2015年11月26日

40代のキャリアデザインセミナー(7)

自宅です。
昨日のキャリアデザインセミナーを振り返っておきます。

【11月25日(水) 1日コース】
40代キャリアデザインセミナー第7班は、39名(女性6名)。
職歴あり1名、技術専門製造職が21名です。

4つの質問ですが、
”走っている”は31名、
”任されている”は24名、
”視野を広げている”は10名、
”仕事が充実している”は17名。
あくまでも朝一番の印象ですが、かなり良好な状態と言えるでしょう。
私の自己紹介も、4つの質問の主旨とメッセージを送った時も、
ほどほどの熱気です(笑)。
会場が広いので、メンバーも集中しづらいのかもしれませんが…。

研修を楽しみにしてきた”メンバーは居ませんでしたが、
”ガラスのコップ”で15個以上目指す人が1名居ました。
挑戦心が尊いのでその場で拍手を送ったが、今回も実績の確認を失念しました(笑)。

一日コースということもあり、プログラムを大幅に変えることは難しいが、
人数や班編成や地方からも来るので遅刻者等の影響で、
時間配分は微妙に変わります。
それも含めて、毎回新鮮に捉えております(笑)。

午前中はオリエンテーションの後、発想ゲーム、”私は○○である”に取り組み、
自身にとって魅力的で具体的な将来像を描く準備に入ります。
自分らしく将来像を描いて実現していく上で、
組織の一員であることも忘れて欲しくありません。
わが社Gは必要ない!?”の模擬ディベートでは、
グループ内で、”必要派”と”不要派”に分けれて模擬ディベートを行います。
作戦タイムは、いつもよりはこじんまりとひそひそ話をしておりました。
  IMG_20151125_110609.jpg
  IMG_20151125_110640.jpg

本戦は、机の配置を変えて戦闘モードに入るグループもあったが、
ディベートモードから仲良しモードに切り替わる瞬間の大きな笑い声。
結構無理をして、突っ張っていたのでしょうか?(笑)
  IMG_20151125_111609.jpg
性別、職場(会社)、資格、役職、職種が違う組み合わせですが、
各自の担当分野の具体的な情報発信により、社内の視野も少し広がり、
改めて会社の良さに気づけたメンバーも居た様です。
最後に某情報系企業と某食品メーカーでの事例を紹介して、
もう当たり前のことだけど、HOWだけではなく、WHATを大切にしましょう。
10年後、20年後のわが社がどうあるべきか、個人の将来像だけではなく、
 会社の将来像も考えていきましょう。

活躍の場を、今の職場や職種に限定せず考えてみては?
 活躍の場を変えるための準備は、この後進めていきましょう。

というアドバイスをしております。
  
昼休みを早めにずらし、
事前課題の”私の歩みを振り返る”の共有化に60分かけて取り組みました。
  IMG_20151125_132856.jpg
昼休みを挟むと総時間数が数分増えてしまうと、敢えて昼休みをずらしたが、
仕事が中心ですが45年間を語り始めると、話が尽きません。
60分経過した段階で延長申請を確認すると、
5Gから3分〜15分の延長申請。なんとか10分にしてもらいました。
ここでも、テーブルを1本外して距離を縮めて話し合うなど、
とても良い雰囲気が醸成されていきます。
振り返りのポイントを極端に絞り、10分弱の休憩ですが、
10分間を取り戻すために残りは走ることを宣言しております。

休憩後、敢えて事後課題のオリエンテーションをやっておきます。
途中での解説はピンとこない人もいるかもしれないが、
最後が毎回バタバタすることは見えているし、
この場で説明することで気づいた点をメモ書きしてもらえればと考えております。

将来像を描く意味に関する事例紹介も省き、いきなり各論に入ります。
まずは、”働く意味(何をしたいのか:長期的視点で)”の整理です。
個人ワークに入る前に仮説を立てるのですが、
働く目的”でお金の割合は、10%〜90%の幅があり、
70%80%だけでなく、今回は40%50%もかなり多かったです。
個人ワークは25分弱ですが、働く意味が整理出来たかどうか人それぞれです。
それでも、まとめた内容を声に出して読みあげ、仲間の発表を聞くことにより、
少しだけ整理も出来るし、当初の%が微妙に変化する人もいるようです。
まとめは、”誰の為に働くのか”という事例を2つ紹介し、
ありがとうございましたの意味”について触れております。

今回は、この段階で少なくとも10遅れ。私も本当に焦りました。
財産目録づくり”は、”和菓子職人さん”の事例を与え、
拡散思考と収束思考と合わせて20分でセット。
  IMG_20151125_161239.jpg
  IMG_20151125_161305.jpg
先を急いだ私が中途半端なオリエンをしてしまったので、メンバーから質問が…。
カンニング大歓迎!””談合もOK!”と伝えたのですが、
10分間は静かに悩んでおりましたが、その後はまた仲間とワイワイやってくれました。

情報交換は20分間、ある意味フリーにしました。
個人ワークを続けても良し、グループ内で回覧しながら質疑応答も良し、
一人数分ずつだが”要するに!”で自身をアピールするも良しと…。
  IMG_20151125_163346.jpg
10分間くらいは個人ワークが中心だったようですが、
その後は短時間ながら相談しつつ情報交換を進めてくれました。流石です。

まとめでは、”組織的対応”をする為には、他の事業や部署にも乗り込んで欲しいし、
根元的パワー”の中でも、
葛藤や対立を恐れず理解を議論を深める”パワーが大切だと強調しております。
更に、時間が足りないことは承知の上で、”給食調理員さん”の事例も紹介しました。
このまま突っ走ると、
働く意味を整理して棚卸して将来像を描けないと、セミナーの意味は無いのか?!
と思い込む危険性があるので、もう一度日常業務を思い返して欲しかったからです。

最終コーナーの”将来像を描く”は、今回は15分弱でした。
せめて、20分は確保したかったのですが…。
振り返りは出来て良かったが、将来像を描くのは難しい。
という感想が今回も複数あったのですが、ここで考え悩むことが次に繋がります。
描いた将来像をどの様に実現させていくかという観点で、
仕事系”と”人系”の分析が出来る資料も付録にしているので、
もう一度じっくり取り組み、実現に向けて実践して欲しいと願っております。

最後に、”自分と向き合う意味”を再確認して終了です。
こちらのセミナーを担当させて頂いた当初(去年)は、
毎回終了後は冷や汗をかき落ち込み気味でしたが、
最近上昇気流に乗りつつあり、ある程度納得できる流れが出来た!と思っていたら…。
それでも、感想ラベルを持ってきてくれた人、わざわざ挨拶に来てくれた人の
笑顔に救われました。

自宅に戻る総武快速の車内で確認した感想ラベル。
当然耳に痛い内容がいつもより少し多めでしたが、
それ以上と言って良いほど、嬉しい内容も多かったです。
細部では反省点ばかりですが、
元気になって欲しい””自分と関係者を大切にして欲しい
というメッセージは少なくとも受け止めてくれた様です。

一日コースで、組織の自己否定も加えたキャリア研修、
総人数、班の数、4人組か5人組か等毎回条件が違うし、
始めてみないとわからない要素もあるが、だからこそ毎回新鮮でもあります。
12月の最終戦に向けて、反省を踏まえ対策はすでに立てておりますよ(笑)。

感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 14:27| Comment(0) | 日記

2015年11月22日

関西再会ツアー

3連休の中日です。
先週、呉出張にかこつけて関西で再会シリーズを果たしたので、
少し整理しておきます。最近、物忘れが激しいので…(苦笑)。

【11月14日(土) 午前〜夕方】
11時過ぎに伊丹空港に降り立ちモノレールで移動中、
元受講者のSさんを思い出し、消息確認のメールを入れる。
独身時代は皆でよく騒いだが、彼女もいまや一児のママ。
返信が来たのは22時過ぎでしたが、チビちゃんを含め順調そうで何よりです。
肝っ玉ママ振りの内容を読み、安心しました。

目的地最寄駅の地下鉄駅に降りると、大学時代からの友人信ちゃんが待機。
2年ぶりの再会でしょうか。
家族を亡くし、本人の健康状態も気になるが、まずは元気な顔を見て一安心。

彼の先導?で向かった先は、Kさん宅。
眞一さんとは入学式からすぐ仲良くなり、その後何度も大勢でお邪魔しており、
後半は息子が居なくてもお金がなくなると『おばちゃん、腹すいたぁ。
と上がり込み、数日間居候をしておりました。
ママさんは、昔も今も変わらず天真爛漫サザエさんの様な存在でしたが、
パパさんはお堅い業種のサラリーマンで一見近寄りがたいが、
真面目な顔をして冗談を言います。
私たちが大勢でお邪魔しても、嫌な顔一つせずに迎えてくれました。
そんなパパさんが昨年暮れに亡くなられたことを知ったのは今年になってから。
もっと早くご挨拶とお別れをしたかったのですが、
私が大阪に行ける機会と先方の日程が合わず、ようやく今回願いが叶ったのです。
息子と悪友は、大学ゼミの同窓会の打ち合わせがあるらしく、早めに外出。
鬼たちの居ぬ間に、ツーショットでパチリ!
  11693923_503055359819568_8179388382113613259_n.jpg
13時〜15時半はお嫁さんも交えて3人で、
それ以降17時までは2人で昔話に花を咲かせ、
お二人の馴れ初めまで話題が広がりました。


【11月14日(土) 夕方】
5時過ぎに一旦Kさん宅を出て、梅田に向かう。
ビッグマン前で待ち合わせたのは、某社の30才研修の受講者。
FBで数名”未定”が居たが、やはり公私ともに忙しいらしく、
結局参加は私とYさんの二人。
  12246906_503098973148540_3884477912915914033_n.jpg
理想は、同じ研修を受けた何世代かの合同オフ会であったが…。
それでも、二人で美味しい粉もんを頂きながら、
主に仕事の話を中心に語り合いました。

22時前にはKさん宅に戻り、長男君まで交えた6名で1時頃まで話し込む。
同期の近況確認から始まり、約40年前の愚かな行為の懺悔まで話は尽きません…。
よく笑いましした。
最高10名の同期がお世話になったらしいが、ご夫婦には心の底から感謝です。
その後も1時間ほど、信ちゃんと二人で布団を並べて昔話と近況報告を続ける。


【11月15日(日) 午前中】
朝食を頂き、ママさんと少し辛いお別れをした後、信ちゃんのお宅に向かう。
亡くなった奥様とは、お二人の結婚式で司会をさせてもらって以来の再会です。
残念ながら遺影でしたが…。
彼とお嬢さんが、二人で仲良く生活している様子で良かった。
彼自身も重い病気を抱えているので心配だが、彼は自然体で向き合って居ります。
近いうちの再会を約束して、少し遠い駅まで別れを惜しみながら一緒に歩く…。


【11月15日(日) 午後一番】
昨夕と同じくビッグマンで待ち合わせしたのは、Iさん
ライバル会社でしたが、業界の若手人事担当者のネットワークを作った仲間なので、
たまにしか会わなくても、今回も数年ぶりですが、すーっと元に戻れます。
梅田から少し歩いたが、彼が40年ほど通っているという店に連れて行って貰う。
カンテ・グランデ中津本店は、雰囲気もカレーも美味しかったですよ。

実は、前週の木曜日に、東京でそのネットワークの有志で同窓会を行っていたのです。
  12241272_10203748939002471_2677846554182482634_n.jpg

彼は当日参加できなかったので、その時の模様を報告し、
ライバル関係ではあったが、悩みや問題意識が共通でもあり、
情報交換しながら助け合ったことを話し合う。
  12243390_503315036460267_7451831456884410683_n.jpg
また、彼は定年退職しているので、退職後の楽しみ方もご教示頂く。
短時間でしたが、ここでもまた少し私の原点を整理しておりました。


【11月15日(日) 夕方】
新阪急ホテルのロビーで待ち合わせたのは、Hさん
彼は、元第一企画時代の同期(彼は新卒、私は中途)で、東京と関西と離れていたが、
通勤途上災害の件で相談に乗っていたのが仲良くなれた契機でした。
前回会ったのは、阪神・淡路大震災後間もない頃。
被災した直後、必死の思いで大津にたどり着いた時には裸足だった。
という話を覚えているのですが、いずれにしても、10数年ぶりの再会です。
研修で、『会いたいと思った時には、すぐにアクセスしましょう!
と言っているので、私も有言実行です(笑)。
互いに、ロビーで会っても分かるか心配していましたが、杞憂でした。
彼は一企が経営統合して間もなく退職し、今は別の業界で働いているのですが、
広告の様な派手さは一切ないが、自分らしく働いている様子なので良かったです。
残念ながら、ホテルのコーヒーショップなので、撮影出来ず…。


【11月15日(日) 夜】
引き続き、新阪急ホテルのロビーで待ち合わせたのは、関西オフ会のメンバー。
元一企で現在フリーで仕事を続けながら地元起こしの活動をしているKさんは、
まさに元の会社からの急な仕事が入りドタキャン。
大学の就職セミナーで知り合い、Iさんの会社の新人研修で受講生だったMさん
何故か京都の新阪急ホテルのロビーで待機していたらしく、あえなく辞退…。
結局集まったのは全て鳥取県繋がりというより、学生人材バンク繋がりの4名でしたぁ。
  12249609_503364706455300_1480532076045261563_n.jpg
年長さんから行くと、バンク主催のセミナーで知り合ったIGさんMYさん
バンク代表と一緒に活動していた私の大学の後輩Bさん
バンクスタッフでセミナーや飲み会で一緒になり、今年から京都で働くMZさん
時々使っているという居酒屋さんで、舌鼓を打ちながら3時間近く話し込みました。
何を話したかあまり覚えていないが、一応MZさんの歓迎会ということにして、
鳥取方面の話題と仕事の厳しさが中心だったかな?(笑)


【11月16日(月) 午前】
梅田のホテルを出て向かった先は、京都です。
認定NPO法人テラ・ルネッサンスの東京でのイヴェントで知り合った、
スタッフのOさんを訪ねて本部訪問です。
法人の活動と組織本部にも興味と関心があるが、
今回はたまたま出会ったOさんのパーソナルヒストリーに強い関心がありました。
予め、そういう話も聴かせて欲しいとお願いしていたのですが、流石です(笑)。
学生時代の作品集を用意してくれており、丁寧に説明してくれました。
  11988405_503585659766538_4556410534261689039_n.jpg
作品集に書かれた『夢は、デザインの力で世界を平和にすること』という言葉に、
彼の名前も、家庭環境も、高校時代の活動も繋がっていくのです。
何かの機会に自身の歴史を振り返ってみると、今の自分に納得感が高まることも…。
とても、貴重な1時間でした。

当初、時間があれば京都の紅葉を楽しもうかと考えていたのですが、
MZさんの勤務先で頑張る姿を確認し、少し早めに呉に向かいました。
様々な方との出会いが私の原点を呼び起こし、あるいは刺激を頂くことで、
呉での研修はとても充実できましたよ(笑)。
posted by Tadashi Yano at 16:21| Comment(0) | 日記

2015年11月19日

主任・プレ主任研修(キャリアデザイン研修)

自宅です。
昨日までの研修2日間をまとめておきます。

【11月17日(火) 1日目】

某市の主任・プレ主任研修(キャリアデザイン研修)は25名(女性11名)。
職歴ありは6名、技術専門職が11名です。
朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は10名、
”任されている”は15名、
”視野を広げている”は4名、
”仕事が充実している”は17名。
3番目までの回答状況は昨年並みですが、”仕事が充実している”はほぼ倍増。
かなり状態は良好です。
朝一番の挨拶も、消防士さんが元気に声を出してくれたので、大いに期待しました。

ところが、
研修を楽しみにしてきた』メンバーは居ないし、
主体性とは”の問いかけにも、答えてくれないし、
ガラスのコップの使いみち”で15個以上目指した者も皆無。
ただ、不言実行、実績として15個以上発想したメンバーが3名居て救われます。

午前の2時間はオリエンテーション、昼休みを10分早めにずらして集合です。
歴史と体験の共有化”は、60分に設定。
  IMG_20151117_125955.jpg
4人組が5グループ、5人組が1グループなので、なんとか行けると思っていたが、
しっかり時間内に収めてくれました。
まとめも、テーマを絞っては居ますが、皆さん集中して聴いてくれます。
朝一番、興味や関心が無さそうなメンバーも居たのですが、
プログラムの経過とともに、メンバーも講師も乗っていきます。

一旦休憩後、”働く意味”の整理を個人ワーク25分、情報交換10分で取り組みます。
個人ワークに入る前に、働く目的の%を仮説として立てるのですが、
お金の割合が5%〜80%の差があり、ボリュームゾーンが50%でした。
一般的には、市職さんは70%くらいだったのですが、
最近、民間でも役所でも、お金の割合が50%ほどに近づきつつあります。
働く”目的”と”手段”に関する事例を紹介し、
消防士さんが6人居たので、消防士さんに関する事例も紹介しました。
個人ワークは比較的早いのですが、情報交換はじっくり取り組み、
この場面では珍しく2分ですが、延長申請が出ましたよ。
情報交換後も、”誰のために働くのか”という観点で、
家族や市民との関係にも言及しました。

初日の最終コーナーは、”財産目録づくり”の個人ワークと”プチ自慢大会”。
個人ワークとは言え、情報交換しながらお互いを高め、おだて合いながら進めます。
プチ自慢大会は”他流試合”ですが、3人(一部4人)一組になります。
  IMG_20151117_162704.jpg
  IMG_20151117_163418.jpg
ここでは、互いの財産目録を増やし、一部深堀することがテーマであるが、
それに加えて、職場・職種・個人が違えばアプローチも違うし、
更には様々な職場や職種での頑張りや苦労があることを認識できます。
各チームがそれぞれの場所を確保して、あるいは自由に、
あるいは面接場面を想定しながら真面目に取り組んでおりました。

ホテルに戻り、感想ラベルを確認すると、
もやもや状態もあるものの、興味深い内容が多かったです。
翌朝までに何度も読み返してコメントをまとめ見直すのですが、
具体的なキーワードがトスとしてあがるので、コメントがまとめ易かったです。


【11月18日(水) 2日目】

25名分と少ない方だが、興味深い感想も多いので、コメントも楽しんだり迷ったり…。
あさ6時前に起きて再度見直し、納得できる形でまとまりました。

私の担当は10時からで、前段が講義中心だったようなので、
まずは5分間フリートークで眠気と緊張感を飛ばします。
60分を目標に取り組んだのですが、”能力開発のポイント”も盛り込み、
事例も少しカットした結果、なんとか2分延長で収まりました。

メンバーにお願いして7分間の休憩後、
将来像を描く”のオリエンテーションと個人ワークまでで午前は終了。

午後からの情報交換は45分を目標にして、5分延長で収まる。
  IMG_20151118_130009.jpg
  IMG_20151118_130118.jpg
  IMG_20151118_133601.jpg
初日の感想ラベルでモヤモヤしていたメンバーも、
笑顔で将来像を語っているのでホッとします。
私生活はともかく、仕事生活は各自にとって別世界でもあるので、
興味津々で質疑応答しておりました。
とても、良い雰囲気で盛り上がっておりましたよ。

将来像を実現する為の課題づくり”は、まさに時間との闘いです。
人系”と”仕事系”のテーマに対し、オリエンテーションも、個人ワークも、情報交換も
セットで行い、興味や関心程度に応じて順番や時間配分を工夫してもらいます。
個人ワークは当初25分を見込んでいたのですが、進捗が早そうなので5分短縮。
これも珍しいことです。
その分、情報交換は少し延ばして40分に設定しました。
元々自律しているのでしょうが、私の曖昧な指示を自分達で解釈しながら、
黙っていても課題に取り組んでいきます。頼もしい存在です。

仕事系のテーマ、”職場と仕事を見直す”では、
環境的に”かなり恵まれている”メンバーが3,4名居たのですが、
やや恵まれていない”と認識しているメンバーも7,8名居ました。
初日朝一番の手あげの状態からすると、少し意外でした。
中には、とても前向きな感想を書いてくれていたメンバーが、
今の業務が合わなくて悩んでいることをたまたま知ったのですが、
彼であれば視点を変えて取り組んでくれると信じております。
テーマの時間配分は、各グループが考えるのですが、
すぐ傍のグループは、”仕事系”の情報交換に大半を費やしておりました。

人的財産”に関しては、短時間でしたが仲間と共有化し、
これまで自身が様々な人々に支えられてきたことを自覚し、
今後は自分が支えていきたいと実感してくれたメンバーも居たようです。

今年は、”キャリア活動計画書”を30分ですが研修時間内にまとめました。
前日の午後一番、計画書を作成する目的を伝え、気づいたことからメモする様
アナウンスはしていたのですが、数名はやってくれた様です。
皆さん、文章をまとめることに慣れているのか、かなりの項目を埋めておりました。
もちろん、シートにまとめることが課題ではなく、
まとめたことを少しずつ実践することが大切であると伝えております。

最終コーナー”仲間に映った自分”は50分確保出来ました。
順番に当事者が別室に移動して自己評価している間、
残ったメンバーでプラス発想のフィードバックラベルを作成するのですが、
毎回開始する前と後では雰囲気が随分違います。
■最後の相互フィードバックが一番おもしろかったです。
 これだけやる為の2日間だったのか?というくらいです。

という感想までありました。
  IMG_20151118_163737.jpg
耳に心地よい内容も痛い内容もあったと思うが、
2日間一緒に過ごしたメンバーからの指摘なので思いのほか素直に受け止められます。
この体験も、今後人を指導し、リードし、評価する時に生かして欲しいと思います。

空港バスには時間があるので、駅前のホテルで確認した感想ラベル、
ほぼ全員が、様々な視点から熱〜いメッセージをくれました。
その分、エクセルへの打ち込みが大変でしたが…(笑)。
瞬間的に意識が高揚することは良くあるのですが、
一人でも多くのメンバーが、行動に実践に移して欲しいと願っております。
彼らの感想集は、MCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 17:34| Comment(0) | 日記

2015年11月10日

昇任試験事前研修

自宅です。
昨日の某市昇任試験事前研修を振り返っておきます。

【11月9日(月)】

千葉県内の某市役所で昇任試験事前研修を担当します。
  IMG_20151109_082739.jpg

30分前に会場入りし控えブースで待機していると、
早めにメンバーも入場して来るが、大きな声で挨拶をしており気持ち良い。
今年のメンバーは、32名(女性10名)で、平均年齢は47.5才以上。
職歴ありは3名、技術専門職は14名です。
今年から過去の受講生は研修免除なのですが、任意のリピーターが9名。
もっと少ないかと思っていたが、意外と多かったです。
4つの質問に対する回答は、
仕事で走っている”は20名、
仕事を任されている”は19名、
視野を広げている”は16名、
仕事が充実している”は11名。
今年は受験資格をとってすぐのメンバーがちょうど半数居るのですが、
その割には”充実している”の割合が少ないのかなぁと思います。

研修を楽しみに来てくれた”メンバーは、一人が半分手をあげて、
主体性とは?”に答えてくれたメンバーは居ませんでした。
自己紹介全て4名体制なので11分にセットしたが、余裕を持って終了です。
思い込みの排除”と”相互学習”を意識してもらう為に、
部下育成は必要ない!?”という模擬ディベートに取り組みました。
この演習も、作戦タイムから盛り上がります。
  IMG_20151109_103755.jpg
  IMG_20151109_103824.jpg
会場の隅に集まってひそひそ話を始めるなど、乗りの良さは今年も同様です。
ディベートモード”も”仲良しモード”もかなり真剣でした。
  IMG_20151109_105258.jpg
  IMG_20151109_105805.jpg
8班あるので、内容はほとんど把握できませんが、
それぞれ声高に話し合っているし、随分笑い声も聞こえて来ました。
あくまでもディベートもどきですが、日常生活で部下や後輩の視点を変えてあげる
トレーニングにも伝わるとアドバイスしております。
5時間でマネジメントの基礎を学ぶので、より実践的に身につけて欲しい。

模擬ディベートで、部下育成に対する”問題意識”や”疑問””不安”を共有した後、
互いの歴史や体験を共有していく中で”人が育つ要因”を整理します。
前段で、昇任することは”目的”ではなく、立場や役割を活かして、
部下やスタッフを巻き込み自己実現を図る”手段”であることを力説し、
一国一城の主”として、”仕事構想”や”職場構想”を描くことの意味を伝えました。
更に、”理想像”を描くためには、
 1.自分が何を実現したいのか(長期的な視点で) ≒ 仕事観
 2.自分に何が出来るのか ≒ 能力や専門性
 3.組織の一員として自分が何をしなければならいのか ≒ 使命
を整理することが重要であり、それは仲間の体験に興味と関心を持って聴くことでも
ヒントは貰えると伝えております。

情報交換に入る前に、働く目的の%を1分かけて仮説を立てました。
グループの中で数分間共有化したのですが、人によって随分違うし、
今回は”誰かの為”が100%というメンバーが居ました。
お金の為”が100%は時々見かけるのですが…(笑)。
働く意味の重要性を”誰の為に働くのか”という観点で事例を紹介した上で、
部下やスタッフに対して『ありがとう』を大切にしようと伝えました。

ここで、残り時間が30分なので、情報交換は午前中に3名、
午後から1名が発表する、という前提で自主運営にしました。
  IMG_20151109_113435.jpg
  IMG_20151109_113503.jpg
中には、午前中に4名とも終了した班もありましたが、
大半は時間ギリギリまで話し込んでいたし、一人10分間ではありましたが、
事前課題で真剣に取り組んできた様子が伺えました。

【昼休み】
会場内の控え室で弁当を食べていると、教室の一部がとても楽しそうにしている。
保育士さんを中心とした7,8名が、賑やかに談笑していました。
席に戻ってしばらく眺めていると、目の合ったメンバーから飴ちゃんを貰う。
そうすると、皆さんがそれぞれ持っているチョコレートや飴を貢いでくれました。
  IMG_20151109_123722.jpg
今日は、研修と論文試験の予定だが、まるで遠足にでも来た様に楽しそう。
緊張感もあるのだろうが、楽しく談笑する姿勢が嬉しかったし、
頂いたチョコや飴ちゃんはもっと嬉しかったです。

振り返りは、2つの題項目に絞って行いましたが、
いつも以上に”部下や後輩(お子さん)”との関連を意識づける様にしております。
また、”辛いことから目をそむけずに過去と仲良くしながら、将来に活かしていく意味”と
将来像や理想を描き実践していくには、年齢も早い遅いも無い!”という事例を伝えたが、
数名のメンバーにはとても勇気づけられる内容だったようです。

この段階で、残り時間は1.5時間。
実践的なマネジメントという観点からすると、様々な視点提供もしているが、
部下育成”を中心に、体系づけて情報提供しております。
それぞれの課題をまず個人で整理分析した後、
グループ内で各自の分析結果や感想や気づきを共有化してもらいます。
私がかなり抽象的な指示をするので、一瞬間が空くのですが、
流石にこのクラスになると、自分達の判断で情報交換を進めていきます。
様々な情報交換をしたのですが、例えば、
副主幹の役割”の中で、一番関心が強い領域は
 仕事の管理:13名  人の管理:16名  改革:0名  不明:3名でした。
ほぼ昨年並みですが、昨年は1割近くあった改革が今年はゼロでした。

マネジメントのポイントに対して、理解するだけでなく現状分析をする流れを大切にしたのですが、時々コーチング等部下との接し方のヒントも伝えます。
日頃無意識に実践している行動も、裏づけがあると自信を持って先に進めるし、
だからこそ知識も大切だと伝えることで、より自分事として受け止めてくれた様です。

昨年は、マネジメント系のテーマの後に、短時間ですが、
働く意味”と”能力”の重要性を事例を紹介しながら伝えました。
今年は一連の流れの中で、働く意味の仮説も立てられたし、
能力に関しても”強みを伸ばす”ことの重要性に触れることが出来ました。

自分としては、去年よりも余裕を持ってまとめたつもりなのですが、
それにしても、後半はいつもの様にバタバタしております。

最後は、”夢や理想を描き、自分の言葉で語る”重要性の事例を紹介し、
自分と向き合う意味”を再度確認して、珍しく予定通りに終了です。

月曜日歴史民俗博物館は休館ですが、
紅葉を見られるかと期待して立寄ったが、まだでした。
  IMG_20151109_151931.jpg
  IMG_20151109_152000.jpg

自宅に戻って確認した感想ラベルですが、予想に反して、
時間が足りなかった!』という内容が無かったです。
感想は”マネジメント系”というより”キャリア系”の内容が中心ですが、
若手のキャリアデザイン研修も担当しているので、今回のメンバーには
キャリアサポーター”になって欲しいという願いもあるので、確信犯。
更に、昇進直後で落ち込んだり、今回の受験に不安を抱えているメンバーも居たが、
この研修を契機に少し前進しようと思ってくれた様なので嬉しいです。
また、2回目、3回目のメンバーから『やっぱり受けて良かった。』と言われたので、
彼らがリピートしなくても良い様にリードしなければと思う反面、ホッとしております。
彼らの感想は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 15:39| Comment(0) | 日記

2015年11月08日

6年目の10名様

自宅です。
昨日までの中堅社員研修の様子をまとめておきましょう。

【11月6日(金) 1日目】

某社中堅社員研修は、20代後半のメンバーが10名(女性3名)。
職歴ありは0名、既婚者0名、技術専門職8名でした。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は5名、
”任されている”は1名、
”視野を広げている”は4名、
”仕事に乗っている”は2名という状態。
昨年の先輩達はかなり良好な状態だったのですが、
一昨年の先輩達と同じ位にやや厳しい状態です。

とは言え、朝一番の挨拶もまずまず元気だったし、
私の自己紹介から4つの質問まで傾聴姿勢が強いので、密かに期待しております。
研修を楽しみにしてきてくれたメンバーは1名、
主体性とは”の質問に対する回答は無かったが、
ガラスのコップ”で、一人が18個を目指してくれたが14個。
ただ、別のメンバーが18個達成してくれました。
両方のメンバーに、温かい拍手を送っております。

ガラスのコップ”で頭を柔らかくした後、
理想のビジネスプロ”の要件に個人で3分、グループで10分かけて取り組みました。
Aグループは、個人20個、グループ45個、
Bグループは、個人15個、グループ35個と数は少なかったが、
おちゃらけ路線は皆無で興味深い内容も多数ありました。
昨年の実績も含めて、皆で共有しております。

更に、”私は○○○○○である”という課題に拡散思考で取り組む。
5分だけですが、この段階で自分が知っている自分を書き出し、
その後研修の中で気づいた自分を追加していきます。

昼食を挟んで”歴史と体験の共有化”を60分でセット。
午前中に二人を消化し、午後から三人と進めて行くが、徐々に熱を帯びていきます。
  IMG_20151106_110625.jpg
  IMG_20151106_113544.jpg
特に午後からは、つらい時期の経験をカミングアウトするメンバーもおり、
嬉しいことに一人ひとりが発表して終わりではなく、
必ず別のメンバーが質問して、当事者の経験を深めたり広げたりしている。
当初は同期の照れもあったのかもしれませんが、
慣れてくると逆になり、かなりきつい質問もしておりましたよ(笑)。
振り返りのまとめも、眠たいぞオーラも出ず無事に終了して一旦休憩です。

休憩後は、他社の事例を紹介して”夢を描いて実現に向けて取り組む意味”を紹介し、
私生活の夢”と”実現の為の裏づけ”について5、6分フリートーク。
仕事人間”になりつつあるのか、あまり盛り上がらないので早めに切り上げる(笑)。

働く意味”は、しっかり導入できたし、余裕を持って終了しました。
最近確認している働く目的の%ですが、お金が15%〜90%と幅があり、
全体的には70%80%が多数派でした。
それでも、文章化した後に、あるいは2日間を通じて、微妙に変化することもあります。

財産目録づくり”は、拡散思考15分と収束思考10分で個人ワーク。
カンニング大歓迎!””談合もOK!”と伝えたのですが、
真面目なメンバーは黙々と個人ワーク…。これも彼らの個性です。
  IMG_20151106_161409.jpg
  IMG_20151106_161417.jpg

昨年とは順番を変えて、まず”他流試合”に40分かけました。
4人(3人)一組になり、一応面接場面を想定してプチ自慢大会。
今回はワイワイ盛り上がるタイプではないので、所要時間を相談する。
一人3分でも十分です!』という声もあったが、一応30分にセットする。
  IMG_20151106_163615.jpg
  IMG_20151106_163642.jpg
被面接者のラベルの枚数を増やすこと、一部深掘りしてあげることを目指し、
最初はアッサリ終了するかと思っていたが、徐々に熱を帯びていきます。
3分と言っていたメンバーも10分以上語り、結局15分ほど延長でした(笑)。
社内には、様々な職場や仕事があり、それぞれの苦労や頑張りも知れたと思います。

その後、元のグループに戻り、回覧方式で共有化しながら、
仲間の発想を活かし、仲間にプレゼントしながら更にラベルを増やして15分間。
能力開発のポイント”は、翌朝に回したが、
給食のおばちゃん”の事例を紹介して、もう一度”日常を振り返る”ことを促します。

夕食後、取り組んだのが『わが社は必要ない!?』という模擬ディベート。
グループ内の分科会を30分、二手に分かれて作戦タイム10分、
  IMG_20151106_185435.jpg
ディベートモードと仲良しモードも10分ずつ行い、いわば全体会合のリハーサルです。
  IMG_20151106_190647.jpg

全体会合は、2グループしかないし今回は空気を読むグループもあったので、
円満に必要派不要派に別れました。作戦タイムは5分。
ディベートモードは当初15分あればと思っていたのですが、
バシバシと火花が飛ぶ訳ではないが、ジワリジワリと攻め合っております。
  IMG_20151106_193843.jpg
議論は主力の事業分野の話題が中心だったのですが、不要派
今は必要かもしれないが、今後も必要と言えるのか?』と詰め寄ります。
あっという間に30分かけていました。
仲良しモードも25分以上かけて、
互いの仕事や職場を通した自社の存在意義や強み弱みを語ります。
今年も社長と総務部長にオブザーブして頂いたが、
やり取りを真剣に聴いてくださいました。
仲良しモード”終了後、社長がディベートに対する感想を語り、
メンバーの不安要素に対する今後の方向性を語って頂けたので、
メンバーの不安も多少は解消されたと思います。

社長には懇親会にも出席して頂き、
1時間ほどでしたが若者たちの生の声を聴いて頂きました。

部屋に戻って感想ラベルを確認すると、思いのほか前向きでした。
一日の行動を観察していると、素直で前向きだが熱量が低いとも思ったが、
最後のディベートで印象を覆してくれました。
感想ラベルでも、”モヤモヤ状態”はごく一部で、
ディベート大会”だけでなく、
研修全体を通した課題から得た気づきを素直に表現してくれました。
人数が少ないせいもありますが、まずは第一弾のコメントはまとまりました。
翌朝も早起きして見直すことにして、就寝…。


【11月7日(土) 2日目】

朝一番、緊張感と眠気を取り除くために、5分間フリートーク。
感想ラベルは、10名と少人数だが、
内容の濃い感想にコメントをしていくと20のメッセージ。
共有化は50分を目指したが、おまけの情報提供も入り、結局60分。
昨年は、途中でメッセージがスーッと抜けていく感触もあったが、
今回は皆さん我慢して聞いてくれました。
ただ、小さなテーマを預けてミニ討議するが、スタートに時間がかかる。
話し始めると内容も濃いのですが…。

能力開発のポイント”も重点化して伝えているので、
一旦休憩後はすぐに”将来像を描く”に入ります。
個人ワーク30分を35分に延長し、情報交換は40分+休憩10分で収める。
今回は、比較的動きの少ない二つのグループですが、
流石にこの場面では身を乗り出す光景も見られます(笑)。
  IMG_20151107_103829.jpg
  IMG_20151107_105042.jpg
個別の将来像はほとんど見ない様にしていますが、
耳をダンボにしていると公私のバランスも考えながら、
笑顔で発表・質疑応答アドバイスをしていたので、大丈夫でしょう。

将来像の共有化の後は、”種を捲く、仕掛けを打つ”事例を紹介した上で、
将来像実現の為の課題化”に入ります。
残り時間を考えて、今年は”仕事系”のテーマから入ります。
私がある程度リードした後で個人ワークを10分弱。
昼休みは、メンバーと話し合った結果、20分短縮することにしました。

昼食後の情報交換は、まず前日の4人(3人)組で行いました。
  IMG_20151107_125042.jpg
メンバーに時間を見積もってもらうと30分。
そんな筈はないと思っていたが、案の定最終的には45分かかりました。
折角なので将来像の共有化もして欲しかったが、そこはサラッとでした。
彼らの場合、スタートは誰が先かとけん制し合っているが、
始めてみると分析結果だけではなく背景等も説明するので時間がかかります。
同期だし背景も見えるので、他のメンバーも質問やアドバイスもし易いのでしょう。
なかなか良い時間が流れております。

元のグループに戻り、20分だけ”要するに!”と共有化するつもりでしたが、
結局25分かかりました。
私も、この間少しウロウロしてみました。
ほとんどが恵まれている状態ですが、2名ほどがあまり恵まれていない状態です。
その内一人は、とても前向きで能動的な印象があったのですが、
そのメンバーがその様に捉えているということは…。
私なりの課題解決のヒントを送って、一旦休憩です。

仕事系”の次は、”人系”のテーマに入ります。
まずは、20分ほどかけて、拡散思考で人脈マップを作成します。
その後25分かけて、人脈の全体像と個別の人的財産を情報交換でしたが、
意外とアッサリ終了し、5分短縮でした。
個別の人的財産では、@人物の関係性や知り合った契機 A今後のつき合い方を
出来るだけ具体的に紹介してもらいます。
その過程で、2日間過ごした同期が”身近な人的財産”であることに
気づいてくれると良いのですが…(笑)。
私も、”人に興味や関心を持つ重要性”を特に強調し、
三宅先生”という私の原点である幼稚園の恩師を紹介した上で、
2つのメッセージを送り最終コーナーに入ります。

最終コーナーは、”相互フィードバック”で締めました。
プラス発想で仲間の”強み”に着目するが、
改善点”を指摘することも大切!と伝えたのですが、結果はどうだったでしょうか。
一連の流れで一人平均7,8分と見積もっていたが、片方のグループは、
当事者の印象を裏付けるキーワードをブレストして、下書きまでしている。
  IMG_20151107_152053.jpg
  IMG_20151107_153230.jpg
  IMG_20151107_153738.jpg
40分か50分もあれば終わるであろうと踏んでいたが、結局60分以上かけていました。
もう一方のグループは、もっと早く終わっております(笑)。
2日間ともに過ごした同期からの指摘なので素直に受け止められます。
ただ、例年と比較すると、あまりドキドキ感は伝わって来ませんでしたよ。
このワークを通じて2日間を振り返り、
同期の成長ぶり”を実感し、触発されたことも多いのでしょう。

帰りの電車内で確認した感想ラベル、初日は熱かったが2日目は疲れたかなぁ、
昨年も初日よりも2日目の方がアッサリだったので期待してはいなかったが、
かなり熱かったし、嬉しい内容も多かったです(笑)。
感想集は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 16:08| Comment(0) | 日記