2015年09月19日

監督職層昇格研修

自宅です。
昨日まで取り組んだ、監督職層昇格研修の様子をまとめておきます。

【9月17日(木) 1日目】
メンバーは14名(女性3名)。
3年ぶりに2桁の人数なので、どの様な展開になるか楽しみです。
生産系、研究開発系、営業系(営業事務含む)、管理系とうまく揃いました。
職歴ありは6名です。

朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は9名、
”任されている”は9名、
”視野を広げている”は6名、
”仕事が充実している”9名。
手あげの状態としては、かつてないほど良好。
ただ、研修開始前はとても賑やかだったのに、
研修開始の挨拶が急におとなしくなったので心配したが…。
監督職層昇格研修”という趣旨も忘れたかのように、
徐々に楽しみながら本領を発揮してくれました。

主体性とは”の質問に対して、
間髪入れずに発表してくれたメンバーが居たので嬉しかったです。
行動の構造”は、初級・中級・上級と自分でコース選択して5分間自習です。
ガラスのコップの使いみち”は、発想法の解説まで終えて一旦休憩。

理想の職場リーダーとは”に個人で3分、グループで10分かけて取り組みました。
結果、個人戦は7個〜8個とやや低調でしたが、
グループでは30個〜48個と、共同で頑張ってくれました。

自身が目指す監督職の理想像をイメージした後は、
部下・後輩育成は必要ない!?”の模擬ディベートで30分盛り上がります。
まずは、二部屋に分かれて作戦タイム。
  IMG_20150917_110644.jpg
  IMG_20150917_110713.jpg  

今回は、3グループあるので定点観察が出来ないのですが、
ところどころ聞いていると、『業界内での競争に負けない為には…』など、
自社内だけでなく視野を広げて考えており、かなりきつめのディベートモード。
  IMG_20150917_111800.jpg
仲良しモードでは、『さっきは辛かったぁ』と言いながら、
自身の担当業務・職場・相手(後輩・上司・先輩)の実情を紹介しながら、
重要性を考えながらも、不安や疑問も投げかけております。

午前中の残り時間が15分弱だったので、”成長体験と成長要因”を2人分共有し、
午後から3名分を25分かけて共有しました。
一人5分前後でしたが、簡潔にまとめており、内容というか事例も深い。
午前中のディベートの内容も踏まえて”成長体験と成長要因”を整理して終了です。

午後からのメインエベントは、マネジメントに関する理解促進テストです。
今年も、まずオリエンテーションを行い、
個人ワークからグループ討議の所要時間を見積もってもらいます。
最初は、30分、35分、36分と出たので、一度は尊重し
36分経過した段階で再調整したが、結局36分追加です(笑)。
まず、グループ内で個々人の見解が違うので、
これは問題がまずいよ〜。』という声も聞こえるが、私も確信犯です。
それでも、徐々に自分達なりの見解をまとめていくのですが…。
  IMG_20150917_142942.jpg

3グループそれぞれの担当を決めて、結論とその理由を発表してもらうが、
毎度のことながら”最適解”とはなかなか合致しません(笑)。
とは言え、結論は違うがその理由を解説していくと、意外と収まっていきます。
ここでは、四択の結論よりも、何を捉えて、何を重視したか、
場面に応じた自分なりの基準を持って行動することが大切だと伝えております。

一端休憩で頭を冷やした後、マネジメント(リーダーシップ)の基本を整理しました。
お勉強モード”はお互いに疲れるので、ワークや分析を入れて、
互いの現状を把握しながら、ポイントを整理します。
最適解を紹介した直後に比べ、改めてキーワードを明確にすると納得感も高まります。
職場と仕事の現状分析”では、仕事や職場の現状をかなり熱く語り合っていたので、
5分延長して25分かけました。
大半のメンバーは意外と恵まれた環境に気づくのですが、
若干名はイライラしている原因や理由を知ることで一部スッキリします。

最後に、対人関係に関する情報提供をして、感想ラベルを記入してもらい、
時間内で終了です。

ホテルに戻り、瀬戸内の景色をしばし眺めてから確認した感想ラベル。
  IMG_20150917_172513.jpg
理解促進テストの内容、中でも一つの設問に関する内容が多いのですが、
ラベルの中の小さなキーワードを見つけてコメントすると、
全体としては私の伝えたいメッセージが繋がっていきます。
オフ会後と早朝残業で何とかなると思い、一旦忘れます(笑)。


【9月17日(木) 同窓会?】
昨年、第1期生Kさんとデートした時に、
来年はもう少し人数を増やそうねぇ。』と話したのですが、実現できました。
研修事務局の責任者を含めて1期生が3名、5期生が1名で総勢5名です。
10年前や5年前のメンバーですが、すぐに打ち解け盛り上がります。
いわゆる自己紹介&近況報告は無かったのですが、
それぞれ問わず語りに話しながら人となりが見えてきます。
私も仕事を中心に随分質問されたし、来年は有志でオープンセミナーが出来るかも?!
酔った5人のおっさんの話なので怪しいのですが、
ここでも共通のテーマに興味と関心を持って頂けると嬉しいですねぇ。
この夜は、話も弾みましたが、ミシュランにも紹介された和食は、どれも美味しかった。
  IMG_20150917_183920.jpg
  IMG_20150917_185013.jpg
  IMG_20150917_190048.jpg
集合写真を撮り、来年の再会を約束して早めに解散です(笑)。
  IMG_20150917_194823.jpg
 

【9月18日(金) 2日目】
前夜、オフ会から戻って14名分の感想に対するコメントをまとめ、
5時半起床で見直すと更に新しい切り口が見えてきます(笑)。

感想ラベルの共有化は、全員が揃ってくれたので早めに開始して、
14名の感想に事例やメッセージを返し、なんとか40分で収まりました。
午後から駆け足になるのは分かっているので、
能力開発のポイント”の重点ポイントだけはこの場で伝えております。

休憩後、”会社を変える! 自分達も変わる!!”にチームで取り組みます。
各グループ毎に、職種別に上手く配置しているので、多面的に捉えられます。
各自の捉える理想の会社(職場)像は違うし、課題も違うはずです。
職場や職種が違う仲間と共有化していく中で、社内の視野を広げて欲しいし、
このテーマは午後からの昇格試験のミニ論文にも繋がります。
一応各グループの見積もりを確認してみると、90分、250分、80分。
私の見積もりと一緒だった90分を目標に取り組みました。
3グループあると進捗状況もバラバラで、
あるグループは早めにまとめてリハーサルまで取り組んでいるし、
あるグループはギリギリまでまとめている。
午後からの試験を忘れたかのように、楽しそうにやってくれました。
  IMG_20150918_104748.jpg

結局、10分間延長し、昼休みをずらして、12:45〜発表会です。
延長も覚悟して臨んだ発表会ですが、営業のメンバーが発表し、
ほとんど営業のメンバーが質問や突っ込みを行い、営業研修の様相…。
その分、大きな延長もなく終えたので、
10分間展覧会方式で個別のラベルまで共有しました。

理想の監督職像”に近づくために、
何を実現したいのか:働く意味”と
何が出来るのか:能力・技術・専門性”に取り組みます。
働く意味については、目的の%を共有化しました。
お金の割合は、30%〜85%で、70%が割りと目立ちました。
財産目録の作成方法を紹介した後は、
テストの準備も含めて自主運営で時間を有効活用してもらいます。
監督職になることが大切なのではなく、なった後に何を実現するのか、
考えてもらう為にも、上記の2点は大切な切り口なので、
研修が終わってからゆっくり取り組んでもらえる様に伝えました。

情報交換は敢えて行わず自習時間に回し、最後にエール交換を行いました。
今回は、照れがあるのかテストが気になるのか、意外とあっさり系でしたが、
今後社内で彼らが連携をとりながら働いてくれれば、
当社も更に充実した会社になるだろうと思います。
選考結果云々ではなく、初日に感じた通り大いに期待できるメンバーだと思います。

帰りの車中で確認した感想ラベルは、
逞しくて嬉しい内容が多く今年もウルウルしておりました。

彼らの感想は、すでにMCYHPにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 16:15| Comment(0) | 日記

2015年09月16日

主任級4年目第2班

尾道のホテルです。
11年通っているがなかなか観光が出来ないので、今日こそは!
と思って来たのですが、あいにくの小雨模様…。
  IMG_20150916_171419.jpg
部屋でおとなしく仕事をしております。
昨日までの主任級4年目研修の様子をまとめておきます。

【9月14日(月) 1日目】
主任級4年目研修(30代前半が中心)第2班は32名(女性17名)。
職歴ありは5名、技術専門職が10名です。
朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は22名、
”任されている”は16名、
”視野を広げている”は4名、
”仕事に乗っている”は15名。
第1班同様まずまず良好な状態だし、
女性が過半数を占めいている性か朝から賑やか…。
個人的には賑やかな方が好きなので、ありがたいです(笑)。

研修を楽しみにして来てくれた”メンバーも、
主体性とは”の発言者も居なかったが、
ガラスのコップの使い道”では、
個人で15以上目指すメンバーが5名(女性4名)も居ました。
結果として15個以上発想したメンバーが2名でしたが、
15個以上目指す挑戦心が尊いので皆で拍手しました。

発想が柔らかくなったところで、”私は○○○○○である”に取り組みます。
この段階で知っている”自分”を整理しておき、
その後研修の経過とともに気づいた”自分”を追加していきます。

歴史と体験の共有化”は、前回の経験を踏まえて70分にセット。
5人組が四班、4人組が三班なのですが、一班は手話通訳さんがついています。
今回は、女性が過半数だからか、朝から元気がよく笑い声もでかい!
ということは、通訳さんが聞き取りに苦労すると思い、
ボリュームも下げる様にお願いをする。
しばらくはおとなしいが、その内またテンションが上がっていくが、
それでも良いのです。時々気づいてくれれば…。
  IMG_20150914_162509.jpg
  IMG_20150914_132957.jpg
各グループとも楽しそうに情報交換しており、5分だけですが延長です。
このセッションのまとめも、眠られるのを覚悟の上でしたが、
思いのほか真剣に聴いてくれたので、気持ちよく休憩に入りました。

休憩後、まず”私生活の夢と実現の為の条件”を共有した後、
58歳研修”の事例を紹介して将来像(先を見据えた課題)の重要性を伝えます。
本当は順番は逆なのですが、出来るだけ眠らない様にする工夫です(笑)。
まず、”働く意味”の整理から入ります。
目的の%の共有化ではお金が10%〜90%の幅があり、
今回は特に50%が目立ちました。4割近くあったかもしれません。
個人ワークでは戸惑いながらも、黙々と課題に取り組んでおります。
情報交換では、まとめたものを単に読み上げるだけでなく、
聴いている方も質問をし、自身との違い等を確認しておりました。
今回は、16時に帰らないといけないママさんメンバーが居たので、
まとめは翌朝に回して、能力の棚卸しに入りました。

財産目録づくり”は、
事務屋さんの活躍領域”と”根元的なパワー(OS)”の視点提供をした後、
和菓子職人さん”の事例を紹介して刺激を与えて、
個人ワークに30分(休憩10分込み)取り組みます。
自由にやって良いと伝えており、朝から賑やかなメンバーが多いのですが、
しばらく打ち合わせもしていたが、いつの間にか黙々とラベル作りに励んでおります。
  
最終の”プチ自慢大会”は40分で流れ解散です。
メインテーマは、互いのラベルを増やすことであり、
素朴な質問をすることで相手の視点を変えるように指導していますが、
ここでも楽しそうに取り組んでおります。
  IMG_20150914_114435.jpg
中には集中して早めに終了するグループもありましたが、
大半は時間ぎりぎりあるいは少し過ぎてもやり取りをしていました。

名古屋に向かう電車内で確認した感想ラベル。
全体的に賑やかなので安心していると、意外ときつい感想があります。
今回は、きつい内容はなかったものの、
疲れたぁ』という素直な感想が数件あり、
働く意味”に関する記述は1,2件なので驚きました。
やはり、まとめで事例を紹介した方が印象に残ったかぁ…(笑)。

【相談会】
数年前の受講生から、2週間前に連絡が入り、
私生活で悩みがあるというのでこの夜名駅でデートしました。
鼎泰豊で小龍包を食べながら話し合い、
視点や想いが偏っているところをほぐしてあげると、随分楽になったようです。
  IMG_20150914_181939.jpg
昔の受講生が頼ってくれることは光栄で嬉しいことですが、
どの様にアドバイスをすれば良いか不安でした。
それでも、キャリア研修で話していることを実情に合わせてあげると、
意外とスンナリ落ちて、ご本人は納得して帰って行きましたよ。

20時過ぎにはホテルに戻り、コメントをまとめました。
最初は戸惑いもあったのですが、一人ずつと向き合ってコメントを考えると、
いつもとは違った切り口のコメントも出てきて良かったです。
翌朝早起きして見直せば、更に充実出来るでしょう。


【9月15日(火) 2日目】
朝一番、5分間フリータイムで緊張感をといた上で共有化に入ります。
7班中5班が終わった時点で10分休憩をとり、都合75分かけました。
最近共有化の時間が長いと反省しつつも、
彼らの想いに寄り添おうと思うと、ついつい長くなってしまいます。
それでも、後段に伝えるメッセージも先取りしているので、
全体的には帳尻は合わせているのです(笑)。

昨日財産目録のラベルを貼ったシートを10分だけ回覧し、
能力開発のポイント”で積み残した重点テーマ1を解説してから、
環境分析”の共有化に入ります。
冒頭に重要性を伝えた後は、25分間お任せです。
  IMG_20150915_111534.jpg
各自のフィルターを通した環境の変化はそれぞれですが、厳しい内容も多い。
環境の変化に流されずに適応していく為に、難しい・新しい課題に取り組むことが
自身にとってどの様な意味があるのか、どの様な強みを活かすかを
考えて欲しいと願っております。

午前中の最後は、30分で”将来像を描く”の個人ワーク。
彼らの邪魔をしない様に民間人のサンプルを提示するのですが、
今回はいきなり群がって参考にしておりました。
会合によって、動き方が違うので興味深いです。
  
午後からの共有化は45分でセットしたが、
延長申請が数グループから出たので10分間延長しました。
  IMG_20150915_131430.jpg
今回は、私も会場内を少しウロウロしたのですが、
公私ともにラベルはたくさん貼っており、楽しそうに共有しておりました。
終了後、”今を充実させることが基本だが、今だけしか見てないとずれていく
積極的な意味での公私のバランスを大切にする
というメッセージを送って、一旦休憩です。

将来像を実現する為の課題づくりは、時間との闘いなので、
人的財産を活かす”と”職場と仕事を見直す”をセットにして、
私がリードした後個人ワークを25分、グループ内で45分ほどの情報交換でした。
順番も時間配分も任せたが、今回も仕事系に時間を割くグループが多かったです。
仕事系に関しては、”とても恵まれている”が1名、”あまり恵まれてない”が1名
でしたが、大半は”まずまず恵まれている”状況でした。
全体的には恵まれてはいるが、個人差があり、
個人の中でも恵まれてない項目もあるので、私からは、
自分の過去は変わらない。他者もなかなか変わってくれないとすれば、
 自分が変わって行動を起こすことが大切。

という主旨のアドバイスを送って最終コーナに入ります。

最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
残り時間が50分弱だったのですが、
今回も、極端に早くまとめる班とじっくり検討する班に分かれました。
  IMG_20150915_162153.jpg
今回は女性の比率が高い性か初日から笑い声が絶えなかったのですが、
この場面でも、厳しいコメントもしている筈だが、
笑顔と笑い声の中でプレゼント交換を終えて、
お礼・感想・疑問点の確認までして17時にはほぼ全ての班が終了です。
  
名古屋に向かう快速電車内で確認した感想ラベル。
イメージしていたよりもややアッサリ系ではありましたが、
個別に読んでいくとウルウルするような内容もありました。
中には『講師の話が長いのでは?』という指摘もありましたので、
今後の課題にさせて頂きます。

彼らの感想集は今週末にはMCYHPにアップする予定です。
posted by Tadashi Yano at 18:06| Comment(0) | 日記

2015年09月12日

6年目研修第3班

名古屋のホテルです。
今日までの6年目研修の2日間をまとめておきます。

【9月10日(木) 1日目】
6年目職員研修第3班は24名(女性6名)。
職歴ありは3名、技術専門職が7名です。
朝一番4つの質問(22名)ですが、
”走っている”は16名、
”任されている”は12名、
”視野を広げている”は4名、
”仕事に乗っている”は12名。
手上げの状態は、ほぼ第2班と同様ですが、休憩時間は元気ですが、
本番になるとややおとなしい…(笑)。
それでも、休憩時間が元気であるということは充分に期待出来ます。

研修を楽しみにしてきた”メンバーも、
主体性とは?”の問いに答えてくれたメンバーも居ませんでしたが、
ガラスのコップの使いみち”で15個以上目指したメンバーが2名居て、
メンバーは変わってしまったが、15個以上出してくれたメンバーが2名居ました。

一旦休憩後、発想法の種明かしをした後、5分ほど自分と向き合います。
私は○○○○○である”という課題に取り組み、
その後は自分のペースで気づいた点を追加してもらう予定です。

歴史と体験の共有化”は、昼休みを挟んで75分に設定。
仕事生活が6年間と短い分、仕事に入る前もある程度語ってもらうのですが、
幼い頃や学生時代の言動や経験を聞いていると、
公務員になるべくしてなったというケースもよく見られます(笑)。
  IMG_20150910_113141.jpg
  IMG_20150910_115236.jpg
中には、海外を渡り歩き、見聞を広め友人を作ったメンバーも居て、
他のメンバーも興味津々で話を聴いておりました。
そのようにバイタリティがあって前向きなメンバーを採用されることは、
私はとても大切なことだと思っているので、
彼らがどこまで活躍できるかこれからも見守っていきたいです(笑)。

昼食後、残る二人が30分強発表して一区切りです。
今回も、同期が中心(平均年齢27才10ヶ月)ですが、
23歳から32才までと年齢の幅があり職場や職種が違うので、
異質性”がぶつかり合うエネルギーを大切にしたいのですが…。
ぶつかり合いは、まだ所々で散発しております(笑)。
情報交換のまとめはポイントを絞って解説し、早めに休憩です。

休憩後、”私生活の夢と実現の条件”を5分間だけ共有化します。
私生活の夢では盛り上がるが、本番の仕事の将来像はどうなるか…。
将来像を描く”意味について、
58才軍団”の事例を紹介した後、”働く意味”の整理に入ります。
働く目的の%で、お金の割合は0%〜100%(複数)の幅があり、
20%30%と70%80%に分かれております。

個人ワークは一応25分にセットしたが、今回も少し短縮しました。
ある程度まとまったものの、どこかでしっくり来ないメンバーが多いものです。
ただ、この後様々な課題に取り組みながら、この課題に戻る場面があり、
徐々に自分のモノになっていきます。
最後の最後で納得するケースが多いのですが…。
情報交換は10分ほどですが、読み上げることで確信を深めたり、
曖昧な点を確認出来たりと少しだけ前進できます。

最終コーナーは、”財産目録づくり”の個人ワークと”プチ自慢大会”。
個人ワークとは言え、仲間と相談しながら進める様に伝えたのですが、
休憩含めて約30分間、それぞれのペースで進めてくれたが、
休憩はさほど取っていなかったようです。
  IMG_20150910_153923.jpg

自慢大会は”他流試合”ですが、
各グループから一人(二人)ずつ集まり3人(4人)一組になりました。
  IMG_20150910_160709.jpg
  IMG_20150910_160817.jpg
多少メンバー構成が変わったので、新鮮さはあるものの互いの背景が見えません。
時間との闘いの中での共有化は難しいと思いますが、
今回はアドバイス通りに面接場面を想定して取組むチームが複数ありました。
時には多少の緊張感を持って、自分をアピールすることも必要です。
個別の討議内容は把握しづらいのですが、
遠くから観察していても、質問やアドバイスにもとづいてラベルが増えていきます。
また、ラベルが増えるだけでなく、同期の頑張りや苦労を共有することで、
勇気や刺激をもらったメンバーも居ると思います。
最後は流れ解散にしたのですが、今回は比較的早めでした(笑)。

ホテルの自室に戻って確認した感想ラベル。
朝一番手あげの状態も良かったが、今一つ楽しんでいるのか充実しているのか
掴みづらい印象もあったのですが、ほとんどが前向きに受け止めてくれました。
第2班で目立った”不安”や”自信がない”という言葉もほとんどないのですが、
逆にコメントをまとめる手がかりになるキーワードを探すのに大変でした。
メンバーが元気な場合もそうではない場合も、
感想ラベル(メンバー)と向きあいます(笑)。


【9月11日(金) 2日目】
5:30前に起床して感想ラベルを読み返すと、
新たなアドバイスが浮かび、コメントが少しだけ締まります。

最近では、感想ラベルに小さな文字でビッシリ書いてくれることが多いので、
読みあげるだけでもかなりの時間を要し、彼らの想いに応えたいと熱く語ると、
長丁場になってしまいます。多少、時間の余裕を頂ける場面では、
60分以内に収める、という方針は止めました。
とことん彼らに寄り添います(笑)。
冒頭5分間だけフリートークをして、緊張感を解いてもらい、すぐに共有化です。
途中でテーマを預けてミニ討議をしたり、テキストの復習をしたりと
眠らない様に努力するし、”能力開発のポイント”にも触れたところ、
結局今回も75分間かかりました。
最後の最後で疲れ果て、一人だけ休憩後に積み残しましたが…(笑)。

休憩後、昨日整理した財産目録をグループ内で25分間共有化し、
  IMG_20150911_103649.jpg
能力開発のポイントは整理済みなので、メインイヴェントに入ります。

将来像を描く”の個人ワークは25分でセットして、
時間になったので情報交換のオリエンテーションを行いました。
グループによっては個人ワークを延長するところもありましたが、
昼休みを挟んで50分に設定し、一グループから申請があり5分延長です。
  IMG_20150911_114816.jpg
  IMG_20150911_130606.jpg
  IMG_20150911_130616.jpg
発表者は各論に入る前に将来像の力の入れどころを説明し、
聞き役も仲間の将来像を”より大きく””より具体的に”するように
アドバイスしておりますが、実際に話し合いながらラベルを追加しております。

将来像を実現する為の課題づくり”は、
人的財産を活かす”と”職場と仕事を見直す”を一緒に進め、
私が冒頭リードした後は、個人ワークに25分取組み、一旦休憩です
情報交換も45分でしたが、グループによって時間配分がまちまちです。
今回も一グループだけ、”仕事系”に30分以上かけておりました。
仕事系のテーマに関しては、大半は”恵まれている”で、
非常に恵まれている”が3名居たのですが、
やや恵まれていない”も数名居ました。

人系のテーマは調整弁のグループもあったのですが、
人が違えば、出会いや関係性に違いがあり、支援内容もつき合い方も違います。
ついつい話し込んで最後のメンバーが話せなくなるので、
一人が一名ずつ紹介し、一巡したらパスもありで二順目に行くよう指示したのですが、
今回は素直にやってくれた様です。
私からは”人に興味や関心を持つ”と”会いたいと思ったら、すぐ手を打つ”事例と
メッセージを送りました。

最終コーナー”仲間に映った自分”は時間内で40分確保。
  IMG_20150911_155631.jpg
4人グループ5人グループとあり、進捗状況に若干の差はあるものの、
コメント作りは笑顔と笑い声の中で取り組んでおり、ラベルをプレゼントした後は
お礼・感想・疑問点の確認も真面目に取り組んでくれました。
いつもながら、このワークの終了直後はとても穏やかな雰囲気です。

最近では定番の、”仲間からフィードバックを貰った経験を今後も活かす
というメッセージを送って研修は無事に終了です。
今回も、数名がわざわざ挨拶に来てくれたのですが、
また元気をなくしたら、HPを覗くか、メールしま〜す。
と言って笑顔で帰って行きました。

名古屋に移動する名鉄電車の車内で確認した感想ラベル。
毎回”元気になって欲しい””自分のことを大切にして欲しい”と願い
担当しているのですが、私がメンバーから元気を貰えるほど嬉しい内容でした。
今夕にはMCYHPにアップする予定です。
posted by Tadashi Yano at 08:24| Comment(0) | 日記

2015年09月09日

6年目研修第2班

アソシアの自室です。
今日までの6年目研修の2日間をまとめておきましょう。

【9月8日(火) 1日目】
6年目職員研修第2班は23名(女性9名)。
職歴ありは3名、技術専門職が6名です。
朝一番4つの質問(23名)ですが、
”走っている”は14名、
”任されている”は8名、
”視野を広げている”は5名、
”仕事に乗っている”は12名。
第1班と比較すると、かなり良好な状態だと言えます。
その第1班は厳しい状態だったにも関わらず、挨拶も元気だし、
反応も悪くなかったので、第2班はもっと弾けるか…(笑)。

研修を楽しみにしてきた”メンバーも、
主体性とは?”の問いに答えてくれたメンバーも居ませんでしたが、
ガラスのコップの使いみち”で15個以上目指したメンバーが5名も居て、
実績として15個以上アイデアを出してくれたメンバーが6名も居ました。
益々期待が高まります(笑)。

一旦休憩後、発想法の種明かしをした後、5分ほど自分と向き合います。
私は○○○○○である”という課題に取り組み、
その後は自分のペースで気づいた点を追加してもらう予定です。

歴史と体験の共有化”は、昼休みを挟んで75分に設定。
仕事生活が6年ほどなので時間が余る心配もするのですが、
前回同様しっかり時間を有効活用して共有化してくれます。
  IMG_20150908_111407.jpg
  IMG_20150908_111448.jpg
たまたま目の前に二つのグループがあるのですが、
仕事に入る前に蓄えた財産を現在活かしている筈だから、
 仕事に入る前も少し話そう。
』と声をかけておくと、
それぞれとても興味深い人生や経験を語っております。
個人情報なので具体的には書けませんが、
今の仕事に繋がっている原点を語っているので、
私もグループに入りたいくらいでした(笑)。

昼食後、残る二人が30分強発表して一区切りです。
今回も、同期が中心(平均年齢27才6ヶ月)ですが、
職場や職種が違うと別世界でもあり、知らない世界を知って刺激を貰い、
仲間の人生模様に興味と関心を持ち、グループ内の親密度が随分高まりました。
情報交換のまとめを、ポイントを絞って整理したのですが、
若手は分かり易く眠たいオーラを出してくれるので、一旦休憩です。

休憩後、彼らを眠らせない為にテーマを預けて話し合ってもらいました。
私生活の夢と実現の条件”を5分間だけ共有化します。
少し落ち着いたところで、”将来像を描く”意味について、
58才軍団”の事例を紹介した後、”働く意味”の整理に入ります。
働く目的の%で、お金の割合は15%〜95%の幅があったが、
全体的にはばらけており、それでも50%や60%がやや目立ちました。

個人ワークは25分にセットしたが、早々にまとめる人と、
じっくり取り組む人の時間差が大きいので、無理のない範囲で短縮しました。
情報交換は10分ほどで、各自がまとめた内容を読み上げるのですが、
この段階ではまだ納得出来ていない様子で、首を傾げながら読み上げております。
それでも、翌日視点提供するし、将来像を描く段階で見直すと、
徐々に自分の”働く意味”が整理されていきます。

最終コーナーは、”財産目録づくり”の個人ワークと”プチ自慢大会”。
個人ワークとは言え、仲間と相談しながら進める様に伝えたのですが、
休憩含めて約30分間、彼らは黙々と取り組んでいたと思ったら、
15分経過したあたりでまたグループ内で相談会。
基本はまず自分から、でも他者も活かすと思ってくれたか…(笑)。
自慢大会は”他流試合”ですが、
各グループから一人(二人)ずつ集まり3人(4人)一組になりました。
  IMG_20150908_160504.jpg
  IMG_20150908_160559.jpg
個別の討議内容は把握しづらいのですが、
財産目録を増やし、一部深堀することをメインテーマに据えるが、
それ以外にも職場・職種・個人が違えばアプローチも違うし、
更には様々な職場や職種での頑張りや苦労があることを認識できます。
最後は流れ解散にしたのですが、30分強かけており、
中には16:40を過ぎても自主的に残るチームもありました。

ホテルの自室に戻って確認した感想ラベル。
朝一番手あげの状態も良かったし、一日の行動を観察していても楽しそうだし、
感想も概ね前向きな内容がほとんどでした。
ただ、何度も読み返していくうちに、”不安”や”自信がない”という言葉も目立ちます。
一人でも多くのメンバーに自信をとり戻し元気になってもらう為に、
夜も朝も気合を入れて、感想ラベル(メンバー)と向きあいます(笑)。


【9月9日(水) 2日目】
6時前に起床して感想ラベルを読み返すと、
前夜の一次案よりも納得感が高まります。
一晩眠って仕切り直すことも大切です。

台風の影響で出社が遅れているメンバーもおり、長丁場になることは覚悟の上なので、
冒頭に5分間だけフリートークをして、緊張感を解いてもらいました。
感想ラベルの”不安”や”自信がない”に応えるためには、
ある程度じっくり説明をしたいと思っていたら、結局75分近く話していました。
途中でテーマを預けてミニ討議をしたり、テキストの復習をしたりと
眠らない様に努力するし、”能力開発のポイント”にも触れて効率化もしましたが…。
終わった後にさほど疲労感が無かったので、
メンバーも真剣に受け止めてくれたのでしょう(笑)。

休憩後、昨日整理した財産目録をグループ内で共有化し、30分かけました。
他流試合は刺激的なのですが、一日過ごして過去の経歴等も共有している仲間だと、
話しが早いし安心感もあるのか、そこでもラベルが増えております。

将来像を描く”の個人ワークは25分でセットして、
時間になったので情報交換のオリエンテーションをしたところ、
グループによっては情報交換を圧縮して10分ほど個人ワークを延長しております。
情報交換は昼休みを挟んで50分に設定したが、
遅れていたメンバーが登場するなどもあって、結局60分かけました。
  IMG_20150909_132622.jpg
  IMG_20150909_132646.jpg
発表者は各論に入る前に将来像の力の入れどころを説明しており、
聞き役も発表者に対して将来像だけではない、前日の話題等も入れながら、
あるいは朝の感想ラベルの内容も意識しながら、
多面的に質問しアドバイスをしておりました。

将来像を実現する為の課題づくり”は、
人的財産を活かす”と”職場と仕事を見直す”を一緒に進め、
私が冒頭リードした後は、個人ワーク25分行い、一旦休憩です。
情報交換も45分でしたが、
メンバーの興味と関心の程度に応じて順番と所要時間を工夫してもらいます。

仕事系のテーマに関しては、大半は”恵まれている”で、
非常に恵まれている”も1名居たのですが、”やや恵まれていない”が数名居ました。
仕事の全体像と細部を総合評価して、”× 恵まれていない”も複数名居たようです。
かなり本音で討議してくれた様で、次の様な意見もありました。
仕事上の信頼関係は一応あるが、仕事を離れると、根本的には信頼できない…。

仕事系に30分かけて、人系のテーマは調整弁のグループもあったのですが、
人が違えば、出会いや関係性に違いがあり、支援内容もつき合い方も違います。
私からは”人に興味や関心を持つ”と”会いたいと思ったら、すぐ手を打つ
事例とメッセージを送りました。

最終コーナー”仲間に映った自分”は時間内で45分確保。
  IMG_20150909_155503.jpg
  IMG_20150909_162917.jpg
コメント作りは早めに終えて、ラベルをプレゼントした後に
お礼・感想・疑問点の確認に時間を割いたグループは最後まで話し合っており、
コメント作りにじっくり時間をかけたグループは10分オーバー。
台風一過でしたが、冒頭に予告した通り、教室に爽やかな風が流れました。

貰った方も、耳に心地よい内容も痛い内容もあると思うのですが、
2日間一緒に過ごしたメンバーからの指摘なので思いのほか素直に受け止められます。
この経験を、今後自身が後輩やスタッフ、将来の部下やお子さんをリードしていく時に
活かして欲しいと熱いメッセージを送って研修は終了です。

ホテルに戻って確認した感想ラベル。
終了後の雰囲気や、わざわざ挨拶に戻ってきてくれるメンバーの姿から、
ある程度安心はしていたのですが、やはり熱くて前向きでした。
エクセルへの打ち込みが60分近くかかりましたが…(笑)。
嬉しい内容をここでも紹介したいのですが
今週末にはMCYHPにアップする予定です。
posted by Tadashi Yano at 22:00| Comment(0) | 日記

2015年09月07日

40代のキャリアデザインセミナー(4)

豊橋のホテルです。
本日の40代キャリアデザインセミナー第4班を振り返っておきます。

【9月7日(月) 1日コース】
40代キャリアデザインセミナー第4班は、42名(女性9名)。
職歴あり4名、技術専門職24名です。
元々50名の予定でしたが欠席者が出て一時40名になったので、
4名の10班で理想的に進められると思った矢先、遅刻して二人登場〜。
やはり研修はライブなので、何が起こるか分かりません(笑)。

4つの質問ですが、
”走っている”は24名、
”任されている”は22名、
”視野を広げている”は11名、
”仕事が充実している”は15名。
48、49歳中心のメンバーで、資格役職職種もまちまちですが、
手あげの状態としてはまずまず良好と言えるでしょうか。
こちらの会場は広いので人口密度が低く落ち着かないのですが、
4つの質問の主旨とメッセージを送るのですが、
比較的聴いてくれている様子なので、気持ち良く話せます。

研修を楽しみにしてきた”メンバーは居ませんでしたが、
”ガラスのコップ”で15個以上目指す人が3名居いました。
結果としては15以上発想したメンバーは2名でしたが、
あの段階で15個以上を目指すチャレンジ精神が尊いのです(笑)。
発想を柔らかくした後は、5分間で”私は○○○○○である”に取り組む。
この段階で、自分が何者であるのか思いつくままに書き留めておいて、
その後研修の経過とともに気づきや発見があれば付け加えます。
たぶん、多くのメンバーがわが社の社員であると書いていると思うが、
会社の看板が無くなった時に何が残るかも考えましょう。

と伝えた時、かなりのメンバーがくすくす笑っていたので、書いていなかったか…。

次に取り組んだのが、”わが社Gは必要ない!?”という模擬ディベート。
必要派”と”不要派”のチーム編成も、10班あると進捗状況が違います。
作戦タイムは、好きな場所でやるように伝えたが、
意外とグループの近くでひっそりとやっており、
他班の同じ立場のメンバーと合流して作戦を練るチームが複数あり驚きました。
  IMG_20150907_110403.jpg
  IMG_20150907_110441.jpg
ディベートモード”では、最初に口火を切ったチームの話題が中心となり、
かみ合うかかみ合わないかは微妙なのですが、
仲良しモード”では、各自の仕事や職場を通した情報発信をするので、
社内の一部ですが、視野も広がります。
  IMG_20150907_111442.jpg
今回も、某情報系企業と某食品メーカーでの事例を紹介して、
組織の存在意義を高める為にも組織的対応が必要だし、
将来の部下や後輩の為にも、中長期の視点で準備をしておこうと伝えております。
  
昼休みを挟んで、”私の歩みを振り返る”の共有化ですが、
自身と仲間の歴史や実体験を踏まえて、人が頑張れる要因や、育つ要因を整理します。
また、大きな組織の中で、たまたま一緒になった仲間の仕事を通して、
少しですが視野を広げることも出来ます。
  IMG_20150907_114940.jpg
一人早退したので、4人体制9班、5人体制1班で、昼休みを挟んで情報交換60分
にセットしたが、一グループだけ延長申請があり、5分間だけ延長しました。
それでも、いつもの様にこの情報交換が終わった後は、
グループ内の親密度がより増しております(笑)。
休憩もとらずに、振り返りポイントを絞って伝え、次のテーマに入ります。

振り返りのポイントで一方的に話しているとお互いに辛いので、順番を変えてまず
私生活の夢やテーマと実現の要件”について、5分だけ話し合ってもらいました。
その後”将来像を描くのに年齢も早い遅いも関係ない”事例を紹介した上で、
働く意味(何をしたいのか:長期的視点で)”に入ります。

働く目的”の%では、10%〜100%の幅があり、
20%30%と70%80%に二極分化している様にも見えました。
ただ、例えば”家族”をどこに据えるかによって%は変わってくるので、
あくまでも自分の目安にするように伝えております。
自分がまとめた文章を、グループ内とは言え発表するのは恥ずかしいのですが、
朝二番で”4つのステップ”を説明しているので、すんなり取り組んでくれます。
まとめは、”誰の為に働くのか”という事例を2つ紹介し、
ありがとうございましたの意味”について触れております。

次に取り組んだのが、”財産目録づくり”です。
和菓子職人さん”の事例で刺激を与え、
拡散思考と収束思考と合わせて25分でセット。
カンニング大歓迎!””談合もOK!”と伝えたが、
いつもの様に方針や方法についてワイワイ話し合っていたが、すぐに黙々と単独行動。
  IMG_20150907_155150.jpg

情報交換(プチ自慢大会)は、”給食調理員さん”の事例を紹介し、
肩の力を抜いてもらった上で、グループ内で23分で実施。
小刻みですが、因みに前回のこの会場でも同じ時間配分でしたぁ(苦笑)。
  IMG_20150907_160836.jpg
たかが5分されど5分、グループによって多少の差はあるものの、
笑顔と笑い声の中、発表・質疑応答しながらラベルの位置を変えたり、
色を変えて新しいラベルを追加するなど最後まで集中してくれました。
能力開発のポイント”では、
根元的パワー”に絞って解説しております。

最終コーナーの”将来像を描く”は、20分確保しました。
研修そのものは一日ですが、事前課題で過去を振り返りながら、
元々やりたかったことや自身がキラキラ輝いていた(落ち込んでいた)時期を思い出し、
そういう自分がどうなれば理想なのか薄々感じている筈なので、
いきなり将来像を書く訳ではないのですが…。
これまで48年、49年走ってきたことを、
一日のセミナーでまとめて将来像を描くのは難しいのかもしれません。
それでも、一人でも多くのメンバーが小さくても良いので、
魅力的で具体的な将来像を描いて欲しいと願っております。

最後に、事後課題の目的を伝えて、
自分と向き合う意味”を再確認して終了です。

豊橋に移動する道中で確認した感想ラベル。
終了後、数名のメンバーがわざわざ挨拶に来てくれたので、期待したのですが…。
いつもよりややアッサリ系かとも思ったが、読み返すとかなり熱い内容も多いのです。
もっと早く受けたかったぁ』という声も、以前よりは減りました。
なんとか合格点は頂けそうです(笑)。

感想集は、今週末にはMCYHPにアップする予定です。
posted by Tadashi Yano at 23:33| Comment(0) | 日記

2015年09月05日

主任級4年目第1班

自宅です。
昨日までの主任級4年目研修の様子をまとめておきます。

【9月3日(木) 1日目】
研修は9:00開始ですが、先に人事部講話があるので、オブザーブさせて頂く。

一旦休憩した後、私の出番は9:40からです。
主任級4年目研修(30代前半が中心)第1班は34名(女性15名)。
職歴ありは14名、技術専門職が14名です。
朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は22名、
”任されている”は13名、
”視野を広げている”は4名、
”仕事に乗っている”は12名。
まずまず良好な状態だと思うが、午前中は若干反応が鈍い様に感じました。
主査級のメンバーの方が年上だと思うが、
素直に反応してくれたので進めやすかったです(笑)。

研修を楽しみにして来てくれた”メンバーも、
主体性とは”の発言者も居なかったし、
ガラスのコップの使い道”では、個人で15以上目指すメンバーも居ませんでしたが、
結果として15個以上発想したメンバーが複数居てくれたので良かったです。

歴史と体験の共有化”は、5人組が六班、4人組が一班なので、
一応60分に設定したが、途中で無理だと思い15分間延長しました。
  IMG_20150903_113154.jpg
それでも、足らないグループもあったようですが…(笑)。
午前中に2名終わらせて、残りを午後から進めるのですが、
後半になるほど色々思い出すので話が長くなりがちです。
眠られるのを覚悟の上で、最低限のまとめを行い、一旦休憩。
若干”眠たいぞオーラ”も出ていましたが、
この辺りから私の話を聴いてくれる空気を感じられるようになりました。

発想法の続きで取り組む予定であった”私は○○○○○である”をまず実施。
自分と仲間の過去を振り返ったことで、色々なことを思い出しているだろうから、
このタイミングも良いのかもしれません。

58歳研修”の事例を紹介して将来像(先を見据えた課題)の重要性を伝えた後、
働く意味”の整理から入ります。
目的の%の共有化ではお金が20%〜100%の幅があり、
30,40%も多いが、70,80%も同じ位ありました。
個人ワークでは私語もなく、黙々と課題に取り組んでおります。
情報交換では、まとめたものを単に読み上げるだけでなく、
前半の情報交換を踏まえたアドバイスをしたり、
価値ワードの解釈について語り合ったり、いつもと違う動きも見られます。
徐々に、メンバーが自由放任状態に慣れてくれた様で嬉しいです。

財産目録づくり”は、
事務屋さんの活躍領域”と”根元的なパワー(OS)”の視点提供をした後、
和菓子職人さん”の事例を紹介して刺激を与えて個人ワークに20分取り組みます。
自由にやって良いと伝えたが、冒頭打ち合わせもしていたが、
いつの間にか黙々とラベルづくりに励んでおります。
  IMG_20150903_160121.jpg
  
最終の”プチ自慢大会”は40分で流れ解散。
事前に、”他流試合”も提案したが、希望者は3名だけでした。
時間の制約もあるし、一日行動を共にしているので背景も理解出来ているので、
少し残念ではあるが、私も乗りました。
一人当たり5,6分の発表ですが、質問やアドバイスを聞いていると、
一日一緒に過ごしているので本人が気づかないポイントを指摘しているし、
何よりゲラゲラ笑いながら楽しそうに取り組んでおります。
  IMG_20150903_163204.jpg
  IMG_20150903_163213.jpg
午前中は雰囲気がまだ硬かったのですが、これで翌日はもっと楽しめるでしょう。


【名古屋オフ会】
この日は、元受講生たちのオフ会があるので、終了後直接名古屋に向かう。
ホテルで時間調整しながら確認した感想ラベルは、
若干名モヤモヤ状態はあるものの、思いのほか前向きだし、文章量が多い。
その分、夜鍋が大変なことを覚悟するが、安心してオフ会の会場に向かいます。
私以外は、5社6名で、古株はかれこれ20年近くおつき合いして頂いており、
ニューフェイスは某メーカーの3年目社員のMさん
平均年齢50歳を優に超える中、彼が一人さげてくれました(笑)。
最初はおとなしくしていたが、理系の営業さんなので徐々に牙をむき始め、
先輩達にいじられながらも、時にいじり返す逞しさも…。最長老から、
矢野さんの研修を1年間で3回も受けて、キャリア意識はどうなの?
と聞かれ、『キャリア意識は無いかもしれないですけど、
こちらに来て、まず何をしようかと考えましたよ
』と答えている。
これも一つのキャリア意識だし、受け身にならない所が良い(笑)。
その後も、手羽先12人前を食べながら、3時間話し込みました。
  IMG_20150903_212827.jpg

23時前にホテルに戻り、慌ててコメントをまとめる。
34名分ですが、意外とすんなり第一次案は出来ました。
若干迷っている部分は、翌朝早起きして見直します。


【9月4日(金) 2日目】
若干寝不足ですが、いつもより早起きします(笑)。
改めて冷静に見直すと、新たなコメントも浮かんでくるのですが、
最近は感想の文章量がとても多い。
34名分を読み上げるだけでも時間をとるが、私も応えたいと熱く語ると…。
もう60分で収めることは諦めました(笑)。

朝一番、『長丁場になるので、眠気覚ましに声を出そう』と言って、
5分間フリータイムで緊張感をといた上で共有化に入ります。
7班中4班が終わった時点で50分経過したので、一旦休憩。
休憩もそこそこに全員が戻ってきてくれたので、少し早めに再会です。
いくつか事例を飛ばしたのですが、実質75分かかりました。

昨日財産目録のラベルを貼ったシートを5分だけ回覧し、
能力開発のポイント”も重点テーマ2つに絞って解説し一旦終了。

ここまで”自分らしさ”を整理した後は、”環境分析”の共有化に入ります。
環境の変化に適応していくために、組織の一員として何をすべきか?”と
組織の一員として取り組むことが、自分にどの様な意味があるのか、
 将来にどの様に繋がっていくのか

の両面から捉える重要性を伝えた後は、30分間お任せです。
事前課題ではなかったのですが、『ガラスのコップの要領で拡散思考!』と言うだけで、
各自の仕事・職場・組織・属性を通した変化を熱心に共有しております(笑)。

午前中の最後は、30分で”将来像を描く”の個人ワーク。
いきなり将来像と言われても戸惑いもあるのでしょうが、
民間人のサンプルながら熱心に見て参考にしながら、
これも拡散思考を活かしながら夢を膨らませておりました。
  
【昼休み】
食事に行こうとすると、あるメンバーが話しかけてくれました。
彼は、初日から”聴いてるぞオーラ”を出してくれていたのですが、
感想ラベルに私と違う見解を書いてくれたので、
お礼を言って更に自分の考えを伝えておきました。
で、昼休みに何故彼がその様に考えているのか説明をしてくれました。
彼の経験も理解できるし、話していると同じ想いを持っていることも分かります。
10分ほどでしたが、嬉しいひと時でした(笑)。

午後からの共有化は45分でセットしたが、終了時刻に一班だけ二人残っている。
他班のメンバーも話は出来ると言うので、休憩を20分にして収めました。
写真では伝わりづらいが、笑顔と笑い声の中楽しそうに共有化しております。
  IMG_20150904_132441.jpg

将来像を実現する為の課題づくりは、時間との闘いなので、
人的財産を活かす”と”職場と仕事を見直す”をセットにして、
私がリードした後個人ワークを25分、グループ内で45分ほどの情報交換でした。
  IMG_20150904_151312.jpg
順番も時間配分も任せたのですが、ある班はほとんどを仕事系に割いており、
相手の視点を変える”ことを忘れずに質問やアドバイスをしておりました。

最終コーナーは、”仲間に映った自分”です。
残り時間が50分弱だったと思うのですが、
極端に早くまとめる班とじっくり検討する班に分かれます。
  IMG_20150904_162215.jpg
それでも、時に厳しいコメントも聞こえてくるのですが、
笑顔と笑い声の中でプレゼント交換を終えて、
お礼・感想・疑問点の確認までして17:05には全ての班が終了です。
  
名古屋に向かう快速電車内で確認した感想ラベル。
前向きで熱〜い感想が多くて良かったです。
初日午前中の反応からすると、夢の様です(笑)。
もちろん、全員が納得してくれた訳では無いのですが、
この研修は意外とジワリジワリと効いてきます。
今後に期待しましょう。
私は私で、今回の反省を踏まえて次回に活かさなければいけません。
何度担当しても、これで納得!という訳には行きませんが、
だからこそ毎回新鮮に取り組めるのだと思います。

彼らの感想集はMCYHPにすでにアップしております。
posted by Tadashi Yano at 17:43| Comment(0) | 日記

2015年09月02日

6年目研修第1班

岐阜のホテルです。
今日までの6年目研修2日間をまとめておきましょう。

【9月1日(火) 1日目】
6年目職員研修第1班は20名(女性7名)。
職歴ありは3名、技術専門職が6名です。
朝一番4つの質問ですが、
”走っている”は7名、
”任されている”は13名、
”視野を広げている”は2名、
”仕事に乗っている”は3名。
まずは去年の先輩たちと比較しても、かなり厳しい状態なのですが、
その割には挨拶も元気だし、反応も悪くないです(笑)。

研修を楽しみにしてきた”メンバーも、
主体性とは?”の問いに答えてくれたメンバーも、
ガラスのコップの使いみち”で15個以上目指したメンバーも居ませんでした。
ただ、実績として21個アイデアを出してくれたメンバーが居たので救われます。

一旦休憩後、発想法の種明かしをした後、5分ほど自分と向き合います。
私は○○○○○である”という課題に取り組み、
その後は自分のペースで気づいた点を追加してもらいます。

歴史と体験の共有化”は、昼休みを挟んで75分に設定。
仕事生活が6年ほどなので時間が余る心配もするのですが、
昨年同様しっかり時間を使って共有化してくれます。
  IMG_20150901_113521.jpg
今回消防士さんが3名居るのですが、発表も真っ先にやってくれるし、
世界が違うように思えるのか、真剣に聴いて質問も多いのです。
今年も、面白い世界から公務員の世界に入ってきた人など、
全員の話が聞けないのが悔しくなるほど様々な人生模様があります。

【昼休み】
昼休みには、とてもショックなことがありました。
毎年事務局様と一緒にお邪魔して騒いでいたお店が無くなっておりました。
今回は近場のレストランで、事務局の”Iさん”と、新任のTさんと、会食。
次週飲み会をやる元事務局様の友人達と、職場の同僚やOJTリーダーだったとか、
相関図が見えてくるのでこれがまた楽しいのです。

昼食後、残る一人が発表して一区切りです。
今回も、同期が中心(平均年齢28才4ヶ月)なので、
グループ内の親密度が劇的に高まることはないが、
それでも終わってみると、グループ内の雰囲気が和らいでおります(笑)。
情報交換のまとめを、ポイントを絞って整理して、そのまま次の課題に入ります。

今回も、まとめを聞いている間に眠くなった様なので、
私生活の夢と実現の条件”を5分間だけ共有化する。
私生活の将来像は盛り上がるが、翌日の仕事の将来像は…(笑)。
改めて”将来像を描く”意味について、”58才軍団”の事例を紹介した後、
働く意味”の整理に入ります。
働く目的の%で、お金の割合は20%〜97%の幅があったが、
今回は特に30%や40%が目立ち、平均しても50%前後でしょうか。
消防士さんが3名居たが、いつもの様に”消防士”さんの事例も紹介する。
自分なりに働く意味を整理(文章化)してグループ内で共有するのですが、
微妙に%が変化したメンバーも居るらしいので、
どの様な感想を持ったのか、感想ラベルが楽しみです。

最終コーナーは、”財産目録づくり”の個人ワークと”プチ自慢大会”。
個人ワークとは言え、情報交換しつつお互いを高め合いながら25分間集中します。
自慢大会は”他流試合”ですが、
各グループから一人ずつ集まり4人一組になります。
  IMG_20150901_154217.jpg
  IMG_20150901_154336.jpg
財産目録を増やし、一部深堀することもさることながら、
職場・職種・個人が違えばアプローチも違うし、
更には様々な職場や職種での頑張りや苦労があることを認識できます。
自主運営なので最後は流れ解散になりましたが、
50分強かけて、中には16:30を過ぎても自主的に残るチームもありました。

ホテルの自室ではなく、クラブフロアーと呼ばれるロビーで感想ラベルを確認すると、
思いのほか前向きで素直な感想ばかりです。
初日の動き方を見ていると、若干名は抵抗しそうな予感もあったのですが…(笑)。
ただ、若干揺れていそうなメンバーも居るようなので、
夜も朝も気合を入れて、感想ラベル(メンバー)と向きあいます。


【9月2日(水) 2日目】
6時前に起床して感想ラベルを読み返すと、
新たなコメントが浮かんでくるし、対象の感想が変わってきます。
20名分なので、50分を目指したが、結局55分強でした。
今回は、特にメンバーにテーマを預ける感想が少なかったので、
一人語りが続いたので、敢えて感想を読み上げる順番を変えてテーマを預ける。
休憩で逃げるのも勿体ないし、無理やりテーマを預けるのも勿体ないし、
この場面で、順番を変えたのは初めてです(笑)。

休憩後、いつもの流れと変えて、先に”能力開発のポイント”の積み残しを整理した上で
昨日整理した財産目録をグループ内で共有化。30分強かけました。

将来像を描く”の個人ワークは30分でセットして、
時間になったので情報交換のオリエンテーションをしたところ、
グループによっては情報交換の時間を圧縮して10分ほど延長しております。
情報交換は昼休みを挟んで60分に設定したが、なんとか時間内にまとまりました。
私も教室の中央に座ってやり取りを聴いていたのですが、
発表者も各論に入る前に今回の力の入れどころを説明しており、
聞き役も発表者に対して将来像だけではない、前日の話題等も入れながら、
多面的に質問しアドバイスをしておりました。
何よりも、約60分間笑い声と笑顔が一杯で良かったです(笑)。
  IMG_20150902_130717.jpg

将来像を実現する為の課題づくり”は、まさに時間との闘いです。
今回は、最低限のテーマに絞ったので余裕があると思っていたが、
メンバーが集中してくれるとついつい延長になりがちで、
最後は時間が足りなくなってしまいます。
それでも、ギリギリの線は死守するようにしているので問題は無いのですが…。
人的財産を活かす”と”職場と仕事を見直す”は一緒に進め、
私が冒頭リードした後は、個人ワーク25分も情報交換45分も、
メンバーの興味と関心の程度に応じて順番と所要時間を工夫してもらいます。
仕事系のテーマに関しては、大半は”恵まれている”ですが、
やや恵まれていない”が数名、”かなり恵まれていない”も複数名居たようです。
それでも、朝一番感想ラベルの共有化の時”同情から共感へ”という話をしたので、
若干辛い状況にある同期に視点を変える質問やアドバイスをしてくれておりました。

人系のテーマに関しては、楽しそうに情報関しており、
私からは”人に興味や関心を持つ”と”会いたいと思ったら、すぐ手を打つ
事例とメッセージを送りました。

最終コーナー”仲間に映った自分”は時間内で50分確保。
  IMG_20150902_155636.jpg
コメント作りは早めに終えて、ラベルをプレゼントした後に
お礼・感想・疑問点の確認に時間を割くグループがあれば、
コメント作りにじっくり時間をかけるグループがあるなど、
自分達で話し合い方針を決めて取り組んでくれました。
結果的には、最後まで取り組んだグループは、
一旦終了後も自主的に残って最後のエール交換までやってくれました。
早めに終わったグループでは、私に提出する感想ラベルも共有化している。
この場面も、初めて見ました(笑)。
最初は戸惑いつつというよりも、若干引け気味に入っていくのですが、
良い点”をフィードバックする方もされる方も、
心地よく感じてくれるようです。
良い点”を伸ばす為の”改善点”も指摘するのですが、
かなりゲラゲラ笑いながら話し合いまとめております。

貰った方も、耳に心地よい内容も痛い内容もあると思うのですが、
2日間一緒に過ごしたメンバーからの指摘なので思いのほか素直に受け止められます。
この経験を、今後自身が後輩やスタッフ、将来の部下やお子さんをリードしていく時に
活かして欲しいと熱いメッセージを送って研修は終了です。

次の移動先に向かう電車で確認した感想ラベル。
やはり、今回も熱かったです。
20名分にしては、エクセルへの打ち込みが大変でしたよ(笑)。
今週末にはMCYHPにアップする予定です。
posted by Tadashi Yano at 23:59| Comment(0) | 日記