像を描く”は、簡潔にオリエンテーションを行い、
 民間バージョンだがサンプルを紹介して、30分の個人ワークに入りました。
 サンプルを見る人も見ない人も居るが、
 昼休みに入っても筆記用具を握って悩む人も複数居たようです(笑)。

■午後一番、”某県庁の事務職員さん”の事例を紹介し、
 50分の情報交換に入りました。
  IMG_20161007_131124.jpg
  IMG_20161007_131202.jpg

 互いの将来像を、より大きく、より具体的にする情報交換ですが、
 他者の将来像を聞きながら、自身の夢が膨らむ可能性も広がります。
 なんとか延長5分に留めてくれたので、
 ”将来像を実現させる”課題へのブリッジをかけて、一旦休憩です。
  
■将来像を実現する為の課題づくりは、”職場と職務を見直す”から入ります。
 個人ワーク6分に、情報交換は25分にセットしました。
 今回は、仕事環境が”かなり恵まれている”2名、
 ”あまり恵まれていない”メンバーは7名でした。
 ”まずまず恵まれている”メンバーが大半なのですが、
 今年は、全体的として環境的に状況が厳しくなっているのかもしれません。
 私流の無責任なアドバイスを伝えます。その心は下記にあります。
 ”自分の過去も相手も変えることは難しいが、自分の行動は変えられる

■”人的財産を活かす”は、
 休憩込み25分で人脈マップを作成して支援内容を具体化し、
 テーマを絞って20分間で情報交換を行いました。
  @する人と自身の関係性や出会った契機、
  A今後の交際内容や支援内容です。
 5人5様の人的財産が居て、つき合い方もあるので集中して聞けるのでしょう。
 特に、今回は感想ラベルでも人や周囲に関する記述が多かったので尚更です。

■最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
 当事者がロビーで2日間を振り返り自己評価をしている間、
 残ったメンバーで仲間に対する期待と信頼と愛情を込めたメッセージをまとめます。
  IMG_20161007_161603.jpg
  IMG_20161007_164149.jpg
  
 全員分をまとめ終えたら各自に配り、お礼・感想・疑問点等を共有します。
  IMG_20161007_165207.jpg

 コメントのまとめも、プレゼントの交換も、思いのほか楽しそうでしたよ。
 メッセージは耳に痛い内容も心地よい内容もあるのでしょうが、
 2日間一緒に過ごした仲間からのものなので、素直に受け止めることも出来ます。
 最後に、この経験を活かして、今後の後輩や部下やお子さんをリードして行く時に、
 相手のことを知らないと先に進まないことを大切にして欲しいと伝えて終了です。

【10月7日(金)夜 静岡オフ会】

オフ会会場のホテルに到着して、確認した感想ラベル。
厳しい内容も覚悟していましたが、さほどでも無かったです。
むしろ嬉しい内容が多かったのですが、
感想ラベルには書かれていない本音もあることは忘れずに、次回に活かします。
嬉しい感想集は、すでにMCYHPにアップしております。

それにしても、今週の3日間は若干ハードだったので、20分ほど休憩です。
  IMG_20161007_174830.jpg

18:30からは、8年前から去年までの受講者に集まってもらい、
恒例の静岡オフ会でした。
毎年どころか年に数回会っている人もいるし、数年ぶりの人も…。
他にも、7名ほど欠席届をもらいましたが、総勢13名で盛り上がりました。
  IMG_20161007_211901.jpg

特に何をする訳ではないが、自己紹介or近況報告を聞いていると、
各自の個性がにじみ出るし、公私にわたる活動内容も千差万別で興味深い。
約3時間の会食を終えて、来年の再会を願いながら、会場を後にしました。
posted by Tadashi Yano at 15:31| Comment(0) | 日記

40代のキャリアデザインセミナー(6)

3連休の中日ですが、外は大雨だし、のんびり仕事をしております。
先週の研修を振り返り、今週に備えます。

【10月5日(水) 第6班】
  
某社40代キャリアデザインセミナー第6班は、34名(女性5名)。
前回は50名の大所帯でしたがかなり盛りあがったので、今回もと期待したが…。
ちなみに、年齢層が前回までよりも3,4歳下がります。

職歴あり2名、技術専門職18名、異動歴なし5名、
本年度の異動者は1名でした。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は22名、
”任されている”は22名、
”視野を広げている”は11名、
”仕事が充実している”は18名。
朝一番の挨拶も元気だったし、
手上げの状態もまずまず良好な方だと思います。
自己紹介は予定通り11分で終わったが、
あるグループで5名中3名居て延長申請もあったが、やんわりお断りする(笑)。

研修の大きな流れは、年齢層は違うが、第5班と同様です。

■頭を柔らかくする最初の協同作業で取り組んだ”ガラスのコップの使いみち”ですが、
 3分間の個人ワーク、5分間の情報交換と進んだが、解説の反応がやや鈍い…。
 目標達成率は61.8%、15個以上が1名居ました。

■自社を自己否定するディベートの前に、
 will,can,mustの関係を説明します。
 自分らしく将来像を描いて実現させる為には、この3つの視点が大切であり、
 まず、組織の一員としての使命や役割を整理します。
 毎回この模擬ディベートは無邪気に盛り上がってくれるのですが、
 今回はやや微妙でしたぁ。
 作戦タイムは、いつもであれば形から入って盛り上がるのですが、
 今回は若干覚めた空気も…。離席率も低い(笑)。
  IMG_20161005_105926.jpg
  IMG_20161005_110205.jpg
   
 それでも、元に戻り、ディベートモードと仲良しモードでは徐々に熱を帯びてくる。
 職種を極力ばらしてメンバー構成をしているので、
 正気なところディベートモードでは、最初に出たテーマが優先されますが、
 仲良しモードでは各自の仕事や職場を通した、
 自社の存在理由や強み弱みを発表してくれます。
  IMG_20161005_110908.jpg

 今回は、”自身のキャリア”だけでなく”部下や後輩(家族)のキャリア支援”を
 より強く意識してもらうつもりで、
 ”部下の話を一旦受け止めた上で視点を変えてあげるトレーニング
 も伝えたが、意識してくれたメンバーが居たかどうかは確認取れていません。

■午前中最後の”互いの歴史と体験の共有化”は、
 オリエンを終えて昼休み50分を挟んで65分の自主運営にました。
 午前中で早退するメンバーが居るグループは残りましたが、
 大半は早めにお昼休憩をとり、午後からじっくり取り組みます。
  IMG_20161005_131124.jpg

 ほぼ時間通りに情報交換が終わり、いつも通りグループ内の凝集性が高まり、
 私のまとめも、一番集中して聴いてくれました(笑)。

■休憩後、少し早めですが事後課題の作成目的を伝えます。
 1日で将来像まで描くが、描いた将来像をどの様にして実現させていくか、
 ”人を巻き込む””仕事と職場を見直す”課題の付録の存在を紹介し、
 事後課題を作成しながら、本気で将来像を実現させてもらいたいと伝えます。
 課題の進捗と共に、気づいた点をメモ代わりに使って欲しいとの願いを込めて…。

■将来像を描く意味について、”58才軍団”の事例を紹介した後、
 ”自分らしさ”を整理します。
 ”働く意味”の働く目的では、
 お金が20%〜100%の幅があり、今回は7,80%と4、50%が目立ちます。
 個人ワークは25分、その後10分情報交換。
 感想ラベルを読むと、40代でも日々走りながら仕事をしており、
 ”働く意味(目的と手段)”を意識していないメンバーが意外と多いのです。
 今更?という見方もあるが、
 要は自分らしく働く原点に気づけば、いつからでも前進できるのです(笑)。

■must(使命・役割)、will(働く意味)と来たので,最後はcan(能力)です。
 ”財産目録づくり”は、少し簡略化した手順を解説し、
 ”和菓子職人”の事例を紹介して、個人ワークに入ります。
 拡散思考と収束思考を合わせて25分の目安で進めるが、今回は休憩5分を含める。
 個人ワークではあるが、短時間でもあるので、
 ”カンニング大歓迎”で仲間と相談しながら進めるように指示をしております。
  IMG_20161005_154143.jpg

 個人ワーク後は、”プチ自慢大会”という名の情報交換25分に入ります。
  IMG_20161005_161430.jpg
  IMG_20161005_161518.jpg

 同じ企業グループですが、異業種交流でもあります。
 互いの財産目録を増やして、一部深堀りすることがメインですが、
 自身の知らない世界(仕事や職場)を知る良い機会でもあります。、

 まとめは、
  @個人だけでなく、職場や組織としての棚卸しも考える
  Aラベルが少ないのは『こんなものは当然!』と思い込んでいる可能性があるので、
   自部署に限定しないで自身の能力や財産を活かす場面を増やすことを考える
  B強みや好きなことにとことん打ち込みながら、弱みを徐々に改善する
  Cどこに出しても通用する、汎用能力を伸ばしていく
 と伝えましたが、
 ここでも、部下や後輩をリードしていく上でのポイント等も少し増やしました。

■”将来像を描く”は、20分でしたが、皆さん黙々と取り組んでおります。
 45年間走ってきたことを、
 事前課題と一日の研修で整理して将来像まで描くのは大変ですが、
 ここで立てた仮説を、事後課題を活かしながら更に具体化して
 実現に近づけて欲しいと願っております。

 最後に、84歳の前向きなおばあさんの事例を紹介し、
 ”自分と向き合う意味”を解説して終了です。
 
静岡に向かう新幹線の車内で確認した感想ラベル、
嬉しい感想が多数あった一方、厳しい反応もいつもより多かったです。
内容は、マイクの性か声が聞き取りづらいというものがメインでしたが、
早口だという指摘と、『一日コースと言い過ぎ』というもの。
私としては、決してネガティブな表現をしたつもりは無いが、耳障りだったか。
早口にも関連するのですが、久々にいつもとは反応が微妙に違ったので、
いささか焦ってしまったようですね。
大いに反省して、次週からは意識して取り組みます(笑)。
厳しいフィードバックは、耳に痛いのですが、とても大切な声です。
その時に、プラスの評価も忘れなければ、前向きに改善できるものです。
 
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 11:54| Comment(0) | 日記

2016年10月02日

30才キャリア 第4班

自宅です。
先週取り組んだキャリアプランニング30研修第4班を振り返ります。

【9月28日(水) 1日目】

キャリアプランニング30研修第4班は27名(女性4名)。
今回も、おとなしいという前評判でしたが…(笑)。
職歴ありは4名、技術専門製造職が16名、既婚者13名でパパ9名、
後輩等が居る者20名、今年の異動者3名、これまでに異動なしが12名です。

研修を楽しみにしてきた』メンバーも、
主体性とは”の問いに答えてくれたメンバーも居ませんでした(笑)。

4つの質問では、
”走っている”は12名、
”任されている”は12名、
”視野を広げている”は3名、
”仕事が充実している”は13名。
あくまでも朝一番の状態ですが、必ずしも良好とは言えない状態です。
それでも、特に賑やかなBグループがいるので、楽しく進行できそうな予感がありました。

3日間の大まかな流れは、第1班とほぼ同様です。
http://mcy.sblo.jp/article/175749759.html

■発想ゲーム”ガラスのコップの使いみち”では、
 3分で15個以上を目指す挑戦者は1名で、各自の目標達成率は55.6%。
 実績として15個以上発想したメンバーが別の人でしたが1名居ました。
 頭を柔らかくした後、”私は○○○である”に5分間だけですが、黙々と取り組みます。

この日、朝からムードメーカーになってくれている二人を記念撮影。
  IMG_20160928_124511.jpg
じゃれあい方を見ていると旧知の間柄のようでしたが、この日が初対面!
そんな二人も、3日間でそれぞれ揺れ動きます(笑)。

■午後一番、”歴史と体験の共有化”に60分間取り組みました。
  IMG_20160928_131316.jpg
  IMG_20160928_131333.jpg

 今回は、とにかく声の大きいメンバーが居るので、話の内容も漏れてくるのですが、
 仕事経験は10年前後なので生い立ちからの人生や私生活の話題も多い。
 それでも現在の原点や今使っている能力や財産を蓄積している内容も…。 
 いつも以上に盛り上がっているようなので、その後の展開も安心して、
 振り返りのまとめとメッセージを送り、一旦休憩です。

■休憩後、将来像の重要性を”58才軍団”の事例で解説して、
 ”自分らしさの整理”に取り組みます。
 “働く意味”では、目的の%を共有化したのですが、
 ”お金”の割合が0%〜100%の幅があり、
 80%もあるが、40%、50%がかなり目立ちました。
 今回も、グループ間で傾向が大きく違っていました。

 ”消防士さん”の事例を紹介した後、個人ワーク25分、情報交換10分です。
 個人ワークを進めていると、珍しくメンバーから質問がありました。
 これも嬉しいことだし、私のテンションも徐々に上がっていきます。
 まとめは、当社の元受講生パパの事例を紹介して”家族の為に働くとは”を伝え、
 ”ありがとうございました”の意味を伝えて、この課題は一応終了です。

■”働く意味”(何をやりたいのか)の次は、
 ”自分ならではの能力”(何が出来るのか)に取り組みます。
 ”和菓子職人”の事例を紹介して刺激を与えてから個人ワークに入ります。
  IMG_20160928_160801.jpg
 個人ワークとは言え、”カンニング大歓迎”とアドバイスしたが、
 皆さん25分間黙々と課題に取り組み、時折相談をしております。
 この日は個人ワークまでで、翌日情報交換しながら更に深堀をしていきます。
 
■初日の最終コーナーは”わが社グループは必要ない!?”という模擬ディベートです。
 チーム編成をした後、1.作戦会議、2.ディベートモード、3.仲良しモード
 まずは、G内で必要派不要派に別れて作戦を練り、
  IMG_20160928_164234.jpg
 ディベートモード、仲良しモードで10分ずつ闘います。
  IMG_20160928_165310.jpg
  IMG_20160928_165333.jpg

 今回も、一グループですが、1人で残りの3人を相手に孤軍奮闘しておりました。
 グループ内で、自社の存在意義・存在理由、強み弱みを考えたのですが、
 全体会合ではどちらの立場になるかわからないので、その点も想定しています。

 全体会合は、必要派不要派にバランス良く別れる想定でしたが、
 不要派が1グループだけで、5グループは絶対必要派…。
 どうしたものかと悩んでいたところ、件のBグループ不要派に回ってくれました。
 
 合同の作戦タイムは10分、
  IMG_20160928_171858.jpg
 各グループでの論点を確認しながら進めているが、
 必要派は4グループと多いので、逆にハンデになったかもしれません。

 そして、いよいよ本番です。ディベートモードは、約20分かけました。
 不要派の代表が口火を切り、
 必要派の代表が窓口になり反論をしているが、応援が少ない…。
  IMG_20160928_173147.jpg
  IMG_20160928_173209.jpg

 ”ディベートモード”は噛み合わない場面もありましたが、
 ”仲良しモード”では、自分の仕事や職場を通した
 具体的な強みや弱み、存在意義等を15分以上かけて全員が語ってくれました。
 このやり取りを通して、社内の視野が広がり、会社に対する思いも徐々に高まります。
 この課題は、”仲良しモード”が重要なのです。

夕食後宿泊棟に戻り、確認した感想ラベル。
もちろん、モヤモヤ状態もあるし、研修と将来に対する不安も見えるのですが、
全体的には前に向かおうとする姿勢があるので、
翌日からの展開が更に楽しみになりました。


【9月29日(木) 2日目】

■5分間のフリートークで眠気と二日酔いを飛ばした後、感想ラベルの共有化。
 55分目標で開始したが、飽きたモードも出てきたので時間通りに一旦終了〜。
 今回は、感想ラベルの共有化で”聴いているぞ!オーラ”はあまり感じません(笑)。

■休憩後は、積み残した”長い人生にはステージがある”というメッセージを送り、
 ”プチ自慢大会”に入ります。
 グループ内で30分共有化した後、
  IMG_20160929_103608.jpg

 他のグループのメンバーと3名一組で60分かけて共有化します。
  IMG_20160929_111559.jpg
  IMG_20160929_111635.jpg
  IMG_20160929_111736.jpg
  IMG_20160929_113643.jpg
 
 グループ内の情報交換も貴重ですが、
 違った組み合わせで違う職場・職種のメンバーと検討することで、
 財産目録を増やし深めるだけではなく、仕事の進め方や別の世界の話など
 また少〜し世界を広げることも可能になります。

昼休み、あるメンバーから相談依頼があり、
将来に関する前向きな不安について25分ほどですが話をすることが出来ました(笑)。
  
■13:00に再開し、15分間だけ午前中のやり取りで増えたラベルを確認する。
 ”能力開発のポイント”は、全体像を伝えながら、
 重点テーマの2つは熱く語りました。

■自分の興味や関心がどこにあるか(ないか)を整理した後、
 ”将来像を描く”の個人ワークは30分。
 今回も、いつも以上に紹介したサンプルに群がっていましたが、
 そのごはまた黙々と作業に取り組んでいました。
 事前課題で過去を振り返り、2日間(1.5日間)で自分と向き合うことで、
 何となくこれからやりたいこと、なりたい自分をラベル化し、シートに貼っていきます。

 情報交換は、50分に設定し、10分の休憩でなんとか収まりました。
  IMG_20160929_152033.jpg
  IMG_20160929_152245.jpg

 ”自分のことはさておき、他人のことなら何でも言える”精神で、
 仲間の夢をより大きくし具体化していくのですが、
 皆さん楽しそうに夢を語り、仲間の質問やアドバイスに応えていました。

■互いの将来像を共有化した後は、”将来像を実現する為の課題づくり”に入ります。
 まず、『将来像を実現するには、種を撒く、仕掛けを打つことが大切!』と伝える。
 次に、”人的財産を活かす”というテーマに、拡散&収束思考で取り組みます。
 個人ワークは20分、情報交換は25分にセット。
 このワークでも、人に対する気づきが増えたメンバーが複数居たようです。

■最終コーナーは”仲間に映った自分”です。
 仲間に対するコメントをまとめる時も、
  IMG_20160929_172937.jpg
  IMG_20160929_174711.jpg

 ラベルをもらいお礼・感想・疑問点等を交換する時も、やはり賑やか。
 それでも、2日間で伝えたメッセージを受け止めてくれたのか、
 相手を気遣いながら取り組んだ様子が伺えました。

 早いグループで45分くらいで終了したのですが、
 今回のリーダーが居る4名のEグループが18:10になっても終わりません。
 食堂のおばちゃんに迷惑をかけてはいけないと、
 夕食を食べながら反省会を続けておりました(笑)。

感想ラベルは、いつも通りまず情報量が増えているし、
熱い内容も増えてきています。
ただ、当日の感想だけでは読みづらいので、初日からの感想との変化も確認しながら、
彼らの感想に寄り添ったつもりです。


【9月30日(金) 3日目】

ラジオ体操で外に出ましたが、気持ちよい朝でした。
  IMG_20160930_085025.jpg

■朝一番のフリートーク、今日も変わらず元気が良さそうです(笑)。
 感想ラベルの共有化は、52分かかったが、
 後半に予定していた内容も含まれるので充分だと思います。

■将来像を実現させるために、”職場と仕事を見直す”を個人ワークで6分強、
 まずグループ内情報交換を25分ほどで行いました。
 第4班は、とても恵まれている状態が3名、平均以下は4名と少なく、
 まずまず恵まれているメンバーが大半でした。
 ただ、個人の中で、◎と×の項目が混在しているメンバーがいつもより多かったです。
 あるグループでは、初日からややネガティブな発言が多かったメンバーに対して、
 他のメンバーが視点を変えたり、自身の体験談等を伝える姿が印象的でした。

 職種別分科会は、エンジの2名は二人だけでじっくりと、
 充填系の製造さんが9名居たが、2チームに分かれて、
 製造のメンバー2名が営業系と物流系の分科会に合流して、
 別世界の仕事の現状を学んでおりました。
 中には、他の職種の話を聞くことによって、今の仕事が良いと感じた人も居たようです。
  IMG_20160930_111614.jpg
  IMG_20160930_111708.jpg
  IMG_20160930_111820.jpg
  IMG_20160930_111941.jpg
  IMG_20160930_112021.jpg
  IMG_20160930_113407.jpg 

 日頃、自職場は働きやすいとか働きにくいとか考えていますが、これも全体像。
 細分化して整理してみると、現状に甘えている自分や、
 うまくいかない原因や理由が見えてきます。 
 課題形成のアドバイスは、テキストにもまとめているが、
 この研修では必ず口頭でメッセージを伝えるようにしております。

■午後一番、午前中の振り返りを10分ほどでまとめた後、
 模擬ディベート『後輩育成は必要ない!?』に取り組みます。
 前回取り組んで面白かったので、グループ対抗のディベートを提案したところ、
 意見が分かれたので、二グループはG内の分科会、四グループは対抗戦にしました。
 まずは、作戦タイム。
  IMG_20160930_131818.jpg

 この研修最後の協同作業は、ディベートモードと仲良しモード。
  IMG_20160930_133113.jpg
  IMG_20160930_133113.jpg

 ”後輩育成”の重要性と課題がメインテーマですが、
 サブテーマで、後輩の思いや考えと先輩の期待がずれた時の演習も兼ねています。
 後輩の意見を一旦は受け止めて、その上で視点を変える働きかけが出来るかどうか。
 短時間なので欲張りなテーマだったと思いますが、
 出来栄えはともかく皆さん最後まで楽しんでくれた様で良かったです。

■最終コーナーは、『キャリア活動計画』の作成です。
 作成目的は2日目の朝伝えているのでサラッと確認し、個人ワークを中心に40分。
 『最後まで、自分の為にこのシートを活かしましょう。』と伝えると、
 まずこのワークに集中した後、事務局提出のレポート作成に励んでくれました。

最後に、私からメッセージを送り、グループ内でエール交換し、
感想ラベルを書いて終了です。
最近では恒例の集合写真ですが、
今回で5年間支えて頂けた事務局のKさんが転勤です。
リーダーに写真班をお願いして、もう1枚集合写真を撮りました。
  IMG_20160930_152250.jpg

もう1枚の写真は、記念にKさんだけに贈りました。

感想ラベルは、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 14:33| Comment(0) | 日記